パチンコ業界大手6社が共同出資しています。

  • 株式会社SANKYO
  • フィールズ株式会社
  • 京楽産業.株式会社
  • 株式会社大一商会
  • 株式会社ニューギン
  • 株式会社藤商事
トピックス

K.Yさん

G&Eの存在を知ったのは、パチンコ・パチスロを始めてまもなくの頃。
「パチンコ・パチスロ自体を学ぶ学校」ではなく「遊技機の開発者を目指すための学校」だということが強烈な印象となって残っていました。
その後、大学を中退しアルバイトに専念する中で、将来を考えた時にふとG&Eの存在を思い出し、スクール説明会に参加してみました。
体験講義にも参加し、真面目な内容ながら楽しく学んでいる受講生の姿を見て、「遊技機の開発者になる」という同じ志を持つ人々が集う場所であることを確認し、安心して入学を決めました。
G&Eの講義は、まさに自分が求めていた内容。すべての講義が業界に関わることなので、どんな授業も意欲を持って楽しく受けることができました。
特に企画書制作は面白かった授業の一つ。
個人的に大好きな版権で遊技機のアイデアを練ったり、グループで話し合ってオリジナルの遊技機を企画したり、さまざまな経験ができました。
また他のクラスメイトの発表で、自分とは異なる角度からの発想を聞くのも楽しみでした。
自分の中では、せっかく貴重な2年間を費やすのだからと、講義中は誰よりも積極的に発言するよう心がけていました。
その分、私語も多かったと思いますが……先生方にはご迷惑をおかけしました(笑)。
就職活動にあたっては、せっかく自分の好きなパチンコ・パチスロに関わるのですから「楽しく仕事がしたい」という基準を持ち、それを実現できそうな企業を中心に選考を受けることにしました。
各社のインターンシップに参加にするうち、社員がみんな楽しそうに働いていて、しかも遊び心を持ったメーカーである大都技研に惹かれていきました。
面接では、パチンコ・パチスロに対する情熱、そしてインターンシップを通じて培った大都技研への想いを素直にアピールし、内定をいただくことができました。
2年次に進級したばかりの四月のことでした。
現在は、常に業界の頂点を目指し続ける大都技研の一助となれるよう、優秀な成績でG&Eを卒業するべく勉強と卒業制作を頑張っています。
G&Eに入学して本当に良かった。心からそう感じています。

«

»

各種お問い合わせはこちらへ