遠回りをしたものの、G&Eに入って夢を現実にすることができました

遠回りをしたものの、G&Eに入って夢を現実にすることができました

就職先:株式会社高尾
U.M (入学時年齢:20歳)

高校生の頃から「将来は絶対パチンコメーカーに!」と考えていました。ただ高3で進路を決める際には、学校法人ではないからという理由でG&Eを選択肢から外し、アミューズメント業界に強いという触れ込みの専門学校に進学しました。

しかし、周りにパチンコ業界希望者はおらず授業の内容もパチンコとはほど遠く、この専門学校からパチンコ業界を目指すのには無理があると感じ、失意とともに中退しました。
諦めきれずに、大好きなパチンコメーカーである高尾について調べていた時、実は社員にG&E卒業生がひじょうに多いことを知り、改めてG&Eの総合エンタテインメントコースへの入学を決断。思えば遠回りをしてしまったものです...。

G&Eの講義内容はもちろん興味のあることばかりですし、ネットで調べてもなかなか分からない専門知識や業界の裏話まで教えてもらえるので、パンフレットの言葉通り「楽しくマジメに」学ぶことができました。特に楽しいと思えたのは「機種討論会」。打ち手としての遊技機の感想を雑談レベルで語るのではなく、開発志望者、営業志望者、ホール志望者とともに各自の立ち位置から、テーマに沿って新機種を討論しつつ研究・分析していくのは、G&Eでしか出来ないことですし、色んな人のさまざまな考え方を知ることができ、たいへん有意義だったと思います。

就職活動を始めるにあたっては、まず応募書類の書き方から苦労しました。まず何を書いて良いか分からず、書き始めても単なる自己紹介の域を出ず、最初に書き上げた履歴書は、今読み返すと恥ずかしいばかりの出来栄えでした。しかし先生方に「正しい書き方」を丁寧にご指導いただいたおかげで、次第に自分自身を売込みするための履歴書にグレードアップしていきました。

本命の高尾を受ける際には、先生に「いつもG&Eで叫んでいる高尾への愛を面接で伝えるだけだ」とアドバイスをもらい、その通り実行したところ、見事内定をいただくことができました。
ユーモアに満ち溢れ、他社には絶対真似できない製品づくりを行う高尾の一員となる。この夢はG&Eに入学した時からずっと唱え続けていたことです。夢を現実にすることができ、G&Eには本当に感謝しています。2年間、ありがとうございました!

2018年度フリーター名古屋校総合エンタテインメントコース製造遊技機メーカー

自信と根拠をもって自己PRできたのが成功の要因です

自信と根拠をもって自己PRできたのが成功の要因です

内定先:株式会社SANKYO
W.G (24歳)

G&Eを知ったきっかけは、YouTubeでパチンコの実戦番組を観ていた時に流れたCMでした。「パチンコの学校があるんだ!」と驚いたのと同時に、「なぜもっと早く知ることが出来なかったのか...」と悔しくなりました。なぜなら、学生時代に遊技機メーカー各社の新卒選考を受けて、全滅してしまった過去があったからです。
大学卒業後、正社員としてパチンコホールに勤めていましたが、思い切って仕事を辞めG&Eに入学し、遊技機メーカーへの夢に再チャレンジすることにしました。職場の上司からも、私の夢と決断を応援してもらえたのが本当に有難かったです。

G&Eでまず感心したのが、生徒がみんな私よりもパチンコ・パチスロに詳しいこと。これでもホール店員として、またメーカー就職志望者として、一般のパチンコファンよりも知識を蓄えていたつもりでしたが、私が遥かに及ばない膨大な知識量を持つクラスメイトが多く、色々と情報交換がはかどりました(笑)。こういったクラスメイトとの交流も、G&Eに入学するメリットの一つだと思います。

G&Eで楽しかったのは、PhotoshopやAfterEffectsを用いた画像・映像制作の講義。私はもともと「ものづくり」への興味・関心があり、自分のこだわりが目に見える形になっていくことが非常に楽しく、集中できました。また作品の提出にあたっても、常に自分が一番良いものを作りたい、と時間をかけて取り組んでいきました。

こうした中で就職活動が始まり、各社の企業説明会に参加するうち、当初の目標であった開発職だけでなく、製造の仕事にも関心が深まり、両建てで就職活動を進めることにしました。大学時代に落ちてしまったメーカーの選考はすべて受けるつもりでしたが、第一志望であったSANKYOから早々に内定をいただき、大学時代の悔しさを晴らすことが出来ました。大学時代には、根拠もなく自分を売り込まなければならなかったのですが、G&E在学時には、自信と根拠をもって自己PRできたのが成功の要因だと思います。

2018年度PS総合開発コース渋谷校社会人職種製造遊技機メーカー