パチンコ・パチスロを仕事にするのは天職、学ぶのは天学でした

パチンコ・パチスロを仕事にするのは天職、学ぶのは天学でした

就職先:株式会社プロテラス      
渡辺 司(入学時24歳)

友人に「お前のための学校がある」と勧められ、G&Eの存在を知りました。
スクール説明会に参加して納得。確かに、パチンコ・パチスロが大好きな私にとって、それを仕事にすることは天職であり、それを学ぶことは天学(!?)であると思い、入学を決めました。

私の通った「PS映像プランニングコース」は、映像制作の技術を1年間で学ぶコース。具体的には、AfterEffectsという映像制作の現場でプロが使用するアプリケーションを操作しながら、実際に遊技機の演出やプロモーションビデオの制作手法を学んでいきます。
やはりプロの使うものは機能も複雑で、習得するのも大変。とはいえ、自分の大好きなパチンコ・パチスロを題材にするから、モチベーションは衰えません。飽きっぽいと自覚している私ですが、積極的に自習を重ね、楽しみながら1年間でAfterEffectsを取り扱えるようになりました。

私が内定をいただいたのは、デジタルサイネージ(LEDビジョンや液晶ディスプレイなどで情報を発信するシステム)を販売し、そこで表示されるコンテンツを供給するプロテラスという会社。一見、パチンコと関係ないように感じられるかもしれませんが、今パチンコホールにはデジタルサイネージが溢れ、新台入替情報や新機種情報など、さまざまな情報が発信されています。
そこで、新機種のキャラクタや筐体画像、演出などの素材を編集しながらパチンコ・パチスロにガッツリ絡んだ仕事をしており、毎日が楽しくて仕方がありません。頼もしい上司(実は上司もG&E卒業生でした!)、優しい同僚に囲まれて、大変恵まれた環境で仕事ができるのも、こんな企業があると教えてくれた担任講師のおかげです。K先生、サイコーです!

2015年度PS映像プランニングコースフリーター動画・web制作周辺機器・部品メーカー渋谷校

自分の好きなことを仕事にできる幸せを噛み締めています

自分の好きなことを仕事にできる幸せを噛み締めています

就職先:株式会社プラントピア      
渡邉 瑠生(26歳)

高卒後、正社員として工場で働くも夢と希望が持てず退職。その後、パチンコに関わる仕事がしたいと思い、何となくパチンコホールでフリーターをしていました。
ある時、動画サイトでG&EのCMを観て、自分の夢が叶えられる環境があることを初めて知りました。最初は半信半疑だったのですが、思い切ってスクール説明会に参加し、施設や環境をこの目で確かめた上で、G&Eに入学しました。

G&Eに入って良かったと実感したのは、パチンコ・パチスロ好きな仲間がたくさんいること。彼らと同じ目標に向かって頑張れるという環境は、自分にとって大きな支えとなりましたし、そういった環境があったからこそ成長も出来たのだと感じます。

私が入学したのはPS総合開発コースという、2年間で遊技機開発をじっくり学べるコース。ここで映像制作の楽しさを知り、多くの知識とスキルを学びました。
一つの映像をじっくり作りこむ遊技機の演出制作にも興味はありましたが、もともと実戦動画も大好きで、そういった映像の制作にも興味があり、自分にどんなことが向いているかを探りながら就職活動をする中で、パチンコ・パチスロ雑誌の老舗が映像制作者を募集していることを知り、さっそく応募。何とか内定をいただくことができました。
現在は、パチマガスロマガちゃんねる動画のスケジュール管理や小道具の作成など、雑用もこなしながら動画制作の現場で日々奮闘しています。

自分の人生を振り返って、G&Eに入るという決断をしていなければ、今どうなっていたか分かりません。
ただ現在、自分の好きなことを見つけ、それを仕事にできる幸せを噛み締めていられるのは、あの時思い切って決断したからです。G&Eと出会えて良かった、心底からそう感じています。

2016年度PS総合開発コースフリーター動画・web制作広告代理店・出版社渋谷校