1年間で、考え方の基本を学ばせてもらった

1年間で、考え方の基本を学ばせてもらった

内定先:株式会社愛喜
Y.T (入学時年齢:31歳)

運送業界に勤めていた時、パチンコ好きの友人からG&Eというスクールがあることを聞きました。初めは未経験からの転職について半信半疑だったのですが、色々調べてみるとパチンコ・スロットの開発に関する勉強が出来て、就職までサポートしてくれる学校は日本で唯一、G&Eしかなく、また30歳代からの転職成功例も多いと知りました。
年齢的にもここが最後のチャンス。何もせずに後悔するぐらいなら...と1年で卒業できるPSプランニングコースに入学しました。

入学前のイメージとしては、ものづくりの現場っぽい雰囲気で工具などがズラッと並んでいるのを勝手に想像していたのですが、1年間の前半は座学が中心。まずは商品知識や、開発の前提となる検定規則の習得が必須とあって、テキストを読み込む勉強が多く、ずいぶん苦しみました。ただ自分の好きなことに関する分野ですし、実際の開発者が現実のパチンコ機・パチスロ機を例に挙げて説明していただけるので、講義内容は興味深く、楽しく理解を深めることが出来ました。
また、そうして得た知識を元に商品企画のグループワークを行ったり、自分の企画作品を練ったりすると、ただ思い付きを形にしようとするのではなく、アイデアを実現するために規則や枠組み内で工夫する方法を自ら考えることになります。1年間で、考え方の基本を学ばせてもらったなあ、と改めて実感します。

就職活動では、年齢のこともあり苦戦を覚悟していました。しかしG&Eにはパチンコ業界からさまざまな業種の企業求人情報が集まりますし、企業説明会も数多く開催されます。そうした中、パチンコ本来の面白さである釘と玉で勝負している普通機専門メーカー「愛喜」の企業説明会に参加し、社内の柔らかい雰囲気や企業姿勢に惹かれ、応募することにしました。他の応募者より年上で業界未経験である自分がアピールできるポイントは、ユーザーとしての経験が長いことぐらい。だからこそパチスロは4号機時代から、パチンコも旧MAX機時代から打っていて、その経験を活かしたいことをアピールし、ありがたいことに採用していただくことになりました。

入社後は、パチンコ本来の面白さがギュっと詰まった遊技機の提案をどんどん行い、会社が大きく進展していく力になれたら良いな、と思っています。

2018年度PSプランニングコース渋谷校社会人総合職遊技機メーカー

これは運命だと直感しました!

これは運命だと直感しました!

内定先:株式会社愛喜
S.Y (入学時年齢:23歳)

高校卒業後、公務員として4年間、国防の任に就きました。が、任期付きであるため、在任中から「次の仕事」を意識しなければなりません。
私が次の仕事として考えたのは、わが国最大の娯楽であり、また自分の公休日に潤いをもたらしてくれた「パチンコ」に携わることでした。
パチンコ業界への就職・転職について調査していると、パチンコ業界に転職するための学校があることを知り、評判も良かったことから、任期満了とともにG&Eへ入学することとしました。

G&Eでは、パチンコ業界に就職するための知識に加えて、パチンコ業界に就職した後に活躍するための知識やスキルを磨くことができます。その中で最も役立ったと思ったのは「出玉計算」の知識でした。もともとパチンコの玉の動きが大好きだった私は、一つ一つの玉の動きが収斂して出玉という数値に結びつく不思議さに魅入られ、パチンコメーカーでの出玉設計を夢見るようになりました。

折しも「愛喜」というパチンコメーカーからG&Eに求人があり、正直なところ聞いたことのない企業ではありましたが、説明会に参加することにしました。愛喜に勤めるG&E卒業生が説明を行っていたのですが、社内のアットホームな雰囲気、仕事のやりがい、そして小さいメーカーながら社員が一丸となっていることなどを楽しげに語って下さいました。そして何よりも、パチンコならではの玉の動きを大事にしている「普通機専門メーカー」であること!これは運命だと直感しました!

さっそく愛喜に応募し、パチンコに対する自分の熱い想いを語った結果、まずはアルバイトとして採用いただき、G&E在学中に正社員としての内定をいただきました。

小さな会社ですから、一人の担当分野は多岐に渡りますが、その一つ一つが自分を成長させてくれるのを実感しています。この会社で遊技者に愛されるぱちんこ機を開発したい、そう思える会社に出会えて本当にありがたく感じています。

2018年度PS総合開発コース社会人総合職遊技機メーカー

内緒でG&Eに入学。内定を家族に明かし、母も喜んでくれました

内緒でG&Eに入学。内定を家族に明かし、母も喜んでくれました

就職先:フィールズ株式会社
K.T(25歳)

大学中退後は4年ほどフリーター生活を送っていました。大学時代の友人からパチンコの学校があると聞き、興味をもって調べたところG&Eの就職実績の高さが目に留まりました。
スクール説明会に参加し色々と質問した上で、就職に強い理由が納得できたため入学を決意。ただ、母親がパチンコ業界に良いイメージを持っていないため、家族には内緒で入学することに。

自分が好きで入学したということもあり、これまでにないくらい真剣に講義を受け勉強に取り組みました。具体的には大学時代の10倍ぐらいは頑張った気がします。人間、好きなことだからこそ頑張れるのだと実感しました。

G&Eでは、知識やスキルだけではなく、普通の学校では教わらない「人間性の大切さ」を学びました。特に人と接する営業職は「商品を売る前に人を売る」と聞き、向上心と自信を身に付けることに全力を尽くしました。

そのかいあって、遊技機販売トップのフィールズから内定を頂きました。 その時点で、学校に通っていたこと、フィールズに就職が決まったことを家族に明かしましたが、初めはびっくりしていた母もひじょうに喜んでくれ、応援してくれています。 今後もG&Eで学んだ知識と人間性をもとに、営業マンの最先端を突っ走っていきたいと思います。本当にありがとうございました!

2016年度PS営業・ストアマネージャー育成コースフリーター大阪校総合職販社・専門商社

週2回の講義に出席する度、自分自身が変わっていく感覚があります

週2回の講義に出席する度、自分自身が変わっていく感覚があります

就職先:フィールズ株式会社
M.G(21歳)

パチンコ動画を観ていた時にCMが流れG&Eの存在を知りました。それまでパチンコ業界への就職を深く考えたことはなかったのですが、自分の好きな業界で働く、という選択肢が極めて魅力的に感じられたため、入学案内資料を取り寄せスクール説明会を予約。
その時点では職種まで決めていませんでしたが、一対一でじっくり話を聞いてもらい、納得する形で営業職を志望しコースを選択しました。

はじめは座学でガチガチにノートを埋め尽くすような講義を予想していたのですが、私の通うコースでは主に心構えや考え方を重視した内容が多く、週2回の講義ではありますが、出席する度に自分自身が変わっていくような感覚があります。

これまで就職活動を本格的に行ったことがなかったため、履歴書作成はひじょうに大変でした。先生に何度もダメ出しされながら、自分の想いを文章に書き起こし、時間を費やしながら作成を行いましたが、これも自分自身を分析し、自分という商品を売り込むための大事な準備と思い、必死に取り組みました。

第一志望であるフィールズの面接当日は頭が真っ白になってしまい、せっかく準備した自己PRの内容がまったく伝えられなかったのですが、腹をくくって、飾らない正直な自分の想いを伝え、それが良かったのか結果として内定をいただくことができました。

フィールズの一員に加えていただき、そのハイレベルな環境で先輩営業マンの皆さんと競い、成長していけるのは、自分にとってこの上ない喜びです。これからも努力を重ね、企業にとって欠かせない人間になっていきたいと思います。

2016年度PS営業・ストアマネージャー育成コース大学中退渋谷校総合職販社・専門商社

G&Eの講義は難しい・簡単という尺度で考えるのでなく、奥深さで考えるべき

G&Eの講義は難しい・簡単という尺度で考えるのでなく、奥深さで考えるべき

就職先:フィールズ株式会社
A.O(25歳)

大学を中退した後、飲食店で店長として働いていましたが、自分の得意分野を活かす職業として営業マンを目指そうと思い立ちました。
中でも、自分の大好きなパチンコ・パチスロを販売したい、と思いその最も近道となるG&Eへ入学。

講義で最も楽しく最も役立ったのは、やはり「営業マンスキル」の講義です。ただ営業マンになるために物を売り込む手段を学ぶのではなく、営業マンとして活躍・成功するための考え方を学ぶことができ、自分の意識を大きく変えることができました。そういった意味では、G&Eの講義は難しい・簡単という尺度で考えるのでなく、奥深さで考えるべきだと思います。

入学当初は仕事も続けていたのですが、勉強に専念したいと思い入学から2か月で退職。そこから就職活動の準備を始め、ちょうどその時G&E生限定求人のお話があったフィールズに応募。
面接では、常々考えていた「フィールズで自分が活躍するイメージ」を伝え、熱意を汲み取っていただけたようで内定を頂戴できました。

まだ入社まで半年ありますが、入社までに実力を身に付け、入社後は取引先との信頼をしっかり築ける結果の残せる営業マンとして活躍していきたいです。

2016年度PS営業・ストアマネージャー育成コース渋谷校社会人総合職販社・専門商社

企画書やプレゼンの評価をいただく度、自分の血肉となっていった実感があります

企画書やプレゼンの評価をいただく度、自分の血肉となっていった実感があります

就職先:フィールズ株式会社
O.H(27歳)

以前は、遊技機販売会社に事務職として勤務していましたが、やはり自分が本当にやりたいことを、と思いきり、G&Eの扉を叩きました。

さまざまなコースに惹かれたのですが、自分は開発業務をより深く、より広く知りたいと思い、2年制のPS総合開発コースを選択しました。 出来たての大阪校で一期生となり周りを見回すと、思っていた以上にモチベーションの高い人材ばかり。講義内外を問わずそういった仲間と共に励まし合い、試行錯誤を繰り返していくことで、お互いを成長させることができたのではないかと感じています。

講義ではすべての分野に一所懸命に取り組んだつもりですが、中でもデザインという観点から見やすい・伝わりやすい企画書を必死に考えたことは、今後にも役立つ貴重な経験だったと思います。また、メーカーや開発企業の現役開発者の方から自分の企画書やプレゼンを評価いただく度、自分の血肉となっていった実感があります。G&Eというのは、恵まれた環境だなあ、と改めて感じ入ります。

就職活動では、自分のビジョンと企業のビジョンとが合致していることを重視し、日本一「余暇」に全力で取り組んでいるフィールズを第一志望にし、有難いことに内定をいただくことができました。企画開発職として、フィールズで扱う遊技機をより魅力的なものにするよう、ユーザー・ホール、そしてメーカーの架け橋になっていきたいと思います。

2016年度PS総合開発コース渋谷校社会人総合職販社・専門商社