自分のアイデアでパチンコ機を創り上げる。その夢の実現に向けて、G&Eは最適な場所だった

自分のアイデアでパチンコ機を創り上げる。その夢の実現に向けて、G&Eは最適な場所だった

就職先:株式会社シードファクトリー
O.K(入学時年齢:23歳)

社会人になるにあたって、当初パチンコ業界の開発職を目指していたものの道は険しく、いったんは他業種の仕事に就きました。しかし、パチンコ・パチスロの開発に携わりたい気持ちは募るばかり。思い切って仕事を辞め、パチンコ業界への転職を目指すためにG&Eへ入学しました。

私の夢は、自分のアイデアでパチンコ機を創り上げること。その夢の実現に向けて、G&EのPSプランニングコースは最適な場所だったと思います。

初めはユーザーとしての表面的な知識しか持ち合わせていないため、遊技機の内部的な作りの話は難しく感じました。講義では、自分の打ったことのない機種を例に出して解説されることもあり、周りがみんな頷いているのに、自分だけ理解できないことも...。が、好きなことに関することですから意欲的に知識を取り入れることが出来ます。興味を持って様々な機種を遊技し、機種の特性を把握できるようになると、難しかったはずの風適法の話が段々と「普通の知識」として理解できるようになりました。
また在学中から遊技機開発会社でアルバイトを行ったのも大きかったと思います。やはりパチンコ機の開発は自分の天職だと感じるようになりましたし、G&Eの講義も今では講義が楽しくて仕方ない状態です。休憩時間にも、クラスメイトと新台の感想を言い合うなど、ここまでパチンコ・パチスロの話で盛り上がれる場所は他にないのでは?と思います。

就職活動では、パチンコ機の開発に全力で取り組めるところ、自分が思い描く開発者像に近付けるところ、という基準で志望企業を選択。内定をいただいたシードファクトリーは、設立してあまり年数が経っていない若い会社ですが、その分、社員の連携意識が強く、やりがいを持って様々な仕事に関わることが出来ます。

入社後は、自分の大好きなパチンコ機の開発という仕事に全力で取組み、一刻も早く重要なポジションをお任せいただけるよう日々成長していきたいと考えています!

O.Kくんが学んだPSプランニングコースとは?

PS2プランニングコース

2020年度PSプランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職大阪校社会人遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

G&Eに通い始めて1ヶ月強でパチンコメーカーへの就職を勝ち得ることができた!

G&Eに通い始めて1ヶ月強でパチンコメーカーへの就職を勝ち得ることができた!

就職先:京楽産業.株式会社
H.T(入学時年齢:23歳)

大学を卒業後、晴れて社会人となり就職先で活躍...の予定だったのですが、現実は激務・雑務に押しつぶされそうな日々でした。そんな中、仲の良い同僚と「好きなことを仕事にしたい」という話をしていて、お互いパチンコ・パチスロが大好きだったこともあり、「じゃあ、一緒にG&Eに通うか」という結論になりました。せっかく新卒として就職した企業を1年足らずで辞めてしまうことには躊躇もありましたが、やはり一度きりの人生ならば好きなこと・やりたいことを仕事にしたい、という気持ちが勝りました。

私はもともと文系でしたが、好きなパチンコに携わるなら創る側に回りたいと考え開発系のPSプランニングコースに入学しました。
G&Eでは新型コロナウイルスの影響もあり講義開始が約1か月遅れとなりました。その間、不安が全くなかったわけではありませんが、その分「やりたい」意欲が溜まり、良いスタートダッシュが切れたのではないかと思います。

仕事を辞めて空いた時間で、企画書や絵コンテなど就活に向けた作品作りを行い、一定の評価をいただけるレベルにまで高めることができました。
講義開始から1ヶ月経たずに就職活動を開始しましたが、その際にも担任の先生方から企業情報や面接対策などで的確なアドバイスをいただきました。特に前職を半年で辞めたというマイナスポイントについて、いかに好意的に捉えていただけるように話すかを苦労して考えましたが、先生のお墨付きをいただいたおかげで自信をもって話すことができたと思います。

正直なところ業界の専門知識をまだ蓄えていない段階で臨んだ採用面接ですから、やる気があることを伝えるしかありません。声の抑揚や視線、ジェスチャーなど会話の技術をフルに使って自分のやる気をアピールし、業界の顔たる企業としてヒット作をガンガン生み出せるパチンコメーカー、京楽産業.から内定をいただくことができました。

開発の素人である私が、G&Eに通い始めて1ヶ月強でパチンコメーカーへの就職を勝ち得ることができた!これはG&Eの環境のおかげ、先生方のアドバイスのおかげだと改めて感謝いたします。
また、学校にはこれからも卒業まで通うことになりますので、改めてよろしくお願いいたします!

H.Tくんが学んだPSプランニングコースとは?

PSプランニングコース

2020年度PSプランニングコースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職大阪校社会人

パチンコの企画とパチスロの企画、どちらにも携われるフィールズの商品企画職で内定をいただけた

パチンコの企画とパチスロの企画、どちらにも携われるフィールズの商品企画職で内定をいただけた

就職先:フィールズ株式会社
Y.K(入学時年齢:22歳)

大学に入りパチンコ・パチスロに出会った私は、その魅力にどっぷりはまり、自分のアイデアでパチンコ・パチスロを企画開発することに強い憧れを抱きました。しかし大学ではモノづくりとは全く異なる学部・学科に属していましたし、何の下積みも根拠もなく「パチンコ・パチスロを開発したいです!」とメーカーの採用面接を受けたところで、箸にも棒にもかからないことは明白でした。
でもG&Eで知識とスキルを学べば、パチンコ・パチスロの商品企画に携わることができるかも知れない...。YouTubeのCMで学校の存在を知った私は、家族を説得し、大学を中退してまでG&Eに入学することにしました。

G&Eの講義は、まさに自分の求めていた内容でした。実際の開発者が講義を担当し、内部制御や遊技機規則を専門的に学ぶことが出来ました。またG&Eの講義では、生徒自身が考えた企画書の発表会を定期的に行い、想いやこだわりをプレゼンテーションします。他のクラスメイトが発表するプレゼンを聞いていると「そんな着眼点が!」「この表現はすごくいいね!」などと気づかされることが多く、自分にとっても刺激になりますし、厳しい視点からお互いに評価をし合うことで、考え方がずいぶん成長したと思います。

学生生活で思い出深いのは、やはり「ダイナム杯パチンコアイデアGP2019」で優勝したことです。パチンコのアイデアを競うコンテストで全国1位になれたというのは大変な名誉なことですし、何より自信にも繋がりました。(企業の面接を受ける際、話題のネタにもなりました!)背中を押してくれた先生方には感謝しています。

就職活動にあたって、パチンコ・パチスロをほぼ1:1で遊んでいる私は、どちらの企画にも携われるのがベストだと考えていました。ただ遊技機メーカーの部署はどちらかにキッパリ分かれることが多く、パチンコの企画職かパチスロの企画職か、志望職種の選定に悩んでいました。
そんな折、G&Eの出資会社でもあるフィールズが商品企画職の募集を行っていることを知りました。フィールズは業界トップの遊技機販売会社として名高いのですが、実は多くの遊技機メーカーと共同で企画開発にも携わっています。これはチャレンジするしかない、と応募し、G&Eで培ったプレゼンスキルで自己アピールした結果、内定をいただくことができました。

最後に。「パチンコ・パチスロが好き!仕事にしたい!」と考えている人は、ぜひG&Eに入学し、その環境を活用して欲しいです。G&Eに通わずにパチンコ業界に就職する人もいるでしょうが、「自分と同じものが好き」という共通点を持つ人たちが周りにいる環境は、途方もない安心感がありますし、そういった環境だからこそ人は大いに成長するのだと、クラスメイトを間近で見てきた私は断言できます。私自身、目標だった商品企画職への就職を決められたのは仲間と講師陣のサポートがあったからだと思います。本当にありがとうございました。

Y.Kくんが学んだ総合エンタテインメントコースとは?

総合エンタテインメントコース

2020年度パチンコ・パチスロ販社、専門商社に就職企画職として就職大学中退大阪校総合エンタテインメントコース

パチンコ・パチスロの営業職としてトップクラスの会社に入りたい。その想いが叶いました。

パチンコ・パチスロの営業職としてトップクラスの会社に入りたい。その想いが叶いました。

就職先:フィールズ株式会社
M.S(入学時年齢:20歳)

高校卒業後、飲食店でアルバイトしていました。パチンコ・パチスロが好きで、パチンコ業界で働くことへの憧れはありましたが、高卒では就職も難しいと諦めていました。
ある時、G&Eのホームページを見てパチンコ業界に就職するための学校があるのだと初めて知り、両親に相談したところ「好きなことを勉強したらいい」と言ってもらえました。
せっかくならば、パチンコ業界の営業職としてバリバリ頑張りたいと思い、その名も「PS営業育成コース」への入学を決めました。

G&Eの講義は、業界や商品の知識を学ぶ座学が半分、自分で動いたり調べたりして成果物を仕上げる実践が半分という感じでした。自分が最も頑張ったのは市場調査の講義です。もともとパソコンは苦手ですが、だからと言ってしっかり調査した内容を見栄えの悪い資料にしてしまったら、意味がありません。エクセルやパワーポイントを何とか習得し、自分なりに納得のいく資料を作り、発表することができました。

またパチンコ業界への就職に特化した学校というだけあって、G&Eではパチンコ業界に関する知識だけでなく、ビジネスマナーや就活対策なども親身に教えていただきました。ビジネスマナーはアルバイト先でも役立ちましたし、これまで経験したことのない就職活動でも、自信を持って受け答えができるようになりました。G&Eで、人としての成長を実感することができました。

これからG&Eに入学する人へのアドバイスとして、私は「メモ」をお勧めします。初めは講義を聞き流していたのですが、語られる内容の一つ一つが濃いため、講義内容や先生の雑談もメモを取って形として残すようにしました。聞き流していたら忘れてしまうことでも、メモがあればいつでも思い出すことが出来ますし、私はメモを読み返すことで講義内容の理解の幅が大きく広がりました。

就職活動では、パチンコ業界の営業職としてトップクラスの会社に入りたいと思い、フィールズ株式会社を第一志望としました。
面接の場では、「負けず嫌いですか?」と聞かれた時、強気で「御社に入社した後、誰にも結果では負けません」と答えました。生意気に聞こえたかとも思いましたが、その負けず嫌いなところを評価していただけたようで、内定通知を手にすることができました。

G&Eと出会ったからこそ、パチンコ業界の営業職で活躍するという想いが強まり、フィールズという一流企業との出会いが生まれ、想いを叶えることが出来たと思っております。フィールズ入社後は、宣言した通り営業成績で結果を残して、活躍していきたいと思っています!

M.Sくんが学んだPS営業育成コースとは?

PS営業育成コース

2020年度PS営業育成コースパチンコメーカー等の営業職として就職パチンコ・パチスロ販社、専門商社に就職フリーター大阪校

パチンコの企画とパチスロの企画、どちらにも携われるフィールズの商品企画職で内定をいただけた

パチンコの企画とパチスロの企画、どちらにも携われるフィールズの商品企画職で内定をいただけた

就職先:フィールズ株式会社
Y.K(入学時年齢:22歳)

大学に入りパチンコ・パチスロに出会った私は、その魅力にどっぷりはまり、自分のアイデアでパチンコ・パチスロを企画開発することに強い憧れを抱きました。しかし大学ではモノづくりとは全く異なる学部・学科に属していましたし、何の下積みも根拠もなく「パチンコ・パチスロを開発したいです!」とメーカーの採用面接を受けたところで、箸にも棒にもかからないことは明白でした。
でもG&Eで知識とスキルを学べば、パチンコ・パチスロの商品企画に携わることができるかも知れない...。YouTubeのCMでその存在を知った私は、家族を説得し、大学を中退してまでG&Eに入学することにしました。

G&Eの講義は、まさに自分の求めていた内容でした。実際の開発者が講義を担当し、内部制御や規則部分を専門的に学ぶことが出来ました。またG&Eの講義では、生徒自身が考えた企画書の発表会を定期的に行い、想いやこだわりをプレゼンテーションします。他のクラスメイトが発表するプレゼンを聞いていると「そんな着眼点が!」「この表現はすごくいいね!」などと気づかされることが多く、自分にとっても刺激になりますし、厳しい視点からお互いに評価をし合うことで、考え方がずいぶん成長したと思います。

学生生活で思い出深いのは、やはり「ダイナム杯パチンコアイデアGP2019」で優勝したことです。パチンコのアイデアを競うコンテストで全国1位になれたというのは大変な名誉なことですし、何より自信にも繋がりました。(企業の面接を受ける際、話題のネタにもなりました!)背中を押してくれた先生方には感謝しています。

就職活動にあたって、パチンコ・パチスロをほぼ1:1で遊んでいる私は、どちらの企画にも携われるのがベストだと考えていました。ただ遊技機メーカーの部署はどちらかにキッパリ分かれることが多く、パチンコの企画職かパチスロの企画職か、志望職種の選定に悩んでいました。
そんな折、G&Eの出資会社でもあるフィールズが商品企画職の募集を行っていることを知りました。フィールズは業界トップの遊技機販売会社として名高いのですが、実は多くの遊技機メーカーと共同で企画開発にも携わっています。これはチャレンジするしかない、と応募し、G&Eで培ったプレゼンスキルで自己アピールした結果、内定をいただくことができました。

最後に。「パチンコ・パチスロが好き!仕事にしたい!」と考えている人は、ぜひG&Eに入学し、その環境を活用して欲しいです。G&Eに通わずにパチンコ業界に就職する人もいるでしょうが、「自分と同じものが好き」という共通点を持つ人たちが周りにいる環境は、途方もない安心感がありますし、そういった環境だからこそ人は大いに成長するのだと、クラスメイトを間近で見てきた私は断言できます。私自身、目標だった商品企画職への就職を決められたのは仲間と講師陣のサポートがあったからだと思います。本当にありがとうございました。

2020年度パチンコ・パチスロ販社、専門商社に就職企画職として就職大学中退大阪校総合エンタテインメントコース

パチンコメーカーへの就職を目指してG&Eに進学。あらゆる知識・スキルを自分の血肉とすることが出来た実感がある

パチンコメーカーへの就職を目指してG&Eに進学。あらゆる知識・スキルを自分の血肉とすることが出来た実感がある

就職先:株式会社SANKYO
N.S(入学時年齢:18歳)

高校生の時、偶然にG&Eのホームページを見つけました。進学か就職か、進路を考えなければならない時期に、「パチンコメーカーへの就職を目指して進学する」という明確な目標が出来たことは、私にとって大きな転機となりました。
私が入学したのは「総合エンタテインメントコース」という23歳以下の人を対象にしたコース。専門学校的な位置づけで、パチンコ業界のすべてを2年間で学んでいくため、他のコースよりも講義時間の多いのが特徴です。

G&Eでは、パチンコ・パチスロに精通しているスペシャリストによる講義が繰り広げられます。特に規則に関する講義では難しい話も多く、苦戦することもありました。ですが、やはり私の好きなパチンコ・パチスロの話ですから、意欲的に授業に取り組むことができますし、内容自体は今でも思い出すことが出来るほどに濃く、楽しいものでした。その他、ホール計数の講義、プレゼンテーションの講義、市場調査手法や企画書作成手法など、2年間(まだ数か月残っていますが)であらゆる知識・スキルを自分の血肉とすることが出来た実感があります。好きなことだからこそ頑張れる、というのは本当でしたね。

私がG&Eに入学したのは、大好きなメーカーであるSANKYOが出資しているスクールだから、というのもありました。入学後、SANKYOからG&Eへ求人が来た際にはさっそく私も応募したわけですが、生まれて初めての就職活動で初めに受ける企業が憧れの大手メーカー、というのは相当なプレッシャーでした。
私はG&E最年少ということもあり、他の人に勝る部分をアピールできるとすれば、それは「愛」しかありません。面接ではパチンコ・パチスロ愛を伝えることに重点を置き、G&Eで学んだプレゼン技術で、上手く伝えることだけを意識しました。

SANKYOには、若輩者の私に内定をいただき、感謝しております。ゆくゆくは後世に語りつがれるような遊技機の開発に携わり、「あの機種の産みの親は自分だ」と誇れるようになりたいと思います。そのためにも日々勉強を心がけ、入社までを過ごしてまいります。



N.Sくんが学んだ総合エンタテインメントコースとは?

総合エンタテインメントコース

2019年度パチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職大阪校総合エンタテインメントコース高校卒業後

パチスロ機の規則をしっかり理解した上でプログラミングの習得に取り組み、パチスロメーカーへの就職を決めました

パチスロ機の規則をしっかり理解した上でプログラミングの習得に取り組み、パチスロメーカーへの就職を決めました

就職先:株式会社パイオニア
T.J (入学時年齢:24歳)

パチスロ機開発に携わるプログラマーを目指して、大学でプログラミングの勉強をしました。しかし、遊技機のプログラミングには専門的な知識も必要。それが学べる場所はどこかを探している時、G&Eという学校があることを知りました。

やりたい仕事に就けるのなら、時間と金銭の投資は無駄にならないと信じ、G&EのPS総合開発コースに入学しました。

在校生たちは全員がパチンコ・パチスロ好きで、業界で働くことに情熱を持つ人ばかりです。友達というより「同志」の感覚で、互いに励まし合いながらモチベーションを落とすことなく一直線に進むことができました。

また講義内容は私の求めていたそのもの。遊技機規則から専門的なプログラム言語まで、学んだことすべてが役に立ちました。特に、遊技機規則を知らずにプログラムを組んだとしても、「なぜそのような処理を行わなければならないのか?」という疑問が解消できません。パチスロ機の規則をしっかり理解した上でプログラミングの習得に取り組めたのは、大いに成長につながったと思います。

志望企業の選定については、やはり自分の好きな機種の開発に関わることがモチベーションに繋がると考え、自分の好きなメーカーへの就職にこだわりました。
沖スロの雄、パイオニアに応募した際は、プログラマーとしての適性を見極めるためのプログラム作品課題が出されました。G&E入学前であれば、どう組めば良いかさえ分からなかったと思いますが、G&Eで得た経験と知識で、何とかプログラム作品を組み上げることが出来ました。その努力が評価されてか、内定をいただきました。

パイオニアのパチスロ機には版権に頼らない独自の発想があり、打つ人の気持ちに寄り添った機械づくりの出来るメーカーだと思います。今後はパイオニアの一員として、パチスロ本来の楽しさを味わえる機種の開発に、貢献していければと考えています。



T.Jくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2019年度PS総合開発コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職大学卒業後大阪校

クラスメイト達が気軽に教え合い、課題を進めることができるため「勉強=辛い」という感じは一切なかった

クラスメイト達が気軽に教え合い、課題を進めることができるため「勉強=辛い」という感じは一切なかった

内定先:株式会社アンフィニエックス
T.U (入学時年齢:23歳)

大学を中退し、パチンコホールで数年アルバイト生活を送ってきました。自店舗に置いてあった機種説明小冊子の裏面にG&Eの広告が載っているのを見つけ、働きながら週2日の通学でパチンコ・パチスロの開発職に就ける、という点に惹かれました。

スクール説明会に参加するまでは、理系の知識を持たない私に開発系コースで学ぶ価値があるのかと不安でした。ただ話を聞いてみると、初めは文系・理系に関係なくほとんどの人が同じような状態からのスタートで、パチンコ・パチスロへの情熱を持っている方が有利とのこと。私もパチンコ・パチスロにかける想いは誰にも負けない自信がありましたので、安心してG&Eへ入学しました。

PS総合開発コースの講義は、それぞれの分野で活躍する先生方が教えてくれるので、幅広く知識を身に着けることができます。また人それぞれ得意分野・苦手分野があっても、パチンコ・パチスロという同じ趣味を持つクラスメイト達が気軽に教え合い、課題を進めることができるため「勉強=辛い」という感じは一切ありませんでした。

2年間の学生生活の中で一番頑張ったのは、企画書の制作です。これまでの卒業生・先輩の作品と被ることなく、かつ一目で「面白い!」と感じてもらえる企画書を仕上げるために、企画書制作の期間だけ頑張るのでなく、普段遊技する際の「気づき」を大切にしました。常にアンテナを張り巡らせる癖がつき、パチンコ・パチスロを違った側面から見られるようになったと思います。

就職先を考えるにあたり、第一に「自分が本当にやりたいことが出来る企業か」「プライベートの時間を確保できる企業か」という点にこだわりました。ある意味ぜいたくな要望だったかもしれませんが、そんな理想の企業である遊技機制作会社、アンフィニエックスとめぐり逢うことができました。

入社後は、G&Eで得た総合的な知識を武器に、「幅広い分野に意見をさしはさむことのできる開発スペシャリスト」を目指して成長していきたいと考えています。



T.Uくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2019年度PS総合開発コースパチンコメーカー等の開発職として就職フリーター大阪校遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

実際の開発業務に近い内容を実体験することで、向き・不向きを事前に確認できた

実際の開発業務に近い内容を実体験することで、向き・不向きを事前に確認できた

内定先:株式会社アンフィニエックス
O.K (入学時年齢:24歳)

G&Eに惹かれたのは「自分のやりたいことに特化して勉強ができる」点です。大学卒業後、医療関係の職に就いたものの、仕事に面白味を感じることが出来ないまま辞めてしまった私にとっては、好きなことを楽しく学んでそれを仕事にできることが、ひじょうに魅力的に映りました。

G&EのPSプランニングコースで学んだ知識・スキル系講義の中では、リール配列の作成や機種分析の講義が特に面白いと感じました。元々、入学前からリール配列等に興味がありましたが、自分に向いている分野であることも再確認できました。実際の開発業務に近い内容を実体験することで、向き・不向きを事前に確認できたのは大きかったと思います。

就職活動では、大阪に拠点を持つ遊技機開発会社を志望対象にしました。どうしても管理業務が多くなってしまうメーカーの仕事に比べ、遊技機開発会社では理想のパチスロ機制作に専念し、よりクリエイティブな仕事ができると考えたからです。

G&Eに多数ある求人の中で、業界歴が長く実績のある遊技機開発会社、アンフィニエックスの求人票が目に留まり、応募しました。面接の場では、自分のやりたい仕事のイメージを明確に伝えることを心掛け、内定をいただくことができました。

G&Eで学んだとはいえ、まだプロとして通用するだけの実績や作品を持つわけでもない私を採用していただいたわけですから、今後いち早く力をふるえるよう励み、成長していくことがアンフィニエックスへの恩返しになると思います。せっかく自分が心底からやりたいと思える職に就けたのですから、初志貫徹で精いっぱい頑張りたいと思います!

2019年度PSプランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職大阪校社会人遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

多様な考え・意見を上手く融合させながらより良い作品を作る、という過程を経験することができました

多様な考え・意見を上手く融合させながらより良い作品を作る、という過程を経験することができました

内定先:京楽ピクチャーズ.株式会社
H.K(入学時年齢:23歳)

高校を卒業した後、地元のパチンコホールに就職しました。私はパチンコ・パチスロの演出が大好きでしたので、色んな機種の演出を見られる仕事は、好きなことに携わっているという実感がありました。

しかしいつしか、私の中に自分の理想の演出を創りたいとの想いが芽生え、日に日に大きくなってきました。そんな時、「好きなことを仕事にできる」という謳い文句の広告を目にし、G&Eで演出を創るための知識とスキルを身に付けることにしました。

G&Eに集まる生徒は全員好きなものが共通しているので、とにかく話題が尽きません。とはいえ年齢も属性も、パチンコ・パチスロに対する考え方もバラバラです。そんな環境にあるからこそ、グループワークなどでは自分のやりたいことを突き通すのではなく、多様な考え・意見を上手く融合させながらより良い作品を作る、という過程を経験することができました。

最も楽しく感じたのは、映像やエフェクトを制作するためのツール「AfterEffects」を学ぶ講義です。演出を見て楽しむのは一瞬ですが、作り手側になった時に初めて、表現することの難しさや作り上げることの大変さを理解しましたし、また折れない心を持つことが大事だと痛感しました。ただ、成長を実感できる講義だからこそ楽しく継続できますし、その結果としてかなり自信を持てる課題(自己作品)を提出することが出来ました。

就職活動に関しては、私の最も好きな機種の演出を手掛けている京楽ピクチャーズ.株式会社から内定をいただくことができました。京楽ピクチャーズ.株式会社は、社員全員が同じゴール地点を見据えて、レベルの高い映像演出を制作している魅力的な企業です。その一員となれることは私の誇りですし、その誇りを胸に、理想の映像演出を創るための努力を惜しまず、仕事に励んでいきたいと思います。



H.Kくんが学んだPS映像プランニングコースとは?

PS映像プランニングコース

2019年度PS映像プランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職大阪校社会人遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

パチンコ・パチスロの話題が絶えない環境の中で、貴重な日々を過ごすことができました

パチンコ・パチスロの話題が絶えない環境の中で、貴重な日々を過ごすことができました

就職先:フィールズ株式会社
T.T (入学時年齢:20歳)

大学時代、私が普段利用しているWebサイトに広告が表示されたことがきっかけで、G&Eの存在を知りました。もともとパチンコが大好きで、パチンコに関わる仕事に就きたいと考えていた私にとっては、願ってもない魅力的なスクールでした。ただ実家からも大学からも遠く、ダブルスクールは現実的に不可能。大学卒業後にG&Eへ入ることも考えたのですが、やはり早い方が良いと考え両親を説得しました。その時「頑張るならば応援する」と大学中退も一人暮らしもG&E入学も認めてくれた両親には、本当に感謝の念しかありません。

私の選択した総合エンタテインメントコースは、開発系・営業系を問わずパチンコ業界に関わる仕事や仕組みを総合的に毎日学ぶコースです。大好きなことに関わる講義ばかりですから新鮮で楽しく、またクラスメイトもパチンコ・パチスロ好きばかり。常にパチンコ・パチスロの話題が絶えない環境の中で、貴重な日々を過ごすことができました。

楽しかったのは何といっても動画制作の講義です。私はG&E入学までパソコンを利用したことがほぼなかったため、初めのうちは動画制作アプリケーションの習得で随分苦労しましたが、先生には分かりやすく教えていただき、またクラスメイトもお互いに教え合うことで、いつの間にか動画制作が得意分野になっていきました。
また、G&Eでの生活を通じて、何事にあたっても積極性や行動力、決断力が大事であることを実感しました。ぼーっとしている1時間、楽しんで成長していく1時間。同じ時間を過ごしていても、その積み重ねで大きな差が生まれます。G&Eで仲間とともに楽しく成長できたことを誇りに思います。

就職にあたっては、やはり動画制作に関わりたいと考えていたところ、G&Eの出資会社でもあるフィールズより動画制作スタッフの募集がありました。面接では、観た人に役立つ、楽しめる動画を創りたいという強い想いをアピールし、内定をいただくことができました。
今回私が配属されるのは、新規事業のために設立された新規部署です。どんどん新しいことに挑戦し、これからの業界をさらに発展させることができる会社で働けることを嬉しく思っています。



T.Tくんが学んだ総合エンタテインメントコースとは?

総合エンタテインメントコース

2018年度パチンコ・パチスロ販社、専門商社に就職動画・web制作職として就職大学中退大阪校総合エンタテインメントコース

自分のこれからの生き方そのものにも影響を及ぼす大きな財産を得ることができました

自分のこれからの生き方そのものにも影響を及ぼす大きな財産を得ることができました

就職先:フィールズ株式会社
M.K (入学時年齢:26歳)

大学在籍時からパチンコ業界への就職に興味はありましたが、具体的にどう動けば就職できるか分からず踏みとどまっていました。その後パチンコホールでアルバイトを続けていたところ、時折来店し店長と商談している遊技機営業マンの姿に憧れ、自分も遊技機を販売する側になりたいと思うように。そんな時、YouTubeの広告でG&Eの存在を知り、実際の遊技機を販売している営業マンが直接指導にあたる、という点に惹かれました。

入学については両親に相談しましたが、業界に対し良いイメージを持っておらず、最初は反対されました。しかし自分の好きな仕事に携わりたい気持ちを伝え、何度も話し合いを行ううち、最終的には自分で学費を賄うのであれば、という条件で納得してもらいました。

自分の強みは、誰とでも気軽に話せるコミュニケーション能力。だからこそ営業職を目指そうとしたのですが、ただ話すだけでは営業は務まらないことをG&Eで学びました。
例えば、これまで人前で発表すること自体が無かったので、プレゼンテーションやスピーチにはなかなか慣れず、大変苦労しました。ただこれは毎回行う3分間スピーチなど数をこなすことで経験値を積み、いつの間にか苦手分野を克服できました。

またホール全体の出玉率を考えてシミュレーションを行い、機種ごとの設定配分を考える計数の講義は、扱う数字が多岐にわたるため非常に難しかったです。しかし自分の持つユーザー目線と、講義で学ぶホール目線が交わった先にある「適正値」が見えるようになると、これほど面白いものはありません。最後は、自分の中で最も楽しい講義となりました。
何よりも役立ったのは、営業マンに最も必要な「人間力」を学べたことです。知識や経験がどんなに豊富でも、土台となる人間力が欠けていれば営業としては大成できない。周囲に認められ、信頼される人間力こそが営業としての礎である。自分のこれからの生き方そのものにも影響を及ぼす大きな財産を得ることができました。

こうした営業職としての基礎を身に付けていくうちに、業界トップクラスの営業力を誇る大手企業、フィールズから新卒採用のお話がありました。G&Eの出資会社でもあり、自分の憧れでもあった第一志望の企業ですから、履歴書作成・SPIの勉強・面接対策とすべてに全力を尽くし、本番の面接でも熱い想いを全力で伝え切ることができました。

今後も初心を忘れず、立派なコンサルティング営業マンとなり、フィールズへの貢献はもちろんのこと、業界全体にも貢献していけるよう頑張りたいと思います!



M.Kくんが学んだPS営業育成コースとは?

PS営業育成コース

2018年度PS営業育成コースパチンコメーカー等の営業職として就職パチンコ・パチスロ販社、専門商社に就職フリーター大阪校

パチンコメーカーへの就職を目指して、講義ごとに自分が大きく成長していくのを日々感じました。

パチンコメーカーへの就職を目指して、講義ごとに自分が大きく成長していくのを日々感じました。

就職先:株式会社高尾
N.K (入学時年齢:20歳)

工業高校を卒業し自動車整備工として働いていた頃、G&Eの動画広告を観て、自分も勉強をすればパチンコ・パチスロに関わる仕事ができるかもと夢想するようになりました。物は試しとG&Eの説明会イベントに参加したところ、高卒や中卒でも夢を叶えた卒業生がたくさんいること、学歴よりも「G&Eで学んでいること」自体を重視する企業が多いことを聞き、これは入学するしかない、と考えるようになりました。
さっそく両親に相談をしたものの、初めは聞いたこともない学校だと言われ、すぐには認めてもらえませんでした。が、粘り強く説得を続けることで、ちゃんと就職できるのであれば、との条件で入学を納得してもらいました。

G&Eの講義はパチンコ・パチスロの商品知識に加えて、業界の成り立ちや構造、業務の流れなど、就職後に役立つ内容が多く、G&E卒業生が業界で活躍できる理由がよく分かります。もちろん就職するにあたっての企画書作成スキルや就職活動に関する心構え等も丁寧にご指導いただき、講義ごとに自分が大きく成長していくのを日々感じました。

就職に関しては、とにかく履歴書の作成が一番疲れました。こんなに時間がかかるものとは考えてもいませんでしたので、改めて自己アピールすることの難しさを実感しました。それでも、何度も添削に付き合っていただき、完成まで協力して下さった先生方には心から感謝しています。

G&Eには、たくさんの企業からさまざまな職種の求人が来ます。個人的に大好きなメーカーである株式会社高尾から営業職の求人が来た時、自分が愛するメーカーの機種ならば、多くの人に知ってもらうために営業・拡販するのも悪くないなと思い、営業職で応募することにしました。選考では、提出した企画書の出来栄えを高く評価していただき、販促として採用していただきました。学校でも積極的に色々な企画・アイデア出しをしていたことが、最終的には役立ったと思っています。

入社後は、もっともっと高尾のファンを増やしていけるように、たくさんアイデアを出して自社製品をアピールしていければと思っています。先生方も、これからG&Eに入学する人も、ぜひ高尾のパチンコ機を遊技してください!



N.Kくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2018年度PS総合開発コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)大阪校社会人販売企画・販売促進職として就職

会社にとって、業界にとって、かけがえのない存在となりたい

会社にとって、業界にとって、かけがえのない存在となりたい

就職先:株式会社インスピリット
N.R (入学時年齢:25歳)

ちょっと偉そうですが、G&Eに入学しようと考えている方に向けて、私がG&Eに入って感じたことをお伝えしたいと思います。

まず、G&Eでの勉強は楽しい!ということ。私はこれまで、小・中・校・専門学校と、勉強は何のために必要なのかよく分からずに、とりあえずこなして来ました。が、G&Eで学ぶ知識・スキルは、いつどんな場面で必要となるのか、実際に業界で働く方が経験を交えて伝えてくれるため、自分が今まさに業界で活躍しているかのようなイメージで、楽しく習得できます。特に開発会社から来てくれている講師の授業は何よりも面白かった。パチスロ百科事典のような知識量。開発ならではの喋りのテンポ。優しくも厳しい教え方。パチンコ・パチスロ業界に入ることの楽しさ自体を教えていただきました。

そして二つ目は、G&Eでは積極的に学ぶ意識を持っている人ほど内定獲得が早いということ。逆に「手取り足取り教えてもらう」つもりで入学しても、なかなか成長は見込めません。そういう意味では、G&Eはこれまでの学校とは違い、やはり「ビジネススクール」なのです。せっかくG&Eビジネススクールに入学してパチンコ業界での活躍を目指すのであれば、ぜひ「自分からG&Eを活用して積極的に学ぶ姿勢」を持って入学して欲しいですね。活用できる環境は十分に用意されています。

最後に、悩み迷った時にはパチンコホールに行け!ということ。企画書の発表でダメ出しされたり、履歴書が上手く書けなかったり、企業の選考で落とされたりして、悩んだり迷ったり、苦しんだりしている時は、素直に自分の好きなパチンコ・パチスロを打てばよいと思います。自分がパチンコ・パチスロを好きだという想い、こんな遊技機を開発したいという想い、自分の最終的な目標。そういったものを思い出すことができると思います。そしてそんな時は大抵、クラスメイトも打ちに来ていたりします(笑)。

私は、株式会社インスピリットという遊技機の企画開発会社から採用内定をいただきました。遊技機の根本となる企画部分に関われることに喜びを感じつつ、ゆくゆくは会社にとって、そして業界にとって、かけがえのない存在となりたい。そんな意気込みで業務に取り組んでまいります。



N.Rくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2018年度PS総合開発コースパチンコメーカー等の開発職として就職フリーター大阪校遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

就職後に携わっていく業務をG&Eで予行演習。大変勉強になりました

就職後に携わっていく業務をG&Eで予行演習。大変勉強になりました

就職先:株式会社インスピリット
I.A (入学時年齢:23歳)

ゲーム系の専門学校を中退後、パチンコホールのアルバイトをしていた時、先輩から「パチンコの学校がある」と聞きました。初めは、どうせ勝率を上げるという売り文句の怪しげな学校だろうと思っていたのですが、よくよく調べると大手メーカー等が共同出資するビジネススクールで、作り手(開発者)側に廻るための教育機関とのこと。しかも、現役の遊技機開発者が指導にあたって下さるとのことで、もともとエンタテインメントの作り手を目指していた私にとっては、願ってもない環境でした。通学は週2回で仕事との両立も可能でしたので、1年間を賭けてみようと決心し、G&Eに入学しました。

G&Eで最も役立ったと感じたのはグループワークの時間です。G&E入学前の専門学校やアルバイト先では、比較的年齢が近い人達とばかり接してきましたが、グループワークではさまざな年齢層のクラスメイトたちと話合う必要があります。他の人と自分がそれぞれ持っている価値観やアイデアを共有し、時には議論を交わしながら制作に取り組む過程は、就職後に社会人として携わっていく業務の予行演習とも言うべきものであり、大変勉強になりましたし、楽しくもありました。

またグループワークでは、自分のアイデアを周囲に理解してもらうための伝え方や言葉の選び方を工夫することで、コミュニケーション力の鍛錬になりましたし、グループの成果物に自分のアイデアを採用してもらえた時は、達成感と充実感を得ることができました。実際の仕事でもこんな経験を積み上げたいと思い、就職活動でも企画開発会社を志望企業の軸としました。

私が内定をいただいた株式会社インスピリットは、企画制作に強みを持ち、多くの遊技機メーカーと密な関係を築いている遊技機開発会社です。自分のアイデアを詰め込んだ遊技機を制作できる、という点ではメーカーに勝る環境とも言えます。

G&Eでパチンコ・パチスロの知識を学べたのはもちろんですが、社会で生きていくための、人として大切な部分を教えていただけたと感じています。この経験をインスピリットでの業務に活かし、業界全体に恩返ししていけたら、と思います。

2018年度PSプランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職フリーター大阪校遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

どうしても入りたいパチンコメーカーから、2年越しで就職内定をいただけた

どうしても入りたいパチンコメーカーから、2年越しで就職内定をいただけた

就職先:豊丸産業株式会社
R.K (入学時年齢:24歳)

自由で個性的な機種づくりを行いつつ、打ってもらう人の気持ちを忘れないメーカー、それが豊丸。作る機種はことごとく自分のツボにはまりましたし、そんな愛しのパチンコ機たちに一生涯関わり続けたい。どうしても入りたい会社でした。
ただ2年前、大学時代に受けた新卒採用では、残念ながら選考に落ちてしまい、担当者の方から「もっと会話のキャッチボールが出来たら良かった」とアドバイスをいただきました。落ちてしまった以上は仕方がありません。後はすっぱり諦めてしまうか、諦めずに再チャレンジするかの二択です。自分は、G&Eに入学し再度挑戦することにしました。

G&Eでは、パチンコの本質となる部分を知るため、規則などを学べる開発系コースを選択。コースではパチスロ好きが多く、パチンコしか打たない自分が仲良くなれるか不安もありましたが、クラスメイトにはパチスロを教えてもらい、自分はパチンコの魅力を伝え、相互に絆を深めることができました。クラスメイトと三重県の年末オールナイト実戦を行ったのは、一生の思い出です。

最も役に立つと思えた講義は、企画書作成とグループワーク。何度も企画書を作成していくうちにデザイン・レイアウトの技術が向上し、今後も社会で活かせるだけのスキルを磨くことができました。またグループワークでは、他の意見を尊重しつつ自分の意見もすり合わせながら成果物を完成させていくのが大変難しくもあり、とてつもない達成感もありました。この過程を繰り返すうち、相手との合意を醸成していくコミュニケーション能力が身に着いたように思います。
また、担任の先生に付き合っていただきつつ、会話のキャッチボールを意識した面接練習にも取り組み、準備万端の状態で就職活動の時期を迎えることが出来ました。

満を持して臨んだ豊丸産業の選考では、2年経っても色あせない自分の熱意をお伝えしました。担当者の方も自分のことを覚えていたようで「ずいぶん成長したね」と高評価していただき、培ったコミュニケーション能力を活かして営業職にチャレンジしないかと提案までいただきました。

これから自分の大好きな会社で自分の大好きな機種に携わることができるのは、本当に幸せなことだと思います。
自分の成長と成功を支援してくれたG&Eには心から感謝しています!

2018年度PS総合開発コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の営業職として就職大学卒業後大阪校

実際の遊技機開発者が講師。パチスロメーカーの開発現場で働くことをイメージすることができ、就職に役立ちました

実際の遊技機開発者が講師。パチスロメーカーの開発現場で働くことをイメージすることができ、就職に役立ちました

就職先:株式会社パイオニア
K.Y (22歳)

某大学の商学部を中退し、自分のやりたいことを見つめ直していた時期にG&Eビジネススクールの存在を知りました。パチスロ機の開発は理系の仕事と思い込んでいましたが、G&Eのスクール説明会に参加すると、文系でも開発職で就職した実績が多いと聞き、「パチンコ業界で開発として活躍する」という目標が初めて目の前で固まっていきました。

講義では、メーカーや遊技機開発会社で遊技機を開発している方が講師となります。遊技機規則などの知識や映像制作・プログラミングのスキルを学ぶだけではなく、講師の方の実際の仕事内容を語っていただくなど、開発現場で働くことをイメージするにあたってもひじょうに役立つカリキュラムだったと思います。

またG&Eに入り、生まれて初めて企画書というものを作成しました。最初の企画書は、自分から見てもひどい出来でしたが、何度も作成していくうちに、企画書の構成やデザイン、レイアウトに至るまで、満足できるものが仕上がるようになりました。クラスメイト達のさまざまな角度からの意見を聞き入れたり、講師陣による「愛のある」ダメ出しを受けたりして、随分鍛えられたと思います(笑)。

就職先は、会社のビジョンと自分のビジョンが合致していることを重要視して、オリジナリティの高いパチスロ機を開発しているメーカーを志望しました。就職活動では、人と同じ歩み・人と同じ内容では「記憶に残らない就活生」になってしまうと思い、誰よりも早く行動を開始し、自分にしか無い考えを伝えるよう心がけました。

内定をいただいた株式会社パイオニアは、どこのメーカーにも作れないオリジナル遊技機の数々を開発・製造し、ユーザーからもホールからもひじょうに愛されているメーカーです。そんな会社で、先輩方の技や感性を受け継ぎ、それを自分のものとしながら、いずれは後輩にも受け渡していき、20年30年と愛され続ける遊技機を生み出していきたい、と考えています。

2018年度PS総合開発コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職大学中退大阪校

パチスロメーカー就職への道。G&Eは自分の背中をしっかり押し続けてくれました

パチスロメーカー就職への道。G&Eは自分の背中をしっかり押し続けてくれました

就職先:株式会社パイオニア
T.S (23歳)

大学は4年まで通ったのですが、諸般の事情で中退......。自分に何が出来るかを考えた時に、他人に誇れるものはパチンコ・パチスロの知識だったので、それを職業にしようと決断しました。パチスロメーカーを志望し、そのためにG&Eへ通うことを両親に相談した時は大反対され、説得には相当時間をかけましたが、何とか自分の決意を理解してもらい、応援してもらえることになりました。

自慢だったパチンコ・パチスロの知識も、G&Eの中では自分を上回る猛者がいっぱいいるため、彼らに負けまいと、より深く広く知識を習得するためのモチベーションになりました。またG&Eでは、講師もクラスメイトも、パチンコ・パチスロが大好きという共通項目を持ちながらも十人十色の個性あふれる人々でしたので、とても刺激的で楽しい毎日を送ることができました。

学校生活の中で、良くも悪くも印象に残ったのは就職活動です。講師の皆さんにバックアップしてもらいながら、相当な時間をかけ苦しみつつ履歴書を仕上げ、何度も面接練習を行ったのですが、これらが自分のことを見つめ直す機会にもなりましたし、自分のやりたいことを通す大事さを学ぶこともできました。

志望企業の選定にあたっては、自分がその企業に入社して将来何をしたいのか、バリバリ働いている姿を明確にイメージできるかどうかを重視しました。自分の所属するPS総合開発コースでは、遊技機の開発に関する知識・スキルを学んでいましたが、そこで習得した動画制作のスキルを活かして、沖スロの本当の面白さを伝える活動ができるのでは、と考え、パイオニアにセールスプロモーション企画職として応募。熱意とともに自分のあるべき将来像を伝えることで、内定をいただくことができました。

G&Eには自分のやりたいことをやらせてくれる環境、勧め続けてくれる環境があります。パチスロメーカー就職への道を歩むにあたって、自分の背中をしっかり押し続けてくれたG&Eにはたいへん感謝しております。

2018年度PS総合開発コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)大学中退大阪校販売企画・販売促進職として就職

自分がやりたいことをできる場所への切符を手に入れられた

自分がやりたいことをできる場所への切符を手に入れられた

就職先 : 智秀出版株式会社(ジャンバリ.TV)
ライターネーム : ハマチ(20歳)

※ 卒業を目前に控えた時期に行ったインタビューです。

G&Eに入学を決めた経緯を教えて下さい。パチスロの楽しさを自分の言葉で伝えられる仕事として、パチスロライターに憧れを抱いていました。憧れのまま終わらせるのでなくライターという夢を実現させる方法はないかと模索していたところ、パチスロ雑誌に掲載されていたG&Eの広告を見て「これだ!」と。


総合エンタテインメントコースを選択したのはなぜ?本当にすごいライターさん達は、ただ機種解説したり楽しく遊技したりするだけでなく、その人自身の「軸」というものを感じさせてくれますよね。それは業界への想いであったり、遊技に対する姿勢であったり、人によって様々なのですが、当時の自分には軸というものが全くなかったので、まずはそれを身に着けたいな、と。色んな角度から業界・遊技機の知識を学べる2年制の総合エンタテインメントコースなら、それが得られるのではないかと思いました。


クラスの印象はいかがでしたか?これまたクセの強いヤツらだなあ...と(笑)。そんな個性派揃いの中で、唯一の共通項が「パチンコ・パチスロが好き」であること。すぐに意気投合して、入学初日からみんなでパチスロを並び打ちしてました(笑)。


印象に残った講義があれば教えて下さい。やはりホール実戦収録ですね。動画メディアに出演して自分なりにパチンコ・パチスロの面白さを伝えたい、と考えている僕にとっては、最高の時間でした! ジャンバリ.TVの番組「パイセン!!」で、G&Eの先輩にあたる黒バラ・コウタローさんとも共演させていただき、直々に演者としての技術や心構えを教えていただきました。


入学時から個人雑誌制作を手掛けたそうですが?表現力を磨く手段として、雑誌制作をしてみたかったんです。入学当初に担任の先生に相談しましたら、「どんどんやってみろ!」と言われまして、いきなり丸ごと一冊を自分の手で制作することになりました。企画内容は何にしようか、どうレイアウトを組めば良いか、と不安だらけのスタートでしたが、まずは出来の善し悪しを考えず成果物を完成させることを目標として、先生のアドバイスを受けながら制作を始めました。自習室にある雑誌を参考しながら、見よう見まねで作っていたのを覚えています。
クラスメイトの協力も得ながら、最終的に三冊の雑誌を完成させました。


就職を決めたのはいつ、どんな経緯で?二年次のメディア・ライターコース専攻では、トム・リーさんなどジャンバリ.TVのスタッフさん達が講師を務めていました。また「パイセン!!」にちょこちょこ出演していた縁もありまして、二年次の夏頃に、スタッフさんから「ウチを受けてみないか」と声をかけられました。
就職活動自体が初めてで不安もありましたが、履歴書の書き方から面接練習まで、担任の先生に親身に付き合っていただきました。面接では、これまでG&Eで経験してきたことの全てを出し切ることができ、無事内定をいただくことができました。本当にありがとうございました!!



ハマチくんが学んだ総合エンタテインメントコースとは?

総合エンタテインメントコース

2017年度フリーター動画・web制作職として就職大阪校広告代理店・出版社・メディアに就職総合エンタテインメントコース

G&Eで知識・スキルを身に着けて、即戦力として営業マンの先頭を走りたい

G&Eで知識・スキルを身に着けて、即戦力として営業マンの先頭を走りたい

就職先:フィールズ株式会社
O.S(24歳)

大学を卒業したものの定職に就かず、フリーター生活で約2年...。さすがにマズいとネットで就職情報を調べている時、G&Eの広告が目に留まり、就職に必要な要素がすべて詰まっているスクールだと感じました。ただ、両親がパチンコ業界のことを良く思っていなかったこともあり、周囲には内緒で入学を決めました。

講義では、業界知識の習得はもちろんですが、営業ロールプレイングの実践やプレゼンスキルなど、この先さまざまなところで役立つことを学べます。
個人的には、ホール計数の数値計算が苦手だったのですが、講義についていけるよう担任の先生が親身にサポートして下さり、販売者側・ホール側・打ち手側の三点から数字を考えることができたのが、大変ありがたく、勉強になった部分です。

まずはさまざまな知識やスキルを吸収しようと頑張っていた夏頃、就職活動を行う意識がまだまだ薄い時期だったのですが、突如フィールズの求人があると聞き、ひじょうに慌てました...。ただ、面接練習を重ねるうち「この先社会人として営業活動を行うと、もっと緊張する場面がたくさんあるのだ」と考えたところ、気持ちがスッと楽になり、何とか本番の面接まで乗り超えることが出来ました。

内定が決まった時点で、学校に通っていたこと、遊技機販社の最大手に就職が決まったことを家族に伝えました。最初はびっくりしていた母も、自分が好きで決めた道であれば頑張れ、と応援してくれました。G&Eに入学して本当に良かったと報われた瞬間でした。

フィールズは、頑張った分をしっかり評価していただける企業です。内定をいただいてから入社まで半年ありますので、G&Eでしっかり知識・スキルを身に着けて、即戦力として営業マンの先頭を走っていけるよう、努力を続けていきます!



O.Sくんが学んだPS営業育成コースとは?

PS営業育成コース

2017年度PS営業育成コースパチンコメーカー等の営業職として就職パチンコ・パチスロ販社、専門商社に就職フリーター大阪校

開発職・営業職を問わず応募。その分、誰よりも積極的に行動できました

開発職・営業職を問わず応募。その分、誰よりも積極的に行動できました

就職先:フィールズ株式会社
O.Y(26歳)

大学を卒業し、パチンコホールの正社員として3年ほど社会経験を積みました。サービス業としてのやりがいも感じてはいたのですが、パチンコ機・パチスロ機そのものに携わる仕事がしたいと思い、当時の上司に相談したところ、快く応援していただきました。新機種のミニパンフレットで、G&Eの広告を常々目にしており、豊富な就職実績に惹かれG&Eへの入学を決めました。

G&Eで最も面白かったのは、グループワークです。一人ひとり「面白い!」と感じる個所は異なりますので、皆の意見をまとめ上げながら一つの成果物を創り上げるのはひじょうに苦労しましたが、完成した時の達成感・充実感は、これまでの人生で味わったことのないものでした。

自分の中では遊技機開発を行いたい気持ちもあったのですが、ホールでの就労経験を活かしてパチンコ機・パチスロ機の営業を行いたい気持ちもありました。就職活動の際、どちらを優先するかずいぶん迷ったのですが、敢えてどちらにも挑戦しようと開発職・営業職を問わず応募していくことにしました。開発志望だけでは出会えない企業にアプローチできることが、自分の中で就活の励みともなり、その分、誰よりも積極的に行動した、という自信にもつながりました。

そんな中、G&Eの出資企業でもあるフィールズがG&E受講生を対象とした採用を行うということで、応募しました。周りには自分よりも若い受講生が多いため、年齢を感じさせないくらい自分を高めよう、と書類の完成度や面接練習には誰よりも力を入れました。
そして面接では、社会経験を通しての自分の強みと、フィールズでだからこそ出来ることをしっかりアピールでき、内定をいただくことが出来ました。

フィールズは遊技機メーカーではなく、一部上場の商社です。多くのメーカー機種の取り扱いがあり、メーカー・ホールの双方と関われる仕事として、極めてやりがいを感じています。
G&Eには大変お世話になりました。来年もまた、多くの内定者が出ることを信じています。

2017年度PS総合開発コースパチンコメーカー等の営業職として就職パチンコ・パチスロ販社、専門商社に就職大阪校社会人

パチンコメーカーへの夢をどうしても諦めたくなくて、G&Eに進学しました

パチンコメーカーへの夢をどうしても諦めたくなくて、G&Eに進学しました

就職先:株式会社高尾
Y.T (25歳)

パチンコ・パチスロ好きが嵩じて遊技機メーカーに入りたいと思い、新卒で就職活動を行いましたが、結果を出せませんでした。パチンコ・パチスロメーカーへの夢をどうしても諦めたくなくて、就活中に存在を知ったG&Eに進学しました。

G&Eに入るまでは、地元で1番のパチンコ好きという自負があったのですが、G&Eにはその上がゴロゴロいました...。そして、そんな仲間たちとパチンコを打ちに行ったり、飲みに行ったりと、ひじょうに濃く楽しい学生生活を送れたと思います。

今までで一番楽しかったのは、各予告演出に出現頻度や大当り信頼度を割り振っていく「演出振分け」の授業。ただ何となく自分好みの数値を振り分けるのではなく、実際にホール導入されて多くの人が遊技すると想定して数値を振り分けることにより、自分の中のこだわりが出来てきて、ひじょうに楽しかったです。

苦手だった面接の練習で、G&E講師の方に何度もお付き合いいただき、ようやく自信がついてきたタイミングで、パチンコメーカーの高尾からG&Eに求人の案内がありました。会社のビジョンと自分のビジョンが合致していることと、自分の個性を発揮できそうなこともあり、思い切って応募しました。面接では、練習の成果を発揮し、自分の遊技機に対する気持ちや今後のビジョンを熱く伝えることができ、おかげさまで内定をいただくことができました。

入社後は、既存の演出に捉われず、常に新しいものを追い求め斬新な遊技機開発に貢献していきたいと思います。素敵な講師陣やクラスメイトに囲まれ、充実したG&Eライフでした。本当にありがとうございました。

2017年度PSプランニングコースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職大学卒業後大阪校

G&Eならではのネットワークを最大限活用させていただきました

G&Eならではのネットワークを最大限活用させていただきました

就職先:株式会社アイル
E.R(22歳)

大学在学時に、「ダブルスクール」という形でG&Eに入学しました。
私の夢は出玉設計を職業とし、人々を熱狂させるパチスロ機を産み出すこと。これを実現するため、両親に入学金・受講料を借りての入学でした。

入学前からアルバイト先のパチンコホールでいただいた業界専門誌を読み込み、独学で出玉設計を勉強していたのですが、G&Eの講義では、自分の知らない部分の遊技機規則を学んだり、専用ツールを用いてリール配列の仕組みを学んだりと、G&Eでしか得られない知識や実践経験を数多く得ることができました。

また出玉仕様書の作成で分からないことがあった時は、現役の出玉設計者として活躍している卒業生の方にわざわざ学校へお越しいただき、直接指導していただくなど、G&Eならではのネットワークを最大限活用させていただきました。

就職活動が始まった時、最初は甘く考えていたこともあって、G&Eで書類添削も面接練習も受けることなくぶっつけ本番で応募してしまい、一次面接すら通過できませんでした。出玉設計の仕事に就くという自分の本気を貫くのにこのままではいけない、と心を入れ替えた時期に、株式会社アイルの求人情報が目に留まり、出玉設計・図柄配列等に強い企業と知って運命の出会いを感じました。

謙虚にG&E講師の方々の指導を仰ぎ、自分の夢と適性・強みを伝える練習を繰り返し行った上でアイルに応募したところ、一発で内定をいただくことができました。

就職先は、パチンコ・パチスロ好きが集う遊技機専門の開発会社。好きだからこそ、もっと面白い機種を作りたい、と熱い想いで開発に取り組んでいる企業です。その一員に加えていただいたことを誇りに思います。

G&Eへの入学を相談した時、「やりたいことがあるなら、最後まで頑張れ」と励ましてくれた両親の想いに応えることができ、嬉しく感じております。ありがとうございました。

2016年度PSプランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職大学在学中大阪校遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

G&Eは「好きを仕事にするための空間」だった

G&Eは「好きを仕事にするための空間」だった

就職先:エピクロス株式会社
K.S(26歳)

パチスロ業界企業への就職実績について書かれた雑誌記事に目が留まったのが、私がG&Eを知ったきっかけでした。現役の開発者の方から直接、「今の知識」を学べる点に魅力を感じ、入学を決意。正直なところ、仕事を辞めてまでG&Eに通う、ということには両親から反対もされましたが、自分の意志で押し切っての入学でした。

パチスロの数値が好きで、出玉・リール制御設計の仕事に就きたいと思っていたので、G&Eの講義で専門的・重点的に学べたことは本当に良かったと思います。例えば、実際に遊技機開発の現場で使われるツールを用いて、現役の開発者が私の知らないリール配列の法則やテクニックを教えてくれる......。こんな経験、他の学校では絶対に味わえません(笑)。

また講義以外の時間も、自由に自習室が使え、やりたいと思った時に自習ができるため、自分の興味・関心を能力・経験に変えられる環境が整っています。まさに「好きを仕事にするための空間」だったと思います。

私が内定をいただいたのは、パチスロをエンタテインメントとして、より発展させようと活動されている企業。聞けば皆がアッと驚く大ヒット作をいくつも手掛けている開発集団です。その一員に加えていただいたことを誇りに思います。

入社後は、リールを見ただけで「この機種を打ってみたい!」と思わせるような配列を考え、ユーザーに心から楽しんでもらえるパチスロ開発を行えるよう頑張っていきたいです。

2016年度PSプランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職大阪校社会人遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

今ではPCを扱うことが楽しくてならないほどに成長できました

今ではPCを扱うことが楽しくてならないほどに成長できました

就職先:株式会社ナウプロダクション
S.S(22歳)

大学を中退し、やりたいことを探していた時に知人からG&Eの存在を聞きました。
パチンコ業界の就職に強い学校で自分の好きなメーカーも出資している、と聞いて自分のパチンコへの愛情を活かせるのでは、と感じました。

PCスキルが皆無だったため、ひじょうに不安を感じつつ入学しましたが、講師の皆さんは生徒全員が出来るまで丁寧に優しく指導して下さり、今ではPCを扱うことが楽しくてならないほどに成長できました。 特に、映像制作ツールを使いこなし、自分で考えたリーチや作成した図柄が本物の遊技機液晶のように動いた瞬間には、感動を覚えました。

入学当初はパチンコメーカーに入りたい、と考えていたのですが、G&Eで業界構造を学ぶにつれて、自分が本当にやりたいことは遊技機開発企業でこそできるのだ、と知り、就職活動は開発企業を中心に応募することを決意。 2年に進級し、G&Eで生徒作品発表会を開催した折に、ナウプロダクションの方から声をかけていただきました。

実際に勤務されている方の人物像と遊技機への考え方・こだわりが自分の考えとマッチしていたこともあり、すぐにナウプロダクションの求人に応募し内定をいただくことができました。

こういった縁に導かれ、内定をいただけたのもすべてG&Eという環境のおかげです。自分の携わる遊技機がホールに投入された暁には、真っ先にG&Eの恩師に報告したいと思います!ありがとうございました。



S.Sくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2016年度PS総合開発コースパチンコメーカー等の開発職として就職大学中退大阪校遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

内緒でG&Eに入学。内定を家族に明かし、母も喜んでくれました

内緒でG&Eに入学。内定を家族に明かし、母も喜んでくれました

就職先:フィールズ株式会社
K.T(25歳)

大学中退後は4年ほどフリーター生活を送っていました。大学時代の友人からパチンコの学校があると聞き、興味をもって調べたところG&Eの就職実績の高さが目に留まりました。
スクール説明会に参加し色々と質問した上で、就職に強い理由が納得できたため入学を決意。ただ、母親がパチンコ業界に良いイメージを持っていないため、家族には内緒で入学することに。

自分が好きで入学したということもあり、これまでにないくらい真剣に講義を受け勉強に取り組みました。具体的には大学時代の10倍ぐらいは頑張った気がします。人間、好きなことだからこそ頑張れるのだと実感しました。

G&Eでは、知識やスキルだけではなく、普通の学校では教わらない「人間性の大切さ」を学びました。特に人と接する営業職は「商品を売る前に人を売る」と聞き、向上心と自信を身に付けることに全力を尽くしました。

そのかいあって、遊技機販売トップのフィールズから内定を頂きました。 その時点で、学校に通っていたこと、フィールズに就職が決まったことを家族に明かしましたが、初めはびっくりしていた母もひじょうに喜んでくれ、応援してくれています。 今後もG&Eで学んだ知識と人間性をもとに、営業マンの最先端を突っ走っていきたいと思います。本当にありがとうございました!



K.Tくんが学んだPS営業育成コースとは?

PS営業育成コース

2016年度PS営業育成コースパチンコメーカー・販社等の総合職として就職パチンコ・パチスロ販社、専門商社に就職フリーター大阪校

これまで得ることのなかった初めての感情を、数多くえることができました

これまで得ることのなかった初めての感情を、数多くえることができました

就職先:吉川商事株式会社
S.T(26歳)

高校卒業後、正社員として飲食店に勤務していた時にG&Eの広告と出会いました。 大好きなパチンコ・パチスロを深く知ることのできるコースということで、PSプランニングコースを選択しました。

G&Eで最も楽しく、最も印象に残ったのがグループワークの講義でした。さまざまな意見を取りまとめ、全員が納得できるよう密にディスカッションを重ね、最終的な成果物が出来上がった時の達成感。そして人前でプレゼンし、自分たちの想いが相手に届いた時の高揚感と充実感。これまでの学校や職場では得ることのなかった初めての感情を、数多く得ることができました。

またその機会を通じて、自分の好きなこと・得意なことは「さまざまな人とコミュニケーションをとることだ」と知り、そのスキルを最も活かすことのできる営業職という職種の魅力に気づきました。

本来、開発職を目指すためのPSプランニングコースで営業職を目指すのはイレギュラーなことですし、希望職種を変えることに勇気も必要でしたが、そんな自分の想いを講師陣は真摯に受け止め、手厚く就活のバックアップをして下さいました。おかげで履歴書作成や面接練習にじっくりと時間を割き、自分の想いを伝える準備を整えることができました。

結果、関西全域で60年以上にわたり遊技機売買・ホール支援に実績を上げている吉川商事の内定をいただくことができました。取扱商品の豊富さはもちろんのこと、企画提案にも力を入れ、顧客ホールから厚い信頼を得ている企業ですから、その一員に加えていただいたことを誇りに思っています。

入社後は、「嶋田が勧めるからその遊技機を買うよ」と声をかけていただける営業マンになり、100年企業に向けた会社の成長と発展に寄与できるよう、努めてまいります。

人生の新たな道を切り拓いていただいたG&Eと、採用していただいた吉川商事には感謝の言葉しかありません。本当にありがとうございます。

2016年度PSプランニングコースパチンコメーカー等の営業職として就職パチンコ・パチスロ販社、専門商社に就職大阪校社会人

G&Eは自分を変えるキッカケとなった唯一の場所です

G&Eは自分を変えるキッカケとなった唯一の場所です

就職先:株式会社カプコン
Y.K(28歳)

もともと大学を中退後、気ままなアルバイト生活を送っていましたが、20代後半になり焦りも出始めた時期でした。 YouTubeで流れていた動画でG&Eの存在を知った時、「パチスロ開発を仕事にする」という人生の選択肢をイメージし「自分にはこれしかない!」と確信、入学を即決しました。

G&E大阪校の雰囲気を一言でいうと「アットホーム」。年代もコースも異なる人たちがコミュニケーションを取りやすい環境で、みんな一丸となって勉強している雰囲気があり、自分のモチベーションアップにもつながりました。

最も楽しかったのはグループワークでの企画書制作。メンバー同士で何度も意見交換し、アイディアを練り、面白い作品を作っていくという、本当の開発現場さながらの活動でしたので、自分自身も全力で取り組みましたし、全員にとって非常にプラスになる経験でした。

就活では、自分の考える「遊技機の理想形」に近い遊技機を開発しているメーカー・開発企業を廻り、その中でも自分の想いを素直にアピールできたカプコンから内定をいただくことができました。内定連絡の中で「パチスロに対する熱意、弊社に対する熱意が伝わってきました」と言葉をいただいた時は、嬉しくて涙が出ました。熱意を受け取っていただき、ありがたい限りです。

G&Eがなかったら今の自分はない、と言っても過言ではありません。自分を変えるキッカケとなった唯一の場所です。
G&Eを卒業生した先輩に続き、G&Eの名に恥じないよう努力を重ねてまいります!



Y.Kくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2016年度PS総合開発コースゲームメーカーの遊技機部門に就職パチンコメーカー等の開発職として就職フリーター大阪校

目標に一歩ずつ近づいている実感を得ることができました

目標に一歩ずつ近づいている実感を得ることができました

就職先:株式会社カプコン
O.Y(22歳)

大学では経済学部に在籍しましたが、自分の本当にやりたいこととは違う......。
父と祖父母に真剣に相談したところ「自分が好きなことを精一杯がんばりなさい」との言葉をいただき、大学を中退してG&Eに入学する道を選びました。自分が好きで選んだ以上、中途半端な気持ちではいけない、と思い頑張り続けた1年半でした。

PS総合開発コースは、私より年上の人が多いクラスでしたが、遊技機に対する想いはみな同じで、互いに切磋琢磨しながら楽しく学ぶことができました。クラスメイトのみんながいたからこそ、今の自分があると思っています。就職してからも長く付き合えるクラスメイトと出会えた、という意味でも、G&Eに入学して本当に良かったと思っています。

一番楽しかったのは、各種ツールの操作を学ぶ講義。講義を受けるたびに自分の知識・スキルが増え、目標に一歩ずつ近づいている実感を得ることができました。特にアフターエフェクトの習得には力を入れ、最終的には自分一人でパチンコの演出動画を制作できる能力が身に付きました。

就活では、自分自身の遊技機への想いや考えを企業に伝えることを意識しました。結果的に憧れのゲームメーカー、カプコンから内定を頂き、改めて「自分の想いを持つ」ということが大切なのだと感じました。社員の想いを形にして、ユーザーの心に届ける力のある企業の一員となれることに誇りを持って、会社にもユーザーにも貢献していきたいと思います。



O.Yくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2016年度PS総合開発コースゲームメーカーの遊技機部門に就職パチンコメーカー等の開発職として就職大学中退大阪校

「パチンコに関わる仕事がしたい」という熱い想いが抑えきれなくなりました

「パチンコに関わる仕事がしたい」という熱い想いが抑えきれなくなりました

就職先:イートレックジャパン株式会社
H.K(26歳)

四国の飲食店で働いていましたが、「パチンコに関わる仕事がしたい」という熱い想いが抑えきれなくなり、新設されたG&E大阪校へ入学しました。クラスメイトは年齢もバラバラですが、パチンコ・パチスロ好きという絆で固く結ばれ、すぐに気が置けない仲に。優しく、熱い講師陣にも支えられ、充実した日々を過ごすことができました。

就活では、コンテンツに強い在阪企業を中心に廻り、自分の大好きな遊技機を手掛ける企業から内定をいただくことができました。自分の携わった台で、遊技者を笑顔にしていきたい。そんな自分の夢を叶えるために、一所懸命がんばります!

2015年度以前PSプランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職大阪校社会人遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

友人に続き、自分も夢を叶えたいとG&Eのお世話になることにしました

友人に続き、自分も夢を叶えたいとG&Eのお世話になることにしました

就職先:ネット株式会社
S.H(28才)

国際物流企業に勤務していましたが、G&Eに通っていた友人が遊技機メーカー開発の内定を獲得したと聞き、自分も夢を叶えたいとG&Eのお世話になることにしました。

現場の第一線で活躍されている講師陣の講義は、難しいものも多かったのですが、いずれもタメになる面白い内容でした。また知識の習得にもスキルアップにも、学校を自由にのびのびと活用させていただき、企画書作りに没頭することができました。

最も楽しそうで、やりがいのある第一志望企業から内定をいただき、嬉しい限りです。自分の企画でヒット作を産み出せるよう、G&E魂を発揮していきたいと思います。

2015年度以前PSプランニングコースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職大阪校社会人

自分の夢を叶えられる環境をあることを知り、安心してG&Eに入学しました

自分の夢を叶えられる環境をあることを知り、安心してG&Eに入学しました

就職先:ネット株式会社
S.K (24歳)

大学中退後、就職活動をせず知人の伝手で他業界の会社に勤めましたが、好きなパチンコ・パチスロに関わりたいという思いを常に抱いていました。

そんなある時、動画サイトでG&EのCMを観て、自分の夢を叶えられる環境があることをはじめて知りました。最初は半信半疑だったのですが、思い切ってスクール説明会に参加し、施設や環境をこの目で確かめた上で、安心してG&Eに入学しました。

講義ではフィールズの営業マンが、業界・商品知識だけではなく、実際の業務についてエピソードを交えながら教えて下さるので、ひじょうにタメになり、また具体的に理解することができました。はじめは難しく感じた計数についても、理解できるようになると楽しくなり、楽しくなるとより難しい事柄まで知りたくなるという循環があり、自分自身の成長に役立てることができました。

パチスロメーカー「ネット」は、自分がパチスロ好きになるキッカケとなった遊技機を創った会社です。そのネットからG&Eに求人が来たので、これは運命だと確信し応募しました。これまでの人生で就職活動の経験が一切なかったため、何をどうすれば良いかも分からなかったのですが、講師の方のアドバイスを受けつつ応募書類・マナー・面接のすべてを全力で頑張り、内定をいただくことができました。

新しい舞台で勝負するチャンスをいただき、誠にありがとうございます。しっかりと結果を出せるように、今後も努力を積み重ねたいと思います。



S.Kくんが学んだPS営業育成コースとは?

PS営業育成コース

2016年度PS営業育成コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の営業職として就職大阪校社会人