他の学生にはない付加価値を手にすべきと考え、ダブルスクールという形でG&Eに通学

他の学生にはない付加価値を手にすべきと考え、ダブルスクールという形でG&Eに通学

内定先:株式会社大都技研 
Y.S(23歳)

大学在学中、パチスロメーカーへの就職を意識した時に、有名大学でもなく、理系でもない自分がパチスロメーカーに就職できるとしたら、他の学生にはない付加価値を手にすべきと考え、G&Eのスクール説明会に参加してみました。
G&Eでは週2日制で大学やバイトとの両立も可能、という話を聞きました。過去にもそうやって就職を成功させた先輩も多いらしく、自分も大学とG&Eのダブルスクールという形で通学することにしました。

クラスメイトは年代も立場もバラバラですが、共通点は皆がパチンコ・パチスロ好きだということ。大学やバイト先では知り合うことのなかったような人たちが、志を共にする仲間となり、自分にとって新しい世界が開けました。

G&Eで役に立ったなあと実感したことは、パチンコ・パチスロの開発に関する知識を、メーカーの現役社員の方々から学べたことです。特にパチスロのリール配列や状態移行の仕組みを理解する講義は、入学前から知りたかったことでしたので、為にもなりましたし、楽しく学べました。また、そういった開発現場で必要な知識をもとに、自分自身で繰り返し企画書を作成してプレゼン発表することで、発想力・実践力が効果的に身に着いたと思います。

目標達成のために、まずは行動することと思い、就職活動ではクラスメイトよりも多くの企業にエントリーし、積極的にインターンシップに参加するよう心掛けました。また面接で自分の想いを余すことなく伝えられるよう、誰よりも多く面接練習を行いました。(付き合っていただいた担任の先生には感謝しています!)
そのかいあって、大ヒット機種を量産している大手パチスロメーカーから内定をいただくことが出来ました。
入社後は、自分が企画したオリジナル機種を、遊技機としてもコンテンツとしてもヒットさせていけるカリスマプロデューサーを目指して、努力を積み重ねていきたいと思います。

2017年度PS総合開発コース大学在学中渋谷校遊技機メーカー開発職