自信と根拠をもって自己PRできたのが成功の要因です

自信と根拠をもって自己PRできたのが成功の要因です

内定先:株式会社SANKYO
W.G (24歳)

G&Eを知ったきっかけは、YouTubeでパチンコの実戦番組を観ていた時に流れたCMでした。「パチンコの学校があるんだ!」と驚いたのと同時に、「なぜもっと早く知ることが出来なかったのか...」と悔しくなりました。なぜなら、学生時代に遊技機メーカー各社の新卒選考を受けて、全滅してしまった過去があったからです。
大学卒業後、正社員としてパチンコホールに勤めていましたが、思い切って仕事を辞めG&Eに入学し、遊技機メーカーへの夢に再チャレンジすることにしました。職場の上司からも、私の夢と決断を応援してもらえたのが本当に有難かったです。

G&Eでまず感心したのが、生徒がみんな私よりもパチンコ・パチスロに詳しいこと。これでもホール店員として、またメーカー就職志望者として、一般のパチンコファンよりも知識を蓄えていたつもりでしたが、私が遥かに及ばない膨大な知識量を持つクラスメイトが多く、色々と情報交換がはかどりました(笑)。こういったクラスメイトとの交流も、G&Eに入学するメリットの一つだと思います。

G&Eで楽しかったのは、PhotoshopやAfterEffectsを用いた画像・映像制作の講義。私はもともと「ものづくり」への興味・関心があり、自分のこだわりが目に見える形になっていくことが非常に楽しく、集中できました。また作品の提出にあたっても、常に自分が一番良いものを作りたい、と時間をかけて取り組んでいきました。

こうした中で就職活動が始まり、各社の企業説明会に参加するうち、当初の目標であった開発職だけでなく、製造の仕事にも関心が深まり、両建てで就職活動を進めることにしました。大学時代に落ちてしまったメーカーの選考はすべて受けるつもりでしたが、第一志望であったSANKYOから早々に内定をいただき、大学時代の悔しさを晴らすことが出来ました。大学時代には、根拠もなく自分を売り込まなければならなかったのですが、G&E在学時には、自信と根拠をもって自己PRできたのが成功の要因だと思います。

2018年度PS総合開発コース渋谷校社会人職種製造遊技機メーカー