遠回りをしたものの、G&Eに入って夢を現実にすることができました

遠回りをしたものの、G&Eに入って夢を現実にすることができました

就職先:株式会社高尾
U.M (入学時年齢:20歳)

高校生の頃から「将来は絶対パチンコメーカーに!」と考えていました。ただ高3で進路を決める際には、学校法人ではないからという理由でG&Eを選択肢から外し、アミューズメント業界に強いという触れ込みの専門学校に進学しました。

しかし、周りにパチンコ業界希望者はおらず授業の内容もパチンコとはほど遠く、この専門学校からパチンコ業界を目指すのには無理があると感じ、失意とともに中退しました。
諦めきれずに、大好きなパチンコメーカーである高尾について調べていた時、実は社員にG&E卒業生がひじょうに多いことを知り、改めてG&Eの総合エンタテインメントコースへの入学を決断。思えば遠回りをしてしまったものです...。

G&Eの講義内容はもちろん興味のあることばかりですし、ネットで調べてもなかなか分からない専門知識や業界の裏話まで教えてもらえるので、パンフレットの言葉通り「楽しくマジメに」学ぶことができました。特に楽しいと思えたのは「機種討論会」。打ち手としての遊技機の感想を雑談レベルで語るのではなく、開発志望者、営業志望者、ホール志望者とともに各自の立ち位置から、テーマに沿って新機種を討論しつつ研究・分析していくのは、G&Eでしか出来ないことですし、色んな人のさまざまな考え方を知ることができ、たいへん有意義だったと思います。

就職活動を始めるにあたっては、まず応募書類の書き方から苦労しました。まず何を書いて良いか分からず、書き始めても単なる自己紹介の域を出ず、最初に書き上げた履歴書は、今読み返すと恥ずかしいばかりの出来栄えでした。しかし先生方に「正しい書き方」を丁寧にご指導いただいたおかげで、次第に自分自身を売込みするための履歴書にグレードアップしていきました。

本命の高尾を受ける際には、先生に「いつもG&Eで叫んでいる高尾への愛を面接で伝えるだけだ」とアドバイスをもらい、その通り実行したところ、見事内定をいただくことができました。
ユーモアに満ち溢れ、他社には絶対真似できない製品づくりを行う高尾の一員となる。この夢はG&Eに入学した時からずっと唱え続けていたことです。夢を現実にすることができ、G&Eには本当に感謝しています。2年間、ありがとうございました!

2018年度フリーター名古屋校総合エンタテインメントコース製造遊技機メーカー