パチスロ機の規則をしっかり理解した上でプログラミングの習得に取り組み、パチスロメーカーへの就職を決めました

パチスロ機の規則をしっかり理解した上でプログラミングの習得に取り組み、パチスロメーカーへの就職を決めました

内定先:株式会社パイオニア
T.J (入学時年齢:24歳)

パチスロ機開発に携わるプログラマーを目指して、大学でプログラミングの勉強をしました。しかし、遊技機のプログラミングには専門的な知識も必要。それが学べる場所はどこかを探している時、G&Eという学校があることを知りました。

やりたい仕事に就けるのなら、時間と金銭の投資は無駄にならないと信じ、G&EのPS総合開発コースに入学しました。

在校生たちは全員がパチンコ・パチスロ好きで、業界で働くことに情熱を持つ人ばかりです。友達というより「同志」の感覚で、互いに励まし合いながらモチベーションを落とすことなく一直線に進むことができました。

また講義内容は私の求めていたそのもの。遊技機規則から専門的なプログラム言語まで、学んだことすべてが役に立ちました。特に、遊技機規則を知らずにプログラムを組んだとしても、「なぜそのような処理を行わなければならないのか?」という疑問が解消できません。パチスロ機の規則をしっかり理解した上でプログラミングの習得に取り組めたのは、大いに成長につながったと思います。

志望企業の選定については、やはり自分の好きな機種の開発に関わることがモチベーションに繋がると考え、自分の好きなメーカーへの就職にこだわりました。
沖スロの雄、パイオニアに応募した際は、プログラマーとしての適性を見極めるためのプログラム作品課題が出されました。G&E入学前であれば、どう組めば良いかさえ分からなかったと思いますが、G&Eで得た経験と知識で、何とかプログラム作品を組み上げることが出来ました。その努力が評価されてか、内定をいただきました。

パイオニアのパチスロ機には版権に頼らない独自の発想があり、打つ人の気持ちに寄り添った機械づくりの出来るメーカーだと思います。今後はパイオニアの一員として、パチスロ本来の楽しさを味わえる機種の開発に、貢献していければと考えています。

2019年度PS総合開発コース大学卒業後大阪校遊技機(パチンコ/パチスロ)メーカー開発職