パチスロへの愛情は誰にも負けない。だからこそパチスロ開発の道を目指し、実現できた

パチスロへの愛情は誰にも負けない。だからこそパチスロ開発の道を目指し、実現できた

内定先:株式会社グーン
H.R (入学時年齢:20歳)

両親に勧められるまま公務員を目指し、大学にも通いましたが、自分の中では常に「本当にそれで良いのか」という想いがありました。
自分が本当にやりたいこと。それは大好きなパチスロに関わる仕事。
YouTubeの広告で、自分の夢を実現できる学校があると知り、両親を拝み倒して説得。最後には何とか折れてもらい、G&Eに入学することになりました。

入学して、G&Eが優れていると感じたのは、何よりも同じ目標を持つ人たちが集う場所だということ。カリキュラムにもその利点が取り込まれており、クラスメイトと意見を出し合ったり、お互いに協力しながら企画立案を進めたりすることで、楽しみながら成長すると同時に、自分にはない観点を見つけ多面的に物事を考えられるようになります。

講義では、自分たちが取り組むパチスロ企画の話。休憩中はクラスメイト達と、自分が好きなパチスロ機の話。週2回とはいえ、G&Eではパチスロ漬けの濃密な時間を過ごすことができ、楽しい1年間となりました。

入学当初、新機種の開発はすべてメーカーが行っているものと思い、パチスロメーカーへの就職を目指していました。しかし実は、機種の核となる部分は遊技機開発会社が手掛けていることが多く、そういった業界の仕組みを知るにつれて、メーカーよりも遊技機開発会社の方が、自分のやりたいことが出来るのでは?と考えるようになりました。

そんな時、タイミングよく自分の思いを形にできそうな遊技機開発会社からG&Eに求人があり、即座に応募。人生経験や知識量では他のG&E生に負けてしまうため、面接では自分自身の強みである素直さや積極性を押し出したところ、株式会社グーンより内定をいただくことができました。

パチスロへの愛情だけは誰にも負けない自信があります。だからこそ、パチスロ機の開発という道を目指し、そのスタートラインに立つことができました。株式会社グーンで今後、たくさんの人に愛してもらえるパチスロ機を開発していけるよう、頑張りたいと思います。

2018年度PSプランニングコース大学中退渋谷校遊技機開発会社開発職