G&Eの講義を一言で言えば、「講義は難しいが、内容は面白い」

G&Eの講義を一言で言えば、「講義は難しいが、内容は面白い」

内定先:株式会社ザイクス
N.M (入学時年齢:23歳)

大学卒業後、いったんは社会人として働き始めました。「自分の本当にやりたいことを仕事に出来るのは少数派」「働くうちに従事する仕事の楽しさも分かってくるはず」。そう自分に言い聞かせながら頑張ってきましたが、やはりどうしてもやりたいことを仕事にしたいと考えるようになり、両親に相談。「やりたい仕事を目指すのは構わない。ただし、やるからには最後までやり抜け」とアドバイスをもらい、かねてから入学したいと考えていたG&Eの門を叩くことにしました。

G&Eの講義を一言で言えば、「講義は難しいが、内容は面白い」です。これまでファンの立場で触れてきたパチンコ・パチスロですが、開発者側の立場から「商品としての遊技機知識」「開発するのに必要な規則」といった観点で見るとこんなに難しいものなのだと再確認しました。しかし講師の先生は、その難しい知識を現在稼働している遊技機、自分がまさに打ったばかりの遊技機を例に挙げて説明して下さるので非常に面白く、深く理解することができます。

好きなことなら頑張れる性格でもあり、持ち前のチャレンジ精神で検定規則や出玉計算の勉強を特に頑張り、テストでも高得点を取ることができました。努力が報われるのは本当に嬉しかったですね。

就職活動では、パチスロ機の開発をメインで行う企業、そしてパチスロ好きの多そうな企業を中心に選択しました。会社のために仕事としてパチスロ機を作るのではなく、パチスロが好きでたまらないから創る、そんな人たちとともに開発したいと考えたからです。

面接でも、パチスロが本当に好きであること、だからこそG&Eの勉強も頑張れたことをアピールした結果、最高のパチスロ開発環境が整い、真のスロット好きが集う株式会社ザイクスから内定をいただくことができました。卒業を前にして、この職場で働ける幸せを今、しみじみと感じています。

G&Eには普段の講義から就職活動に至るまで、全てサポートしていただき感謝しています。G&Eで「何をすべきか」がはっきりしたおかげで、頑張り続けることができました。

2018年度PSプランニングコース渋谷校社会人遊技機開発会社開発職