開発業務の流れに加えて自分の適性を知ることが出来たのは大きな収穫だった

開発業務の流れに加えて自分の適性を知ることが出来たのは大きな収穫だった

内定先:株式会社デジタル・フロンティア
S.T (入学時年齢:21歳)

専門学校を卒業後、居酒屋チェーンの店長として働いていましたが、将来の展望が描けず転職を考えていました。収入のために自分自身を犠牲にするのでなく、やりがいのある楽しい仕事で収入を得たい、そのためには...と考えた時、パチンコ・パチスロの開発に携わりたいと思うようになりました。
実はパチンコ業界で働く高校時代の先輩がいたため、色々と相談に乗っていただいたところ、G&Eビジネススクールに通えば、とアドバイスされました。パチンコ・パチスロメーカーが出資する学校で、メーカーにも開発会社にもG&Eの出身者が多いと聞き、思い切って前職を辞め、G&Eへ入学することにしました。

私の入学したPS総合開発コースは、1年次に商品企画・映像制作・プログラミングの基礎を学びます。個人的な感想で言えば...
・計算が苦手だったので、出玉計算は難しかった。けど面白かった。
・プログラミングは向き不向きがハッキリ分かれる。(私は逃げ出したくなるぐらい不向きでした)
・演出を考えたり、企画書に落とし込んだりするのは正に求めていたものと同じで、大変だけどやりがいがあった。

もちろん人によって好きな部分、向いている部分はまったく違うので上記は他の方の参考になりませんが、開発業務の流れに加えて自分の適性を知ることが出来たのは大きな収穫だったと思います。
私は2年次で映像プランニングを専攻し、専門的に演出企画・制作ができる開発会社への就職を希望しました。G&Eにたくさん来る求人の中で、遊技機だけでなくゲームや映画の映像・CG制作を手掛けるデジタルフロンティアに惹かれ、面接で遊技機の映像制作についての熱意や自分自身の考えを述べたところ、内定をいただくことが出来ました。

デジタルフロンティアは、プロ中のプロが集う映像制作集団です。ここでプロの仕事ぶりを学び、自分もプロとしての働きが出来るよう成長し、いずれは業界を代表するような遊技機の映像を創り上げていきたいと思います。

2018年度PS総合開発コース渋谷校社会人遊技機開発会社開発職