「パチンコ・パチスロはメーカーだけで開発されているわけではない」ことを知ったのが、一番の衝撃

「パチンコ・パチスロはメーカーだけで開発されているわけではない」ことを知ったのが、一番の衝撃

内定先:株式会社チャンスメイト
K.R (入学時年齢:23歳)

派遣社員として工場の部品管理を仕事にしていた頃、G&Eの動画広告に出会いました。仕事は仕事として割り切っていたつもりでしたが、G&Eの広告を通じて「好きなこと自体を仕事にする」という生き方もあるのだと知り、パチンコ・パチスロの開発にチャレンジしたいと思うようになりました。
初めのうちは、仕事を辞めて学校に通うことについて親の反対もありましたが、理解してもらえるまで根気強く説得を続けようやく了解を取り付け、G&Eの「PS総合開発コース」に入学しました。

G&Eでの学生生活や講義内容への感想は、卒業生の皆さんがメッセージに残している内容とだいたい同じですので、私がG&Eに入学して一番驚いたことを書きたいと思います。

それは「遊技機はメーカーだけで開発されているわけではない」ということ。

ご存じの方にとっては「当たり前だ」と思われるかも知れません。ただ、ほとんど開発の知識なく入学した私にとっては、「パチンコ・パチスロメーカーだけではなく多数の協力制作会社が遊技機の開発に従事している」ということが一番の衝撃でした。

詳細は省きますが、メーカーと開発会社では、求められる人物像や資質が異なります。では、私が働くならメーカーと開発会社のどちらが向いているのか。これは自分では何とも言えませんが、私が「進みたい」と感じたのは、より実制作に近い業務を行う開発会社の方でした。

そして私が開発会社へ興味を深めていたタイミングで、数多くのメーカーと取引のある遊技機開発会社のチャンスメイトから、G&Eにアルバイトの求人があり、さっそく応募しました。まだプロフェッショナルとしての知識もスキルもない私が、開発の現場で経験を積みながら給料までいただけるのですから、ありがたいことです。

またチャンスメイトの職場では、熱意に溢れる社員の皆さんが、しっかりと仕事を教えて下さり、私の足りない部分を補って下さいます。それが嬉しくて、より成長したい気持ちで頑張っていたところ、ありがたいことに正社員へ登用していただけることとなりました。

これまで私が社員の方を頼っていたように、今後は他の方々に頼られる人物になれるよう、成長を欠かさず頑張っていきたいと思います。

2019年度PS総合開発コース渋谷校社会人遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社開発職