自分で遊技機を開発する、自分がパチンコ業界に就職するということは当初、思い付きもしませんでしたが...

自分で遊技機を開発する、自分がパチンコ業界に就職するということは当初、思い付きもしませんでしたが...

内定先:エピクロス株式会社
K.I (入学時年齢:24歳)

YouTubeの動画広告を観て、パチンコの学校があることを知りました。
パチンコ・パチスロを打ちながら「ここをこう変えたらもっと面白くなるのに...」と空想することは多々ありましたが、自分で遊技機を開発する、自分がパチンコ業界に就職するということは当初、思い付きもしませんでしたが...
しかしCMを観て、現在のパチンコ機・パチスロ機を開発している人々も、はじめは未経験者だったのだと考えた時、自分もチャレンジする価値があるのでは?自分の想いを形にできるのでは?と思い始め、G&Eに入学することにしました。

G&Eの講義は専門的な内容が多く、ついていくのが大変なこともありました。が、何よりタメになる内容ばかりでしたし、一度分かるとこれほど楽しい勉強はありません。リール配列の作成を考える講義では、入賞率など細かな部分にまで気を配る必要がありましたが、一番頭を使った分だけ、一番楽しかった講義でした。
市場投入される遊技機は、複雑な規則に縛られながらも開発者たちが知恵を絞り、面白いゲームシステム、夢中になれるスペック、ワクワクするような演出をごくわずかなプログラム領域に盛り込んでいます。遊技者の目線だけでは良いものは作れず、遊技機開発には開発者としての目線があって初めて良い機種が作れるのだ、ということを理解できたのが、一番の収穫だったように思います。

就職活動においては、開発工程の最初から最後まで、すべてに関わっている開発企業、エピクロスとのご縁をいただくことができました。もともとが文系で、開発の知識をまったく持たなかった自分が遊技機開発会社に就職できたのは、G&Eのおかげだと思っています。本当にありがとうございました。
そして開発者となる以上は志を高く持ち、エピクロスでパチンコ・パチスロ業界の歴史を変えられるような、画期的な遊技機を開発したいと考えています。

2019年度PSプランニングコースフリーター渋谷校遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社開発職