クラスメイト達が気軽に教え合い、課題を進めることができるため「勉強=辛い」という感じは一切なかった

クラスメイト達が気軽に教え合い、課題を進めることができるため「勉強=辛い」という感じは一切なかった

内定先:株式会社アンフィニエックス
T.U (入学時年齢:23歳)

大学を中退し、パチンコホールで数年アルバイト生活を送ってきました。自店舗に置いてあった機種説明小冊子の裏面にG&Eの広告が載っているのを見つけ、働きながら週2日の通学でパチンコ・パチスロの開発職に就ける、という点に惹かれました。

スクール説明会に参加するまでは、理系の知識を持たない私に開発系コースで学ぶ価値があるのかと不安でした。ただ話を聞いてみると、初めは文系・理系に関係なくほとんどの人が同じような状態からのスタートで、パチンコ・パチスロへの情熱を持っている方が有利とのこと。私もパチンコ・パチスロにかける想いは誰にも負けない自信がありましたので、安心してG&Eへ入学しました。

PS総合開発コースの講義は、それぞれの分野で活躍する先生方が教えてくれるので、幅広く知識を身に着けることができます。また人それぞれ得意分野・苦手分野があっても、パチンコ・パチスロという同じ趣味を持つクラスメイト達が気軽に教え合い、課題を進めることができるため「勉強=辛い」という感じは一切ありませんでした。

2年間の学生生活の中で一番頑張ったのは、企画書の制作です。これまでの卒業生・先輩の作品と被ることなく、かつ一目で「面白い!」と感じてもらえる企画書を仕上げるために、企画書制作の期間だけ頑張るのでなく、普段遊技する際の「気づき」を大切にしました。常にアンテナを張り巡らせる癖がつき、パチンコ・パチスロを違った側面から見られるようになったと思います。

就職先を考えるにあたり、第一に「自分が本当にやりたいことが出来る企業か」「プライベートの時間を確保できる企業か」という点にこだわりました。ある意味ぜいたくな要望だったかもしれませんが、そんな理想の企業である遊技機制作会社、アンフィニエックスとめぐり逢うことができました。

入社後は、G&Eで得た総合的な知識を武器に、「幅広い分野に意見をさしはさむことのできる開発スペシャリスト」を目指して成長していきたいと考えています。

2019年度PS総合開発コースフリーター大阪校遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社開発職