今後の人生を大きく動かす就職活動の際にも真剣に向き合っていただき、感謝!

今後の人生を大きく動かす就職活動の際にも真剣に向き合っていただき、感謝!

内定先:株式会社虎猫企画
T.Y (入学時年齢:21歳)

私の場合、パチンコ・パチスロは勝ち負けにこだわらず、負けても楽しめたなら良しと思えるタイプ。だから就職を考えた時、私もパチンコ・パチスロファンに楽しんでもらえる遊技機を作りたい、自然とそういう考えに至りました。とは言っても、知識もスキルも持たずに就職することは難しいと感じ、G&Eに入学するため田舎から上京しました。

G&Eの生徒は年代が幅広く、自分の年齢は平均より下の方でした。ただし年上・年下を意識することはほとんどなく、みんなでパチスロの話をつまみに飲み会をしたり、実機を持っている人の家で打たせてもらったり、思っていた以上に楽しい1年間でした。

私はPS映像プランニングコースで、主にAfterEffectsという映像制作ツールの操作を習得しました。しかし操作さえ覚えれば誰でも遊技機の演出映像を作れるわけではありません。遊技機にはゲームやアニメとは異なる独特の表現方法やタイミングがあり、そういった映像制作の経験則を開発者の方から直接学ぶことで、初めて自分の表現したい演出映像を創り出すことができます。これは、他の大学や専門学校では絶対に学べない経験だったと思います。

映像の制作は、完成度を高めようとするほど時間が必要になります。だからこそ、講義のない時間帯、曜日にも自習に来て、就活用の映像作品の制作に明け暮れました。今考えると、楽しいことだからこそ頑張ることができたのだと思います。

そんな折、G&Eの先生から虎猫企画の求人を紹介されました。話を聞いてみると、まだ若い会社ながら豊富な実績があり、受けてみる価値は十分にあると思い、応募しました。
就活用の映像作品に込めた想いと時間を評価していただけたのか、面接でお伝えしたパチンコ・パチスロへの想いを評価していただけたのかは分かりませんが、有難いことに内定をいただくことが出来ました。

G&Eの先生には講義だけではなく、今後の人生を大きく動かす就職活動の際にも真剣に私に向き合っていただき、貴重なアドバイスを色々といただきました。たいへん感謝しています!

また虎猫企画では、私を採用して良かったと思っていただけるよう一つ一つの仕事に結果を残し、いずれは開発プロジェクトの深いところまで携わっていけるような活躍をしていきたいと思っています。

2019年度PS映像プランニングコース大学中退渋谷校遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社開発職