チャレンジしがいのある充実した日々を送ることができました

チャレンジしがいのある充実した日々を送ることができました

内定先:株式会社SANKYO
U.R (21歳)

九州の大学で電気工学を学んでいましたが、その後の人生を考えた時、「夢のある職業に就きたい」という気持ちが強くなりました。自分にとっての夢。それは「人々の記憶に残る遊技機を創ること」です。
大学中退してまでG&Eに入学する、ということを両親に伝えるのは気が引けましたし大反対もされました。説得中に諦めかけたこともありましたが、地元の友達に相談した際、「お前が開発したパチンコ機が出たら、絶対に打つよ」と言ってくれたことが、大きな励みになりました。時間をかけて自分の想いの強さを両親に伝え、何とか納得してもらえました。

入学当初は、遊技機の勉強なんて簡単だろう、と甘く見ていたところがありました。しかし、新しいアイデアを生み出そうとする時、思いつきだけではなく頭をフル回転させないと、遊技機規則に反したものになってしまいます。そういった意味では、G&Eの講義内容はすごく難しいものでした。とはいえ、その難しさを乗り越えたところにヒット機種は生まれるのですから、極めてチャレンジしがいのある充実した日々を送ることができました。

2年生を前にして就職活動を意識し始めた時、企業に応募する書類を自分なりに頑張って作成したつもりでしたが、G&Eの先生に見せずに提出すると書類選考であっさり落ちてしまいました。先生に言われ、提出した書類のコピーを見直してみると、誤字脱字も多く、言いたいことが自分でも理解できない代物...。自分が就職活動を甘く見ていたことが原因でした。
その後はじっくり時間をかけて書類作成を行い、先生方にも夜遅くまで添削に付き合っていただきました。また面接練習も回数を重ね、自分で納得してから選考に進むように改めたところ、第一志望のSANKYOから内定をいただくことができました。
これから就職活動を行う方へ。書類作成はとにかく自己完結せず、先生や友達に見せて確認してもらうこと。また面接練習は「普段通りの自分が出せる」ようになるまで、ひたすら練習することが大事だと思います。

SANKYOに入社後は、自分の夢である記憶に残る遊技機の開発をバリバリ頑張っていきたいと思います!

2018年度PS総合開発コース名古屋校大学中退遊技機メーカー開発職

実際の遊技機開発者が講師。開発現場で働くことをイメージするのに役立つカリキュラムでした

実際の遊技機開発者が講師。開発現場で働くことをイメージするのに役立つカリキュラムでした

内定先:株式会社パイオニア
K.Y (22歳)

某大学の商学部を中退し、自分のやりたいことを見つめ直していた時期にG&Eビジネススクールの存在を知りました。パチスロ機の開発は理系の仕事と思い込んでいましたが、G&Eのスクール説明会に参加すると、文系でも開発職で就職した実績が多いと聞き、「パチンコ業界で開発として活躍する」という目標が初めて目の前で固まっていきました。

講義では、メーカーや遊技機開発会社で遊技機を開発している方が講師となります。遊技機規則などの知識や映像制作・プログラミングのスキルを学ぶだけではなく、講師の方の実際の仕事内容を語っていただくなど、開発現場で働くことをイメージするにあたってもひじょうに役立つカリキュラムだったと思います。

またG&Eに入り、生まれて初めて企画書というものを作成しました。最初の企画書は、自分から見てもひどい出来でしたが、何度も作成していくうちに、企画書の構成やデザイン、レイアウトに至るまで、満足できるものが仕上がるようになりました。クラスメイト達のさまざまな角度からの意見を聞き入れたり、講師陣による「愛のある」ダメ出しを受けたりして、随分鍛えられたと思います(笑)。

就職先は、会社のビジョンと自分のビジョンが合致していることを重要視して、オリジナリティの高いパチスロ機を開発しているメーカーを志望しました。就職活動では、人と同じ歩み・人と同じ内容では「記憶に残らない就活生」になってしまうと思い、誰よりも早く行動を開始し、自分にしか無い考えを伝えるよう心がけました。

内定をいただいた株式会社パイオニアは、どこのメーカーにも作れないオリジナル遊技機の数々を開発・製造し、ユーザーからもホールからもひじょうに愛されているメーカーです。そんな会社で、先輩方の技や感性を受け継ぎ、それを自分のものとしながら、いずれは後輩にも受け渡していき、20年30年と愛され続ける遊技機を生み出していきたい、と考えています。

2018年度PS総合開発コース大学中退大阪校遊技機メーカー開発職

G&Eは自分の背中をしっかり押し続けてくれました

G&Eは自分の背中をしっかり押し続けてくれました

内定先:株式会社パイオニア
T.S (23歳)

大学は4年まで通ったのですが、諸般の事情で中退......。自分に何が出来るかを考えた時に、他人に誇れるものはパチンコ・パチスロの知識だったので、それを職業にしようと決断しました。パチスロメーカーを志望し、そのためにG&Eへ通うことを両親に相談した時は大反対され、説得には相当時間をかけましたが、何とか自分の決意を理解してもらい、応援してもらえることになりました。

自慢だったパチンコ・パチスロの知識も、G&Eの中では自分を上回る猛者がいっぱいいるため、彼らに負けまいと、より深く広く知識を習得するためのモチベーションになりました。またG&Eでは、講師もクラスメイトも、パチンコ・パチスロが大好きという共通項目を持ちながらも十人十色の個性あふれる人々でしたので、とても刺激的で楽しい毎日を送ることができました。

学校生活の中で、良くも悪くも印象に残ったのは就職活動です。講師の皆さんにバックアップしてもらいながら、相当な時間をかけ苦しみつつ履歴書を仕上げ、何度も面接練習を行ったのですが、これらが自分のことを見つめ直す機会にもなりましたし、自分のやりたいことを通す大事さを学ぶこともできました。

志望企業の選定にあたっては、自分がその企業に入社して将来何をしたいのか、バリバリ働いている姿を明確にイメージできるかどうかを重視しました。自分の所属するPS総合開発コースでは、遊技機の開発に関する知識・スキルを学んでいましたが、そこで習得した動画制作のスキルを活かして、沖スロの本当の面白さを伝える活動ができるのでは、と考え、パイオニアにセールスプロモーション企画職として応募。熱意とともに自分のあるべき将来像を伝えることで、内定をいただくことができました。

G&Eには自分のやりたいことをやらせてくれる環境、勧め続けてくれる環境があります。自分の背中をしっかり押し続けてくれたG&Eにはたいへん感謝しております。

2018年度PS総合開発コース大学中退大阪校販売企画遊技機メーカー

夢への一番の近道はG&Eという結論に達しました

夢への一番の近道はG&Eという結論に達しました

就職先:株式会社高尾
A.Y (19歳)

大学時代にパチンコ好きの知人からG&Eの存在を聞き、興味を持ちました。自分が目指すのはパチンコ業界、と明確に決まっている中で、大学に在学して新卒として就職活動が良いのか、すぐにでもG&Eに入学して知識とスキルを身に着ける方が良いのか、と悩み抜いた結果、夢への一番の近道はG&E、という結論に達しました。

選択したコースが総合エンタテインメントコースということもあり、営業・開発を問わずさまざまな分野の講義がありました。中にはリール制御や出玉計算など、規則関連の難しい講義もありましたが、「これぞまさにパチンコ・パチスロの専門知識を学んでいる!」という気持ちがモチベーションにつながり、意欲的に学ぶことができました。
その中でも計数に興味を持ち、表計算ソフトのExcelで出玉計算シミュレーターを自作するまでに成長できたのは、胸を張れる部分です。計数の算出方法やExcelの関数など、何もわからないところから調べ上げて制作していくのは、大変ではありましたがやりがいもあり、何より大きな自信につながりました。

就職活動では、会社の規模や業績よりも、「自分がやりがいを持って楽しく働けるか」という部分を重視して企業研究を行う過程で、理想の企業、高尾に出会いました。高尾は他メーカーと一風違ったアイディアをたくさん持っていますが、その秘訣はユーモアあふれる社員が数多く在籍していることにあります。今後トップメーカーに立つのは必ず高尾になる!と確信し、積極的に面接で想いを伝えた結果、内定をいただくことが出来ました。
入社後には、「トップ営業マンとはどんな人材か?」を常に自問自答しながら、自分の営業スタイルを確立していきたいと考えています。

G&Eで学んだことは、就職活動でも大きく役立ちました。また講師陣が全面バックアップして下さったおかげで内定を勝ち取ることができました。G&Eには感謝しかありません。ありがとうございます。

2017年度名古屋校営業職大学中退総合エンタテインメントコース遊技機メーカー

今ではPCを扱うことが楽しくてならないほどに成長できました

今ではPCを扱うことが楽しくてならないほどに成長できました

就職先:株式会社ナウプロダクション
S.S(22歳)

大学を中退し、やりたいことを探していた時に知人からG&Eの存在を聞きました。
パチンコ業界の就職に強い学校で自分の好きなメーカーも出資している、と聞いて自分のパチンコへの愛情を活かせるのでは、と感じました。

PCスキルが皆無だったため、ひじょうに不安を感じつつ入学しましたが、講師の皆さんは生徒全員が出来るまで丁寧に優しく指導して下さり、今ではPCを扱うことが楽しくてならないほどに成長できました。 特に、映像制作ツールを使いこなし、自分で考えたリーチや作成した図柄が本物の遊技機液晶のように動いた瞬間には、感動を覚えました。

入学当初はパチンコメーカーに入りたい、と考えていたのですが、G&Eで業界構造を学ぶにつれて、自分が本当にやりたいことは遊技機開発企業でこそできるのだ、と知り、就職活動は開発企業を中心に応募することを決意。 2年に進級し、G&Eで生徒作品発表会を開催した折に、ナウプロダクションの方から声をかけていただきました。

実際に勤務されている方の人物像と遊技機への考え方・こだわりが自分の考えとマッチしていたこともあり、すぐにナウプロダクションの求人に応募し内定をいただくことができました。

こういった縁に導かれ、内定をいただけたのもすべてG&Eという環境のおかげです。自分の携わる遊技機がホールに投入された暁には、真っ先にG&Eの恩師に報告したいと思います!ありがとうございました。

2016年度PS総合開発コース大学中退大阪校遊技機開発会社開発職

週2回の講義に出席する度、自分自身が変わっていく感覚があります

週2回の講義に出席する度、自分自身が変わっていく感覚があります

就職先:フィールズ株式会社
M.G(21歳)

パチンコ動画を観ていた時にCMが流れG&Eの存在を知りました。それまでパチンコ業界への就職を深く考えたことはなかったのですが、自分の好きな業界で働く、という選択肢が極めて魅力的に感じられたため、入学案内資料を取り寄せスクール説明会を予約。
その時点では職種まで決めていませんでしたが、一対一でじっくり話を聞いてもらい、納得する形で営業職を志望しコースを選択しました。

はじめは座学でガチガチにノートを埋め尽くすような講義を予想していたのですが、私の通うコースでは主に心構えや考え方を重視した内容が多く、週2回の講義ではありますが、出席する度に自分自身が変わっていくような感覚があります。

これまで就職活動を本格的に行ったことがなかったため、履歴書作成はひじょうに大変でした。先生に何度もダメ出しされながら、自分の想いを文章に書き起こし、時間を費やしながら作成を行いましたが、これも自分自身を分析し、自分という商品を売り込むための大事な準備と思い、必死に取り組みました。

第一志望であるフィールズの面接当日は頭が真っ白になってしまい、せっかく準備した自己PRの内容がまったく伝えられなかったのですが、腹をくくって、飾らない正直な自分の想いを伝え、それが良かったのか結果として内定をいただくことができました。

フィールズの一員に加えていただき、そのハイレベルな環境で先輩営業マンの皆さんと競い、成長していけるのは、自分にとってこの上ない喜びです。これからも努力を重ね、企業にとって欠かせない人間になっていきたいと思います。

2016年度PS営業・ストアマネージャー育成コース大学中退渋谷校総合職販社・専門商社

目標に一歩ずつ近づいている実感を得ることができました

目標に一歩ずつ近づいている実感を得ることができました

就職先:株式会社カプコン
O.Y(22歳)

大学では経済学部に在籍しましたが、自分の本当にやりたいこととは違う......。
父と祖父母に真剣に相談したところ「自分が好きなことを精一杯がんばりなさい」との言葉をいただき、大学を中退してG&Eに入学する道を選びました。自分が好きで選んだ以上、中途半端な気持ちではいけない、と思い頑張り続けた1年半でした。

PS総合開発コースは、私より年上の人が多いクラスでしたが、遊技機に対する想いはみな同じで、互いに切磋琢磨しながら楽しく学ぶことができました。クラスメイトのみんながいたからこそ、今の自分があると思っています。就職してからも長く付き合えるクラスメイトと出会えた、という意味でも、G&Eに入学して本当に良かったと思っています。

一番楽しかったのは、各種ツールの操作を学ぶ講義。講義を受けるたびに自分の知識・スキルが増え、目標に一歩ずつ近づいている実感を得ることができました。特にアフターエフェクトの習得には力を入れ、最終的には自分一人でパチンコの演出動画を制作できる能力が身に付きました。

就活では、自分自身の遊技機への想いや考えを企業に伝えることを意識しました。結果的に憧れのゲームメーカー、カプコンから内定を頂き、改めて「自分の想いを持つ」ということが大切なのだと感じました。社員の想いを形にして、ユーザーの心に届ける力のある企業の一員となれることに誇りを持って、会社にもユーザーにも貢献していきたいと思います。

2016年度PS総合開発コースゲームメーカー大学中退大阪校開発職

開発現場で働くイメージを明確に持つことができました

開発現場で働くイメージを明確に持つことができました

就職先:株式会社ジェイビー
S.T (23歳)

業界就職率の高さと、実践的な講義内容に惹かれ、大学を中退しG&Eに入学しました。
講義内容は難しいところもありましたが、専門分野に強い講師の方々が詳しく説明して下さり、心強く感じました。 その中で最も楽しかったのは開発者講話。新機種開発に実際に携わった担当者・責任者の方が開発の仕組みや流れ、開発中の裏話に至るまで語って下さるので、開発現場で働くイメージを明確に持つことができました。これは産学協同を謳うG&Eでしか得られない経験だったと思います。

就活では担任の先生の紹介もあり、オリジナリティにこだわりパチンコ本来の楽しさを追求するジェイビーへ応募し、自分のやりたいことを強くアピールした結果、内定をいただくことができました。

これまで、「パチンコ業界に就職したい」と夢を持ち続けてきましたが、これからは「パチンコをもっともっと発展させ盛り上げたい」という夢に切替えて、努力を重ねていきたいと思います。
G&Eには本当に感謝しています。

2016年度PSプランニングコース大学中退渋谷校遊技機メーカー開発職

最高の仲間と最高の職場で、最高のサービスを提供していきたい

最高の仲間と最高の職場で、最高のサービスを提供していきたい

就職先:株式会社セントラル(コンコルドグループ)
M.T(23歳)

入学前は「ビジネススクール」と聞き、講師と距離のある厳しい雰囲気での講義をイメージしましたが、良い意味で大きく裏切られました(笑)。講師の皆さんは常に親身で、クラスメイトは高校の友人以上の深い付き合いで、私の人間的な成長を支えていただきました。またG&Eでは、フィールズ社員やホール店長の皆様と触れ合う機会も多く、ビジネスの場での立ち振る舞いを学ぶこともできました。

その結果、これからのパチンコ業界を引っ張っていくにふさわしいホール企業の存在を知り、内定をいただくことができました。最高の仲間と最高の職場で、最高のサービスを提供していけるよう頑張りたいと思います。

2015年度パチンコホールホール名古屋校大学中退総合エンタテインメントコース

非常に分かりやすく教えていただきました

非常に分かりやすく教えていただきました

就職先:株式会社BOOOM
K.K(23歳)

働くなら絶対パチンコ業界・パチスロ業界!との思いでG&Eへ。専門的な知識や計算に関する講義も多いのですが、非常に分かりやすく教えていただきました。また開発系の講義では多くの機種の内部仕様を詳しく知ることができ、自分の知識レベルを高める上で大変役立ちました。

志望企業のBOOOMには就職活動前からアルバイトとして働き、十分に実績を積み上げた上で面接に臨み、無事内定をいただくことができました。

2014年度大学中退渋谷校総合エンタテインメントコース遊技機開発会社開発職

現役開発陣による講義は、すべてが新鮮!

現役開発陣による講義は、すべてが新鮮!

就職先:株式会社zeal
O.S(23歳)

商学部での勉強に興味を抱けず、思い切って大学を中退しG&Eへ。現役開発陣による講義は、すべてが新鮮!実際の開発現場での苦労や工夫、そして成功体験(時には失敗談も)を楽しそうに伝えてくれるので、「自分も早くこんな環境で働いてみたい!」と思いつつ講義を受ける日々でした。

就職先は小規模ながらも経験豊富な先輩が多く、自分を成長させられる環境を持つ開発会社です。たくさんのヒット機種を生み出せるプランナーを目指します!

2014年度PS総合開発コース大学中退渋谷校遊技機開発会社開発職

G&Eに入学したことが僕の人生の分岐点

G&Eに入学したことが僕の人生の分岐点

就職先:イートレックジャパン株式会社
K.D(21歳)

たった一度の人生。自分の一番好きなことを仕事にしたいと考え、思い切って某工業大学を中退しG&Eへ。分野によっては難しい講義もありましたが、好きなことだからこそ、やりがいをもって取り組むことができたと思います。

履歴書の作成にも散々苦労しましたが、やる気を最大限にアピールすることで、大手開発企業の内定をいただくことができました。G&Eに入学したことが僕の人生の分岐点。これは胸を張って言えます。ありがとうございました!

2014年度名古屋校大学中退総合エンタテインメントコース遊技機開発会社開発職

他校では味わえない経験です

他校では味わえない経験です

就職先:イートレックジャパン株式会社
K.T(22歳)

本当にやりたいことを突き詰めた結果、大学を中退しG&Eを選択しました。楽しい講義ばかりでしたが、中でも一番面白かったのはリール配列の作成。こんなのはどうだろう?とクラスメイトに相談しながら試行錯誤して、少しずつ理想のリール配列が出来上がる過程は、他校では味わえない経験ですね。

就職先は、安定してヒット作を生み出し各メーカーから大きな信頼を得ている開発企業。どんなことでも積極的に挑戦し、信頼されるプロジェクトリーダーを目指します。

2014年度PSプランニングコース名古屋校大学中退遊技機開発会社開発職

就職に強いと聞いて入学を決めました

就職に強いと聞いて入学を決めました

就職先:イグニス・イメージワークス株式会社
S.T(25歳)

G&Eに通学している友人がおり、就職に強いと聞いて入学を決めました。所属するコースにはさまざまな年齢の人がいて、人見知りな私がやっていけるか不安でしたが、パチンコという共通の趣味によって仲良くなり、他の学校では経験の出来ないたくさんの刺激を受けることができました。

講師の方の支えもあり、大変ながらも面接練習を数多くこなしたことで、映像制作のクオリティで定評のある開発企業から内定をいただくことができました。

2014年度PS映像プランニングコース大学中退渋谷校遊技機開発会社開発職

自分の本当に好きなことをしたい

自分の本当に好きなことをしたい

就職先:株式会社サンエイ
T.U(21歳)

自分の本当に好きなことをしたい、と大学に見切りをつけ中退。G&Eの2年制コースに入学を決めました。はじめは、パチンコ業界独特の「規則」や「計数」といった講義内容に戸惑いましたが、やはり好きなパチンコに関することですのでイメージしやすく、意欲的に学ぶことができました。

就職先は自分の頑張り次第で大いに活躍できますし、従業員全員で企業理念を考え、それを意識して働ける職場です。同期で一番早い店長就任を目指し、頑張ります!

2014年度パチンコホールホール名古屋校大学中退総合エンタテインメントコース

基礎からしっかり教えてもらいました

基礎からしっかり教えてもらいました

就職先:株式会社オーイズミ
O.R (25歳)

大学を中退してG&Eへ入学。さすがに最初は両親も渋っていましたが、好きなことを仕事にしたいと伝え、その熱意を理解してもらえました。

制作ツールの操作や遊技機規則の知識などを0から覚えるのは大変でしたが、基礎からしっかり教えてもらいましたし、また好きなことに関することだからこそスムーズに進んでいけました。自分の大好きなメーカーから内定をいただけたのも、そういった熱意をかってもらえたのだと思います。

2014年度PS総合開発コース名古屋校大学中退遊技機メーカー開発職

大学では学べなかった多くのことを習得

大学では学べなかった多くのことを習得

就職先:株式会社星和
I.S(23歳)

大学在学中にG&Eのことを知りました。ただ単位を取るためだけに大学に通うよりも、自分が目指すパチンコ業界で働くことへの近道になるという想いから、思い切って中退して、G&Eに入学しました。

入学後は、担任講師と面談をして、就職を目指す企業を決め、そこで活躍するためには何が必要かを考えて行動してきました。大学では学べなかった多くのことを習得し、コースの仲間と切磋琢磨することで、第一志望の企業に内定をいただくことができました。

2013年度以前PS営業・ストアマネージャー育成コースパチンコホールホール名古屋校大学中退

G&Eは講義カリキュラムが充実

G&Eは講義カリキュラムが充実

就職先:株式会社ダイナム
O.J(23歳)

自分の将来を思い描くことができず工業大を中退し、G&Eの2年制コースに入学しました。
G&Eは講義カリキュラムが充実しており、自分の進むべき道を探りながら業界就職に必要な知識やスキルを学ぶことができました。

その中で「遊技台計数」の最適解を導き出す過程に魅力を感じ、ホールへの就職を真剣に模索。自分の夢を叶える舞台が整っていると確信できたダイナムから新卒内定をいただくことができました。

2013年度以前パチンコホールホール大学中退渋谷校総合エンタテインメントコース

じっくり学べる2年制のコースを選択

じっくり学べる2年制のコースを選択

就職先:株式会社大一商会
T.T (23歳)

パチンコの企画者を目指し、G&Eに入学。じっくり学べる2年制のコースを選択しました。講師陣はみなさん現役メーカー社員で、しかも専門の異なるさまざまな分野の話を聞くことができ、たいへん勉強になりました。

就活中、面接の場では自分の企画するパチンコ機で業界を盛り上げたい、と熱い思いをアピールしました。素直な気持ちを面と向かって伝えられたからこそ、自分の本気度が相手に通じたのかな、と思っています。

2013年度以前大学中退渋谷校総合エンタテインメントコース遊技機メーカー開発職