G&Eで、パチンコが好きな自分をもっと好きになることができました

G&Eで、パチンコが好きな自分をもっと好きになることができました

就職先:株式会社共栄商会 
小林 誠生(21歳)

工業高卒後、3年ほど他業界の工場勤めをしていましたが、当時の仕事に満足がいかず、転職を考えました。「楽しく出来る仕事」を考え、自分の好きなパチンコに関わる仕事なら楽しく出来るだろうとG&Eへの進学も検討しましたが、会社を辞めてまで学校へ通うということに悩み、踏み切れずにいました。両親に相談したとき、「自分の人生なのだから、後悔の無いように生きなさい」と背中を押され、G&Eへの入学を決心しました。

講義で学ぶ知識やスキルは、普段の生活で身近に触れる内容ではないため、覚えるのが大変だったり、難しかったりもしました。それでも、自分が四六時中打っているパチンコに関する知識が増えていくことはこの上ない喜びでしたし、同じ趣味・同じ志を持つクラスメイト達と補い合いながら成長していく時間は、何事にも代えがたい貴重なものだったと思います。

自分が頑張ったことは、講義が始まる一時間前には必ず学校に自分が来て、業界研究や前回の講義の復習を行ったことです。結局一度も休むことなく通い続けましたが、それもやはりG&Eが楽しくて毎日来たくなる学校だったからです。

就職活動では、自分のやりたい仕事である「役物設計」ができ、パチンコが好きな気持ちを評価してくれる会社を探し、羽根モノの役物設計ができる数少ない企業である共栄商会から内定をいただきました。入社後は、一刻も早く一人前の設計者となり、パチンコファンの記憶に残る羽根モノを創り上げたいと考えています。

G&Eに入って自分に自信を持つことができ、パチンコが好きな自分をもっと好きになることができました。この二年間は自分の人生で最も大切な二年間です。あの時、自分の背中を押してくれた両親、そして自分を育ててくれたG&Eには本当に感謝しています。

2017年度名古屋校周辺機器・部品メーカー社会人総合エンタテインメントコース開発職

パチンコ業界への就職を目指す人にとって夢のような空間です

パチンコ業界への就職を目指す人にとって夢のような空間です

内定先:株式会社第一実業(DAMZ) 
上村 陸(18才)

入学前のG&Eのイメージは「パチンコ・パチスロ好きな人たちが集まり、楽しく学べる学校」。実際に入ってみると、まさにその通りの印象でした。

クラスメイトはみんな明るく、好きなパチンコ・パチスロの話題で毎日盛り上がり、一般ユーザーの立場では得られない知識や情報を習得できる環境は、パチンコ・パチスロ業界への就職を目指す人にとって夢のような空間です。

実は結構難しい遊技機規則やホール計数なども、学校の楽しい雰囲気があるからこそ学びたくなりますし、自分の好きなことに関するものだからこそ理解が進みます。

パチンコ業界への就職を意識した時、私は実家のある新潟で働くことを重視し、実力主義でキャリアアップできる企業、G&Eで学んだことを十分に生かせる企業を探しました。地元の有力ホールである「DAMZ」さんの求人情報が目に留まり、企業研究を進めると、スタッフがお客様を大切にする姿勢、ひいては会社がスタッフを大切にする姿勢に好感を持ち、応募しました。面接では、自分が入社してからやりたいことを思い切り伝え、その意欲を評価していただき、新卒として内定を得ることができました。

入社の暁には、G&Eで学んだ知識・スキルを存分に活かし、「さすがはG&E出身」と言っていただけるよう活躍していきたいと意気込んでいます。

2017年度パチンコホールホール名古屋校総合エンタテインメントコース高校卒業後