パチンコ・パチスロの営業職としてトップクラスの会社に入りたい。その想いが叶いました。

パチンコ・パチスロの営業職としてトップクラスの会社に入りたい。その想いが叶いました。

就職先:フィールズ株式会社
M.S(入学時年齢:20歳)

高校卒業後、飲食店でアルバイトしていました。パチンコ・パチスロが好きで、パチンコ業界で働くことへの憧れはありましたが、高卒では就職も難しいと諦めていました。
ある時、G&Eのホームページを見てパチンコ業界に就職するための学校があるのだと初めて知り、両親に相談したところ「好きなことを勉強したらいい」と言ってもらえました。
せっかくならば、パチンコ業界の営業職としてバリバリ頑張りたいと思い、その名も「PS営業育成コース」への入学を決めました。

G&Eの講義は、業界や商品の知識を学ぶ座学が半分、自分で動いたり調べたりして成果物を仕上げる実践が半分という感じでした。自分が最も頑張ったのは市場調査の講義です。もともとパソコンは苦手ですが、だからと言ってしっかり調査した内容を見栄えの悪い資料にしてしまったら、意味がありません。エクセルやパワーポイントを何とか習得し、自分なりに納得のいく資料を作り、発表することができました。

またパチンコ業界への就職に特化した学校というだけあって、G&Eではパチンコ業界に関する知識だけでなく、ビジネスマナーや就活対策なども親身に教えていただきました。ビジネスマナーはアルバイト先でも役立ちましたし、これまで経験したことのない就職活動でも、自信を持って受け答えができるようになりました。G&Eで、人としての成長を実感することができました。

これからG&Eに入学する人へのアドバイスとして、私は「メモ」をお勧めします。初めは講義を聞き流していたのですが、語られる内容の一つ一つが濃いため、講義内容や先生の雑談もメモを取って形として残すようにしました。聞き流していたら忘れてしまうことでも、メモがあればいつでも思い出すことが出来ますし、私はメモを読み返すことで講義内容の理解の幅が大きく広がりました。

就職活動では、パチンコ業界の営業職としてトップクラスの会社に入りたいと思い、フィールズ株式会社を第一志望としました。
面接の場では、「負けず嫌いですか?」と聞かれた時、強気で「御社に入社した後、誰にも結果では負けません」と答えました。生意気に聞こえたかとも思いましたが、その負けず嫌いなところを評価していただけたようで、内定通知を手にすることができました。

G&Eと出会ったからこそ、パチンコ業界の営業職で活躍するという想いが強まり、フィールズという一流企業との出会いが生まれ、想いを叶えることが出来たと思っております。フィールズ入社後は、宣言した通り営業成績で結果を残して、活躍していきたいと思っています!

M.Sくんが学んだPS営業育成コースとは?

PS営業育成コース

2020年度PS営業育成コースパチンコメーカー等の営業職として就職パチンコ・パチスロ販社、専門商社に就職フリーター大阪校

パチンコの企画とパチスロの企画、どちらにも携われるフィールズの商品企画職で内定をいただけた

パチンコの企画とパチスロの企画、どちらにも携われるフィールズの商品企画職で内定をいただけた

就職先:フィールズ株式会社
Y.K(入学時年齢:22歳)

大学に入りパチンコ・パチスロに出会った私は、その魅力にどっぷりはまり、自分のアイデアでパチンコ・パチスロを企画開発することに強い憧れを抱きました。しかし大学ではモノづくりとは全く異なる学部・学科に属していましたし、何の下積みも根拠もなく「パチンコ・パチスロを開発したいです!」とメーカーの採用面接を受けたところで、箸にも棒にもかからないことは明白でした。
でもG&Eで知識とスキルを学べば、パチンコ・パチスロの商品企画に携わることができるかも知れない...。YouTubeのCMで学校の存在を知った私は、家族を説得し、大学を中退してまでG&Eに入学することにしました。

G&Eの講義は、まさに自分の求めていた内容でした。実際の開発者が講義を担当し、内部制御や遊技機規則を専門的に学ぶことが出来ました。またG&Eの講義では、生徒自身が考えた企画書の発表会を定期的に行い、想いやこだわりをプレゼンテーションします。他のクラスメイトが発表するプレゼンを聞いていると「そんな着眼点が!」「この表現はすごくいいね!」などと気づかされることが多く、自分にとっても刺激になりますし、厳しい視点からお互いに評価をし合うことで、考え方がずいぶん成長したと思います。

学生生活で思い出深いのは、やはり「ダイナム杯パチンコアイデアGP2019」で優勝したことです。パチンコのアイデアを競うコンテストで全国1位になれたというのは大変な名誉なことですし、何より自信にも繋がりました。(企業の面接を受ける際、話題のネタにもなりました!)背中を押してくれた先生方には感謝しています。

就職活動にあたって、パチンコ・パチスロをほぼ1:1で遊んでいる私は、どちらの企画にも携われるのがベストだと考えていました。ただ遊技機メーカーの部署はどちらかにキッパリ分かれることが多く、パチンコの企画職かパチスロの企画職か、志望職種の選定に悩んでいました。
そんな折、G&Eの出資会社でもあるフィールズが商品企画職の募集を行っていることを知りました。フィールズは業界トップの遊技機販売会社として名高いのですが、実は多くの遊技機メーカーと共同で企画開発にも携わっています。これはチャレンジするしかない、と応募し、G&Eで培ったプレゼンスキルで自己アピールした結果、内定をいただくことができました。

最後に。「パチンコ・パチスロが好き!仕事にしたい!」と考えている人は、ぜひG&Eに入学し、その環境を活用して欲しいです。G&Eに通わずにパチンコ業界に就職する人もいるでしょうが、「自分と同じものが好き」という共通点を持つ人たちが周りにいる環境は、途方もない安心感がありますし、そういった環境だからこそ人は大いに成長するのだと、クラスメイトを間近で見てきた私は断言できます。私自身、目標だった商品企画職への就職を決められたのは仲間と講師陣のサポートがあったからだと思います。本当にありがとうございました。

Y.Kくんが学んだ総合エンタテインメントコースとは?

総合エンタテインメントコース

2020年度パチンコ・パチスロ販社、専門商社に就職企画職として就職大学中退大阪校総合エンタテインメントコース

G&Eに通い始めて1ヶ月強でパチンコメーカーへの就職を勝ち得ることができた!

G&Eに通い始めて1ヶ月強でパチンコメーカーへの就職を勝ち得ることができた!

就職先:京楽産業.株式会社
H.T(入学時年齢:23歳)

大学を卒業後、晴れて社会人となり就職先で活躍...の予定だったのですが、現実は激務・雑務に押しつぶされそうな日々でした。そんな中、仲の良い同僚と「好きなことを仕事にしたい」という話をしていて、お互いパチンコ・パチスロが大好きだったこともあり、「じゃあ、一緒にG&Eに通うか」という結論になりました。せっかく新卒として就職した企業を1年足らずで辞めてしまうことには躊躇もありましたが、やはり一度きりの人生ならば好きなこと・やりたいことを仕事にしたい、という気持ちが勝りました。

私はもともと文系でしたが、好きなパチンコに携わるなら創る側に回りたいと考え開発系のPSプランニングコースに入学しました。
G&Eでは新型コロナウイルスの影響もあり講義開始が約1か月遅れとなりました。その間、不安が全くなかったわけではありませんが、その分「やりたい」意欲が溜まり、良いスタートダッシュが切れたのではないかと思います。

仕事を辞めて空いた時間で、企画書や絵コンテなど就活に向けた作品作りを行い、一定の評価をいただけるレベルにまで高めることができました。
講義開始から1ヶ月経たずに就職活動を開始しましたが、その際にも担任の先生方から企業情報や面接対策などで的確なアドバイスをいただきました。特に前職を半年で辞めたというマイナスポイントについて、いかに好意的に捉えていただけるように話すかを苦労して考えましたが、先生のお墨付きをいただいたおかげで自信をもって話すことができたと思います。

正直なところ業界の専門知識をまだ蓄えていない段階で臨んだ採用面接ですから、やる気があることを伝えるしかありません。声の抑揚や視線、ジェスチャーなど会話の技術をフルに使って自分のやる気をアピールし、業界の顔たる企業としてヒット作をガンガン生み出せるパチンコメーカー、京楽産業.から内定をいただくことができました。

開発の素人である私が、G&Eに通い始めて1ヶ月強でパチンコメーカーへの就職を勝ち得ることができた!これはG&Eの環境のおかげ、先生方のアドバイスのおかげだと改めて感謝いたします。
また、学校にはこれからも卒業まで通うことになりますので、改めてよろしくお願いいたします!

H.Tくんが学んだPSプランニングコースとは?

PSプランニングコース

2020年度PSプランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職大阪校社会人遊技機(パチンコ/パチスロ)メーカーに就職

入学前から憧れていたパチンコメーカーへの就職にチャレンジ。1社目で就職活動を終えることができました。

入学前から憧れていたパチンコメーカーへの就職にチャレンジ。1社目で就職活動を終えることができました。

就職先:株式会社SANKYO
K.R(入学時年齢:21歳)

高等専門学校を中退しフリーター生活を送っていた時、ネットでG&Eの広告を見て学校の存在を知りました。初めは「こんな学校もあるんだ...」ぐらいの感想だったのですが、自分の好きなことを仕事にするという選択肢があり、多くの人がその道を目指しているのだ、ということが心に残りました。

私は趣味で中学時代からプログラミングを行っていましたが、それを仕事にすることは考えていませんでした。しかし、大好きなパチンコ・パチスロに関わるプログラミングであれば、職業としてやりがいをもって取り組めるかも知れない...そう考え始めた時、自分がG&Eでプログラミングを学び、自分がパチンコ業界に就職するという選択肢が一気に現実味を帯びて感じられるようになりました。

実家が遠方のため、上京してまで学校に通うことは私にとっては大きなチャレンジでしたが、実行してみると何とかなるものです。遊技機のデバッグを行うアルバイトをG&Eから紹介していただき、生活費の目途もつきました。

私は2年制のPS総合開発コースに所属し、企画・映像制作・プログラミングをそれぞれ学びました。パチンコの規則についての講義は、難しい部分もありましたが、自分の好きなことに関わる知識ですので楽しく学べました。分からないことについても講師から教わるだけでなく周りのクラスメイトが教え合うことで、お互いの知識を補完しているのが、いかにもG&Eらしいところです。

就職活動では、まず、G&E入学前から憧れていたSANKYOにチャレンジしました。人前で話すことが苦手だったので、面接の練習を何度も繰り返しました。思えば、プレゼンテーションの講義で幾度となく発表してきた経験が活きたのかもしれません。実際の面接では思ったよりスムーズに、自分のアピールポイントを伝えることが出来たと思います。(それでも滅茶苦茶緊張しましたが)おかげさまで第一志望だったSANKYOの内定をいただき、1社目で就職活動を終えることができました。

入社後は、G&Eで学んだ企画・映像・プログラミングそれぞれの経験を活かしつつ、単なる技術者ではなく、開発の考えすべてを表現できるプログラマとして活躍したいと思います。良い環境で学ばせていただきました。ありがとうございました。

K.Rくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2020年度PS総合開発コースパチンコメーカー等の開発職として就職フリーター渋谷校遊技機(パチンコ/パチスロ)メーカーに就職