パチンコ・パチスロは、今も昔も娯楽の王様

パチンコ・パチスロ業界とは?パチンコ・パチスロ業界とは日本の余暇市場全体の規模が72兆2,990億円であるのに対し、パチンコ・パチスロ市場規模は、なんと23.2兆円。レジャーの多様化が進み、趣味の分散化が課題となる中、それでもなお余暇全体の1/3を占める巨大産業です。1,070万人の老若男女が愛する娯楽の王様として、今も余暇市場に君臨しています。

パチンコ・パチスロは、新たなコンテンツの創出・発展に貢献パチンコ・パチスロは、新たなコンテンツの創出・発展に貢献有名なマンガやアニメがパチンコ・パチスロになるだけではなく、パチンコ・パチスロが人気爆発の起点となることも。

たとえば1995年にテレビアニメとして一世を風靡した『エヴァンゲリオン』は、2004年にパチンコ化され、話題が再び沸騰。新たなエヴァファンを産み出し、新劇場版が制作されるきっかけとなりました。そのほか、パチンコ・パチスロオリジナルのキャラクターがアニメ化され大人気を博すなど、エンタテインメント全般に影響力の大きなパチンコ・パチスロだからこそ、新たにコンテンツの創出・発展が行えるのです。

パチンコ・パチスロは、エンタテインメントの中核パチンコ・パチスロは、エンタテインメントの中核パチンコ・パチスロに使用されるモチーフは多種多様。世に出る遊技機の約7割がタイアップ機として、さまざまな版権と深く結びついています。つまり、パチンコ・パチスロはエンタテインメントの中核を担う存在でもあるのです。