木村魚拓さんの新作CMができるまで

2018年9月1日より、MONDO TVにて木村魚拓さんの出演するG&Eビジネススクールの新作CMを放映開始しました。

パチンコ・パチスロを創りたい!編(木村魚拓さん出演)
パチンコ・パチスロを伝えたい!編(木村魚拓さん出演)

今回は、このCMができるまでの流れを振り返ってお伝えいたします。
※ 長文になります。撮影風景だけをご覧になりたい方は④CM撮影当日からご覧ください。


①出演者の選定

2018年3月某日、MONDO TVのスタッフさん(以下、モンド)と打合せ。
モンド「2011年以降、毎年木村魚拓さんが出演していらっしゃいますが、2018年度CMの出演者は...」
G&E「(食い気味に)もちろん今年も木村魚拓さんでお願いします!」
モンド「では、木村魚拓さんはご多忙なので、先にスケジュールを確認して撮影日を決めちゃいますね」

というわけで、この時点で撮影日が7月6日(金)に決定しました。
木村魚拓さん、いつもご出演を快諾いただき、ありがとうございます!


②CM方針の策定

2018年5月某日、ゴールデンウィークが明けたあたりで一回目のCM制作打合せです。
この時点では、どんなCMにするかは全く決まっていないため、MONDO TVのスタッフさんが
G&Eスタッフに「訴求したいポイント」などをヒアリングしていきます。

モンド「昨年は生徒役の木村魚拓さんが学生生活そのものをお伝えするCMや、パチンコ業界の色んな職種を紹介するCMを作成しました」
G&E「結構色々やってきましたね」
モンド「今年はどんな切り口で、どんな訴求を行っていきましょうか?」
G&E「今回もやっぱりパチンコ業界は面白い!というのを伝えたいですね。遊技機を創ったり伝えたりするのはやりがいがある仕事だ、と」
モンド「これまでも継続してきたテーマですね」
G&E「あとは、G&Eという学校が、好きなことを仕事にしたいと考えている人たちを後方支援する存在だ、という点ですかね」
モンド「かけ合わせるのはけっこう難しいですね...」

ここで、ああでもないこうでもない、と結構な時間をかけながら打合せを行います。
そして、ちょっと視点を変えて話をしましょう、ということで、木村魚拓さんの役柄について話を始めました。

モンド「木村魚拓さんはこれまで、学生役・先生役・カリスマライター役、変わったところでは幼稚園生役や侍役、なんてのもありました。」
G&E「演じてもらって、全部面白かったですね。世間一般の人は魚拓さんをどのように捉えているんでしょう?」
モンド「やっぱり魚拓さんは、パチンコ・パチスロの面白さを引き出せるライターさんと見られているのでは?ご本人のキャラも面白いですし」

【魚拓さん=面白い、パチンコ・パチスロ=面白い】

魚拓さん=パチンコ・パチスロ......!!


G&E「ではいっそ、魚拓さんにパチンコ機になっていただくというのは...?ほら、遊技盤を両手で持って液晶画面の部分から魚拓さんが顔を出して"俺はCR魚拓だ"とか」
モンド「(絶句)......いや、それは魚拓さん本人がどうおっしゃるか...」
G&E「交渉してみてください(はぁと」
モンド「...分かりました。その点も踏まえて、いくつかCM内容のラフ案を書いてきます」

というわけで、G&E側が一方的に要望(という名の無茶ぶり)を伝えるだけで第一回目の打合せは終了。
一応、クライアント(顧客)ですからね。
伝えたいところはなるべく伝えておいた方が、制作側もやりやすくなるだろうと、
毎回わがまま言わせていただいております。(いつもスミマセン...)
ちなみに、その半月後に第二回目の打合せを行うことになりました。


③CM内容の選定

2018年5月下旬、二回目のCM制作打合せです。
イコール、モンドさんからラフ案があがって来る日なので、G&Eスタッフもワクワクしています。

モンド「というわけで、今回は四案をご提案いたします」
G&E「(どれどれ)...ほほう、これはっ!」
モンドさんからの提案は以下の4つでした。(以下、提案書から原文を抜粋)

1. 【魚拓さんが学校をプレゼン】
誰からも姿が見えていない"妖精のような存在の魚拓さん"が場面場面で登場し、カメラに向かって学校の良さをアピールしていく。

2. 【突撃!体験入学】
魚拓さんが、街ゆくパチンコ・パチスロ好きの若者を半ば強引に勧誘し、スクール説明会に連れて行く。説明会の進行は先生。若者はリアクション中心。魚拓さんは若者の隣に座り、いじり役。

3. 【G&E音頭】
G&Eのアピールポイントを歌詞に盛り込み、音楽に乗せて簡単な振り付けで、魚拓さんと生徒、先生なども合わせて様々な場所で踊る。

4. 【CR魚拓】
魚拓さんが生徒が作った台になりきり、自分が作り上げられていく過程を振り返る。そこに、企画会議風景・動画制作作業などを回想シーンとして見ていく。
※魚拓さんは、いつもの普段通りの恰好。「俺はパチンコ台"CR魚拓"」というセリフのみでパチンコ台の感じを出す。

つまり、「CR魚拓」案で普段通りの魚拓さんが出演する、という時点で
魚拓さんが遊技盤から顔をのぞかせる、という案はボツとなりました...
まあ設定的にも絵面的にもシュールすぎますし、仕方ないですよね。


モンド打合せ20180529.jpg
モンドさんから提出された台本ラフ案をもとに、喧々諤々の議論を行っています。


気を取り直して他を見てみると、「G&E音頭」なんてのもありますね。
生徒や先生を従えてながら音楽に合わせて魚拓さんが踊るって、
「それ、なんてジャ●ラーダンス?」という気もしますが、
新たな伝説を創れる気もして、G&E的にはひじょうに惹かれます。

実は打合せの中でも一時期、かなりの有力候補になりかかったのですが、
残念ながら撮影まで1か月半、という短時間の中で作曲して歌詞作って、
編曲・歌入れを発注して振り付けを考えてみんなで練習して、
当日までにリハやってバッチリ合わせる、というのはさすがに無理ということで、
この案は次回以降に廻すこととなりました。

というわけで実質二択となりますが、どうしよう...
と考えてG&Eスタッフはふと思います。
G&E「"誰からも見えない妖精のような存在の魚拓さん"じゃなく、魚拓さんに妖精そのものになってもらえばいいんじゃね?」

先ほどの第2案では、モンドさんとしては普通の姿の木村魚拓さんが
ちょっと半透明になっていて...といったイメージを描いていたようですが、
映像的に「魚拓侍」を超えるインパクトが欲しかったこともあり、
G&Eからのお願いとして妖精の仮装をしていただくことになりました。

というわけで、ここで木村魚拓さんが初の「人間ではない役柄」
演じていただくのは確定となりました。

その後、モンドさんとG&Eとで何度も台本のやり取りを重ね、詳細を詰めていきました。


④出演オーディションの開催

2018年6月上旬には、ある程度台本も固まり、目に見えない存在の木村魚拓さんが
若者の後ろから応援していく、という骨子のストーリーCMを2本制作することが決まりました。
(ちなみにこの時点で、魚拓さんの仮装について「Dr.スランプのガッちゃんみたいな恰好」
という要望を出していたため、最終的には妖精ではなく「魚拓天使」という扱いになりました。)

さて、ではそのCMに出演にするのを誰にするのか、という話ですが、
今回は大がかりな出演オーディションを行うことになりました。
これまでのG&EビジネススクールCMでは、出演したい生徒に集まってもらい、
撮影当日に役回りや配置を決めていたのです。
ただ、今回の台本では出演生徒のセリフ量がこれまでと比べて特段に多く、
せっかくの演者は演技力重視でいきたいとの想いもあったため、6月中旬、
出演希望者に集まってもらい、実際の台本をもとに演技テストを行ってもらいました。

オーディション風景.jpg
オーディション最中の様子。
「自分がパチスロ木村魚拓を開発するとしたら...」の内容を歩きながらアドリブで語ってもらう、
という結構高度なテクを要するな演技テストを行っています。


オーディション出場者は7名。みんな目立ちたがりなこともあって、けっこう
気合の入った演技を見せてくれました。
その結果、「パチンコ・パチスロを創りたい!編」にはKくんとSくん、
「パチンコ・パチスロを伝えたい!編」にHさんが出演することに決定。
ちなみにHさんはオーディションで抜群の評価だったのですが、
実は彼女は学生時代に演劇の経験があるとのこと。
(逆にその他の出演者たちはまったくの素人です。)

というわけで、その他の出場者にも(ちょい役で申し訳ないのですが)配役を行い、
準備万端で撮影当日を迎えることになりました。

④CM撮影当日

2018年7月6日(金)、当日は残念なことに雨模様。
朝から屋外の撮影シーンもあったため、モンドさんと撮影段取り変更の打合せ。
撮影スケジュール(※業界用語で香盤と言います)もバッチリ組んでいたのですが、
さすがにお天気には勝てません......。

まずは「パチンコ・パチスロを伝えたい!編」でHさんが視聴する
"木村魚拓さんの実戦動画"を軽く撮影。
なお、木村魚拓さんがこのシーンで打つのは、SANKYOさんの
「パチスロ トータル・イクリプスLv.MAX-RT」という機種。
今回のCM撮影にあたってSANKYOさんに「見本機貸して~♪」
とお願いしたら、ちょうどホール導入が始まったばかりのホヤホヤの新機種である
トータル・イクリプスを貸していただきました。本当にありがとうございます。


木村魚拓さん02.jpg
楽しそうに実戦する木村魚拓さん。
撮影時間の都合で5分ほどで終了したのですが、魚拓さんはもうちょっと打ちたそうな雰囲気でした。


次にエンディングのコメントを撮影した後、木村魚拓さんに例の衣装に
着替えていただき、出演生徒との絡みの場面を撮影します。
雨が止むのを待っていたのですが、結局止みそうにないため、
若干撮影場所を変えて撮ることになりました。

木村魚拓さん撮影風景.jpg
ホントは外の坂道を歩きながら撮影したかったのですが、渋谷校のビル階段付近で撮影することに。
撮影風景を見下ろすとこんな感じです。かなり蒸し暑い中での撮影となりました。

ここに魚拓天使がニュッと首を突き出すと、こんな絵面になります。↓
木村魚拓さん撮影風景2.jpg
なんだかずいぶんとシュールな風景になりました...
通行人もけっこういたのですが、さすがに皆さん、チラ見しまくりでしたね

次に「~伝えたい!編」のオープニング。G&E渋谷校に向かう階段の途中で撮影しました。
木村魚拓さん09.jpg
木村魚拓さんの実戦動画を視聴するHさんに魚拓天使が
「君もチャレンジしてみれば?」とささやきかけるシーンです。

本来、魚拓天使は目に見えない存在なので、その世界にいないものとして無視して
演技しなければならないのですが、実際の魚拓天使はご覧の通り存在感アリアリです。
しかも、撮影監督さんが「もうちょっと近づいてください」なんて演技指導するため、
撮影時の実際の距離感はこんな感じです。↓
木村魚拓さん01.jpg
これを冷静に演技し続ける木村魚拓さんは(Hさんも)ホントにスゴい!

これまでにもけっこう突き抜けた感じの場面・設定での撮影はありましたが、
さすがに今回がもっともシュールな撮影風景となりました(笑)。
はたから見ていると、「そこまで近づく必要があるのか?」という気もしましたが、
実際の映像を観るとそうすべき理由が良く分かります。


そして、こんな感じで次々に場面を変えて撮影は進んでいきます。
以下、「パチンコ・パチスロを伝えたい!編」の撮影風景です。
木村魚拓さん07.jpg
渋谷校セミナールームでの撮影全景。
画面下の方では、次の場面で出演する予定の生徒が学校の課題動画を制作しながら待機しています


木村魚拓さん06.jpg
上の写真の角度を変えてみるとこんな感じになります。


木村魚拓さん04.jpg
魚拓天使、やっぱり顔が近いですね...


木村魚拓さん05.jpg
男性に対しても近い......それにしても魚拓天使の存在感...ww


ライターになったHさん(ライターネームは"おひるおかず")の動画収録シーン。
木村魚拓さん03.jpg
このシーンはG&Eの玄関で撮影しています

G&EスタッフからHさんに、「ライターっぽい衣装を用意しておいて」と漠然とした
依頼を行っていたところ、「ライターっぽい」のイメージがつかなかったらしく、
上の写真のような衣装を持ってきました。
これ、ライターというより○×△やろ......

こちらは「~創りたい!編」の撮影風景です。
木村魚拓さん14.jpg
木村魚拓さん15.jpg
G&Eに入学し、企画書を制作している生徒を覗き込んでいる魚拓天使、のシーンです。

ちなみに、後ろに映り込んでいるのはSANKYOさんの
「CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギア」と「CRフィーバーアクエリオンW」です。
これも見本機をSANKYOさんからお借りしました。ありがとうございます。
アクエリオンは、撮影時点ではまだホールに導入されていない超新機種。
撮影前には、生徒たちも興味津々でさわっていましたが、君たちが初めて
「CRフィーバーアクエリオンW」を試打した一般人であることに気づいていたかな?


こちらはKくんが志望企業の最終面接に臨むシーン。
木村魚拓さん13.jpg
本来なら社長さん役と握手をするのですが、リハーサルなので、
近くにいたSくんが社長さんの代わりを務めています。


撮影開始から約8時間。ほぼ丸一日を費やして、ようやく撮影が終わりました。
実はCM撮影って、とにかく時間がかかるのです。キャストの演技確認に時間を
要するだけでなく、カメラ位置やアングルを決めたり、照明の配置を変えたり、
とにかくカメラを回すまでの段取りで、映像のクオリティが大きく変わります。
より良いCMを制作するため、木村魚拓さんをはじめとするキャストだけでなく、
現場では多くの撮影スタッフが必死に一所懸命に動き続けています。

朝一番から見学してきた生徒たちもさすがに疲れた様子ですが、この一日で
ひじょうに得るものがあったかと思います。こんな"生きた勉強"は、
なかなか出来ませんから、貴重な経験となりました。

最もお疲れなハズなのが木村魚拓さんです。が、魚拓さんはそんな疲れも
見せず、最後の集合写真にも快く応じていただきました。

集合写真01.jpg
みんなでおなじみの魚拓さんポーズ......と思ったら、やってないヤツが若干名いるし...


ともあれ、極めて有意義なCM撮影となりました。
木村魚拓さん、本当にありがとうございました!


⑤CMの完成

さて撮影当日から約2週間。7月24日(火)にCM粗編集版が上がってきました。
といっても、映像的にはほぼ出来上がったものです。これをもとに、G&Eから
細かい修正依頼をかけていきます。本来、プロの仕上げた映像にケチをつけるのも
失礼な話ではあるのですが、ここはG&Eとしても、より完成度を高めるための
口出しはしておくべきということで、色々修正の依頼を出していきます。
撮影はしてみたものの、やはり不要だ、という部分をカットしたり、
逆にアングルの異なる映像に差し替えたり、セリフとセリフの尺(時間)を
ちょっとだけ詰めたり......、と結構ちょこちょこと直しています。

例えば「パチンコ・パチスロを創りたい!編」の没映像↓
CR木村魚拓企画書.png
企画書の中身を映すから、ということで頑張ってスペック・筐体画像を
創ってもらったのですが、結局尺が足りず、この場面は泣く泣くカットしました...


こちらは「パチンコ・パチスロを伝えたい!編」の没映像↓
伝えたいデビュー時.png
ライターデビューした生徒がゲストとして木村魚拓さんをお呼びする
シーンですが、建物構造がパチンコホールっぽく見えないため、
異なるアングルからの映像に差し替えました

こんな感じで何度か修正のやり取りを行い、8月上旬に映像の編集は終了。
8月22日(水)にMA(ナレーターさんの声撮りと調音作業)を行い、
CMが完成。9月1日(土)より、モンドTVにて放映の開始に至りました。

b_simple_55_1M.png

さて、今回は木村魚拓さんの新作CMが出来るまでを事細かにお知らせしました。
(とてつもない長文になってしまい、申し訳ありませんm(_ _)m...)

G&Eビジネススクールでは、パチンコ業界への就職を目指す人々が
楽しく、深く学べる環境をご用意しております。
生徒の入学動機、学べる内容、そして就職時・就職後のイメージは、
本当にこれらのCMで描いた通りです。
面白いパチンコ・パチスロを創ってみたい方、
パチンコ・パチスロの楽しさを伝えたい方、
ぜひ一度、G&Eビジネススクールへ足をお運びください。

CMで観たような生徒たち、そしてCMで観たような天使(!?)が
あなたをお迎えしますよ!!


G&Eホームページ
https://www.g-e.jp/

G&EのYoutubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/GandEbusinessschool/

「メーカー開発者によるパチスロ6号機講座」を開催しました

2018年3月1日、渋谷校においてG&E在校生および入学予定者・検討者を対象とした特別講義「メーカー開発者によるパチスロ6号機講座」を開催いたしました。
1月にもG&E講師が6号機の概略を語る「6号機についての特別講義」を開催したのですが(詳細はこちらの記事をご覧ください)、3月の特別講義では某大手メーカーから現役のパチスロ開発者をお招きし、より詳しい規則内容や開発現場の様子をお話しいただきました。

また、1月末にパチスロメーカーの会合で6号機の内規が発表されてから、初めてその詳細が語られる特別講義ということもあり、会場内は興奮と熱気に溢れておりました。

0306b.jpg
いよいよ6号機講座、スタート
受講者も真剣に聞き入っています。



まずは今回の規則改正で大きく変わった出玉率の説明です。
出玉率の考え方について、リプレイが絡んだ場合とそうでない場合の違いを非常に面白い例えで説明していただきました。
出玉設計を行う上で、ただ規則上の上限値に沿ってボーナス確率や小役枚数を設定すればよいわけではありません。
色々と気を遣うことが多く、またそこにゲーム性を絡める必要があるため、ひじょうに奥が深いのです。
単に「射幸性を抑制されたパチスロ機」と捉えられることのないように、さまざまな工夫を加える開発現場の様子が垣間見えました。


続いて、新しい6号機の内規について、実際のパチスロ機を例に説明していただきました。
特に純増枚数のお話は非常に興味深く、これからのパチスロ開発の方向性が見えてくる内容でした。

さらに6号機の細かな仕様についてもお話をしていただきました。
「指示込み役物比率の採用で6号機には再び○○が搭載できる」など、開発者を目指すG&Eの在校生たちがこれから自分たちの企画を練っていく上で役立つことをいっぱい語っていただきました。

0306c.jpg
聴講者は未来の遊技機開発者たち。
一所懸命メモをとりつつ、自分の知識に蓄えようとする姿勢が見えました。



その後は質疑応答。
参加者から引っ切り無しに質問が上がり、 会場は最後まで盛り上がりを見せておりました。


最後に参加者の感想を聞いてみたところ、「役に立った」「勉強になった」という意見の他、「6号機は面白くなる!」「今後の遊技機に希望が見えた!」などのポジティブな意見が目立ちました。

どうやら6号機のデビューは今年の夏ごろになりそうです。
どんなパチスロ機が我々を楽しませてくれるのか、期待して待っていたいと思います。

「くうか さんの特別カウンセリング」を開催しました

2018年1月20日(土)G&Eビジネススクール大阪校において、コスプレイヤーの「くうか」さんが来校し、特別カウンセラーとしてスクール説明会に参加していただきました。

くうかさんはコスプレイヤーとしてだけではなく、カジノ&パチスロ関連事務所「パチスロガール8192」代表としても、日夜パチンコ業界、パチスロ業界の発展に尽くしています。


ag.jpg
パチスロガール8192のホームページ





参加者からの質問やお悩み相談に対して、実際にこの業界で活動をされているくうかさんから、現在の業界や仕事についての話、G&Eについての率直な思い、そして「好きなこと」を仕事にすることの意味、などについて実体験に基づいたカウンセリングを行いました。


d2-thumb-480x320-338.jpg
参加者が抱えている悩みに、親身にアドバイスしてくれる くうかさん
ホールで会えるくうかさんとはずいぶん雰囲気が違いますね。




参加者の方からも「くうかさんの言葉でひじょうに励みになった」と喜んで頂けました。
やはり実際に業界で活躍されている方のお話はすごく参考になりますね。
また機会があれば、ぜひこのイベントを実施したいと思います。

くうかさんが、こんな事を言っていました。
「パチスロガール8192は、他社とは違った角度から業界を盛り上げていきたい、という思いで日々活動しています。私たちはこの業界を救うことのできる人材を大事にしたいと考えています。もし少しでもパチンコ業界・パチスロ業界に興味があるのなら、一度で良いから業界に入る、携わることを真剣に考えて欲しい。まずは考えるだけで良いから......」

G&Eでも、「パチンコ・パチスロを開発したい」「パチンコ・パチスロの面白さを伝えたい」という皆さんの想いを大事にして、その想いを最大限に発揮できる人材の育成に努めていきたいと考えております。


名称未設定 1.jpg
ホワイトボードにサインを書いていただきました。
くうかさん、ありがとうございました!


(参考ブログ)
パチスロガール8192スーパーブログ~ビタ押しは所定の位置でお願いします日記~
https://ameblo.jp/unomi-nisize

「パチスロ6号機についての特別講義」を開催しました

2018年1月18日、渋谷校においてG&E在校生および入学検討者を対象とした特別講義「パチスロ6号機についての特別講義」を開催いたしました。
2月1日以降は、パチスロ機は新しい規則の下で6号機として開発されますから、これから遊技機の開発者を目指す人にとっては必須の知識になりますね。

a.jpg
愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ


規則改正を学ぶにはまずパチスロの歴史を知る必要があります。
何故ならパチスロの歴史は規制と進化の歴史でもあるからです。
ということで、まずは0号機から現行の5.9号機までの流れを説明いたしました。

b.jpg
3号機時代について触れていますね。この頃はホントに裏モノが多かった......

続いて規則が改正されるのは何故なのか、どういった意味があるのかについて、法律的な観点を解説いたしました。
実は今回の規則改正は、一昨年末に成立した「IR推進法」を契機に国レベルで議論が湧き起こった「ギャンブル依存症対策」に起因するものです。これから実現化するであろうカジノや、競馬・競輪などの公営ギャンブルに加えて、宝くじやパチンコについても依存症対策が求められるようになり、パチンコ営業の監督省庁である警察庁が「のめり込み対策」として遊技機の射幸性の見直しを図ったことによるものなのです。

c.jpg
今回は風適法の下部で遊技機の射幸性を規定している「検定規則」が改正されました。
そのあたりの関係性って、けっこう難しいのですが、業界を目指すならば正確に押さえておく必要があります。

次に、具体的な改正内容について解説いたしました。一言で射幸性といっても、出玉感・一撃性・投資金額・演出表現・遊技時間・賞品の品揃え・広告内容・店舗運営などなど、さまざまな観点から語ることができます。
今回は、遊技機の出玉に関する部分が大きな改正のポイントとなったのですが、だからといって面白いパチンコ機・パチスロ機が一切創れなくなったわけではありません。

d.jpg
「現行の規則を嘆いても何も始まらない。過去の歴史を踏まえ与えられた規則で何ができるのかを真剣に考える事。
それが遊技機開発者に課せられた使命である。」


今までも多くの規則改正・基準の見直しが行われてきましたがパチスロの魅力が損なわれることはありませんでした。
むしろ、何かが変わるたび、新しいゲーム性や演出表現が生まれ、パチスロは進化をつづけてきました。
それというのも各遊技機メーカー、制作会社が弛まぬ努力をしてきたからに他なりません。


これから開発者を目指す方々にも、何ができるかを考えられる人間になって欲しい。
そして、そんな人材を業界は求めています。

といった締めで、特別講義は終了しました。
この特別講義で、出席者のみなさんが何か一つでも得られるものがあったなら幸いです。

なおG&Eビジネススクールでは、通常カリキュラム以外にもこういった催しを適宜実施しています。
「○○について深く知りたい」「こんな講義があったら聴いてみたい」など、ぜひご要望をお寄せください。

黒バラの【ジロウさん】【コウタローさん】【小次郎さん】による特別講義がおこなわれました。

2017年12月19日(火)G&Eビジネススクール大阪校にて、ジャンバリ.TVでお馴染みの...
黒バラの【ジロウさん】と【コウタローさん】と飛び入りで【小次郎さん】によるPSメディア・ライターコース特別講義がおこなわれました。
IMG_0929.jpg
もともとは、G&Eのライターコース卒業生でもあるコウタローさんと、ライター界でもストイックな立ち回りで、その名を馳せるジロウさんが、今後のメディア業界のありかたと、ライター業のこれからについて講義していただきました。

黒バラの皆様には、G&Eのパイセンとして母校を訪ねG&Eの生徒とパチスロバトルを行う、という形でスタートした番組「パイセン」。コウタローさんとG&Eの生徒たちで、パチスロ黒バラを創る企画のもと始まった番組「パイセン2」と大変お世話になっております。

そんなパチスロメディア界を牽引するお三方も、昨今のパチンコ業界・パチスロ業界の流れを憂いている・・・・かと思いきや・・・。

「パチンコ・パチスロは永遠に不滅です」

IMG_0930.jpg
何と力強いお言葉!!

「まあ過去を振り返っても、パチンコ業界・パチスロ業界は時代に併せて変化をしてきました。
その中に様々な規則改正もありましたが、その度に新しいゲーム性のパチンコ・パチスロが登場してきたのも事実です。
メディアも専門雑誌主流のころと比較して、今は携帯端末を通して、多くの方に情報を発信できる時代です。
メディア業に身を置くものとして、新しいパチンコ・パチスロの楽しみ方を広く伝えていくのが我々の使命です。そしてG&Eの皆さんにもその仲間になっていただきたい。」

今俺は猛烈に感動している。

そうですよね。
パチンコ・パチスロは、新たなゲーム性をもって万人が楽しめる娯楽になっていくんです。悲観する事なんて何もない!!
時間もあっという間に過ぎ去り、特別講義は熱気に包まれた中、終了したのでした。

IMG_0931.jpg
黒バラのお三方。お忙しい中、熱い講義をありがとうございました。

G&E各校にて「生徒プレゼン発表会」を開催しました

G&Eビジネススクールの各校(渋谷校12月13日(水)開催、名古屋校12月14日(木)、大阪校12月15日(金)開催)にてパチンコ・パチスロ機開発のプランナー(企画職)、映像プランナー(映像企画職)を目指す生徒を中心に、企業の皆様にご参加いただき「生徒プレゼン発表会」を開催しました。
大阪校_プレゼン.jpg
名古屋プレゼン.jpg
渋谷校_プレゼン」.jpg

ご参加いただきました企業の皆様におかれましては業務ご多忙中のところ、来校いただき誠にありがとうございました。

発表会では自分の力を発揮できた生徒、緊張して練習の成果を発揮できなかった生徒など様々でしたが、企業の皆様からは作品内容やプレゼン方法に対する評価やアドバイスをいただくなど、通常では経験できない時間を過ごし、更に今後の作品制作で必要なこと、自分の考えを伝える難しさや大切さなど、自身の成長の糧となることを学ぶことが出来ました。中には面談を受けたり書類審査の申し入れもあり、企業への就職へと一歩前進した生徒もいました。

G&Eビジネススクールでは「企業説明会」や「会社訪問会」、そして今回の「生徒プレゼン発表会」などの貴重な体験や経験を実施することによって、自分がやりたいことや必要なことを発見し、遊技機業界への就職を実現してまいります。

G&E渋谷校で「パチドルクエスト」の番組収録が行われました。

2017年10月17日(月)に、G&E渋谷校にてパチドルクエストの番組収録がありました。


パチドルクエストとは
パチ&スロの超ド素人であるグラビアアイドルの夏目花実沖ヒカル木村魚拓に弟子入り志願。
大御所2人の完全プロデュースのもと「最強アイドル」を育成していく実戦バラエティ。
「V☆パラダイス」毎週木曜22:00~ にて絶賛放映中。


今回の収録にあたり受講生も見学・出演できるとのことで、
G&E渋谷校の生徒だけではなくG&E大阪校からの生徒も
(わざわざ自腹で新幹線に乗って)参加




オープニング.jpg
オープニングの一コマです。
木村魚拓さんや夏目花実さんも生徒達に興味深々の様子




さて肝心の番組の内容ですが、
夏目花実さんがG&E生徒に対して特別講義を行ったり、
☆生徒たちが勉強している様子を覗きに行ったり、
☆生徒達を交えつつ「パチスロ パチドルクエストを創ろう」と企画会議をしたり、
と盛りだくさんでした。(詳細は言えないので、ぜひ12月放送予定の番組をご覧ください




パチドルクエスト03.jpg
夏目花実さんによる講義風景。講義内容は......ヒミツです




パチドルクエスト06.jpg
生徒たちとの企画会議の様子。木村魚拓さんの横に座っている
生徒が、実は今回の番組のキーマンだったり




さてさて、番組収録に参加した生徒たちの感想としては、とにかく
沖ヒカルさん、木村魚拓さんの秀逸な番組進行が光っていた、とのこと。
確かにちょっとした日常的な一コマを華麗な笑いに変えてしまうあたりは、
さすがの一言です。色々勉強させていただきましたm(_ _)m




パチドルクエスト_サムネ_v2.jpg
番組収録後、出演者のみなさまとG&E生徒との記念撮影。
今回の収録への満足度の高さが、生徒の表情にも表れています
沖ヒカルさんの隣の生徒だけめっちゃ微妙な表情してますが、
その理由はオンエアをご覧くださいませ




東夏目さん.jpg
番組収録後、お願いしてツーショット写真を撮ってもらっている生徒も。
これは一生の記念になりますね~




沖ヒカルさん、木村魚拓さん、夏目花実さん、生徒との記念撮影に
最後まで快く応じていただき、本当にありがとうございました。
10月4・5・6日と合同企業説明会を経て、就職活動真っただ中の生徒達の良い励みになりました。




番組の放映は12月放送予定です。お楽しみに

梅屋シンさん来校!! 特別オープンキャンパスを開催致しました。

2017年8月5日(土)・・・
G&Eビジネススクール渋谷校にて梅屋シンさんの特別講義を開催致しました。
今回の特別講義ではG&Eの生徒は勿論の事、業界就職に興味のある方々や梅屋シンさんの講義を純粋に受けたい方々等
沢山の方々に参加いただきました。
シーン6.jpg
特別講義が始まって間もない頃の梅屋シンさんの様子です。画像から梅屋シンさんが緊張している様子が伝わるでしょうか?

梅屋シンさんは無垢な目をした、受講生達の前で話すのは初めてとのことで
ちょっと緊張して、とちるかもしれない」と仰っていました。

で・す・が・・・・時間が経つにつれ・・
シーン7.png
凄くいい笑顔ですよね

受講している方達と会話をしながら講義を進めていくうちに、梅屋シンさんから自然と笑顔になる回数も増えていき、
梅屋シンさんが笑顔になると同時に受講している方々も凄く楽しそうに講義を受けている姿が印象的でした。
では具体的に梅屋シンさんの講義内容はどのような内容であったのか

今回の特別オープンキャンパスの参加者は将来「梅屋シンさんのようなライターになりたい!!
という方々もいれば、「パチンコ・パチスロを創りたい!!」と開発職を目指している方々など、なりたい職種も様々でした。
そんな受講生達に対して、梅屋シンさんはパチンコ・パチスロライターや開発者全ての人に対して
【なりたいものになるために、とるべき行動や考え方】について講義して下さいました。
梅屋シンさんは夢を叶える為に行動を起こさなければ、夢は夢のままで終わってしまう。そして行動するための決意や
具体的な内容を考えなければ、行動を起こす事が出来ないと御自身の体験談も交えつつ講義して下さいました。
この具体的な内容を考えるというのは非常に印象に残っており、また本日講義を受けた方々全てに響いてほしい、というのものでした。
行動を起こさなければ何事も実現しないという事は多くの方がなんとなくですが理解できているのではないでしょうか。
ですが、具体的に何をすればいいのかがわからず、手当たり次第行動(勉強や情報の収集など)してみた結果挫折してしまうケースが多い印象です。
G&Eではパチンコ業界・パチスロ業界就職のために必要なスキルと同時に行動を起こすための考え方をしっかり教育しております。

またそれは開校からの11年間で1300名以上がパチンコ業界・パチスロ業界の様々な企業に就職を果たしおり、
パチンコ業界・パチスロ業界に欠く事が出来ない存在と自負しております。
梅屋シンさんにも「G&Eの卒業生が後輩になる事、仕事仲間になる事を楽しみしている」と笑顔でおっしゃっていただいたことを
スタッフ一同も胸に留めていき、梅屋シンさんのご期待に添えたいと思います。

シーン10.jpg
梅屋シンさん特別講義ありがとうございました。

また参加して下さった方々、ご足労いただきありがとうございました。