インターンシップで「G&Eで学ぶメリット」を目の当たりに

インターンシップで「G&Eで学ぶメリット」を目の当たりに

内定先:株式会社グーン
I.S (入学時年齢:23歳)

私がG&Eの存在を知ったのは大学3年生の時。某遊技機関連企業が大学生向けに開催するインターンシップで、同じ回に参加していたG&Eの生徒と出会いました。その生徒はパチンコ業界や遊技機の知識に長けており、グループワークではリーダーシップを発揮するなど、ひときわ目立つ存在で強烈な印象を残していました。
パチンコ業界への就職を目指していた私は「G&Eで学ぶメリット」を目の当たりし、その後すぐにホームページから資料を請求。大学を辞めてでも通う価値があると信じ、12月にG&Eへの入学を決めました。

4月の入学まで、G&Eの「入学準備講座」に計3回参加しました。これはPC基礎スキルや業界基礎知識を学べる講座で、G&Eの雰囲気を入学前から味わえますし、入学後のスタートダッシュでも大きな差をつけることができます。また他コース入学予定者との交流を持つこともできるため、入学予定者の方はぜひ参加することをお薦めします。

私が入学にあたって選択したのは、パチンコ機・パチスロ機の商品企画を行うのに必要な知識やスキルを学ぶPSプランニングコース。週2回、夜間の通学で社会人の方も通うコースのため、クラスメイトの年齢や経歴はバラバラです。しかしそれは些細なこと。入学直後から、みんなと並びで打ちに行ったりする仲になりました。(年長者の方には一応、敬語を使いますが...)

スペックに特徴のあるパチスロ機種が好きで、個人的にも数字が好きだったので、私が講義中に作成する企画書でもスペックや出玉率等にこだわりました。クラスメイトや講師の目の前で行うプレゼンテーションでも、そのこだわりを前面に押し出して発表し、自信に繋げることができました。その勢いで、パチスロ機の仕様設計や企画開発に強みを持つ遊技機開発会社、グーンに応募。内定をいただくことができました。

私がパチスロ開発に携わることが出来るようになったのは、すべてG&Eのおかげです。グーン入社後に、自分のこだわりを注ぎ込んだスペックを考案することで6号機の新時代を開拓し、業界を盛り上げることこそが、G&Eへの恩返しにも繋がると思っています。

2018年度PSプランニングコース大学中退渋谷校遊技機開発会社開発職