入学時に希望していた京楽産業.株式会社から内定をもらうことができました

入学時に希望していた京楽産業.株式会社から内定をもらうことができました

内定先:京楽産業.株式会社
O・H(入学時年齢:24歳)

大学を卒業後、1年間フリーターの生活を送っていた時に親しい友人に誘われG&Eのスクール説明会に参加しました。一緒に参加した友人は前向きに入学を考えていましたが、私は本当に軽い気持ちで参加しました。説明会で学べる内容や就職実績を知ることができ、パチンコ業界就職の一番の近道になることを確信し、すぐに入学を決心しました。今思えば、この時にすぐに入学を判断できたことが良い結果を生んだのだと思います。

入学コースは映像・企画・プログラムを2年間で学べる総合開発コースを選択しました。幅広く学び最終的に企画職を目指すことを決めると、企画者に必要なことを講義とは別で教えてくれるなど、個々の長所を伸ばしてくれる環境でした。苦手なことを続けることができない性格だったので、非常にありがたかったです。
また、クラスメイトと授業後に一緒に打ちに行ったり、自分が開発だったらどう作るかなどを話したりできる環境は楽しくもあり勉強にもなりました。

就職活動は、好きなメーカーであったことと、私の地元の名古屋で働ける可能性もあるということから、最初から京楽産業.株式会社1社に狙いを絞っていました。
在学中に開発会社のアルバイトを紹介してもらい、週2回の講義と週3回のアルバイトを続けて成長できたことが、希望企業から内定をもらえた大きな要因だと思います。
入社後は、メーカー、ホール、ユーザーの3つの視点から物事を考え、時代と共に進化して、みんなが喜んでもらえる台を作り続けたいと思います。

O・Hくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2021年度PS総合開発コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職フリーター渋谷校

業界就職唯一の学校だからこそ志望メーカーに就職できました

業界就職唯一の学校だからこそ志望メーカーに就職できました

就職先:株式会社大都技研
K・S(入学時年齢:24歳)

大学に入学しましたが講義内容に興味が持てず、サークル活動とパチンコ、スロットばかりで時間だけが過ぎていました。パチンコの新機種についてインターネットで調べている時に、G&Eビジネススクールがあることを知り、将来どうするのか悩んでいた時期だったこともあり直ぐにスクール説明会に参加しました。G&Eに入学すれば「パチンコ・スロットの専門知識を学べる」「新卒としてパチンコ・パチスロメーカーの選考を受けれる」と考え、大学を中退してG&Eへの入学を決めました。

最初はどんな人が通っているか不安でしたが、いざ通い始めると、クラスの仲間全員がパチンコ好きで明るく馴染みやすい良いクラスでした。講義が終わった後にクラスメイトとパチンコを打ったり、発表や課題提出などの区切りの時には仲間で打ち上げをしたり楽しく通うことができました。また授業も理解度に合わせて進行してくれるので、勉強が苦手でも十分ついていけると思います。

就職活動においては、就職に対しての心構えや、パチンコ・パチスロ開発の流れをしっかりと学べていたので、面接で自分のやりたいことをしっかりと話することができました。このことが内定をいただけた1番の理由だったと思います。G&Eがあったからこそ希望するメーカーに就職できました。
好きなメーカーで働くことができることが決まったので、これからはプレーヤーの記憶に残るような機種を必ず開発したいといった想いを現実にできるよう頑張っていきます。

K・Sくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2021年度PS総合開発コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職大学中退渋谷校

入学当時はPC操作に苦手意識がありましたが、第一志望だったメーカーに就職できました

入学当時はPC操作に苦手意識がありましたが、第一志望だったメーカーに就職できました

就職先:株式会社大都技研
K・T(入学時年齢:20歳)

私はパチスロが好きで、好きな機種が多い大都技研でパチスロを開発したいと思い、どのようにしたらパチスロ開発者になれるのかをインターネットで調べていた時に、G&Eビジネススクールの存在を知りました。
大都技研で遊技機の開発をしたいといった漠然とした強い思いはありましたが、「どんな職種があるのか」、「自分が何をやりたいか」、「どんな知識やスキルが必要なのか」が全くわからない状態でした。そこで、G&Eに入学を決め、企画、映像、プログラミングなど遊技機開発を総合的に学べる2年制のPS総合開発コースを選択することで、自分が本当にやりたいことを学校で学びながら探すことにしました。遊技機の開発工程を学び、それぞれの工程でどのような職種の方が働いているのか等、職種ごとに必要な知識・スキルを幅広く学んでいくうちに、プログラミングの面白さに気づき、プログラマーとして就職活動を行うことを最初の1年間で決断することができました。

G&Eには生徒限定の業界内アルバイト求人があり、私は幸いなことにG&E入学直後に業界内でプログラミングのアルバイトで貴重な経験を積むことができました。アルバイト先で実業務を行う中で、スキルアップを自分自身で感じ取ることができたこと。そして、講義でも、就職活動でもとにかく行動することを意識して取り組んできました。

「大都技研に入社する!」を目標にして、G&Eで学びながらやるべきことが少しずつ明確になり、最終的にはG&E入学当時はPCに自信が持てない状況から、プログラマーとして遊技機の開発者で内定を取ることができ本当に嬉しいです。入社後も開発者として新たな目標を掲げ、成長し会社に貢献できるよう業務に取組みます。

K・Sくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2021年度PS総合開発コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職大学中退渋谷校

40代半ば、未経験からパチンコ企画者に!生徒作品発表会でチャンスをもらいました。

40代半ば、未経験からパチンコ企画者に!生徒作品発表会でチャンスをもらいました。

内定先:CGCGスタジオ株式会社
K.T (入学時年齢:44歳)

高校を卒業後、ドラッグストア、コンビニエンスストアで長年勤務していました。パチンコが好きで、いつかパチンコをつくる仕事に就きたいと漠然と感じながら、ただ時間が過ぎていきました。
そんなある日、Youtubeの動画広告でパチンコ業界への就職を目指すG&Eビジネススクールという学校があることを知り、年齢的にも最後の挑戦と考え企画職を目指してG&Eに入学しました。

私は遊技者としての知識量には自信がありましたが、G&Eの講義で専門的な知識・スキルを学ぶことは初めてのことばかりで、入学前には考えたことがなかったパチンコの見方や疑問が次々と生じ、それらを考える時間を過ごすことができ、充実した学生生活を送ることができました。ただ、私と同じクラスの仲間が続々と内定が決まっていく中で、焦りを感じていた時もありました。

卒業が近づいてきた時に、G&Eの生徒作品発表会が予定されていました。私にとって、企業の採用担当の方と直接お話しできる貴重な機会です。緊張もしましたが、初めて作成した企画書や仕様書を来校いただいた企業の方々に伝えられることができ、あっという間に時間が過ぎていきました。各社様から企画に対する質問や評価をもらうことができました。

作品発表の結果、お見えいただいたCGCGスタジオの方から面接選考のお誘いがあり、後日、応募書類を提出して選考を受けて内定をいただくことができました。
卒業後は遊技機の企画者、そして新入社員として新しいスタートラインに立つことができました。ありがとうございました!



K.Tくんが学んだPSプランニングコースとは?

PSプランニングコース

2020年度PSプランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職渋谷校社会人遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

自分のアイデアでパチンコ機を創り上げる。その夢の実現に向けて、G&Eは最適な場所だった

自分のアイデアでパチンコ機を創り上げる。その夢の実現に向けて、G&Eは最適な場所だった

就職先:株式会社シードファクトリー
O.K(入学時年齢:23歳)

社会人になるにあたって、当初パチンコ業界の開発職を目指していたものの道は険しく、いったんは他業種の仕事に就きました。しかし、パチンコ・パチスロの開発に携わりたい気持ちは募るばかり。思い切って仕事を辞め、パチンコ業界への転職を目指すためにG&Eへ入学しました。

私の夢は、自分のアイデアでパチンコ機を創り上げること。その夢の実現に向けて、G&EのPSプランニングコースは最適な場所だったと思います。

初めはユーザーとしての表面的な知識しか持ち合わせていないため、遊技機の内部的な作りの話は難しく感じました。講義では、自分の打ったことのない機種を例に出して解説されることもあり、周りがみんな頷いているのに、自分だけ理解できないことも...。が、好きなことに関することですから意欲的に知識を取り入れることが出来ます。興味を持って様々な機種を遊技し、機種の特性を把握できるようになると、難しかったはずの風適法の話が段々と「普通の知識」として理解できるようになりました。
また在学中から遊技機開発会社でアルバイトを行ったのも大きかったと思います。やはりパチンコ機の開発は自分の天職だと感じるようになりましたし、G&Eの講義も今では講義が楽しくて仕方ない状態です。休憩時間にも、クラスメイトと新台の感想を言い合うなど、ここまでパチンコ・パチスロの話で盛り上がれる場所は他にないのでは?と思います。

就職活動では、パチンコ機の開発に全力で取り組めるところ、自分が思い描く開発者像に近付けるところ、という基準で志望企業を選択。内定をいただいたシードファクトリーは、設立してあまり年数が経っていない若い会社ですが、その分、社員の連携意識が強く、やりがいを持って様々な仕事に関わることが出来ます。

入社後は、自分の大好きなパチンコ機の開発という仕事に全力で取組み、一刻も早く重要なポジションをお任せいただけるよう日々成長していきたいと考えています!

O.Kくんが学んだPSプランニングコースとは?

PS2プランニングコース

2020年度PSプランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職大阪校社会人遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

入学前から憧れていたパチンコメーカーへの就職にチャレンジ。1社目で就職活動を終えることができました。

入学前から憧れていたパチンコメーカーへの就職にチャレンジ。1社目で就職活動を終えることができました。

就職先:株式会社SANKYO
K.R(入学時年齢:21歳)

高等専門学校を中退しフリーター生活を送っていた時、ネットでG&Eの広告を見て学校の存在を知りました。初めは「こんな学校もあるんだ...」ぐらいの感想だったのですが、自分の好きなことを仕事にするという選択肢があり、多くの人がその道を目指しているのだ、ということが心に残りました。

私は趣味で中学時代からプログラミングを行っていましたが、それを仕事にすることは考えていませんでした。しかし、大好きなパチンコ・パチスロに関わるプログラミングであれば、職業としてやりがいをもって取り組めるかも知れない...そう考え始めた時、自分がG&Eでプログラミングを学び、自分がパチンコ業界に就職するという選択肢が一気に現実味を帯びて感じられるようになりました。

実家が遠方のため、上京してまで学校に通うことは私にとっては大きなチャレンジでしたが、実行してみると何とかなるものです。遊技機のデバッグを行うアルバイトをG&Eから紹介していただき、生活費の目途もつきました。

私は2年制のPS総合開発コースに所属し、企画・映像制作・プログラミングをそれぞれ学びました。パチンコの規則についての講義は、難しい部分もありましたが、自分の好きなことに関わる知識ですので楽しく学べました。分からないことについても講師から教わるだけでなく周りのクラスメイトが教え合うことで、お互いの知識を補完しているのが、いかにもG&Eらしいところです。

就職活動では、まず、G&E入学前から憧れていたSANKYOにチャレンジしました。人前で話すことが苦手だったので、面接の練習を何度も繰り返しました。思えば、プレゼンテーションの講義で幾度となく発表してきた経験が活きたのかもしれません。実際の面接では思ったよりスムーズに、自分のアピールポイントを伝えることが出来たと思います。(それでも滅茶苦茶緊張しましたが)おかげさまで第一志望だったSANKYOの内定をいただき、1社目で就職活動を終えることができました。

入社後は、G&Eで学んだ企画・映像・プログラミングそれぞれの経験を活かしつつ、単なる技術者ではなく、開発の考えすべてを表現できるプログラマとして活躍したいと思います。良い環境で学ばせていただきました。ありがとうございました。

K.Rくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2020年度PS総合開発コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職フリーター渋谷校

G&Eに通い始めて1ヶ月強でパチンコメーカーへの就職を勝ち得ることができた!

G&Eに通い始めて1ヶ月強でパチンコメーカーへの就職を勝ち得ることができた!

就職先:京楽産業.株式会社
H.T(入学時年齢:23歳)

大学を卒業後、晴れて社会人となり就職先で活躍...の予定だったのですが、現実は激務・雑務に押しつぶされそうな日々でした。そんな中、仲の良い同僚と「好きなことを仕事にしたい」という話をしていて、お互いパチンコ・パチスロが大好きだったこともあり、「じゃあ、一緒にG&Eに通うか」という結論になりました。せっかく新卒として就職した企業を1年足らずで辞めてしまうことには躊躇もありましたが、やはり一度きりの人生ならば好きなこと・やりたいことを仕事にしたい、という気持ちが勝りました。

私はもともと文系でしたが、好きなパチンコに携わるなら創る側に回りたいと考え開発系のPSプランニングコースに入学しました。
G&Eでは新型コロナウイルスの影響もあり講義開始が約1か月遅れとなりました。その間、不安が全くなかったわけではありませんが、その分「やりたい」意欲が溜まり、良いスタートダッシュが切れたのではないかと思います。

仕事を辞めて空いた時間で、企画書や絵コンテなど就活に向けた作品作りを行い、一定の評価をいただけるレベルにまで高めることができました。
講義開始から1ヶ月経たずに就職活動を開始しましたが、その際にも担任の先生方から企業情報や面接対策などで的確なアドバイスをいただきました。特に前職を半年で辞めたというマイナスポイントについて、いかに好意的に捉えていただけるように話すかを苦労して考えましたが、先生のお墨付きをいただいたおかげで自信をもって話すことができたと思います。

正直なところ業界の専門知識をまだ蓄えていない段階で臨んだ採用面接ですから、やる気があることを伝えるしかありません。声の抑揚や視線、ジェスチャーなど会話の技術をフルに使って自分のやる気をアピールし、業界の顔たる企業としてヒット作をガンガン生み出せるパチンコメーカー、京楽産業.から内定をいただくことができました。

開発の素人である私が、G&Eに通い始めて1ヶ月強でパチンコメーカーへの就職を勝ち得ることができた!これはG&Eの環境のおかげ、先生方のアドバイスのおかげだと改めて感謝いたします。
また、学校にはこれからも卒業まで通うことになりますので、改めてよろしくお願いいたします!

H.Tくんが学んだPSプランニングコースとは?

PSプランニングコース

2020年度PSプランニングコースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職大阪校社会人

大学とG&EのWスクールは、パチンコ・パチスロメーカー就職成功への王道パターン!

大学とG&EのWスクールは、パチンコ・パチスロメーカー就職成功への王道パターン!

就職先:株式会社大都技研
T.S(入学時年齢:21歳)

パチンコ・パチスロは世界で最も面白い遊び。これは自信を持って断言できます。
ですから、自分もパチンコ・パチスロメーカーで面白い遊技機に携わる仕事をしたいと思うようになったのは、自然な流れだったと思います。

大学3年に進級する直前、軽い気持ちでG&Eのスクール説明会に参加しました。初めはパチンコ業界の就職に必要な知識・スキルを聞いて新卒の就職活動に役立てたい、ぐらいのつもりでしたが、説明会では、大学生がWスクールでG&Eに通い新卒の就職活動が有利になった実例を多数聞きました。また無理のない範囲で大学とG&Eを両立できることも知ったため、悔いを残さないためにもG&EにWスクールでの入学を決めました。

私の入学したPSプランニングコースは週1回の講義。またクラスメイトは年齢も仕事もバラバラ。にも関わらず大学の友達よりもG&Eのクラスメイトとの付き合いの方が密になったのは、皆が「パチンコ・パチスロ」という同じ趣味を持っているためでしょうか、それとも「パチンコ業界への就職」という同じ目的を持っているためでしょうか。あまり年の差も感じず、とにかく仲良くさせてもらいました。

私は講義の中で最も頑張ったのは企画書の作成です。私が負けず嫌いというのもありますが、他の人がデザインの秀逸な企画書を作れば、それを超える出来の企画書を目指し、また他の人が素晴らしいアイデアを発表すれば、そのアイデアを超えられるようひねりを加え、お互いに切磋琢磨しながら高みを目指すことができたと思います。

就職活動では、早い時期から自分の大好きなパチスロメーカーに絞って応募しました。G&Eの就職対策講座で「自分の想いを伝える」練習を積んでいたこともあって、緊張の中でも心に余裕をもって面接に臨むことができました。

結果として、私の最も好きなメーカー、大都技研から内定をいただくことができ、やはりWスクールはパチンコ・パチスロメーカー就職成功への王道パターンであることを再認識しました。

今後、大好きなメーカーで働けることが楽しみでなりません。入社後は会社に貢献できるよう、全力で日々頑張っていきたいと思います!

T.Sくんが学んだPSプランニングコースとは?

PSプランニングコース

2019年度2020年度PSプランニングコースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職大学在学中渋谷校

パチンコ・パチスロの開発にただ憧れていた大学時代とは、全く異なるレベルに成長できた

パチンコ・パチスロの開発にただ憧れていた大学時代とは、全く異なるレベルに成長できた

就職先:株式会社BOOOM
K.K(入学時年齢:23歳)

大学時代からパチンコ業界で働きたい、パチンコ・パチスロの商品企画に携わりたいという想いがありましたが、新卒時の就職活動ではパチンコ業界との縁を得ることが出来ませんでした。大学で建築工学を専攻していたこともあり、いったんは建設会社へ就職することとしました。
しかし社会人として働きだしてからもパチンコ・パチスロを開発したいとの想いは強まるばかり。思い切って両親にも相談し説得した上で会社を辞め、パチンコ業界で働くための知識・技術を身に付けるため、G&Eに入学することにしました。

G&Eで学べたことの一つは開発者としての知識。特に遊技機開発に欠かせない規則や規制について詳しく学べたことで、パチンコ・パチスロについての理解も深まりましたし、何よりパチンコ・パチスロがさらに好きになるきっかけともなりました。
またG&Eの講義では、制作・発表にも多くの時間が割かれます。皆に「面白い!」と思ってもらえるよう、自分のアイデアを盛り込んだ企画書を制作し、その魅力を伝える発表を行うのですが、自分の企画に対しクラスメイトが真剣に検討し意見を出してくれることで、さまざまな人の多様な考え方を吸収できましたし、お互いに良い経験を積むことが出来たと思います。

また、噂には聞いていましたが、やはりG&Eの生徒には「パチンコ・パチスロ」という共通の趣味があるため、絆が強固です。私も講義帰りは、クラスメイトと飲みに行って朝までパチンコ・パチスロについて語り合うという生活を送りました。
入学当初は皆、打ち手としての知識しかないため、あの機種のこの部分が好き、などといった他愛もない話が大半だったのですが、時間が経つにつれて会話の内容も自分の作りたい機種のゲーム性やシステム、演出やスペック等の具体的な話となり、ただパチンコ・パチスロの開発に憧れていた大学時代とは、全く異なるレベルに成長できていることを実感することが多々ありました。

内定を出していただいた株式会社BOOOMは、極めてメーカーに近い立場で遊技機開発のすべてに関われる企業です。何より企画者・プランナーとして成長できる環境が整っており、今から入社が楽しみで仕方ありません。(まだ入社まで半年ありますが...)

G&EのPS総合開発コースに入学して1年半、大変お世話になりました。これから卒業まで半年、G&Eで学べるものを吸収できるだけ吸収して卒業し、さらに成長した姿でBOOOMに入社したいと考えています。残りの期間もよろしくお願いします。



K.Kくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2020年度PS総合開発コースパチンコメーカー等の開発職として就職渋谷校社会人遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

パチンコメーカーSANKYOの特別講義が大きなモチベーションとなりました

パチンコメーカーSANKYOの特別講義が大きなモチベーションとなりました

就職先:株式会社SANKYO
I.Y(入学時年齢:24歳)

もともと人見知りで、人前で話すことが苦手でしたから、大学在学中も就職活動には随分苦労しました。何とか入社したネットワーク関連の会社では、やりたいことと大きな隔たりがあり、長くは続きませんでした。

そんな私が好きなことを仕事にしたいだなんて、おこがましいかもしれません。でも、好きなことなら一所懸命頑張れるのではないかと思い、遊技機業界に就職するための予備校、という位置づけのG&Eビジネススクールに入学しました。

PS総合開発コースの1年時は火曜・木曜が講義の日。商品企画や映像制作、プログラミングなど様々な分野の講義があり、パチンコ・パチスロ開発のための知識・スキル習得を目一杯頑張ります。また講義の無い日はパチンコホールでアルバイト。生活のすべてがパチンコ・パチスロで埋め尽くされました。
遊技機規則の勉強もありますし、映像やプログラミングなど提出課題の制作もありましたから、勉強とアルバイトとの両立は大変でしたが、やっていることはすべて自分のやりたかったこと。やりがいを感じながら頑張ることが出来ました。

そんな中、G&Eの出資企業であるSANKYOの特別講義があり、人事の方からG&E在校生に期待すること、というテーマでお話しいただきました。また開発者の方もお越しいただき、SANKYOの開発体制について、開発業務のやりがいについて色々とお話しいただきました。SANKYOに憧れていた私にとっては、これもG&Eでの勉強を頑張るための大きなモチベーションとなりました。

もちろん、いくら良い成績をとっても、就職するのに面接は避けて通れません。G&Eでは講師の方に面接練習をとことん付き合っていただき、自宅でもお風呂でひたすら自己PRを復唱するなど、苦手な面接を克服する努力をしました。その結果、本番では緊張で頭が真っ白になりながらも、何とか熱意を伝え切ることができたようで、ありがたいことに内定をいただくことができました。

まだまだ半人前の私ができることと言えば、努力を積み重ねることぐらいです。ですが、いつかはパチンコ・パチスロの未経験者がこぞって遊技してもらえるような、大ヒット機種の開発に携わり、ファン人口を増やしていけるようになりたいと考えています。



I.Yくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2019年度PS総合開発コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職渋谷校社会人

パチンコメーカーへの就職を目指してG&Eに進学。あらゆる知識・スキルを自分の血肉とすることが出来た実感がある

パチンコメーカーへの就職を目指してG&Eに進学。あらゆる知識・スキルを自分の血肉とすることが出来た実感がある

就職先:株式会社SANKYO
N.S(入学時年齢:18歳)

高校生の時、偶然にG&Eのホームページを見つけました。進学か就職か、進路を考えなければならない時期に、「パチンコメーカーへの就職を目指して進学する」という明確な目標が出来たことは、私にとって大きな転機となりました。
私が入学したのは「総合エンタテインメントコース」という23歳以下の人を対象にしたコース。専門学校的な位置づけで、パチンコ業界のすべてを2年間で学んでいくため、他のコースよりも講義時間の多いのが特徴です。

G&Eでは、パチンコ・パチスロに精通しているスペシャリストによる講義が繰り広げられます。特に規則に関する講義では難しい話も多く、苦戦することもありました。ですが、やはり私の好きなパチンコ・パチスロの話ですから、意欲的に授業に取り組むことができますし、内容自体は今でも思い出すことが出来るほどに濃く、楽しいものでした。その他、ホール計数の講義、プレゼンテーションの講義、市場調査手法や企画書作成手法など、2年間(まだ数か月残っていますが)であらゆる知識・スキルを自分の血肉とすることが出来た実感があります。好きなことだからこそ頑張れる、というのは本当でしたね。

私がG&Eに入学したのは、大好きなメーカーであるSANKYOが出資しているスクールだから、というのもありました。入学後、SANKYOからG&Eへ求人が来た際にはさっそく私も応募したわけですが、生まれて初めての就職活動で初めに受ける企業が憧れの大手メーカー、というのは相当なプレッシャーでした。
私はG&E最年少ということもあり、他の人に勝る部分をアピールできるとすれば、それは「愛」しかありません。面接ではパチンコ・パチスロ愛を伝えることに重点を置き、G&Eで学んだプレゼン技術で、上手く伝えることだけを意識しました。

SANKYOには、若輩者の私に内定をいただき、感謝しております。ゆくゆくは後世に語りつがれるような遊技機の開発に携わり、「あの機種の産みの親は自分だ」と誇れるようになりたいと思います。そのためにも日々勉強を心がけ、入社までを過ごしてまいります。



N.Sくんが学んだ総合エンタテインメントコースとは?

総合エンタテインメントコース

2019年度パチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職大阪校総合エンタテインメントコース高校卒業後

パチスロ機の規則をしっかり理解した上でプログラミングの習得に取り組み、パチスロメーカーへの就職を決めました

パチスロ機の規則をしっかり理解した上でプログラミングの習得に取り組み、パチスロメーカーへの就職を決めました

就職先:株式会社パイオニア
T.J (入学時年齢:24歳)

パチスロ機開発に携わるプログラマーを目指して、大学でプログラミングの勉強をしました。しかし、遊技機のプログラミングには専門的な知識も必要。それが学べる場所はどこかを探している時、G&Eという学校があることを知りました。

やりたい仕事に就けるのなら、時間と金銭の投資は無駄にならないと信じ、G&EのPS総合開発コースに入学しました。

在校生たちは全員がパチンコ・パチスロ好きで、業界で働くことに情熱を持つ人ばかりです。友達というより「同志」の感覚で、互いに励まし合いながらモチベーションを落とすことなく一直線に進むことができました。

また講義内容は私の求めていたそのもの。遊技機規則から専門的なプログラム言語まで、学んだことすべてが役に立ちました。特に、遊技機規則を知らずにプログラムを組んだとしても、「なぜそのような処理を行わなければならないのか?」という疑問が解消できません。パチスロ機の規則をしっかり理解した上でプログラミングの習得に取り組めたのは、大いに成長につながったと思います。

志望企業の選定については、やはり自分の好きな機種の開発に関わることがモチベーションに繋がると考え、自分の好きなメーカーへの就職にこだわりました。
沖スロの雄、パイオニアに応募した際は、プログラマーとしての適性を見極めるためのプログラム作品課題が出されました。G&E入学前であれば、どう組めば良いかさえ分からなかったと思いますが、G&Eで得た経験と知識で、何とかプログラム作品を組み上げることが出来ました。その努力が評価されてか、内定をいただきました。

パイオニアのパチスロ機には版権に頼らない独自の発想があり、打つ人の気持ちに寄り添った機械づくりの出来るメーカーだと思います。今後はパイオニアの一員として、パチスロ本来の楽しさを味わえる機種の開発に、貢献していければと考えています。



T.Jくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2019年度PS総合開発コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職大学卒業後大阪校

パチンコ・パチスロ好きにとってはたまらない時間を過ごしながら成長し、パチスロメーカーへの就職をこの手に掴んだ

パチンコ・パチスロ好きにとってはたまらない時間を過ごしながら成長し、パチスロメーカーへの就職をこの手に掴んだ

就職先:株式会社ユニバーサルエンターテインメント
U.H (入学時年齢:21歳)

「パチスロの企画がしたい!」。大学時代から自分の夢は一本に決まっていました。
しかし入社を熱望するユニバーサルエンターテインメントは新卒採用が少なく、他のパチスロメーカーともご縁がありませんでした。
大学を中退し、パチンコホールでアルバイトをしている時、親友から「パチスロ機の開発職を目指すのならG&Eへ行けば?」と勧められました。

調べてみるとG&Eのホームページにはユニバーサルエンターテインメントへの就職実績もあり、先輩からのメッセージも記載されています。「G&E経由でなら未経験でも就職できる」可能性に賭け、思い切ってG&Eへの入学を決め、一年制のPSプランニングコースを選択しました。

クラスメイトは当然ながら、全員がパチンコ・パチスロ好きです。皆、好きな機種がバラバラで、それぞれが熱く語っているのを聞くのが楽しく、話が尽きませんでした。もちろん自分もユニバ愛を熱く語り続けました!
また講義を行う講師陣は今、業界で働いている人ですから、彼らもそれぞれに強いこだわりを持っています。講義の内容はもちろんですが、講義後に新機種についての熱い想いや、業界動向・メーカー内部の話を伺うのが最高に楽しかった!

講義では、その愛を形にするための知識(規則)、リール制御、企画書の作り方を学び、プレゼンテーションの経験を積み、パチンコ・パチスロ好きにとってはたまらない時間を過ごしながら成長することが出来たと思います。

就職活動ではクラスメイトとの特訓(!?)を活かして、ユニバーサルエンターテインメントへの愛、特にAタイプへの愛とリールやリーチ目への愛を語り切り、憧れの企業から内定をいただき就職をこの手に掴むことが出来ました。そして今度は自分がメッセージを書くことになるとは!

これから6号機時代を迎え、遊技機メーカーがパチンコ業界に果たす役割、そして責任はますます重くなるものと思います。そんな中で自分が目指すはただ一つ、「打つ人すべてが楽しいと感じるパチスロ機を企画すること」です!

2019年度PSプランニングコースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職大学中退渋谷校

今後の人生を大きく動かす就職活動の際にも真剣に向き合っていただき、感謝!

今後の人生を大きく動かす就職活動の際にも真剣に向き合っていただき、感謝!

内定先:株式会社虎猫企画
T.Y (入学時年齢:21歳)

私の場合、パチンコ・パチスロは勝ち負けにこだわらず、負けても楽しめたなら良しと思えるタイプ。だから就職を考えた時、私もパチンコ・パチスロファンに楽しんでもらえる遊技機を作りたい、自然とそういう考えに至りました。とは言っても、知識もスキルも持たずに就職することは難しいと感じ、G&Eに入学するため田舎から上京しました。

G&Eの生徒は年代が幅広く、自分の年齢は平均より下の方でした。ただし年上・年下を意識することはほとんどなく、みんなでパチスロの話をつまみに飲み会をしたり、実機を持っている人の家で打たせてもらったり、思っていた以上に楽しい1年間でした。

私はPS映像プランニングコースで、主にAfterEffectsという映像制作ツールの操作を習得しました。しかし操作さえ覚えれば誰でも遊技機の演出映像を作れるわけではありません。遊技機にはゲームやアニメとは異なる独特の表現方法やタイミングがあり、そういった映像制作の経験則を開発者の方から直接学ぶことで、初めて自分の表現したい演出映像を創り出すことができます。これは、他の大学や専門学校では絶対に学べない経験だったと思います。

映像の制作は、完成度を高めようとするほど時間が必要になります。だからこそ、講義のない時間帯、曜日にも自習に来て、就活用の映像作品の制作に明け暮れました。今考えると、楽しいことだからこそ頑張ることができたのだと思います。

そんな折、G&Eの先生から虎猫企画の求人を紹介されました。話を聞いてみると、まだ若い会社ながら豊富な実績があり、受けてみる価値は十分にあると思い、応募しました。
就活用の映像作品に込めた想いと時間を評価していただけたのか、面接でお伝えしたパチンコ・パチスロへの想いを評価していただけたのかは分かりませんが、有難いことに内定をいただくことが出来ました。

G&Eの先生には講義だけではなく、今後の人生を大きく動かす就職活動の際にも真剣に私に向き合っていただき、貴重なアドバイスを色々といただきました。たいへん感謝しています!

また虎猫企画では、私を採用して良かったと思っていただけるよう一つ一つの仕事に結果を残し、いずれは開発プロジェクトの深いところまで携わっていけるような活躍をしていきたいと思っています。



T.Yくんが学んだPS映像プランニングコースとは?

PS映像プランニングコース

2019年度PS映像プランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職大学中退渋谷校遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

自分向きの仕事を探すより、やりたいことを「自分に向いている仕事」にしてしまった方が後悔はない

自分向きの仕事を探すより、やりたいことを「自分に向いている仕事」にしてしまった方が後悔はない

内定先:株式会社インスピリット
W.S (入学時年齢:27歳)

大学を卒業し、宅配員として働いていましたが、やりがいのある仕事を求めて転職を検討。しかし立派なスキルや経験があるわけでもなく、自分に向いている仕事といって思い付くものはなく...。

そこで発想の転換です。自分向きの仕事を探すより、やりたいことを「自分に向いている仕事」にしてしまった方が後悔はないと思い、自分のやりたい仕事を考えてみました。

やってみたいことならありました。
それは「パチンコ・パチスロの企画・開発」に携わること。自分の立てた企画でヒット機種を生み出したい、そのためにはどうすれば、と考えた時に出した結論が、G&Eで企画・開発のための知識・スキルを学ぶことでした。

G&Eでは、実際に遊技機開発に携わる方が講師を担当するため、話を聞いていて純粋に楽しい。周りのクラスメイトも、同じ道を目指す仲間でありながら同じ趣味を持つ友達ですから、共通の話題でめちゃくちゃ盛り上がれる。楽しい。
楽しみながら規則を学び、楽しみながら自分のアイデアで企画書作りを行い、楽しみながら仲間と趣味を語り合う。楽しいことだらけの一年間を過ごすことができました。

やっぱり入学して良かった。そんな風に思うことばかりでした。

就職活動については、パチンコ・パチスロの企画を存分に行える企業を探しました。
G&E卒業生も多く、遊技機企画に強い開発会社インスピリットを紹介していただき、応募。面接で語った自分の想いがインスピリットに通じ、内定をいただくことができました。

インスピリットが手掛ける色々な機種に自分のアイデアが組み込まれ、多くの人に「面白い!」と思ってもらえる。そんな未来を夢見て、精いっぱい頑張ります!

2019年度PSプランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職渋谷校社会人遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

G&Eで、他では味わえない濃い経験を積むことができました

G&Eで、他では味わえない濃い経験を積むことができました

内定先:株式会社グーン
I.T (入学時年齢:23歳)

G&Eの存在は、大学時代にツイッターで知りました。正直言って、初めは自分に関係ないところと思っていましたが...
新卒で就職活動を行ううちに、自分の中にこれといった武器がないことを痛感しました。そしてG&Eの存在を思い出し、パチンコ・パチスロの開発を学ぶこと自体が武器になるのでは、考え直すようになりました。
思い切って、大学卒業と同時にG&EのPS総合開発コースへ入学。独断で入学を決め、学費も自分で払いました。

G&Eのカリキュラムの中で最も楽しかったのは企画の講義でした。自分の好きな版権を使って、その世界観をより魅力的に表現するためにはどうすれば良いかと、時間をかけて、クラスメイトの友人たちと互いに相談し合って創り上げていく。この経験は自分にとってかけがえのないものとなりました。
また、チームを組んでグループワークを行い、独自の企画でダイナムの「パチンコアイデアGP」に応募し、決勝戦まで進んだのも良い思い出です。
G&Eはパチンコ・パチスロを心底から愛する仲間たちが集まるコミュニティだからこそ、他では味わえない濃い経験を積むことができました。

二年次には、自分に最も向いていると思えたプログラミングを専攻。ただコードを組むだけのプログラマーというより、企画段階から発言できるプログラマーを目指し就職活動を行うことにしました。

就職活動を始めるにあたって、一番大変に思ったのが履歴書の志望動機や自己PR欄を埋めることでした。決して意欲や熱意がないわけではありませんが、それをどう表現すれば相手に伝わるのか、他の人との差別化ができるのか。先生に見てもらっては書き直すのを何度も繰り返し、伝え方を工夫していきました。結果的にはその時の苦労があったからこそ、自分のウリとなる部分を、自信を持って伝えられるようになりましたし、面接でのより良い受け答えにも繋がっていったと思います。

結果、パチスロ開発に大きな実績を持つ株式会社グーンに、プログラマーとして内定をいただきました。入社後は与えられた仕事をしっかりこなして、早く一人前になれるよう努力していきます。また、ゆくゆくは開発プロジェクトのリーダーとして、皆に頼られる人材になりたいと考えています。



I.Tくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2019年度PS総合開発コースパチンコメーカー等の開発職として就職大学卒業後渋谷校遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

クラスメイト達が気軽に教え合い、課題を進めることができるため「勉強=辛い」という感じは一切なかった

クラスメイト達が気軽に教え合い、課題を進めることができるため「勉強=辛い」という感じは一切なかった

内定先:株式会社アンフィニエックス
T.U (入学時年齢:23歳)

大学を中退し、パチンコホールで数年アルバイト生活を送ってきました。自店舗に置いてあった機種説明小冊子の裏面にG&Eの広告が載っているのを見つけ、働きながら週2日の通学でパチンコ・パチスロの開発職に就ける、という点に惹かれました。

スクール説明会に参加するまでは、理系の知識を持たない私に開発系コースで学ぶ価値があるのかと不安でした。ただ話を聞いてみると、初めは文系・理系に関係なくほとんどの人が同じような状態からのスタートで、パチンコ・パチスロへの情熱を持っている方が有利とのこと。私もパチンコ・パチスロにかける想いは誰にも負けない自信がありましたので、安心してG&Eへ入学しました。

PS総合開発コースの講義は、それぞれの分野で活躍する先生方が教えてくれるので、幅広く知識を身に着けることができます。また人それぞれ得意分野・苦手分野があっても、パチンコ・パチスロという同じ趣味を持つクラスメイト達が気軽に教え合い、課題を進めることができるため「勉強=辛い」という感じは一切ありませんでした。

2年間の学生生活の中で一番頑張ったのは、企画書の制作です。これまでの卒業生・先輩の作品と被ることなく、かつ一目で「面白い!」と感じてもらえる企画書を仕上げるために、企画書制作の期間だけ頑張るのでなく、普段遊技する際の「気づき」を大切にしました。常にアンテナを張り巡らせる癖がつき、パチンコ・パチスロを違った側面から見られるようになったと思います。

就職先を考えるにあたり、第一に「自分が本当にやりたいことが出来る企業か」「プライベートの時間を確保できる企業か」という点にこだわりました。ある意味ぜいたくな要望だったかもしれませんが、そんな理想の企業である遊技機制作会社、アンフィニエックスとめぐり逢うことができました。

入社後は、G&Eで得た総合的な知識を武器に、「幅広い分野に意見をさしはさむことのできる開発スペシャリスト」を目指して成長していきたいと考えています。



T.Uくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2019年度PS総合開発コースパチンコメーカー等の開発職として就職フリーター大阪校遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

実際の開発業務に近い内容を実体験することで、向き・不向きを事前に確認できた

実際の開発業務に近い内容を実体験することで、向き・不向きを事前に確認できた

内定先:株式会社アンフィニエックス
O.K (入学時年齢:24歳)

G&Eに惹かれたのは「自分のやりたいことに特化して勉強ができる」点です。大学卒業後、医療関係の職に就いたものの、仕事に面白味を感じることが出来ないまま辞めてしまった私にとっては、好きなことを楽しく学んでそれを仕事にできることが、ひじょうに魅力的に映りました。

G&EのPSプランニングコースで学んだ知識・スキル系講義の中では、リール配列の作成や機種分析の講義が特に面白いと感じました。元々、入学前からリール配列等に興味がありましたが、自分に向いている分野であることも再確認できました。実際の開発業務に近い内容を実体験することで、向き・不向きを事前に確認できたのは大きかったと思います。

就職活動では、大阪に拠点を持つ遊技機開発会社を志望対象にしました。どうしても管理業務が多くなってしまうメーカーの仕事に比べ、遊技機開発会社では理想のパチスロ機制作に専念し、よりクリエイティブな仕事ができると考えたからです。

G&Eに多数ある求人の中で、業界歴が長く実績のある遊技機開発会社、アンフィニエックスの求人票が目に留まり、応募しました。面接の場では、自分のやりたい仕事のイメージを明確に伝えることを心掛け、内定をいただくことができました。

G&Eで学んだとはいえ、まだプロとして通用するだけの実績や作品を持つわけでもない私を採用していただいたわけですから、今後いち早く力をふるえるよう励み、成長していくことがアンフィニエックスへの恩返しになると思います。せっかく自分が心底からやりたいと思える職に就けたのですから、初志貫徹で精いっぱい頑張りたいと思います!

2019年度PSプランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職大阪校社会人遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

開発のプロ・就職のプロが集うG&Eという環境を、ぜひ積極的に活用して欲しい

開発のプロ・就職のプロが集うG&Eという環境を、ぜひ積極的に活用して欲しい

内定先:エピクロス株式会社
A.Y (入学時年齢:29歳)

大学院卒業後、システムエンジニアとして4年間の社会人経験を積みました。技術者として、決して仕事に不満があったわけではありませんが、一方でパチスロの出玉設計に対する想いは増すばかりでした。思えば、顧客の要望に応えるだけの仕事ではなく、自分自身の想いを形にする仕事に取り組みたかったのかもしれません。そして、30歳を前にして、これまでとまったく異なる職種へのチャレンジを決断。

まずは遊技機の知識、出玉設計のスキルを専門的に学びたいということで、G&EのPSプランニングコースに入学しました。

G&Eの講義、特に遊技機の規則内容については、受け身の姿勢で講義を聴いていると難しく感じることもあります。しかし実際の開発者が、具体的な事例に基づいて分かりやすく教えてくださいましたし、自分が最も学びたかったパチスロ機の出玉率や確率の計算方法などを深く学べたのは大きかったと思います。

また有難いと思えたのが、G&Eからアルバイト求人をご紹介いただけたこと。私はパチンコ業界のWEBサービスを提供する企業を紹介していただき、在学中からパチンコ業界の空気に触れながらアルバイトすることができました。

就職活動では、年齢的に不利なことは承知していましたが、そんな中でも年齢・性別・国籍関係なしの企業、エピクロスに出会うことができました。多くのG&E卒業生が活躍する企業ということで、在校生にも人気の遊技機開発会社ですが、数字に強いこととパチスロ開発にかける熱意をアピールし、内定をいただくことができました。

以下、これからG&Eへ入学される方へのメッセージです。皆さんは、G&Eの先生方を良い意味で「利用すべき」だと思います。私は担任の先生に、苦手としていた面接練習を何度も付き合ってもらいました。その分は、自分が成長することで先生方に恩返しすればよいのです。
せっかくG&Eに通っても、ただ受け身で講義を聴くだけではもったいない!開発のプロ・就職のプロが集うG&Eという環境を、ぜひ積極的に活用して欲しいと思います。

2019年度PSプランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職渋谷校社会人遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

自分で遊技機を開発する、自分がパチンコ業界に就職するということは当初、思い付きもしませんでしたが...

自分で遊技機を開発する、自分がパチンコ業界に就職するということは当初、思い付きもしませんでしたが...

内定先:エピクロス株式会社
K.I (入学時年齢:24歳)

YouTubeの動画広告を観て、パチンコの学校があることを知りました。
パチンコ・パチスロを打ちながら「ここをこう変えたらもっと面白くなるのに...」と空想することは多々ありましたが、自分で遊技機を開発する、自分がパチンコ業界に就職するということは当初、思い付きもしませんでしたが...
しかしCMを観て、現在のパチンコ機・パチスロ機を開発している人々も、はじめは未経験者だったのだと考えた時、自分もチャレンジする価値があるのでは?自分の想いを形にできるのでは?と思い始め、G&Eに入学することにしました。

G&Eの講義は専門的な内容が多く、ついていくのが大変なこともありました。が、何よりタメになる内容ばかりでしたし、一度分かるとこれほど楽しい勉強はありません。リール配列の作成を考える講義では、入賞率など細かな部分にまで気を配る必要がありましたが、一番頭を使った分だけ、一番楽しかった講義でした。
市場投入される遊技機は、複雑な規則に縛られながらも開発者たちが知恵を絞り、面白いゲームシステム、夢中になれるスペック、ワクワクするような演出をごくわずかなプログラム領域に盛り込んでいます。遊技者の目線だけでは良いものは作れず、遊技機開発には開発者としての目線があって初めて良い機種が作れるのだ、ということを理解できたのが、一番の収穫だったように思います。

就職活動においては、開発工程の最初から最後まで、すべてに関わっている開発企業、エピクロスとのご縁をいただくことができました。もともとが文系で、開発の知識をまったく持たなかった自分が遊技機開発会社に就職できたのは、G&Eのおかげだと思っています。本当にありがとうございました。
そして開発者となる以上は志を高く持ち、エピクロスでパチンコ・パチスロ業界の歴史を変えられるような、画期的な遊技機を開発したいと考えています。

2019年度PSプランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職フリーター渋谷校遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

自分の経歴に箔をつけるためにも、上京してパチンコ業界の就職に強いG&Eへ入学することに

自分の経歴に箔をつけるためにも、上京してパチンコ業界の就職に強いG&Eへ入学することに

内定先:エピクロス株式会社
T.N (入学時年齢:24歳)

東京の音楽系専門学校を卒業後、地元に戻り小さなパチンコホールでアルバイトをしていた時、パチンコ・パチスロのサウンドの奥深さに触れました。

パチンコ・パチスロには、一つ一つのアクションにかかるサウンドエフェクトから、ボーナス中の音楽に至るまで、1台の遊技機に何百、何千種類もの音が搭載され、遊技者の心を聴覚から揺り動かしています。ホールでアルバイトをしながら、また自分で遊技をしながら、いずれは聴いた人の心を揺さぶるサウンドが作りたいと思っていましたが、ただ音楽の専門学校を出ただけでその仕事に就けるほど甘くはありません。

自分の経歴に箔をつけるためにも、上京してパチンコ業界の就職に強いG&Eへ入学することにしました。G&Eでは、サウンドそのものを学んだり、制作したりする講義はありません。ただ遊技機そのものの知識を身に着け、パチンコ・パチスロ開発の流れを理解した上でサウンドクリエイターの職を探す意味は十分にある、と判断しました。

G&Eでは、メーカーや開発会社で実際に働く開発者が講師を務めます。講師の方が直接サウンド制作に関わることはなくとも、メーカーや開発会社のサウンド部署についてリアルの話を聞くことができました。また、出玉設計やリール作成など、自分で実際に取り組んでみると思った以上に面白く、PSプランニングコースのすべての講義を楽しみながら受けることができました。

就職活動で意外に大変だったのが、言葉遣いやメールの文面作成です。これまで、ビジネスマナーについて正式に学んだことも意識したこともありませんでしたが、担任の先生にも相談しながら就職活動を機に勉強しました。

パチスロ開発のすべてを手掛けているエピクロスがG&Eで企業説明会を行った際、サウンドクリエイターの募集もあったため応募したところ、有難いことに内定をいただくことができました。エピクロスが開発したパチスロ機は、サウンドの面でも「攻めている」印象があります。自分もその一員となり攻めの姿勢でサウンド制作を行い、ゆくゆくは自分の作ったパチスロのサウンドがパチンコホール以外でも配信され、評価されるようになっていければと考えています。

2019年度PSプランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職フリーター渋谷校遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

G&E在学中から業界企業でアルバイトできるのは有難いシステムです

G&E在学中から業界企業でアルバイトできるのは有難いシステムです

内定先:株式会社チャンスメイト
N.J (入学時年齢:21歳)

高校卒業後に物流会社に勤め3年。趣味でパチンコ動画をよく観ていたのですが、そこによくG&Eの広告が流れており、「パチンコ業界への就職」に興味を持ちました。今の仕事を続けることと、パチンコ業界への転職にチャレンジすることを天秤にかけた時、好きなことに関わる仕事の方が後悔はないと決断しG&Eに入学しました。

私の選択したPS総合開発コースでは、一年次に企画・映像制作・プログラミングなど、開発に関わる様々な知識・スキルを学び、二年次に専攻を定めてより専門的な内容を学びます。とは言っても、入学当初は「遊技機を開発したい」という想いだけがあり、どんな職種でどのようにパチンコ業界に貢献していきたいのか、というところは全く考えていませんでした。

企画の面白味、映像制作の楽しさ、プログラミングのやりがいなど、各分野を楽しみながら学びつつ、自分に向いている分野を探っていくうち、私の場合は、自分の作品として目に見える形で作り上げていくことができる「映像制作」が何よりも楽しいと感じ、二年次の専攻としました。このように色々学んで後から選択していく形式は、私のように夢が固まっていない段階で入学する人には最適だと思います。

在学中から業界企業でアルバイトができるのも、有難いシステムだと思います。私の場合は、G&Eに来たアルバイト求人の中から、遊技機開発会社の「チャンスメイト」でお仕事をさせていただきました。初めは何もできなかった自分に対しても、優しく丁寧に教えていただき、今では尊敬する先輩の方々がたくさんいます。
また、正社員登用のお話までいただき、有難くお受けすることにしました。

G&Eに入学したことで、これまで知らなかった世界を知り、これまで知らなかった映像制作の楽しさを知り、それをそのまま仕事にすることが出来ました。この御恩を返すためにも、自分にしかできないモノづくりにこだわり、全力で会社に貢献していきたいと思います。



N.Jくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2019年度PS総合開発コースパチンコメーカー等の開発職として就職渋谷校社会人遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

「パチンコ・パチスロはメーカーだけで開発されているわけではない」ことを知ったのが、一番の衝撃

「パチンコ・パチスロはメーカーだけで開発されているわけではない」ことを知ったのが、一番の衝撃

内定先:株式会社チャンスメイト
K.R (入学時年齢:23歳)

派遣社員として工場の部品管理を仕事にしていた頃、G&Eの動画広告に出会いました。仕事は仕事として割り切っていたつもりでしたが、G&Eの広告を通じて「好きなこと自体を仕事にする」という生き方もあるのだと知り、パチンコ・パチスロの開発にチャレンジしたいと思うようになりました。
初めのうちは、仕事を辞めて学校に通うことについて親の反対もありましたが、理解してもらえるまで根気強く説得を続けようやく了解を取り付け、G&Eの「PS総合開発コース」に入学しました。

G&Eでの学生生活や講義内容への感想は、卒業生の皆さんがメッセージに残している内容とだいたい同じですので、私がG&Eに入学して一番驚いたことを書きたいと思います。

それは「遊技機はメーカーだけで開発されているわけではない」ということ。

ご存じの方にとっては「当たり前だ」と思われるかも知れません。ただ、ほとんど開発の知識なく入学した私にとっては、「パチンコ・パチスロメーカーだけではなく多数の協力制作会社が遊技機の開発に従事している」ということが一番の衝撃でした。

詳細は省きますが、メーカーと開発会社では、求められる人物像や資質が異なります。では、私が働くならメーカーと開発会社のどちらが向いているのか。これは自分では何とも言えませんが、私が「進みたい」と感じたのは、より実制作に近い業務を行う開発会社の方でした。

そして私が開発会社へ興味を深めていたタイミングで、数多くのメーカーと取引のある遊技機開発会社のチャンスメイトから、G&Eにアルバイトの求人があり、さっそく応募しました。まだプロフェッショナルとしての知識もスキルもない私が、開発の現場で経験を積みながら給料までいただけるのですから、ありがたいことです。

またチャンスメイトの職場では、熱意に溢れる社員の皆さんが、しっかりと仕事を教えて下さり、私の足りない部分を補って下さいます。それが嬉しくて、より成長したい気持ちで頑張っていたところ、ありがたいことに正社員へ登用していただけることとなりました。

これまで私が社員の方を頼っていたように、今後は他の方々に頼られる人物になれるよう、成長を欠かさず頑張っていきたいと思います。



K.Rくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2019年度PS総合開発コースパチンコメーカー等の開発職として就職渋谷校社会人遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

30代半ば、未経験からの転職を成し遂げることができました

30代半ば、未経験からの転職を成し遂げることができました

内定先:株式会社チャンスメイト
H.T (入学時年齢:35歳)

大学を中退して後、長らく飲食業に従事してきました。いつかは転職を、と思いつつ30代も半ばを迎えました。
YouTubeの広告でG&Eの存在が気になり、G&Eのホームページを眺めていると、「未経験でもパチンコ業界に就職できる」「30代の入学者もいる」といった内容が目に飛び込んできて、自分のことを指しているかに思えました。また何よりも内定率の高さに惹かれ、一年間で映像制作を学べる「PS映像プランニングコース」に入学しました。

パチンコ・パチスロの映像はゲームやアニメの映像とは異なる、特有の熱さやタイミングを重視して制作する必要があります。プレイヤーとしてただ観ているだけでは気づきづらい部分ですが、そういった演出を綿密に設計して映像の実制作を行っていることを知り、たいへん勉強になりました。また私は映像制作についてまったく経験のない初心者ですから、講義のたびに色々疑問に思うことがありますが、その都度、質問に対してしっかりと受け答えいただきました。

就職に関しては、20代の生徒が多い中、クラスメイトとの競争になると年齢的に分が悪いと思い、とにかく自主的に積極的に動くようにしました。G&Eに遊技機開発会社からのアルバイト求人があった時も、先んじて応募し、採用していただきました。アルバイトとG&Eの二足の草鞋となりましたが、これが私の映像制作における経験値アップにもつながり、我ながら成長できたと感じて有難く感じております。

結果として30代半ば、未経験からの転職を成し遂げることができました。自分の好きなことを仕事にする楽しさ噛み締めながら、充実した毎日を送っています。



H.Tくんが学んだPS映像プランニングコースとは?

PS映像プランニングコース

2019年度PS映像プランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職渋谷校社会人遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

パチンコメーカーへの就職と、一生付き合っていける仲間を得ることができた

パチンコメーカーへの就職と、一生付き合っていける仲間を得ることができた

就職先:株式会社高尾
W.D(入学時年齢:22歳)

工業大学在学時、パチンコメーカーの出玉設計職を熱望して就職活動をしましたが、苦手な面接がネックとなり、夢は叶えられませんでした。それでも夢を諦めきれなかった私は大学卒業と同時にG&Eへ入学を決意。G&Eの2年制コースは新卒として就職活動ができると聞き、PS総合開発コースを選択しました。

クラスメイトとは、お互いの足りないところを補い合うことのできる関係で、自分を支えてくれる優しい人たちでした。遊技機規則の分からないところを教え合ったり、面接が苦手な私のため遅い時間まで面接練習に付き合ってくれたり...。
一生付き合っていける仲間と巡り合えただけでも、G&Eに入った価値があると思います。

G&Eで役立ったと思えるのは、やはり規則の講義。出玉設計にとっては必須の知識ですし、入学前から詳しく知りたかった部分ですので、現役で開発に携わる専門家に教えていただけるのは、本当に有難かったです。授業内外の企画書作成でもアドバイスをいただき、大変お世話になりました。

もちろん夢を叶えるためには自分自身の努力も必要です。私は毎月一本はパチンコ機のスペックを考案するよう努め、今でも続けています。既存のパチンコ機のスペックを真似するだけでなく、できる限り実現可能な新しい要素を考えて、発想力を絶やさないようにしています。

就職活動で大変だったのは履歴書作成です。自分のアピールポイントを探し、上手く表現して、というのは想像以上に大変でした。先生方には何度も添削していただき、感謝しています。おかげで、自信を持って私のパチンコに対する想いと熱意をアピールできるようになりました。そして、その甲斐あって、スペックにこだわり新しいものづくりに挑戦し続けているパチンコメーカー、高尾様から内定をいただくことが出来ました。

今後は諸先輩方のように、G&E卒業生の優秀さを実績でアピールしていき、今後の在校生(私の後輩)が憧れてくれるような開発者になりたいと思います!



W.Dくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2019年度PS総合開発コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職大学卒業後渋谷校

多様な考え・意見を上手く融合させながらより良い作品を作る、という過程を経験することができました

多様な考え・意見を上手く融合させながらより良い作品を作る、という過程を経験することができました

内定先:京楽ピクチャーズ.株式会社
H.K(入学時年齢:23歳)

高校を卒業した後、地元のパチンコホールに就職しました。私はパチンコ・パチスロの演出が大好きでしたので、色んな機種の演出を見られる仕事は、好きなことに携わっているという実感がありました。

しかしいつしか、私の中に自分の理想の演出を創りたいとの想いが芽生え、日に日に大きくなってきました。そんな時、「好きなことを仕事にできる」という謳い文句の広告を目にし、G&Eで演出を創るための知識とスキルを身に付けることにしました。

G&Eに集まる生徒は全員好きなものが共通しているので、とにかく話題が尽きません。とはいえ年齢も属性も、パチンコ・パチスロに対する考え方もバラバラです。そんな環境にあるからこそ、グループワークなどでは自分のやりたいことを突き通すのではなく、多様な考え・意見を上手く融合させながらより良い作品を作る、という過程を経験することができました。

最も楽しく感じたのは、映像やエフェクトを制作するためのツール「AfterEffects」を学ぶ講義です。演出を見て楽しむのは一瞬ですが、作り手側になった時に初めて、表現することの難しさや作り上げることの大変さを理解しましたし、また折れない心を持つことが大事だと痛感しました。ただ、成長を実感できる講義だからこそ楽しく継続できますし、その結果としてかなり自信を持てる課題(自己作品)を提出することが出来ました。

就職活動に関しては、私の最も好きな機種の演出を手掛けている京楽ピクチャーズ.株式会社から内定をいただくことができました。京楽ピクチャーズ.株式会社は、社員全員が同じゴール地点を見据えて、レベルの高い映像演出を制作している魅力的な企業です。その一員となれることは私の誇りですし、その誇りを胸に、理想の映像演出を創るための努力を惜しまず、仕事に励んでいきたいと思います。



H.Kくんが学んだPS映像プランニングコースとは?

PS映像プランニングコース

2019年度PS映像プランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職大阪校社会人遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

開発業務の流れに加えて自分の適性を知ることが出来たのは大きな収穫だった

開発業務の流れに加えて自分の適性を知ることが出来たのは大きな収穫だった

就職先:株式会社デジタル・フロンティア
S.T (入学時年齢:21歳)

専門学校を卒業後、居酒屋チェーンの店長として働いていましたが、将来の展望が描けず転職を考えていました。収入のために自分自身を犠牲にするのでなく、やりがいのある楽しい仕事で収入を得たい、そのためには...と考えた時、パチンコ・パチスロの開発に携わりたいと思うようになりました。
実はパチンコ業界で働く高校時代の先輩がいたため、色々と相談に乗っていただいたところ、G&Eビジネススクールに通えば、とアドバイスされました。パチンコ・パチスロメーカーが出資する学校で、メーカーにも開発会社にもG&Eの出身者が多いと聞き、思い切って前職を辞め、G&Eへ入学することにしました。

私の入学したPS総合開発コースは、1年次に商品企画・映像制作・プログラミングの基礎を学びます。個人的な感想で言えば...
・計算が苦手だったので、出玉計算は難しかった。けど面白かった。
・プログラミングは向き不向きがハッキリ分かれる。(私は逃げ出したくなるぐらい不向きでした)
・演出を考えたり、企画書に落とし込んだりするのは正に求めていたものと同じで、大変だけどやりがいがあった。

もちろん人によって好きな部分、向いている部分はまったく違うので上記は他の方の参考になりませんが、開発業務の流れに加えて自分の適性を知ることが出来たのは大きな収穫だったと思います。
私は2年次で映像プランニングを専攻し、専門的に演出企画・制作ができる開発会社への就職を希望しました。G&Eにたくさん来る求人の中で、遊技機だけでなくゲームや映画の映像・CG制作を手掛けるデジタルフロンティアに惹かれ、面接で遊技機の映像制作についての熱意や自分自身の考えを述べたところ、内定をいただくことが出来ました。

デジタルフロンティアは、プロ中のプロが集う映像制作集団です。ここでプロの仕事ぶりを学び、自分もプロとしての働きが出来るよう成長し、いずれは業界を代表するような遊技機の映像を創り上げていきたいと思います。



S.Tくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2018年度PS総合開発コースパチンコメーカー等の開発職として就職渋谷校社会人遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

G&Eは遊技機開発者の卵たちが未来のパチンコ・パチスロを語るための空間

G&Eは遊技機開発者の卵たちが未来のパチンコ・パチスロを語るための空間

就職先:株式会社デジタル・フロンティア
G.Y (入学時年齢:22歳)

大学時代、新卒としてパチンコ業界を中心に就職活動を行いましたが、結果は振るいませんでした。自分のやりたいことにこだわらず、なんでも良いから仕事に就くべきか、それとも妥協をせずに自分のやりたいことを貫くべきか。
私は自分の夢を諦めたくなくて、G&Eのお世話になることにしました。

G&Eでは、自分が思っていた以上のパチンコ・パチスロ好きが集まり、常にパチンコ・パチスロに関することを語り合っています。もちろん勝った・負けたといった戦況報告もありますが、実際に打った機種の感想・改善すべきポイント、そして自分が理想するパチンコ・スロットのアイデアなど、まさに遊技機開発者の卵たちが未来のパチンコ・パチスロを語るための空間といった印象です。

そういった環境ですから、生徒たちはみながライバル。とは言いながらも、同じ夢を持ち同じ趣味を持っているわけですから、当然のように仲良くなれます。私もかけがえのない友を得て、楽しく刺激的な学生生活を送りました。

講義で最も楽しかったのは図柄変動の講義。普段、何気なく見ている図柄変動も、その仕組みを知ると動き方や間の取り方に「匠の技」を感じられるようになります。私もそんなプロの映像に携わりたいと感じ、2年次は映像プランニング専攻を履修し就職活動のための自己作品制作を頑張りました。

ちょうど作品制作が完了したタイミングで、デジタルフロンティアからG&Eに求人がありました。映画やCGの世界でもネームバリューが高い会社ですが、ヒット機種の映像制作も多数手がけており、G&Eの卒業生も多いため、ここでぜひ働きたいと応募。熱意が評価されて内定をいただけました。

映像制作の現場では、技術だけでなくその作品に対する愛情が試されると思います。私のG&Eで培った技術とパチンコ・パチスロに対する愛情で、がむしゃらに頑張っていきたいです。



G.Yくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2018年度PS総合開発コースパチンコメーカー等の開発職として就職大学卒業後渋谷校遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

G&Eの講義を一言で言えば、「講義は難しいが、内容は面白い」

G&Eの講義を一言で言えば、「講義は難しいが、内容は面白い」

就職先:株式会社ザイクス
N.M (入学時年齢:23歳)

大学卒業後、いったんは社会人として働き始めました。「自分の本当にやりたいことを仕事に出来るのは少数派」「働くうちに従事する仕事の楽しさも分かってくるはず」。そう自分に言い聞かせながら頑張ってきましたが、やはりどうしてもやりたいことを仕事にしたいと考えるようになり、両親に相談。「やりたい仕事を目指すのは構わない。ただし、やるからには最後までやり抜け」とアドバイスをもらい、かねてから入学したいと考えていたG&Eの門を叩くことにしました。

G&Eの講義を一言で言えば、「講義は難しいが、内容は面白い」です。これまでファンの立場で触れてきたパチンコ・パチスロですが、開発者側の立場から「商品としての遊技機知識」「開発するのに必要な規則」といった観点で見るとこんなに難しいものなのだと再確認しました。しかし講師の先生は、その難しい知識を現在稼働している遊技機、自分がまさに打ったばかりの遊技機を例に挙げて説明して下さるので非常に面白く、深く理解することができます。

好きなことなら頑張れる性格でもあり、持ち前のチャレンジ精神で検定規則や出玉計算の勉強を特に頑張り、テストでも高得点を取ることができました。努力が報われるのは本当に嬉しかったですね。

就職活動では、パチスロ機の開発をメインで行う企業、そしてパチスロ好きの多そうな企業を中心に選択しました。会社のために仕事としてパチスロ機を作るのではなく、パチスロが好きでたまらないから創る、そんな人たちとともに開発したいと考えたからです。

面接でも、パチスロが本当に好きであること、だからこそG&Eの勉強も頑張れたことをアピールした結果、最高のパチスロ開発環境が整い、真のスロット好きが集う株式会社ザイクスから内定をいただくことができました。卒業を前にして、この職場で働ける幸せを今、しみじみと感じています。

G&Eには普段の講義から就職活動に至るまで、全てサポートしていただき感謝しています。G&Eで「何をすべきか」がはっきりしたおかげで、頑張り続けることができました。

2018年度PSプランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職渋谷校社会人遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

会社にとって、業界にとって、かけがえのない存在となりたい

会社にとって、業界にとって、かけがえのない存在となりたい

就職先:株式会社インスピリット
N.R (入学時年齢:25歳)

ちょっと偉そうですが、G&Eに入学しようと考えている方に向けて、私がG&Eに入って感じたことをお伝えしたいと思います。

まず、G&Eでの勉強は楽しい!ということ。私はこれまで、小・中・校・専門学校と、勉強は何のために必要なのかよく分からずに、とりあえずこなして来ました。が、G&Eで学ぶ知識・スキルは、いつどんな場面で必要となるのか、実際に業界で働く方が経験を交えて伝えてくれるため、自分が今まさに業界で活躍しているかのようなイメージで、楽しく習得できます。特に開発会社から来てくれている講師の授業は何よりも面白かった。パチスロ百科事典のような知識量。開発ならではの喋りのテンポ。優しくも厳しい教え方。パチンコ・パチスロ業界に入ることの楽しさ自体を教えていただきました。

そして二つ目は、G&Eでは積極的に学ぶ意識を持っている人ほど内定獲得が早いということ。逆に「手取り足取り教えてもらう」つもりで入学しても、なかなか成長は見込めません。そういう意味では、G&Eはこれまでの学校とは違い、やはり「ビジネススクール」なのです。せっかくG&Eビジネススクールに入学してパチンコ業界での活躍を目指すのであれば、ぜひ「自分からG&Eを活用して積極的に学ぶ姿勢」を持って入学して欲しいですね。活用できる環境は十分に用意されています。

最後に、悩み迷った時にはパチンコホールに行け!ということ。企画書の発表でダメ出しされたり、履歴書が上手く書けなかったり、企業の選考で落とされたりして、悩んだり迷ったり、苦しんだりしている時は、素直に自分の好きなパチンコ・パチスロを打てばよいと思います。自分がパチンコ・パチスロを好きだという想い、こんな遊技機を開発したいという想い、自分の最終的な目標。そういったものを思い出すことができると思います。そしてそんな時は大抵、クラスメイトも打ちに来ていたりします(笑)。

私は、株式会社インスピリットという遊技機の企画開発会社から採用内定をいただきました。遊技機の根本となる企画部分に関われることに喜びを感じつつ、ゆくゆくは会社にとって、そして業界にとって、かけがえのない存在となりたい。そんな意気込みで業務に取り組んでまいります。



N.Rくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2018年度PS総合開発コースパチンコメーカー等の開発職として就職フリーター大阪校遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

就職後に携わっていく業務をG&Eで予行演習。大変勉強になりました

就職後に携わっていく業務をG&Eで予行演習。大変勉強になりました

就職先:株式会社インスピリット
I.A (入学時年齢:23歳)

ゲーム系の専門学校を中退後、パチンコホールのアルバイトをしていた時、先輩から「パチンコの学校がある」と聞きました。初めは、どうせ勝率を上げるという売り文句の怪しげな学校だろうと思っていたのですが、よくよく調べると大手メーカー等が共同出資するビジネススクールで、作り手(開発者)側に廻るための教育機関とのこと。しかも、現役の遊技機開発者が指導にあたって下さるとのことで、もともとエンタテインメントの作り手を目指していた私にとっては、願ってもない環境でした。通学は週2回で仕事との両立も可能でしたので、1年間を賭けてみようと決心し、G&Eに入学しました。

G&Eで最も役立ったと感じたのはグループワークの時間です。G&E入学前の専門学校やアルバイト先では、比較的年齢が近い人達とばかり接してきましたが、グループワークではさまざな年齢層のクラスメイトたちと話合う必要があります。他の人と自分がそれぞれ持っている価値観やアイデアを共有し、時には議論を交わしながら制作に取り組む過程は、就職後に社会人として携わっていく業務の予行演習とも言うべきものであり、大変勉強になりましたし、楽しくもありました。

またグループワークでは、自分のアイデアを周囲に理解してもらうための伝え方や言葉の選び方を工夫することで、コミュニケーション力の鍛錬になりましたし、グループの成果物に自分のアイデアを採用してもらえた時は、達成感と充実感を得ることができました。実際の仕事でもこんな経験を積み上げたいと思い、就職活動でも企画開発会社を志望企業の軸としました。

私が内定をいただいた株式会社インスピリットは、企画制作に強みを持ち、多くの遊技機メーカーと密な関係を築いている遊技機開発会社です。自分のアイデアを詰め込んだ遊技機を制作できる、という点ではメーカーに勝る環境とも言えます。

G&Eでパチンコ・パチスロの知識を学べたのはもちろんですが、社会で生きていくための、人として大切な部分を教えていただけたと感じています。この経験をインスピリットでの業務に活かし、業界全体に恩返ししていけたら、と思います。

2018年度PSプランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職フリーター大阪校遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

インターンシップで「G&Eで学ぶメリット」を目の当たりに

インターンシップで「G&Eで学ぶメリット」を目の当たりに

就職先:株式会社グーン
I.S (入学時年齢:23歳)

私がG&Eの存在を知ったのは大学3年生の時。某遊技機関連企業が大学生向けに開催するインターンシップで、同じ回に参加していたG&Eの生徒と出会いました。その生徒はパチンコ業界や遊技機の知識に長けており、グループワークではリーダーシップを発揮するなど、ひときわ目立つ存在で強烈な印象を残していました。
パチンコ業界への就職を目指していた私は「G&Eで学ぶメリット」を目の当たりし、その後すぐにホームページから資料を請求。大学を辞めてでも通う価値があると信じ、12月にG&Eへの入学を決めました。

4月の入学まで、G&Eの「入学準備講座」に計3回参加しました。これはPC基礎スキルや業界基礎知識を学べる講座で、G&Eの雰囲気を入学前から味わえますし、入学後のスタートダッシュでも大きな差をつけることができます。また他コース入学予定者との交流を持つこともできるため、入学予定者の方はぜひ参加することをお薦めします。

私が入学にあたって選択したのは、パチンコ機・パチスロ機の商品企画を行うのに必要な知識やスキルを学ぶPSプランニングコース。週2回、夜間の通学で社会人の方も通うコースのため、クラスメイトの年齢や経歴はバラバラです。しかしそれは些細なこと。入学直後から、みんなと並びで打ちに行ったりする仲になりました。(年長者の方には一応、敬語を使いますが...)

スペックに特徴のあるパチスロ機種が好きで、個人的にも数字が好きだったので、私が講義中に作成する企画書でもスペックや出玉率等にこだわりました。クラスメイトや講師の目の前で行うプレゼンテーションでも、そのこだわりを前面に押し出して発表し、自信に繋げることができました。その勢いで、パチスロ機の仕様設計や企画開発に強みを持つ遊技機開発会社、グーンに応募。内定をいただくことができました。

私がパチスロ開発に携わることが出来るようになったのは、すべてG&Eのおかげです。グーン入社後に、自分のこだわりを注ぎ込んだスペックを考案することで6号機の新時代を開拓し、業界を盛り上げることこそが、G&Eへの恩返しにも繋がると思っています。

2018年度PSプランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職大学中退渋谷校遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

パチスロへの愛情は誰にも負けない。だからこそパチスロ開発の道を目指し、実現できた

パチスロへの愛情は誰にも負けない。だからこそパチスロ開発の道を目指し、実現できた

就職先:株式会社グーン
H.R (入学時年齢:20歳)

両親に勧められるまま公務員を目指し、大学にも通いましたが、自分の中では常に「本当にそれで良いのか」という想いがありました。
自分が本当にやりたいこと。それは大好きなパチスロに関わる仕事。
YouTubeの広告で、自分の夢を実現できる学校があると知り、両親を拝み倒して説得。最後には何とか折れてもらい、G&Eに入学することになりました。

入学して、G&Eが優れていると感じたのは、何よりも同じ目標を持つ人たちが集う場所だということ。カリキュラムにもその利点が取り込まれており、クラスメイトと意見を出し合ったり、お互いに協力しながら企画立案を進めたりすることで、楽しみながら成長すると同時に、自分にはない観点を見つけ多面的に物事を考えられるようになります。

講義では、自分たちが取り組むパチスロ企画の話。休憩中はクラスメイト達と、自分が好きなパチスロ機の話。週2回とはいえ、G&Eではパチスロ漬けの濃密な時間を過ごすことができ、楽しい1年間となりました。

入学当初、新機種の開発はすべてメーカーが行っているものと思い、パチスロメーカーへの就職を目指していました。しかし実は、機種の核となる部分は遊技機開発会社が手掛けていることが多く、そういった業界の仕組みを知るにつれて、メーカーよりも遊技機開発会社の方が、自分のやりたいことが出来るのでは?と考えるようになりました。

そんな時、タイミングよく自分の思いを形にできそうな遊技機開発会社からG&Eに求人があり、即座に応募。人生経験や知識量では他のG&E生に負けてしまうため、面接では自分自身の強みである素直さや積極性を押し出したところ、株式会社グーンより内定をいただくことができました。

パチスロへの愛情だけは誰にも負けない自信があります。だからこそ、パチスロ機の開発という道を目指し、そのスタートラインに立つことができました。株式会社グーンで今後、たくさんの人に愛してもらえるパチスロ機を開発していけるよう、頑張りたいと思います。

2018年度PSプランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職大学中退渋谷校遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

地方からの上京で不安...でも想像していた以上の楽しい学生生活に!

地方からの上京で不安...でも想像していた以上の楽しい学生生活に!

就職先:株式会社ディ・テクノ
H.T (入学時年齢:24歳)

パチンコが大好きで、パチンコの知識には絶対の自信があります。だからこそ、G&Eでより専門的な知識を学び、天職としてパチンコ業界に入りたいと考えました。大学を中退しており心苦しくはありましたが、親に相談したところ「しっかりと将来を考えた上での決断なら、好きにやって良い」と応援してもらい、G&Eに入学することとなりました。

PS総合開発コースの生徒は、年齢も経歴もバラバラ。地方から上京したばかりで知り合いが一人もおらず、不安を抱いていたのですが、さすがはG&E。パチンコ・パチスロという同じ趣味、同じ目標を持つ者同士ですぐに友達となり、仲良くなりました。
課題制作等は、周囲に相談したり協力したりしながら楽しく進めることができましたし、ライバルとして競い合うことで頑張ることもできました。また休みの日には朝から連れ打ちをしたり、学校外で遊んだりすることも多く、想像していた以上の楽しい学生生活を送ることができました。

パチンコには自信があった半面、パチスロの知識が浅かったため、パチスロの講義内容は難しく感じることもありました。ただ、先生が具体例を挙げて丁寧に解説してくれますし、何よりもネットに溢れる怪しげな情報ではなく、実際の開発者が信憑性のあるしっかりした情報を伝えてくれますので、知識の構築・整理にも大変役立ったと思います。

就職活動に関しては、新卒採用を行っている遊技機メーカーすべての説明会に参加し、会社の雰囲気や仕事内容をじっくり確認して自分の望む会社を探しました。そのため午前は名古屋で説明会参加、午後は東京で面接選考などハードスケジュールをこなすこともありましたが、今となっては良い思い出です。
私が内定をいただいたディ・テクノは、遊技機メーカーの大一商会がモバイルコンテンツ・WEB部門として立ち上げた企業です。私のやる気と新しいことへの挑戦意欲を認めていただき、大一商会の人事担当者様から「ゲームアプリの開発にチャレンジしてみないか」とお声かけいただきました。

まずは一所懸命スキルを身に付け、いずれは日本一のゲームアプリを創りたい。そしてG&Eの友達と協力してパチンコ機に移植したい。今はそんな気持ちで入社を心待ちにしています。



H.Tくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2018年度PS総合開発コースゲームメーカーの遊技機部門に就職パチンコメーカー等の開発職として就職フリーター渋谷校

「遊技機の開発者になる。」同じ志を持つ人々が集う場所であることを確認し、安心して入学を決めました

「遊技機の開発者になる。」同じ志を持つ人々が集う場所であることを確認し、安心して入学を決めました

就職先:株式会社大都技研
K.Y (入学時年齢:23歳)

G&Eの存在を知ったのは、パチンコ・パチスロを始めてまもなくの頃。「パチンコ・パチスロ自体を学ぶ学校」ではなく「遊技機の開発者を目指すための学校」だということが強烈な印象となって残っていました。
その後、大学を中退しアルバイトに専念する中で、将来を考えた時にふとG&Eの存在を思い出し、スクール説明会に参加してみました。体験講義にも参加し、真面目な内容ながら楽しく学んでいる受講生の姿を見て、「遊技機の開発者になる」という同じ志を持つ人々が集う場所であることを確認し、安心して入学を決めました。

G&Eの講義は、まさに自分が求めていた内容。すべての講義が業界に関わることなので、どんな授業も意欲を持って楽しく受けることができました。特に企画書制作は面白かった授業の一つ。個人的に大好きな版権で遊技機のアイデアを練ったり、グループで話し合ってオリジナルの遊技機を企画したり、さまざまな経験ができました。また他のクラスメイトの発表で、自分とは異なる角度からの発想を聞くのも楽しみでした。

自分の中では、せっかく貴重な2年間を費やすのだからと、講義中は誰よりも積極的に発言するよう心がけていました。その分、私語も多かったと思いますが......先生方にはご迷惑をおかけしました(笑)。

就職活動にあたっては、せっかく自分の好きなパチンコ・パチスロに関わるのですから「楽しく仕事がしたい」という基準を持ち、それを実現できそうな企業を中心に選考を受けることにしました。各社のインターンシップに参加にするうち、社員がみんな楽しそうに働いていて、しかも遊び心を持ったメーカーである大都技研に惹かれていきました。

面接では、パチンコ・パチスロに対する情熱、そしてインターンシップを通じて培った大都技研への想いを素直にアピールし、内定をいただくことができました。2年次に進級したばかりの四月のことでした。現在は、常に業界の頂点を目指し続ける大都技研の一助となれるよう、優秀な成績でG&Eを卒業するべく勉強と卒業制作を頑張っています。
G&Eに入学して本当に良かった。心からそう感じています。



K.Yくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2018年度PS総合開発コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職フリーター渋谷校

「パチンコメーカーに就職できるのは大卒だけ」をくつがえすことができた!

「パチンコメーカーに就職できるのは大卒だけ」をくつがえすことができた!

就職先:株式会社SANKYO
I.K (入学時年齢:26歳)

大学中退後、飲食店で約5年間働いていました。店長としての仕事にはやりがいもあったのですが、自分の本当にやりたいことは遊技機の開発。仕事の合間に「こんな遊技機を創りたい」とアイデアを練り、企画書にまとめていました。ある時、思い切って某パチスロメーカーに中途採用の問合せをしたところ「大卒でなければ受けられない」と聞き愕然......。
そこで悔しい想いを抱えながらも、大卒でなくてもパチンコメーカーに就職する道はないかを探り、G&Eという選択肢にたどり着きました。

G&Eの講義内容は簡単ではありませんが、好きなこと・知りたいことばかりでしたので、とことん頑張ることができました。講義を受けていて、入学前に作り込んでいた企画書の内容が実は遊技機の規則に抵触してしまうため、実現できないことも知りました......。が、だからこそどうやれば実現できるのか、講師にアドバイスをもらいながらクラスメイトと話し合い、アイデアを膨らませていく過程が、自分にとっては最も有意義で幸せな時間だったと思います。

就職活動に関しては、履歴書などの書類作成が本当に辛かった......。書いた書類は講師に添削してもらうのですが、不足部分を指摘され書き直し再提出、を何度も繰り返し、正直逃げたくなることもありましたが、この作業があったからこそ自分に対する理解が深まり、自信を持って「自分の強み」を打ち出せるようになったのかな、と思います。
実際に第一志望であるSANKYOの面接で、自分の強みである「プレゼンテーション能力」を大いに推したところ、「こんなにプレゼン能力をアピールしてくる人はいないよ」と面接担当者に苦笑いされてしまいましたが、結果としては好印象だったようで、有難いことに内定をいただくことができました。

G&Eでは、自分に足りなかった知識、経験、そして学歴まで与えていただき、本当に感謝しております。今後は業界をリードし続けるSANKYOの一員として、ヒット機種を生み出し会社に貢献していきたいと考えています!



I.Kくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2018年度PS総合開発コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職渋谷校社会人

パチンコメーカーへの就職を目標に、チャレンジしがいのある充実した日々を送ることができました

パチンコメーカーへの就職を目標に、チャレンジしがいのある充実した日々を送ることができました

就職先:株式会社SANKYO
U.R (21歳)

九州の大学で電気工学を学んでいましたが、その後の人生を考えた時、「夢のある職業に就きたい」という気持ちが強くなりました。自分にとっての夢。それは「人々の記憶に残る遊技機を創ること」です。
大学中退してまでG&Eに入学する、ということを両親に伝えるのは気が引けましたし大反対もされました。説得中に諦めかけたこともありましたが、地元の友達に相談した際、「お前が開発したパチンコ機が出たら、絶対に打つよ」と言ってくれたことが、大きな励みになりました。時間をかけて自分の想いの強さを両親に伝え、何とか納得してもらえました。

入学当初は、遊技機の勉強なんて簡単だろう、と甘く見ていたところがありました。しかし、新しいアイデアを生み出そうとする時、思いつきだけではなく頭をフル回転させないと、遊技機規則に反したものになってしまいます。そういった意味では、G&Eの講義内容はすごく難しいものでした。とはいえ、その難しさを乗り越えたところにヒット機種は生まれるのですから、極めてチャレンジしがいのある充実した日々を送ることができました。

2年生を前にして就職活動を意識し始めた時、企業に応募する書類を自分なりに頑張って作成したつもりでしたが、G&Eの先生に見せずに提出すると書類選考であっさり落ちてしまいました。先生に言われ、提出した書類のコピーを見直してみると、誤字脱字も多く、言いたいことが自分でも理解できない代物...。自分が就職活動を甘く見ていたことが原因でした。
その後はじっくり時間をかけて書類作成を行い、先生方にも夜遅くまで添削に付き合っていただきました。また面接練習も回数を重ね、自分で納得してから選考に進むように改めたところ、第一志望のSANKYOから内定をいただくことができました。
これから就職活動を行う方へ。書類作成はとにかく自己完結せず、先生や友達に見せて確認してもらうこと。また面接練習は「普段通りの自分が出せる」ようになるまで、ひたすら練習することが大事だと思います。

SANKYOに入社後は、自分の夢である記憶に残る遊技機の開発をバリバリ頑張っていきたいと思います!

2018年度PS総合開発コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職名古屋校大学中退

実際の遊技機開発者が講師。パチスロメーカーの開発現場で働くことをイメージすることができ、就職に役立ちました

実際の遊技機開発者が講師。パチスロメーカーの開発現場で働くことをイメージすることができ、就職に役立ちました

就職先:株式会社パイオニア
K.Y (22歳)

某大学の商学部を中退し、自分のやりたいことを見つめ直していた時期にG&Eビジネススクールの存在を知りました。パチスロ機の開発は理系の仕事と思い込んでいましたが、G&Eのスクール説明会に参加すると、文系でも開発職で就職した実績が多いと聞き、「パチンコ業界で開発として活躍する」という目標が初めて目の前で固まっていきました。

講義では、メーカーや遊技機開発会社で遊技機を開発している方が講師となります。遊技機規則などの知識や映像制作・プログラミングのスキルを学ぶだけではなく、講師の方の実際の仕事内容を語っていただくなど、開発現場で働くことをイメージするにあたってもひじょうに役立つカリキュラムだったと思います。

またG&Eに入り、生まれて初めて企画書というものを作成しました。最初の企画書は、自分から見てもひどい出来でしたが、何度も作成していくうちに、企画書の構成やデザイン、レイアウトに至るまで、満足できるものが仕上がるようになりました。クラスメイト達のさまざまな角度からの意見を聞き入れたり、講師陣による「愛のある」ダメ出しを受けたりして、随分鍛えられたと思います(笑)。

就職先は、会社のビジョンと自分のビジョンが合致していることを重要視して、オリジナリティの高いパチスロ機を開発しているメーカーを志望しました。就職活動では、人と同じ歩み・人と同じ内容では「記憶に残らない就活生」になってしまうと思い、誰よりも早く行動を開始し、自分にしか無い考えを伝えるよう心がけました。

内定をいただいた株式会社パイオニアは、どこのメーカーにも作れないオリジナル遊技機の数々を開発・製造し、ユーザーからもホールからもひじょうに愛されているメーカーです。そんな会社で、先輩方の技や感性を受け継ぎ、それを自分のものとしながら、いずれは後輩にも受け渡していき、20年30年と愛され続ける遊技機を生み出していきたい、と考えています。

2018年度PS総合開発コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職大学中退大阪校

文系出身でもパチンコ・パチスロ開発できるという可能性を信じて挑戦!

文系出身でもパチンコ・パチスロ開発できるという可能性を信じて挑戦!

就職先 : エピクロス株式会社
S.Y(26歳)

大学時代の就職活動では、数多くのパチンコ・パチスロメーカーを受けたのですが、あえなく全敗しました。諦めて他業種に就職したものの、何かが違うと思いながら過ごす日々でした。どうしてもパチンコ業界で仕事がしたいという想いを消すことができず、前職を丸3年間勤めたところで、転職を決意しました。

G&Eに入学したきっかけは、やはりその就職実績に惹かれたからです。文系出身の私でもパチンコ・パチスロの開発に関わる企業に就職できるという可能性を信じて挑戦してみようと思いました。

講義で学ぶ内容は、イメージしていたより難しいものが多く、打ち手として必要な知識と、作り手として必要な知識のギャップを思い知りました。ただ、自分の好きなことなので理解力も上がりますし、理解するまでやってやろうと思えました。自分の中で課題がみつかると、講義の無い日にも自主的に学校に行くようになりました。今までの人生ではこんなことはなかったので、改めて、この業界を目指すことに確信を持てました。

初めはメーカーにしか興味のなかった私ですが、G&Eで開催された企業説明会をきっかけに開発企業の存在を知りました。徹底的に調べてみると、実はメーカーよりも開発会社の方が開発に関する自由度が高いのだと分かり、本格的に開発会社を志望するようになりました。

就職活動では、志望企業が開発した機種の版権について、アニメ等を何度も観て研究したり、実際にその機種を打ったりして、機種の感想や改善点などをまとめレポートを提出するなど、自分の志望企業に対する本気度を伝える努力をしました。その甲斐あって、自分の思い入れが最も強かった機種を開発しているエピクロスより、内定をいただくことができました。
これからパチスロ開発漬けの毎日が送れると思うとうれしくてたまりません。自分を成長させてくれて、最高の仲間にも巡り合えたG&Eには本当に感謝しています。

2017年度PSプランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職名古屋校社会人遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

良い仲間、良い会社との出会い。そしてこれからの仕事に一番必要なことを学べました。

良い仲間、良い会社との出会い。そしてこれからの仕事に一番必要なことを学べました。

就職先 : 株式会社カリスト
O.T(26歳)

他業種で設計の仕事をしていましたが、本気で転職を考えた際、自分の一番大好きなパチンコ・パチスロに関わりたいと思いました。某遊技機メーカーに中途採用をしているか問い合わせたところ、未経験者では厳しいと言われてしまいましたが、その際にG&Eというパチンコ・パチスロに特化した学校があることを教えてもらいました。自分にはパチンコ業界以外の職種は全く考えられず、すぐにG&Eのスクール説明会に参加し、その場で入学する決断をしました。

入学してから最初に打ち込んだのがグループワークです。グループで企画書を作る時には皆でアイデアを出し合い、意見がぶつかることもありましたが、それを乗り越えて試行錯誤を重ねました。完成して皆でプレゼンした時には大きな達成感があり、全員が仲間という意識、強い絆が生まれました。

異なる環境・異なる思考の人々と、共通の趣味を通じ、一つの目標に向かって切磋琢磨していく......。これからの仕事に一番な必要なことを学べた一年間だったと思います。また、講義後に皆で食事に行ったり、遊びに行ったりと、在学中は最高に楽しかったです。

就職活動では、企業によって業務内容・開発担当分野が大きく異なるため、私自身が本当にやりたいことを企業にどうアピールするかを見極めるのが大変でした。講師陣がとても優しく、できないところは最後まで付き合っていただいたので、皆で内定を掴んだという一体感があります。

内定をいただいた株式会社カリストには、企業説明会の際に本音で語られた内容がとても共感できるものであったため、応募することにしました。お会いした社員の方も全員気さくで、とても働きやすい環境だと思い、選考が進むにつれて、もうこの会社しかないと確信しました。良い仲間と出会い、そして良い会社にも出会わせていただいたG&Eには感謝をしております。

2017年度PSプランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職名古屋校社会人遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

他の学生にない付加価値を求めダブルスクールでG&Eに通学。パチスロメーカーに就職を決められた

他の学生にない付加価値を求めダブルスクールでG&Eに通学。パチスロメーカーに就職を決められた

就職先:株式会社大都技研
Y.S (23歳)

大学在学中、パチスロメーカーへの就職を意識した時に、有名大学でもなく、理系でもない自分がパチスロメーカーに就職できるとしたら、他の学生にはない付加価値を手にすべきと考え、G&Eのスクール説明会に参加してみました。
G&Eでは週2日制で大学やバイトとの両立も可能、という話を聞きました。過去にもそうやって就職を成功させた先輩も多いらしく、自分も大学とG&Eのダブルスクールという形で通学することにしました。

クラスメイトは年代も立場もバラバラですが、共通点は皆がパチンコ・パチスロ好きだということ。大学やバイト先では知り合うことのなかったような人たちが、志を共にする仲間となり、自分にとって新しい世界が開けました。

G&Eで役に立ったなあと実感したことは、パチンコ・パチスロの開発に関する知識を、メーカーの現役社員の方々から学べたことです。特にパチスロのリール配列や状態移行の仕組みを理解する講義は、入学前から知りたかったことでしたので、為にもなりましたし、楽しく学べました。また、そういった開発現場で必要な知識をもとに、自分自身で繰り返し企画書を作成してプレゼン発表することで、発想力・実践力が効果的に身に着いたと思います。

目標達成のために、まずは行動することと思い、就職活動ではクラスメイトよりも多くの企業にエントリーし、積極的にインターンシップに参加するよう心掛けました。また面接で自分の想いを余すことなく伝えられるよう、誰よりも多く面接練習を行いました。(付き合っていただいた担任の先生には感謝しています!)
そのかいあって、大ヒット機種を量産している大手パチスロメーカーから内定をいただくことが出来ました。
入社後は、自分が企画したオリジナル機種を、遊技機としてもコンテンツとしてもヒットさせていけるカリスマプロデューサーを目指して、努力を積み重ねていきたいと思います。

2017年度PS総合開発コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職大学在学中渋谷校

G&Eでチャレンジしてみて本当に良かった

G&Eでチャレンジしてみて本当に良かった

就職先:株式会社カプコン
S.Y(25歳)

昔からパチンコ・パチスロが大好きな私ですが、学生時代にはパチンコ・パチスロを仕事にする、という考えにまでは至らず、他業種に就職し、普通に仕事をこなしておりました。ただ、そこにやりがいや面白味を感じられず、「これで良いのか」と自問している時期に、先輩から「パチンコを創る人のための学校がある」と聞き、俄然興味が湧いてきました。
正直申しますと、初めは怪しさも感じておりました。しかし、調べれば調べるほど専門性に特化した、遊技機の開発を深く学べる教育機関であることを知りました。また、業界大手の出資企業の名や、名だたる就職実績、そして完全就職保証制度などの安心感もあり、ぜひG&Eでチャレンジをしてみたい気持ちになり、入学することにしました。

講義内容は、想像していたよりも本格的な内容で、ひじょうに満足のいくものでした。パチンコ・パチスロの開発に必要な知識だけでなく、入学前は自信のなかったPCスキルも上達しました。とはいえ、私の入学したPS総合開発コースは週2日制で、勉強だけに専念するわけではなく、クラスメイトと交流しパチンコ・パチスロを打ちに行ったり、さまざまなイベントを企画したりと、充実した学生生活を送ることができました。どちらかと言うと、勉強よりも、クラスメイトとのイベント企画の方を頑張っていたかもしれません(笑)。

就活に際しては、自分のやりたいパチスロ機の企画ができるか、というところを重視して志望企業を選定し、なるべく多くの企業を訪問し、多くの選考を受けるようにしました。企業には、G&Eで培ったコミュニケーション能力と、誰にも負けないパチスロへの情熱を伝えるよう心がけ、その結果、最も自分の好きな機種を手掛けているカプコンより内定をいただくことができました。「パチンコ・パチスロが好き」と胸を張って言えるということは、この業界で働くにあたっては大きな武器となるのだと、改めて実感しました。

G&Eでチャレンジしてみて本当に良かったと思います。入社後は、自分の好きなことを仕事に出来る喜びを感じつつ、遊技者の記憶に残るような演出を数多く提案していきたいと思います!

2017年度PS総合開発コースゲームメーカーの遊技機部門に就職パチンコメーカー等の開発職として就職渋谷校社会人

パチンコメーカーへの夢をどうしても諦めたくなくて、G&Eに進学しました

パチンコメーカーへの夢をどうしても諦めたくなくて、G&Eに進学しました

就職先:株式会社高尾
Y.T (25歳)

パチンコ・パチスロ好きが嵩じて遊技機メーカーに入りたいと思い、新卒で就職活動を行いましたが、結果を出せませんでした。パチンコ・パチスロメーカーへの夢をどうしても諦めたくなくて、就活中に存在を知ったG&Eに進学しました。

G&Eに入るまでは、地元で1番のパチンコ好きという自負があったのですが、G&Eにはその上がゴロゴロいました...。そして、そんな仲間たちとパチンコを打ちに行ったり、飲みに行ったりと、ひじょうに濃く楽しい学生生活を送れたと思います。

今までで一番楽しかったのは、各予告演出に出現頻度や大当り信頼度を割り振っていく「演出振分け」の授業。ただ何となく自分好みの数値を振り分けるのではなく、実際にホール導入されて多くの人が遊技すると想定して数値を振り分けることにより、自分の中のこだわりが出来てきて、ひじょうに楽しかったです。

苦手だった面接の練習で、G&E講師の方に何度もお付き合いいただき、ようやく自信がついてきたタイミングで、パチンコメーカーの高尾からG&Eに求人の案内がありました。会社のビジョンと自分のビジョンが合致していることと、自分の個性を発揮できそうなこともあり、思い切って応募しました。面接では、練習の成果を発揮し、自分の遊技機に対する気持ちや今後のビジョンを熱く伝えることができ、おかげさまで内定をいただくことができました。

入社後は、既存の演出に捉われず、常に新しいものを追い求め斬新な遊技機開発に貢献していきたいと思います。素敵な講師陣やクラスメイトに囲まれ、充実したG&Eライフでした。本当にありがとうございました。

2017年度PSプランニングコースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職大学卒業後大阪校

パチンコメーカーへの就職を目指し、カリキュラムの専門性・本格性に安心して入学を決断しました。

パチンコメーカーへの就職を目指し、カリキュラムの専門性・本格性に安心して入学を決断しました。

就職先:株式会社高尾
T.Y (19歳)

YouTubeで自分の好きなパチンコ実戦番組を視聴していたところ、G&Eの動画広告を観て、「こんな学校があるんだ」と思ったのが、はじめての出会いでした。自分の大好きなパチンコ・パチスロを創ることが仕事になる、ということがひじょうに魅力的に感じられ、スクール説明会に参加することにしました。
スクール説明会では、どんなことを教えてもらえるのか、どんなところに就職できるのかを重点的に聞きましたが、思っていたより専門的なことを本格的に学び、その結果としてさまざまな企業に就職実績があるのだと知り、安心して入学を決断しました。
自分が入学したのは、毎日通学する2年制の総合エンタテインメントコースです。パチンコ業界や仕事内容について、あらゆる職種の知識やスキルが学べるということで、大変な部分もありましたが、充実した毎日を送ることができました。フリーター時代は我ながら自堕落な日常だったのですが、G&Eには楽しく毎日通えたため、自分の生活スタイルを改めることもできました(笑)。
就職活動にあたっては、とにかく色んな説明会に参加し、自分が良いと思った企業はどんどん受けようと考えました。人に誇れる学歴や自己PRがない分、自分の考えをしっかり伝えて笑顔で面接に臨むよう心掛けた結果、他メーカーとは一味も二味も違うパチンコを創るメーカー、高尾から内定をいただくことができました。
今後、高尾の商品企画として独創的なパチンコ機の開発に携わっていくのだと考えると、身の引き締まる思いです。自分の長所を活かしながら協調性をもって開発を行い、胸を張って自分の代表作を世に送り出せる開発者になりたいと思います。



T.Yくんが学んだ総合エンタテインメントコースとは?

総合エンタテインメントコース

2017年度パチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職フリーター名古屋校総合エンタテインメントコース

G&Eで、パチンコが好きな自分をもっと好きになることができました

G&Eで、パチンコが好きな自分をもっと好きになることができました

就職先:株式会社共栄商会
K.M(21歳)

工業高卒後、3年ほど他業界の工場勤めをしていましたが、当時の仕事に満足がいかず、転職を考えました。
「楽しく出来る仕事」を考え、自分の好きなパチンコに関わる仕事なら楽しく出来るだろうとG&Eへの進学も検討しましたが、会社を辞めてまで学校へ通うということに悩み、踏み切れずにいました。両親に相談したとき、「自分の人生なのだから、後悔の無いように生きなさい」と背中を押され、G&Eへの入学を決心しました。

講義で学ぶ知識やスキルは、普段の生活で身近に触れる内容ではないため、覚えるのが大変だったり、難しかったりもしました。それでも、自分が四六時中打っているパチンコに関する知識が増えていくことはこの上ない喜びでしたし、同じ趣味・同じ志を持つクラスメイト達と補い合いながら成長していく時間は、何事にも代えがたい貴重なものだったと思います。
自分が頑張ったことは、講義が始まる一時間前には必ず学校に自分が来て、業界研究や前回の講義の復習を行ったことです。結局一度も休むことなく通い続けましたが、それもやはり楽しくて毎日来たくなる学校だったからです。
就職活動では、自分のやりたい仕事である「役物設計」ができ、パチンコが好きな気持ちを評価してくれる会社を探し、羽根モノの役物設計ができる数少ない企業である共栄商会から内定をいただきました。入社後は、一刻も早く一人前の設計者となり、パチンコファンの記憶に残る羽根モノを創り上げたいと考えています。

G&Eに入って自分に自信を持つことができ、パチンコが好きな自分をもっと好きになることができました。この二年間は自分の人生で最も大切な二年間です。あの時、自分の背中を押してくれた両親、そして自分を育ててくれたG&Eには本当に感謝しています。



K.Mくんが学んだ総合エンタテインメントコースとは?

総合エンタテインメントコース

2017年度パチンコメーカー等の開発職として就職名古屋校周辺機器・部品メーカーに就職社会人総合エンタテインメントコース

G&Eでの経験が就職活動の大きな自信になりました

G&Eでの経験が就職活動の大きな自信になりました

就職先:株式会社アドテック
A.T(26歳)

大学卒業後に、精密機器を取り扱う企業のエンジニアとして勤務しておりましたが、在学時から興味のあったPS業界に就職したいと考えていました。
ある日、ネット広告でG&Eビジネススクールのことを知り、私自身が本当にやりたいことを仕事にするにはここにいくしかない!と考え、勤務していた会社を早期退職し、G&Eビジネススクール名古屋校映像プランニングコースに入学しました。

PCスキルが乏しい自分には1年の期間で技術が習得できるのかと不安はありましたが、制作に用いる映像系ソフトの使用方法も親切丁寧に教えていただく時間が多くありましたので不安は一気に解消されました。

実際の映像演出になぞらえた演出・CG素材制作や実際に業界で働くエンジニアを招いての講義、某有名メーカーへの映像作品プレゼン等、確実に今後の人生に役立つ実践的で有意義な講義を受けることが出来ました。

作品制作やグループワークなど大変で苦労することもありましたが自分的には非常に充実した1年を過ごせたと実感しています。

就職活動では応募書類の書き方から面接に至るまでの就活指導も受けることが出来、自分に自信を持つことが出来ました。そして希望である映像制作の仕事を目指して大手メーカーの機種開発を数多く手掛ける株式会社アドテックに応募し、無事に正社員として採用されることとなりました。

これからは作り手側として今までにG&Eで培った経験を糧に業界に更なる活気を与えるようなエンジニアになっていきたいと考えております。



A.Tくんが学んだPS映像プランニングコースとは?

PS映像プランニングコース

2016年度PS映像プランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職名古屋校社会人遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

G&Eならではのネットワークを最大限活用させていただきました

G&Eならではのネットワークを最大限活用させていただきました

就職先:株式会社アイル
E.R(22歳)

大学在学時に、「ダブルスクール」という形でG&Eに入学しました。
私の夢は出玉設計を職業とし、人々を熱狂させるパチスロ機を産み出すこと。これを実現するため、両親に入学金・受講料を借りての入学でした。

入学前からアルバイト先のパチンコホールでいただいた業界専門誌を読み込み、独学で出玉設計を勉強していたのですが、G&Eの講義では、自分の知らない部分の遊技機規則を学んだり、専用ツールを用いてリール配列の仕組みを学んだりと、G&Eでしか得られない知識や実践経験を数多く得ることができました。

また出玉仕様書の作成で分からないことがあった時は、現役の出玉設計者として活躍している卒業生の方にわざわざ学校へお越しいただき、直接指導していただくなど、G&Eならではのネットワークを最大限活用させていただきました。

就職活動が始まった時、最初は甘く考えていたこともあって、G&Eで書類添削も面接練習も受けることなくぶっつけ本番で応募してしまい、一次面接すら通過できませんでした。出玉設計の仕事に就くという自分の本気を貫くのにこのままではいけない、と心を入れ替えた時期に、株式会社アイルの求人情報が目に留まり、出玉設計・図柄配列等に強い企業と知って運命の出会いを感じました。

謙虚にG&E講師の方々の指導を仰ぎ、自分の夢と適性・強みを伝える練習を繰り返し行った上でアイルに応募したところ、一発で内定をいただくことができました。

就職先は、パチンコ・パチスロ好きが集う遊技機専門の開発会社。好きだからこそ、もっと面白い機種を作りたい、と熱い想いで開発に取り組んでいる企業です。その一員に加えていただいたことを誇りに思います。

G&Eへの入学を相談した時、「やりたいことがあるなら、最後まで頑張れ」と励ましてくれた両親の想いに応えることができ、嬉しく感じております。ありがとうございました。

2016年度PSプランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職大学在学中大阪校遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

唯一の取り柄である「パチスロへの情熱」を仕事にするしかないと思い、G&Eに入学

唯一の取り柄である「パチスロへの情熱」を仕事にするしかないと思い、G&Eに入学

就職先:エピクロス株式会社
S.Y(25歳)

工業高校を卒業後、5年ほど工場に勤務しましたが、人生に夢と潤いが欲しいと思い転職を志しました。ただ、何の取り柄もない私が目指せる職業は何か?と考えた時、唯一の取り柄である「パチスロへの情熱」を仕事にするしかないと思い、パチスロ情報誌で知ったG&Eに入学することを決断しました。

私の在籍するPS総合開発コースを一言で表すなら、「非常に心地よい空間」。同じ趣味を持つ仲間に囲まれ、自分の好きなことをより深く学んでいくのは、快感以外の何物でもありません。茨城県の自宅から高速バスでの通学でしたが、週2日の通学制だからこそ、毎回G&Eに通うのが楽しみで仕方ない感じでした。

就職活動では、とにかく面白いパチスロ機を作ることのできる面白い会社に就職したいと考え、私の最も好きな機種を開発した企業へアプローチしたところ、私の溢れる情熱を汲み取っていただき、内定を獲得することができました。

入社後の夢は、自分のスキルを極限まで高め、自分が世界で一番面白いと思えるパチスロ機を創り上げることです。一所懸命がんばります!

2016年度PS総合開発コースパチンコメーカー等の開発職として就職渋谷校社会人遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

G&Eは「好きを仕事にするための空間」だった

G&Eは「好きを仕事にするための空間」だった

就職先:エピクロス株式会社
K.S(26歳)

パチスロ業界企業への就職実績について書かれた雑誌記事に目が留まったのが、私がG&Eを知ったきっかけでした。現役の開発者の方から直接、「今の知識」を学べる点に魅力を感じ、入学を決意。正直なところ、仕事を辞めてまでG&Eに通う、ということには両親から反対もされましたが、自分の意志で押し切っての入学でした。

パチスロの数値が好きで、出玉・リール制御設計の仕事に就きたいと思っていたので、G&Eの講義で専門的・重点的に学べたことは本当に良かったと思います。例えば、実際に遊技機開発の現場で使われるツールを用いて、現役の開発者が私の知らないリール配列の法則やテクニックを教えてくれる......。こんな経験、他の学校では絶対に味わえません(笑)。

また講義以外の時間も、自由に自習室が使え、やりたいと思った時に自習ができるため、自分の興味・関心を能力・経験に変えられる環境が整っています。まさに「好きを仕事にするための空間」だったと思います。

私が内定をいただいたのは、パチスロをエンタテインメントとして、より発展させようと活動されている企業。聞けば皆がアッと驚く大ヒット作をいくつも手掛けている開発集団です。その一員に加えていただいたことを誇りに思います。

入社後は、リールを見ただけで「この機種を打ってみたい!」と思わせるような配列を考え、ユーザーに心から楽しんでもらえるパチスロ開発を行えるよう頑張っていきたいです。

2016年度PSプランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職大阪校社会人遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

今ではPCを扱うことが楽しくてならないほどに成長できました

今ではPCを扱うことが楽しくてならないほどに成長できました

就職先:株式会社ナウプロダクション
S.S(22歳)

大学を中退し、やりたいことを探していた時に知人からG&Eの存在を聞きました。
パチンコ業界の就職に強い学校で自分の好きなメーカーも出資している、と聞いて自分のパチンコへの愛情を活かせるのでは、と感じました。

PCスキルが皆無だったため、ひじょうに不安を感じつつ入学しましたが、講師の皆さんは生徒全員が出来るまで丁寧に優しく指導して下さり、今ではPCを扱うことが楽しくてならないほどに成長できました。 特に、映像制作ツールを使いこなし、自分で考えたリーチや作成した図柄が本物の遊技機液晶のように動いた瞬間には、感動を覚えました。

入学当初はパチンコメーカーに入りたい、と考えていたのですが、G&Eで業界構造を学ぶにつれて、自分が本当にやりたいことは遊技機開発企業でこそできるのだ、と知り、就職活動は開発企業を中心に応募することを決意。 2年に進級し、G&Eで生徒作品発表会を開催した折に、ナウプロダクションの方から声をかけていただきました。

実際に勤務されている方の人物像と遊技機への考え方・こだわりが自分の考えとマッチしていたこともあり、すぐにナウプロダクションの求人に応募し内定をいただくことができました。

こういった縁に導かれ、内定をいただけたのもすべてG&Eという環境のおかげです。自分の携わる遊技機がホールに投入された暁には、真っ先にG&Eの恩師に報告したいと思います!ありがとうございました。



S.Sくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2016年度PS総合開発コースパチンコメーカー等の開発職として就職大学中退大阪校遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

パチンコ業界で活躍したい人にとって理想的な環境と断言できます

パチンコ業界で活躍したい人にとって理想的な環境と断言できます

就職先:株式会社KEYクリエーション
O.T(25歳)

好きではない仕事でも、続ければ好きになるのでは...? と思いつつ入社した会社では、私のモチベーションは数か月しか続きませんでした。

やはり好きなことを仕事にしたいと思い、そのための能力を身に付けるべくG&Eに入学しました。
2年間通学した私が断言できるのは、G&Eはパチンコ業界で活躍したいと考える人にとって理想的な環境である、ということ。例えば商品企画ひとつとっても、プロの使うツールを用いて企画書を創り上げること、実際の開発者たちから自分の企画を評価してもらえること、同じ志を持つ人たちの企画と比較・競争できること、いずれもG&Eでなければ出来ないことです。

G&Eは業界企業とのパイプが太く、隠れた優良企業からの求人が多いのも特長です。かくいう私も、KEYクリエーションという遊技機開発会社の存在を、担任の先生から紹介されて初めて知り、企業研究を行うにつれ、その魅力に惹き込まれました。

自分の大好きな機種を手掛けている企業の一員としていただき、自分の好きなメーカーの機種開発に携わることのできる喜びを日々噛みしめています。ありがとうございます!



O.Tくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2016年度PS総合開発コースパチンコメーカー等の開発職として就職渋谷校社会人遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

G&Eは自分を変えるキッカケとなった唯一の場所です

G&Eは自分を変えるキッカケとなった唯一の場所です

就職先:株式会社カプコン
Y.K(28歳)

もともと大学を中退後、気ままなアルバイト生活を送っていましたが、20代後半になり焦りも出始めた時期でした。 YouTubeで流れていた動画でG&Eの存在を知った時、「パチスロ開発を仕事にする」という人生の選択肢をイメージし「自分にはこれしかない!」と確信、入学を即決しました。

G&E大阪校の雰囲気を一言でいうと「アットホーム」。年代もコースも異なる人たちがコミュニケーションを取りやすい環境で、みんな一丸となって勉強している雰囲気があり、自分のモチベーションアップにもつながりました。

最も楽しかったのはグループワークでの企画書制作。メンバー同士で何度も意見交換し、アイディアを練り、面白い作品を作っていくという、本当の開発現場さながらの活動でしたので、自分自身も全力で取り組みましたし、全員にとって非常にプラスになる経験でした。

就活では、自分の考える「遊技機の理想形」に近い遊技機を開発しているメーカー・開発企業を廻り、その中でも自分の想いを素直にアピールできたカプコンから内定をいただくことができました。内定連絡の中で「パチスロに対する熱意、弊社に対する熱意が伝わってきました」と言葉をいただいた時は、嬉しくて涙が出ました。熱意を受け取っていただき、ありがたい限りです。

G&Eがなかったら今の自分はない、と言っても過言ではありません。自分を変えるキッカケとなった唯一の場所です。
G&Eを卒業生した先輩に続き、G&Eの名に恥じないよう努力を重ねてまいります!



Y.Kくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2016年度PS総合開発コースゲームメーカーの遊技機部門に就職パチンコメーカー等の開発職として就職フリーター大阪校

目標に一歩ずつ近づいている実感を得ることができました

目標に一歩ずつ近づいている実感を得ることができました

就職先:株式会社カプコン
O.Y(22歳)

大学では経済学部に在籍しましたが、自分の本当にやりたいこととは違う......。
父と祖父母に真剣に相談したところ「自分が好きなことを精一杯がんばりなさい」との言葉をいただき、大学を中退してG&Eに入学する道を選びました。自分が好きで選んだ以上、中途半端な気持ちではいけない、と思い頑張り続けた1年半でした。

PS総合開発コースは、私より年上の人が多いクラスでしたが、遊技機に対する想いはみな同じで、互いに切磋琢磨しながら楽しく学ぶことができました。クラスメイトのみんながいたからこそ、今の自分があると思っています。就職してからも長く付き合えるクラスメイトと出会えた、という意味でも、G&Eに入学して本当に良かったと思っています。

一番楽しかったのは、各種ツールの操作を学ぶ講義。講義を受けるたびに自分の知識・スキルが増え、目標に一歩ずつ近づいている実感を得ることができました。特にアフターエフェクトの習得には力を入れ、最終的には自分一人でパチンコの演出動画を制作できる能力が身に付きました。

就活では、自分自身の遊技機への想いや考えを企業に伝えることを意識しました。結果的に憧れのゲームメーカー、カプコンから内定を頂き、改めて「自分の想いを持つ」ということが大切なのだと感じました。社員の想いを形にして、ユーザーの心に届ける力のある企業の一員となれることに誇りを持って、会社にもユーザーにも貢献していきたいと思います。



O.Yくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2016年度PS総合開発コースゲームメーカーの遊技機部門に就職パチンコメーカー等の開発職として就職大学中退大阪校

自分が好きなことに関するものばかりだから、楽しんで取り組むことができる

自分が好きなことに関するものばかりだから、楽しんで取り組むことができる

就職先:株式会社カプコン
A.J(19歳)

パチスロを打ちながら「こんなゲーム性なら良いのに」と思うこと多数。
自分のアイディアが搭載されたパチスロ機が並ぶ様子を見たい、そのためには...と考え、G&Eで学ぶことを決めました。 入学にあたっては、幅広くパチンコ業界の知識を学べる「総合エンタテインメントコース」を選択。若い生徒が多いコースと聞いたのもポイントの一つです。

G&Eの講義は、自分が好きなことに関するものばかりですから、楽しんで取り組むことができます。また難しいことはクラスメイトに教えてもらったり、逆にこちらの得意分野を教えたりして、大きく躓くことなく成長できたと思います。

クラスメイトはみんながパチンコ・パチスロ通ですし、それぞれがいろんな角度からパチンコ・パチスロを真剣に見つめています。だからこそ、彼らとパチンコ談義を重ねることで、さまざまな観点でアイディア出しが出来るようになりました。

就職活動では、パチスロの知識とアイディア力、そして自分の若さと可能性をアピールした結果、唯一無二の作品を世に出し続けるゲームメーカー、カプコンより内定をいただくことができました。

G&E卒業まであと半年。自分の可能性をさらに広げられるよう、卒業制作に全力で取り組み、またカプコン入社後は、パチスロ演出企画のエースとなり、業界のトレンドを作っていける存在になりたいと思います!



A.Jくんが学んだ総合エンタテインメントコースとは?

総合エンタテインメントコース

2016年度ゲームメーカーの遊技機部門に就職パチンコメーカー等の開発職として就職名古屋校総合エンタテインメントコース高校卒業後

楽しいことをやっていたら勝手に頑張ってしまっている、という状態

楽しいことをやっていたら勝手に頑張ってしまっている、という状態

就職先:株式会社トーセ
A.K(22才)

高卒後、会社員として工場に勤務していましたが、パチンコ業界開発職への転職を目指してG&Eへ入学しました。前職とは畑違いの分野ですが、G&Eで学ぶのは「好き」なことなので、頑張ったという印象はありません。楽しいことをやっていたら勝手に頑張ってしまっている、という状態で1年間を過ごすことができました。

就職活動では会社の雰囲気や風通しを重視して企業選定しました。結果として上場企業から内定をいただくことができ、感無量です!

2015年度以前PSプランニングコースゲームメーカーの遊技機部門に就職パチンコメーカー等の開発職として就職名古屋校社会人

パチンコメーカーへの就職に向けて「好きだからこそ頑張れる」を実感しました

パチンコメーカーへの就職に向けて「好きだからこそ頑張れる」を実感しました

就職先:株式会社平和
A.Y (26歳)

大卒後、不動産会社に1年間勤めましたが、本当に自分のやりたいことに専念したいと決意し、退職しました。
自分の最もやりたいことは何か?それは「長く愛される遊技機を自分の手で創り出すこと」
そのための最短ルートとしてG&Eを選択しましたが、入学してみると、まさに自分のやりたいことが詰まったカリキュラムで、パチンコメーカーへの就職に向けて「好きだからこそ頑張れる」を実感することができました。

G&Eでは知識の習得のみならず、自分の考えた遊技機の企画書を完成度高く制作することにも全力を尽くし、就職活動の終盤ごろには自信をもって提出できる企画書が出来上がりました。

G&Eで得た経験と自信をもとに就活を行った結果、パチンコ業界を牽引する優良企業、平和さまから内定をいただき、身の引き締まる思いです。
これから内定者研修、卒業制作とさらに忙しくなりますが、初志貫徹の心意気で頑張ります!



A.Yくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2016年度PS総合開発コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職渋谷校社会人

パチンコメーカーの開発現場で働くイメージを明確に持つことができました

パチンコメーカーの開発現場で働くイメージを明確に持つことができました

就職先:株式会社ジェイビー
S.T (23歳)

パチンコ業界就職率の高さと、実践的な講義内容に惹かれ、大学を中退しG&Eに入学しました。
講義内容は難しいところもありましたが、専門分野に強い講師の方々が詳しく説明して下さり、心強く感じました。 その中で最も楽しかったのはパチンコ開発者講話。パチンコ・パチスロの新機種開発に実際に携わった担当者・責任者の方が開発の仕組みや流れ、開発中の裏話に至るまで語って下さるので、開発現場で働くイメージを明確に持つことができました。これは産学協同を謳うG&Eでしか得られない経験だったと思います。

就活では担任の先生の紹介もあり、オリジナリティにこだわりパチンコ本来の楽しさを追求するパチンコメーカー、ジェイビーへ応募し、自分のやりたいことを強くアピールした結果、内定をいただくことができました。

これまで、「パチンコ業界に就職したい」と夢を持ち続けてきましたが、これからは「パチンコをもっともっと発展させ盛り上げたい」という夢に切替えて、努力を重ねていきたいと思います。
G&Eには本当に感謝しています。

2016年度PSプランニングコースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職大学中退渋谷校

遊技機は、一ユーザーレベルの思いつきでは作れない...を痛感

遊技機は、一ユーザーレベルの思いつきでは作れない...を痛感

就職先:株式会社高尾
T.S (23歳)

高卒後に働き始めた会社で販促企画の立ち上げを行っていましたが、自分の想像力や個性が発揮できる業種として、パチンコ業界への転職を決意。特に「企画」という職種が最も輝けるパチンコメーカーへの転職を目指してG&Eに入学しました。

入学前からアイディア力には自信があったのですが、入学して早々、私の一ユーザーとしての知識がいかに乏しかったかを痛感しました。遊技機は、一ユーザーレベルの思いつきでは作れない......。遊技機の仕組みを仔細に理解し、緻密な計算や戦略に基づいた秀逸なアイディアを産み出せて初めて、メーカーへの道が拓けるのだと思い知り、規則の知識習得やグループワーク・企画書作成に励みました。特に自分の分身ともなり得る「パチンコ商品企画書」は、何度も作り直しを行い、納得できる形に仕上げていきました。

志望企業は、規模の大小に拘らず、常識にとらわれず社員が積極的に挑戦できる会社を選定。面接では柔軟性と社交性、そしてなにより私の個性をアピールした結果、業界で最も個性的な(!?)パチンコメーカー、高尾から内定をいただくことができました。

私は「腰は折れても心は折れるな」を座右の銘にしています。肉体的に苦しくても気持ちを切らさず諦めない、という精神が成功を呼ぶのだと信じ、多くのユーザーが夢中になれるような機種を作り上げていきたいと思います。



T.Sくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2016年度PS総合開発コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職名古屋校社会人

仲間たちと議論を重ねることで得た経験は、自分の中で大きな礎となりました

仲間たちと議論を重ねることで得た経験は、自分の中で大きな礎となりました

就職先:株式会社高尾
M.S (26歳)

大学卒業後に勤めていたパチンコホールで、機種のミニパンフに掲載されていた広告を見て、G&Eの存在を知りました。
常々、パチンコを遊技していて「こんなスペックがあったら」と夢想していましたが、それを実現できる最短ルートがあるのだ、と昂ぶり、当時の尊敬する上司に相談。「やりたいと思ったことをやるべき」と快く送り出していただき、G&Eに入学しました。

入学したPS総合開発コースでは、生徒みんなが色々な考えを持っていて、それを自由に言い合える雰囲気がありました。講義で吸収できる知識も貴重なものですが、仲間たちと理想のスペックやゲーム性に関する議論を重ねることで得た経験は、自分の中で大きな礎となった実感があります。

本格的に就職活動を始めようとした矢先、高尾からG&E限定求人の話があり、真っ先に応募しました。というのも、以前G&Eのイベントで高尾の社長のお話を直に聴く機会があり、お話の内容に深く共感していたこともあって、高尾という企業に憧れを抱いていたからです。
面接では、本気でこの会社で働きたいという意志を全面的に出し切り、結果として内定をいただくことができました。

憧れの企業で、自分が携わったパチンコ機を世に出すという夢を叶えることができるのは、すべてG&Eのおかげと感謝しています。



M.Sくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2016年度PS総合開発コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職名古屋校社会人

業界就職のリベンジ達成!感無量です

業界就職のリベンジ達成!感無量です

就職先:イートレックジャパン株式会社
Y.K(24歳)

大学時代に、遊技機開発職を目指して就職活動をしましたが、内定獲得できず...。どうしてもパチンコ業界に就職したい一心で、一番の近道といわれるG&Eに入学しました。

開発の仕事を行うにあたって必要不可欠なプレゼンテーションが、入学前はあまり得意ではなかったのですが、G&Eでは前に出てプレゼンする機会も多く、人前で話す事の苦手意識がなくなりました。その他、グループワークや企画書作成、AEなどツールの習得など、どれも楽しく学ぶことが出来ました。

就職先では、まず自身で考え行動できる社員になりたいです。より多くの人に自分の携わった遊技機を楽しんでもらえるよう、G&Eで学んだことを活かしていきたいと思います!



Y.Kくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2015年度以前PS総合開発コースパチンコメーカー等の開発職として就職名古屋校大学卒業後遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

自分の好きなパチスロの中身を知ることができるというのは、実に嬉しいものです

自分の好きなパチスロの中身を知ることができるというのは、実に嬉しいものです

就職先:株式会社BOOOM
Y.K(25歳)

大学中退後、気ままなフリーター生活でしたが、パチスロ雑誌でG&Eの記事を目にした瞬間、自分の天職を直感し入学を決意しました。講義は「楽しい!」の一言。自分の好きなパチスロの中味を知ることができるというのは、実に嬉しいものだと感激しました。

誰もが知っている大ヒットパチスロ機を一から作っている企業に企画職として内定をいただくことができました。近い将来、自分の携わるパチスロ機が大量にホールに並ぶ様子を想像するだけで、ワクワクしてきます!G&Eには感謝の言葉しかありません!



Y.Kくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2015年度以前PS総合開発コースパチンコメーカー等の開発職として就職フリーター渋谷校遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

「パチンコに関わる仕事がしたい」という熱い想いが抑えきれなくなりました

「パチンコに関わる仕事がしたい」という熱い想いが抑えきれなくなりました

就職先:イートレックジャパン株式会社
H.K(26歳)

四国の飲食店で働いていましたが、「パチンコに関わる仕事がしたい」という熱い想いが抑えきれなくなり、新設されたG&E大阪校へ入学しました。クラスメイトは年齢もバラバラですが、パチンコ・パチスロ好きという絆で固く結ばれ、すぐに気が置けない仲に。優しく、熱い講師陣にも支えられ、充実した日々を過ごすことができました。

就活では、コンテンツに強い在阪企業を中心に廻り、自分の大好きな遊技機を手掛ける企業から内定をいただくことができました。自分の携わった台で、遊技者を笑顔にしていきたい。そんな自分の夢を叶えるために、一所懸命がんばります!

2015年度以前PSプランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職大阪校社会人遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

「好き」という気持ちが武器になるとG&Eで実感しました

「好き」という気持ちが武器になるとG&Eで実感しました

就職先:イートレックジャパン株式会社
S.T(26歳)

まったくの未経験から、「好き」というだけでパチンコ業界を目指し、パチンコ雑誌で存在を知ったG&Eに飛びこみました。始めは難しい内容も少なからずありましたが、講師の方が親切に対応してくれたため、心折れずに2年間を走り抜けることができました。G&Eでは、遊技機の知識はもちろんですが、社会人としての知識、心得も数多く教わり、人間的に成長できたと感じています。

就職先は、遊技機の映像演出でゲーム性を盛り上げる優れた技術と、魅力あふれるオリジナル版権で、今後の遊技機業界を牽引していく素晴らしい企業。面接にあたっては、自分自身のやる気と情熱を存分に伝え、それを受け止めて下さったのだと思います。 誰もが「名機だ」と感じていただけるようなオリジナルコンテンツの遊技機を量産できるような企画者を目指し、頑張ります!



S.Tくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2015年度以前PS総合開発コースパチンコメーカー等の開発職として就職名古屋校社会人遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

自分の好きなことを仕事に出来るビジョンが明確に見えました

自分の好きなことを仕事に出来るビジョンが明確に見えました

就職先:株式会社エースプロ
S.A(20歳)

通信制高校からの進学先として複数の学校を検討しましたが、自分の好きなことを仕事に出来るビジョンが明確に見えたG&Eへ入学を決めました。エンタコースでは開発系・営業系を問わず、2年間にわたり業界のあらゆることを学べますので、仲間と共に「自分の本当にやりたいこと」を突き詰めることができました。

就職先は「業界を変える」という社訓を掲げる挑戦的な企業。ここで「常に面白いことを考えられる大人」になり、パチンコ業界を自分の理想とする業界へと近づけて行きたいと思います!



S.Aくんが学んだ総合エンタテインメントコースとは?

総合エンタテインメントコース

2015年度以前パチンコメーカー等の開発職として就職広告代理店・出版社・メディアに就職渋谷校総合エンタテインメントコース高校卒業後

アルバイト先の上司に背中を押されG&Eに飛び込みました!

アルバイト先の上司に背中を押されG&Eに飛び込みました!

就職先:株式会社森創
S.U(25才)

学生時代からパチンコ・パチスロが大好きだったので、作ってみたいとは考えていましたが、自分には無理だろうと、勝手に諦めていました。しかしある時、パチンコホールのアルバイト中、上司に「本当は遊技機の開発がしたい」と話したところ、G&Eという学校があるよと紹介され、自分の気持ちを前に進めるために入学。

入ってみて感じたのは、役立つ知識が欲しいだけ得られる、理想的な場所だということ。また、これだけパチンコ好きが集まる場所は無いだろうと思える楽しい環境で、仲間とパチンコへの想いや考えを熱く語りあった一年間は、本当に楽しい思い出です。 就職先は、会社全体が「パチンコが好き」という雰囲気で、パチンコを作るのに夢中になれる環境が整っている役物制作会社です。早く第一線で活躍できる役物設計者になって、ヒット機種を世に放ちたいと、今からウズウズしています。(笑)

2015年度以前PSプランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職フリーター名古屋校周辺機器・部品メーカーに就職

パチンコの面白さの根幹となる玉と釘の知識を極めたい

パチンコの面白さの根幹となる玉と釘の知識を極めたい

就職先:豊丸産業株式会社
S.H (25歳)

高校教員を目指していた大学時代にG&Eの雑誌記事をみて、「本当にやりたいことはこれだ!」と確信し入学を決めました。G&Eは講師がすべて業界のプロなので、パチンコ・パチスロ開発に直結した内容を安心して学べるのがいいですね。

就職活動では、パチンコの面白さの根幹となる玉と釘の知識を極めたいと考え、ゲージ開発ができるメーカーを中心に企業研究を行いました。採用選考でパチンコやゲージ設計に対する想いをとにかく必死に伝えた結果、最もパチンコらしいパチンコを作るメーカーから内定をいただくことができました。入社後は、パチンコの歴史を塗り替えるようなゲージを開発し、G&E生を採用して良かったと思われるような活躍を目指します!



S.Hくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2015年度以前PS総合開発コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職大学卒業後渋谷校

G&Eへの入学は、人生最大にして、最良の選択でした

G&Eへの入学は、人生最大にして、最良の選択でした

就職先:パチスロメーカー
T.S (23才)

大学2年の時にG&Eの存在を知り、大学とG&Eのダブルスクールで2年間を過ごすという、思い切った選択をしました。

G&Eでは、かけがえのない仲間と出会い、パチスロの知識と開発スキルを効率的に習得し、常に新しいことにチャレンジしている理想的な企業への就職が決まり、ただ大学に通うだけでは得られない経験と結果を得ることができました。

あの時の選択は、人生最大にして最良の選択だったと思います。 就職先では「このジャンルを任せるなら髙橋に」と言ってもらえるような活躍をしていきたいと思います!



T.Sくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2015年度以前PS総合開発コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職大学在学中渋谷校

友人に続き、自分も夢を叶えたいとG&Eのお世話になることにしました

友人に続き、自分も夢を叶えたいとG&Eのお世話になることにしました

就職先:ネット株式会社
S.H(28才)

国際物流企業に勤務していましたが、G&Eに通っていた友人が遊技機メーカー開発の内定を獲得したと聞き、自分も夢を叶えたいとG&Eのお世話になることにしました。

現場の第一線で活躍されている講師陣の講義は、難しいものも多かったのですが、いずれもタメになる面白い内容でした。また知識の習得にもスキルアップにも、学校を自由にのびのびと活用させていただき、企画書作りに没頭することができました。

最も楽しそうで、やりがいのある第一志望企業から内定をいただき、嬉しい限りです。自分の企画でヒット作を産み出せるよう、G&E魂を発揮していきたいと思います。

2015年度以前PSプランニングコースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職大阪校社会人

フルタイム勤務を続けながら通学しました

フルタイム勤務を続けながら通学しました

就職先:株式会社カリスト
K.T(26歳)

前職の退職時期がずれ込み、G&E入学から3ヶ月間はフルタイム勤務を続けながら通学しました。大変な時期ではありましたが、さまざまな境遇で共に頑張る仲間たちの存在が励みになりました。

またメーカーや開発企業など、現場で活躍する社員の方が行う講義は、すべてが役立ち、刺激になりました。内定をいただいたのは、大ヒット作を生み出している開発企業です。「次のヒット作は自分が作る!」という意気込みで頑張りたいと思います。

2015年度以前PSプランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職渋谷校社会人遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

想像していたよりもずっと充実した1年間

想像していたよりもずっと充実した1年間

就職先:株式会社カリスト
T.K(23歳)

パチンコ情報誌の広告でG&Eの存在を知りました。同じような仲間と一緒に学べると考えただけで気持ちが高まり、入学を即決。仲間の存在もさることながら、G&E卒業生とのつながりも有難いですね。就活の不安や職場での仕事のことまで色々聞けて、とても役立ちました。

G&Eに入学し、趣味が合う素敵な仲間と出会えて、自分の大好きな機種を作った開発企業に就職できて......想像していたよりもずっと充実した1年間を過ごすことができました。

2015年度以前PSプランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職フリーター名古屋校遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

目に見える形で成長を実感

目に見える形で成長を実感

就職先:株式会社BOOOM
U.D(25歳)

パチスロ機の演出プランナーを目指し、入学前から自分のアイディアを企画書にまとめていましたが、やはりG&Eでじっくり経験を積んでから仕上げた企画書は、見栄えも内容も格段に違います。目に見える形で成長を実感でき、就活を行うにあたっての自信にもつながりました。

メーカーに近い立場で遊技機を制作できる企業から内定をいただきましたので、今後は演出企画のプロとして、様々なヒット作の演出に携わっていきたいと考えています!



U.Dくんが学んだPS映像プランニングコースとは?

PS映像プランニングコース

2015年度以前PS映像プランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職フリーター渋谷校遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

非常に分かりやすく教えていただきました

非常に分かりやすく教えていただきました

就職先:株式会社BOOOM
K.K(23歳)

働くなら絶対パチンコ業界・パチスロ業界!との思いでG&Eへ。専門的な知識や計算に関する講義も多いのですが、非常に分かりやすく教えていただきました。また開発系の講義では多くの機種の内部仕様を詳しく知ることができ、自分の知識レベルを高める上で大変役立ちました。

志望企業のBOOOMには就職活動前からアルバイトとして働き、十分に実績を積み上げた上で面接に臨み、無事内定をいただくことができました。



K.Kくんが学んだ総合エンタテインメントコースとは?

総合エンタテインメントコース

2015年度以前パチンコメーカー等の開発職として就職大学中退渋谷校総合エンタテインメントコース遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

実際の開発現場にいるかのような臨場感

実際の開発現場にいるかのような臨場感

就職先:株式会社ザイクス
H.D(25歳)

パチンコ業界に就職するなら、G&Eが一番の近道。アパレル業界にいた私が転職を意識した時に出した結論です。G&Eでは現役開発者が講義を担当し、クラスメイトたちと意見を出し合いながらオリジナル実機を制作するなど、まるで実際の開発現場にいるかのような臨場感がありました。

内定を下さったのは、マーケティングから制作までほぼすべての工程を受け持つ開発会社。G&Eでの経験を活かし、私の考えた遊技機で業界をもっと盛り上げていきたいです。



H.Dくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2015年度以前PS総合開発コースパチンコメーカー等の開発職として就職名古屋校社会人遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

現役開発陣による講義は、すべてが新鮮!

現役開発陣による講義は、すべてが新鮮!

就職先:株式会社zeal
O.S(23歳)

商学部での勉強に興味を抱けず、思い切って大学を中退しG&Eへ。現役開発陣による講義は、すべてが新鮮!実際の開発現場での苦労や工夫、そして成功体験(時には失敗談も)を楽しそうに伝えてくれるので、「自分も早くこんな環境で働いてみたい!」と思いつつ講義を受ける日々でした。

就職先は小規模ながらも経験豊富な先輩が多く、自分を成長させられる環境を持つ開発会社です。たくさんのヒット機種を生み出せるプランナーを目指します!



O.Sくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2015年度以前PS総合開発コースパチンコメーカー等の開発職として就職大学中退渋谷校遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

PC初心者の自分でも講義内容についていくことができました

PC初心者の自分でも講義内容についていくことができました

就職先:株式会社デジタル・フロンティア
A.M(29歳)

フリーター生活が長く、就活も上手くいかずに先の見えない状態でしたが、自分の人生は一回きりと考え、思い切って好きなことを仕事にしようとG&E入学を決断。実際に映像業界で活躍する方が講師で、分かりやすく教えていただき、PC初心者の自分でも講義内容についていくことができました。

就職先は多くの有名CG作品を輩出している企業です。G&Eで学んだ事を生かし、さらなるスキルアップを目指して業界に貢献できればと思います。



A.Mくんが学んだPS映像プランニングコースとは?

PS映像プランニングコース

2015年度以前PS映像プランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職フリーター名古屋校遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

G&Eへの進学がベストだと決断

G&Eへの進学がベストだと決断

就職先:株式会社デジタル・フロンティア
N.T(22歳)

大学在学中から就職先はパチンコ業界と決めていましたが、何をやりたいかは漠然としたまま...。確実性を考えるとG&Eへの進学がベストだと決断しました。G&Eで講師方のカウンセリングを受けて自分の本当にやりたい職種を見つけることができ、1年間「夢」に向かって邁進しました。

就職先は多くの有名コンテンツを有する映像制作会社です。非常に高いスキルが求められますが、G&Eで学んだ事を忘れず、優秀な映像プランナーを目指します。



N.Tくんが学んだPS映像プランニングコースとは?

PS映像プランニングコース

2015年度以前PS映像プランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職名古屋校大学卒業後遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

楽しみながら学ぶことが出来たからこそ、成長につながった

楽しみながら学ぶことが出来たからこそ、成長につながった

就職先:株式会社デジタル・フロンティア
I.T(26歳)

「同じ志を持つ仲間と目標に向かって取り組める環境」に惹かれG&Eに入学しましたが、趣味の合うクラスメイトや先生方と過ごす時間は想像以上に楽しく、スクールライフを満喫することができました。映像制作の講義も丁寧に教えていただき、楽しみながら学ぶことが出来たからこそ、成長につながったのだと思います。

誰もが知っているパチンコ機の映像演出を手掛ける有名企業から内定をいただきました。就職先でもより一層の成長を誓います!



I.Tくんが学んだPS映像プランニングコースとは?

PS映像プランニングコース

2015年度以前PS映像プランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職フリーター名古屋校遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

じっくり時間をかけて勉強できたのも大きなポイント

じっくり時間をかけて勉強できたのも大きなポイント

就職先:株式会社デジタル・フロンティア
O.Y(26歳)

パソコン初心者ではありますが、パチンコ機の映像制作に携わりたい、と無謀な夢を描きG&Eに入りました。一から細かく優しく教えていただき、我ながら1年間でよくここまで...と思うものが作れるようになりました。空き教室を開放していただき、いつでも自習できる環境だったため、じっくり時間をかけて勉強できたのも大きなポイントだと思います。

自分の一番やりたい仕事ができる会社の内定を勝ち取ることができ、とにかく「感謝」の一言です!



O.Yくんが学んだPS映像プランニングコースとは?

PS映像プランニングコース

2015年度以前PS映像プランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職フリーター名古屋校遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

就活ではG&Eのサポートをフル活用

就活ではG&Eのサポートをフル活用

就職先:株式会社デジタル・フロンティア
K.T(25歳)

フリーター生活からの脱却を考えた時、G&Eサイトに行き着き、「就職サポート」の文言に信じて入学を決断しました。講義では難しい内容もあるのですが、実際の開発者が裏話や具体例を交えながら語ってくれるので分かりやすく、楽しみながら頑張ることが出来ました。

就活ではG&Eのサポートをフル活用し、CGでトップクラスの実力を誇る会社の内定を獲得できました。会社の名に恥じないよう素晴らしい映像を作り上げ、貢献していきたいと思います。



K.Tくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2015年度以前PS総合開発コースパチンコメーカー等の開発職として就職フリーター名古屋校遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

私がここまでできたのは、間違いなくG&Eのおかげです

私がここまでできたのは、間違いなくG&Eのおかげです

就職先:株式会社ラクジン
O.A(22歳)

G&Eはチャンスの宝庫と考え、最大限活用したつもりです。企画書作成では卒業生や同期の作品を参考にしたり、企業説明会に訪れた現役開発者に自分の企画書を見せて率直な感想を乞うたり...。業界目線からのアドバイスをいただき、履歴書を書き上げることもできました。

G&Eで行われた企業説明会で「この人の下で働きたい」と思える方に出会い、内定までいただけて...。学歴も経験もない私がここまでできたのは、間違いなくG&Eのおかげです。

2015年度以前PSプランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職フリーター名古屋校遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

G&Eに入学したことが僕の人生の分岐点

G&Eに入学したことが僕の人生の分岐点

就職先:イートレックジャパン株式会社
K.D(21歳)

たった一度の人生。自分の一番好きなことを仕事にしたいと考え、思い切って某工業大学を中退しG&Eへ。分野によっては難しい講義もありましたが、好きなことだからこそ、やりがいをもって取り組むことができたと思います。

履歴書の作成にも散々苦労しましたが、やる気を最大限にアピールすることで、大手開発企業の内定をいただくことができました。G&Eに入学したことが僕の人生の分岐点。これは胸を張って言えます。ありがとうございました!



K.Dくんが学んだ総合エンタテインメントコースとは?

総合エンタテインメントコース

2015年度以前パチンコメーカー等の開発職として就職名古屋校大学中退総合エンタテインメントコース遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

他校では味わえない経験です

他校では味わえない経験です

就職先:イートレックジャパン株式会社
K.T(22歳)

本当にやりたいことを突き詰めた結果、大学を中退しG&Eを選択しました。楽しい講義ばかりでしたが、中でも一番面白かったのはリール配列の作成。こんなのはどうだろう?とクラスメイトに相談しながら試行錯誤して、少しずつ理想のリール配列が出来上がる過程は、他校では味わえない経験ですね。

就職先は、安定してヒット作を生み出し各メーカーから大きな信頼を得ている開発企業。どんなことでも積極的に挑戦し、信頼されるプロジェクトリーダーを目指します。

2015年度以前PSプランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職名古屋校大学中退遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

必要となるのは、やはり専門性

必要となるのは、やはり専門性

就職先:株式会社カリスト
T.K(25歳)

メーカーや開発企業への就職を考えた際に必要となるのは、やはり専門性。スクール説明会でG&Eはその環境・設備が整っていると確信し、入学しました。毎日のように自習室に通い予習・復習に励んだこと、浴びるほど酒を飲み横の繋がりを作ったこと(笑)は、私にとって一生の思い出です。

仲間と一緒に、憧れの機種を作った開発企業から内定をいただきました。これからも、がむしゃらに頑張るのみです。ありがとうございました!

2015年度以前PSプランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職渋谷校社会人遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

時に優しく、時に厳しく、多くのことを教えていただけた

時に優しく、時に厳しく、多くのことを教えていただけた

就職先:エピクロス株式会社
I.Y(20歳)

高校の進路指導で「やりたいことをやるのが一番」とお墨付きを得て、G&Eに進学。G&Eでは時に優しく、時に厳しく、多くのことを教えていただけたので、時間をかけてじっくり学ぶことができました。

就活では自分がやりたいことを実現できる企業を選択。やりたいことと会社の方針がマッチしていることをアピールし、内定をいただくことが出来ました。入社後は、業界を震撼させられるようなモノを作れる、最高の開発者になっていきたいです!



I.Yくんが学んだ総合エンタテインメントコースとは?

総合エンタテインメントコース

2015年度以前パチンコメーカー等の開発職として就職名古屋校総合エンタテインメントコース遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職高校卒業後

G&Eで全てを見つけることができました

G&Eで全てを見つけることができました

就職先:株式会社デジタル・フロンティア
K.M(26歳)

大卒後に就いた仕事になじめず、自分の進むべき道を模索していたところ、G&Eの存在を知りました。講義や個人面談を通じて講師の方より実務経験の大切さ、就活の大変さを聞いていたため、かなり早い段階から実務経験を積めるアルバイト先を確保し、結果として社員に登用していただきました。

やりたい方向性、やりたい仕事、それが実現できる素晴らしい企業。G&Eでその全てを見つけることができました。本当にありがとうございます!



K.Mくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2015年度以前PS総合開発コースパチンコメーカー等の開発職として就職渋谷校社会人遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

就職に強いと聞いて入学を決めました

就職に強いと聞いて入学を決めました

就職先:イグニス・イメージワークス株式会社
S.T(25歳)

G&Eに通学している友人がおり、就職に強いと聞いて入学を決めました。所属するコースにはさまざまな年齢の人がいて、人見知りな私がやっていけるか不安でしたが、パチンコという共通の趣味によって仲良くなり、他の学校では経験の出来ないたくさんの刺激を受けることができました。

講師の方の支えもあり、大変ながらも面接練習を数多くこなしたことで、映像制作のクオリティで定評のある開発企業から内定をいただくことができました。



S.Tくんが学んだPS映像プランニングコースとは?

PS映像プランニングコース

2015年度以前PS映像プランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職大学中退渋谷校遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

G&Eで学ぶ知識と会社で得られる実務経験が相乗効果

G&Eで学ぶ知識と会社で得られる実務経験が相乗効果

就職先:株式会社アドテック
O.T(26歳)

大卒後、自動車販売の仕事に就きましたが、本当にやりたいことを仕事に、と考えG&Eに自分の人生を賭けてみることにしました。2年制のコースに入学しましたが、1年弱経った頃に大手メーカーの機種開発を手掛けるアドテックさんに応募。いきなり正社員として採用されることとなりました。

その後、働きながらG&Eに通い続けましたが、G&Eで学ぶ知識と会社で得られる実務経験が相乗効果となり、より一層の成長を実感できています。本気でパチンコ・パチスロを学ぶならG&Eしかないと思います。自分の力・自分の決断を信じて良かったと思います!



O.Tくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2015年度以前PS総合開発コースパチンコメーカー等の開発職として就職渋谷校社会人遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

開発・営業の知識を広く学ぶ総合エンタテインメントコース

開発・営業の知識を広く学ぶ総合エンタテインメントコース

就職先:株式会社デジタル・フロンティア
S.Y(20歳)

開発・営業の知識を広く学ぶ総合エンタテインメントコースは、職種を決めずに入学する人も多く、自分もその一人でした。動画編集の講義に触れ、オリジナルの演出を作成したり、エフェクトのかけ方を学んだりして感動!フリーな時間には常にツールを触るようになり、映像制作の道を目指しました。

CGに特化していて技術力の高い開発企業から内定をいただき、嬉しさいっぱいです。入社後は、かっこいいエフェクトをバンバン作りたいです!



S.Yくんが学んだ総合エンタテインメントコースとは?

総合エンタテインメントコース

2015年度以前パチンコメーカー等の開発職として就職渋谷校総合エンタテインメントコース遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職高校卒業後

就職率の高さが決め手となり入学を決断

就職率の高さが決め手となり入学を決断

就職先:新日テクノロジー株式会社
O.K(27歳)

もともと芸能関係の仕事でしたが、パチンコ業界にも憧れを持っていました。小冊子でG&Eの存在を知り、就職率の高さが決め手となり入学を決断。印象の強い講義はグループワークです。メンバー全員で一つの目標に向かい、より良い企画を創り上げるという過程は、メーカーや開発企業での遊技機開発そのもの。

パチンコ開発に実績のある就職先は、自由な社風でG&E卒業生も多いので、G&Eの雰囲気そのままにヒット作の開発に取り組みたいと思います。



O.Kくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2015年度以前PS総合開発コースパチンコメーカー等の開発職として就職渋谷校社会人遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

フリーター生活からの脱却を目指しG&Eに入学しました

フリーター生活からの脱却を目指しG&Eに入学しました

就職先:新日テクノロジー株式会社
T.M(24歳)

フリーター生活からの脱却を目指しG&Eに入学しました。印象的だったのはグループワークの講義。モノづくりの楽しさと、制作完了時の達成感を味わいたい人には、打ってつけのカリキュラムです。

就活ではライバルとの差別化が重要と考え、「変わった企画書だな」と思われるような企画書の作成を心がけました。また、自分の熱い気持ちをぶつけるつもりで面接に臨んだことで、私の思いを就職先に汲み取っていただけたのかな、と考えています。



T.Mくんが学んだPS映像プランニングコースとは?

PS映像プランニングコース

2015年度以前PS映像プランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職フリーター渋谷校遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

メーカーの内部にいるかのような感覚でスキルを磨くことができます

メーカーの内部にいるかのような感覚でスキルを磨くことができます

就職先:日テクノロジー株式会社
O.R(26歳)

G&Eは大手メーカーが協同で作った学校。その安心感が入学を決めた大きなポイントです。先生も出資企業から派遣された方々なので、まるでメーカーの内部にいるかのような感覚でスキルを磨くことができます。パソコンの経験が全くない自分でしたが、クラスメイト達の支えもあり1年間で随分成長できました。G&Eの先生、仲間たちには感謝!の一言です。

就職先では、一日も早く仕事を覚え、人々の記憶に残る名機を作り上げたいと思います!



O.Rくんが学んだPS映像プランニングコースとは?

PS映像プランニングコース

2015年度以前PS映像プランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職フリーター渋谷校遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

就職実績に驚きました

就職実績に驚きました

就職先:株式会社デジタル・フロンティア
T.T(27歳)

仕事にするならばパチンコ業界、と決めて道を探った時にG&Eの存在を知り、その就職実績に驚きました。メーカー・開発企業を問わず人材を輩出するスクールなら、幅広く深く学べるはず、と確信し入学しました。クラスメイトは個性的すぎる人ばかりでしたが、パチンコ・パチスロという共通の趣味で絆を深めることができました。

就職先の持つ業界最高峰の映像技術を活かし、プロジェクト全体を見渡せるプランナーを目指して頑張ります!



T.Tくんが学んだPSプランニングコースとは?

PSプランニングコース

2015年度以前PSプランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職フリーター渋谷校遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

就活の場におけるG&Eのブランド力は圧倒的

就活の場におけるG&Eのブランド力は圧倒的

就職先:株式会社カプコン
Y.R(22才)

せっかく自分の人生なのだから、好きなことを仕事にしたい!と決意し、建築系の専門学校を中退してG&Eに入学しました。苦手分野の講義もありますが、「好き」という気持ちがあるからこそ意欲的に取り組めています。

特にプレゼンテーションの講義を通じ、じっくりプレゼン力を磨いたおかげで、就職活動でも自分の熱意を存分に伝えることができました。また、就活の場におけるG&Eのブランド力は圧倒的だな、と感じました。



Y.Rくんが学んだ総合エンタテインメントコースとは?

総合エンタテインメントコース

2015年度以前ゲームメーカーの遊技機部門に就職パチンコメーカー等の開発職として就職フリーター渋谷校総合エンタテインメントコース

できなかったことができるようになるって、すごく嬉しい

できなかったことができるようになるって、すごく嬉しい

就職先:株式会社森創
S.R(25才)

業界大手の3社が出資しているということで、信頼してG&Eに入学しました。パソコン初心者で、入学当初は講義についていけるか不安だったのですが、講師の方が分かりやすくゆっくり教えて下さったので、楽しく学べました。できなかったことができるようになるって、すごく嬉しいですね。

パチンコの役物が好きな自分が、「みんな知ってる<あの>役物」を作っている会社に内定をいただけたのは、自分の熱意とG&Eのおかげです!



S.Rくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2015年度以前PS総合開発コースパチンコメーカー等の開発職として就職フリーター名古屋校周辺機器・部品メーカーに就職

G&Eの存在がなければ就職することはなかったかも...

G&Eの存在がなければ就職することはなかったかも...

就職先:株式会社SANKYO
M.K (23歳)

パチンコ業界への就職を意識した時に、打ち手という立場だけでなく、作り手という立場でパチンコを深く知るには、G&Eが最適だと判断しました。実際に分からないことがあっても、先生に質問すればすべて答えてくれます。

就活では、パチンコに対してなら自分の人生の全てを賭けられるという熱意をアピールし、第一志望メーカーに内定をいただきました。G&Eの存在がなければ就職することはなかったかも...。本当に感謝しています。



M.Kくんが学んだPSプランニングコースとは?

PSプランニングコース

2015年度以前PSプランニングコースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職名古屋校大学卒業後

好きなことだからこそ、楽しく積極的に学ぶことができました

好きなことだからこそ、楽しく積極的に学ぶことができました

就職先:株式会社ジェイビー
M.O(28才)

フリーターとしてパチンコホールで働いていましたが、その職場の上司がG&Eの卒業生でした。年齢も年齢なので、自分の夢を叶えるにはこのタイミングしかない!と思い、上司の助言も得てG&Eに入学。

開発に関わる法律・規則や開発の流れなど、全く知らない状態ではありましたが、好きなことだからこそ、楽しく積極的に学ぶことができました。講義内容はもちろん、面接練習や履歴書添削に至るまで、担任の先生には大変お世話になりました。



M.Oくんが学んだPSプランニングコースとは?

PSプランニングコース

2015年度以前PSプランニングコースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職フリーター渋谷校

遊技機の開発という夢を諦めきれずG&Eへ。将来に役立つ知識を数多く得ることができました

遊技機の開発という夢を諦めきれずG&Eへ。将来に役立つ知識を数多く得ることができました

就職先:株式会社大一商会
F.M (25歳)

インターネットでG&Eの存在を知ったのは、新卒で保険会社に就職し働き始めた時。遊技機の開発という夢を諦めきれず、入社9か月目で思い切って退職し、2年制のPS総合開発コースに入学しました。

講義は難しい内容も多く復習は必須でしたが、実際に開発を手掛ける講師陣の教え方がたいへん分かりやすく、成長につながりました。G&Eでは、就活に向けたスキルはもちろんですが、何より将来に役立つ知識を数多く得ることができました。



F.Mくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2015年度以前PS総合開発コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職渋谷校社会人

基礎からしっかり教えてもらい、未経験からパチスロメーカーへ

基礎からしっかり教えてもらい、未経験からパチスロメーカーへ

就職先:株式会社オーイズミ
O.R (25歳)

大学を中退してG&Eへ入学。さすがに最初は両親も渋っていましたが、好きなことを仕事にしたいと伝え、その熱意を理解してもらえました。

制作ツールの操作や遊技機規則の知識などを0から覚えるのは大変でしたが、基礎からしっかり教えてもらいましたし、また好きなことに関することだからこそスムーズに進んでいけました。自分の大好きなパチスロメーカーから内定をいただけたのも、そういった熱意をかってもらえたのだと思います。



O.Rくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2015年度以前PS総合開発コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職名古屋校大学中退

パチスロメーカーへの転職を目指し、努力の方向性を間違えず頑張ることができました

パチスロメーカーへの転職を目指し、努力の方向性を間違えず頑張ることができました

就職先:株式会社パイオニア
S.T (31歳)

他業種からパチスロメーカーへの転職を目指し、独学で勉強しつつ何度か応募もしましたが、書類選考の突破もままならない状況でした。実践的な知識を身に着ければ勝負できるかも、と考えG&E入学を決意しました。先生方には、さまざまな質問・相談へ親身にご対応いただき、そのおかげで努力の方向性を間違えず頑張ることができました。

就職先では、ノーマルAタイプでヒット機種を創る、という魅力的な課題に挑戦できます。業界を代表するような機種を手掛け、採用していただいた企業の恩に報いたいと思います。



S.Tくんが学んだPSプランニングコースとは?

PSプランニングコース

2015年度以前PSプランニングコースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職名古屋校社会人

パチンコメーカーを目指すライバル達と馴染めるか不安でしたが、まったくの杞憂でした

パチンコメーカーを目指すライバル達と馴染めるか不安でしたが、まったくの杞憂でした

就職先:株式会社SANKYO
H.T (23歳)

アルバイト先の先輩がG&E生で、色々話を聞くうちに興味が湧き、入学を決めました。人見知りなので、パチンコメーカーを目指すライバルともなるクラスメイト達と馴染めるか不安でしたが、まったくの杞憂でした。講義からプライベートまで、皆ずーっとパチンコ・パチスロの話をしていますので(笑)。

入学後は毎日のように自習室で企画書作成に励み、履歴書や面接練習など、人一倍頑張った自信はあります。第一志望のパチンコメーカーから内定を獲得できたのも、その努力が認められた結果かな、と思います。



H.Tくんが学んだPSプランニングコースとは?

PSプランニングコース

2015年度以前PSプランニングコースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職大学卒業後渋谷校

どうしてもパチンコメーカーで商品企画に携わりたいと思いG&Eへ

どうしてもパチンコメーカーで商品企画に携わりたいと思いG&Eへ

就職先:株式会社SANKYO
K.C (24歳)

某遊技機メーカーに勤務しプログラマーをやっていましたが、どうしてもパチンコメーカーで商品企画に携わりたい、花形職種で活躍したいと思いG&Eへ。クラスメイトは皆、パチンコ・パチスロという共通の趣味を持っていたので話しやすく、すぐに打ち解けられました。

講義では、入学前から気になっていた遊技機規則、特にRTの仕組みなどを詳しく知ることができ、自分の作成する企画書に活かすことができました。今後、多くのお客様に楽しんでいただける遊技機を作りたいと思います!



K.Cくんが学んだPSプランニングコースとは?

PSプランニングコース

2015年度以前PSプランニングコースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職渋谷校社会人

最後までモチベーションを維持することができました

最後までモチベーションを維持することができました

就職先:株式会社メトロ
U.S(30歳)

転職が多い経歴と自分の年齢を考えると、遊技機業界への転職に関して一番確実かつ最短な選択肢ではないか、とG&Eを選びました。働きながら通学したため大変な部分も多かったのですが、先生方には何度も相談に乗っていただき、学習・就活・生活面に関わらず様々なアドバイスをいただいたため、最後までモチベーションを維持することができました。

自分の大好きな機種を手掛けた就職先で、精一杯ヒット作の開発に貢献したいと思います!



U.Sくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2015年度以前PS総合開発コースパチンコメーカー等の開発職として就職名古屋校社会人遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

プロがどういった目線でものを見ているかを参考にできた

プロがどういった目線でものを見ているかを参考にできた

就職先:新日テクノロジー株式会社
N.M(27歳)

遊技機開発を通してひとを支えていきたいという思いや、業界の抱える課題にアプローチしたいという意志があり、G&Eに入学しました。映像プランニングコースの講義では、ただスキルを学ぶだけでなく、実際にメーカーや開発企業で活躍している方から意見やアドバイスを頂戴し、プロがどういった目線でものを見ているかを参考にすることができました。

G&Eから就職先に同期入社する頼もしい仲間とともに、積極的に商品開発に取り組んでいきたいと思います。



N.Mくんが学んだPS映像プランニングコースとは?

PS映像プランニングコース

2015年度以前PS映像プランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職フリーター渋谷校遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

パチンコ業界に特化したスクールを選んで良かった

パチンコ業界に特化したスクールを選んで良かった

就職先:新日テクノロジー株式会社
S.G(28歳)

入学当初は、どんなことを学べるのか、どんな企業に就職できるのかと不安もありましたが、気の合うクラスメイトに囲まれ、やりたい仕事に直結したスキルを身に付けることができました。そしてG&Eでの一番の収穫は、映像を制作する楽しさ、パチンコ・パチスロ機を開発する楽しさを知ることができた所だと思います。

結果として、自分の夢を実現できる開発企業にも入社できましたし、パチンコ業界に特化したスクールを選んで良かったと感謝しています。



S.Gくんが学んだPS映像プランニングコースとは?

PS映像プランニングコース

2015年度以前PS映像プランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職渋谷校社会人遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

諦めずに頑張り続けたことで更に強くなった

諦めずに頑張り続けたことで更に強くなった

就職先:株式会社ザイクス(XIX)
M.T(25歳)

7年という調理師の経験を捨ててまで、挑んだパチンコ業界。全く、パソコンなど無縁の世界から、G&Eビジネススクールに入学を決意し、パチスロプランナーを夢見て今日まで頑張って来ました。もちろん、今日の内定を頂くまで順風満帆に来たわけではありません。でも、諦めずに頑張り続けたことで、もともと精神的に強い自信はありましたが、更に強くなった気がします。

一緒に講義以外の時間でも共に切磋琢磨してきた仲間たちが、どんどん内定していく中で、念願のパチスロ制作会社より内定を頂き、本当に良かったです。後は頑張って結果を出すのみです。



M.Tくんが学んだPSプランニングコースとは?

PSプランニングコース

2015年度以前PSプランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職名古屋校社会人遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

自分の本当にやりたいことは開発現場の最前線で叶えられる

自分の本当にやりたいことは開発現場の最前線で叶えられる

就職先:新日テクノロジー株式会社
S.T(26歳)

遊技機開発の仕組みさえ全く知らないまま、パチンコメーカーへの就職を目指しG&Eに入学。G&Eの講義や、校内で開催される数多くの企業説明会を通じて、自分の本当にやりたいことは開発現場の最前線で叶えられることを知り、就活対象を方針転換しました。

面白いことを真剣に考え、魅せ方にこだわり、完成させるために全力で取り組む。自分のやりたいことを存分にやらせていただける開発企業に巡り合うことができ、G&Eには感謝しています。



S.Tくんが学んだPSプランニングコースとは?

PSプランニングコース

2015年度以前PSプランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職渋谷校社会人遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

独学では決して得られない貴重な経験

独学では決して得られない貴重な経験

就職先:新日テクノロジー株式会社
S.Y(31歳)

ホールで約7年働きましたが、30歳を過ぎ年齢的にもラストチャンスかと思い、遊技機の作り手を目指してG&Eに入学しました。プランニングコースは、遊技機規則から実践的なグループワークに至るまで、自分の学びたいと考えていた内容そのもの。独学では決して得られない貴重な経験だったと思います。

就活では、「一緒に仕事をしたい」と思っていただけるような受答え・立ち振る舞いを心掛け、志望企業から内定をいただくことができました。



S.Yくんが学んだPSプランニングコースとは?

PSプランニングコース

2015年度以前PSプランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職渋谷校社会人遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

G&Eで学び、自信をつけることで前に進むことができた

G&Eで学び、自信をつけることで前に進むことができた

就職先:新日テクノロジー株式会社
M.Y(30歳)

G&Eでは、とにかく一年間を頑張り通す覚悟で講義時間以外も自習室に入り浸り、「自分の名刺代わり」となる商品企画書の制作に専念しました。自習室ではクラスメイトと意見を交わしながら、試行錯誤することで知識やスキルを共有しあい、企画書の完成度を高めていくことができました。

フリーター生活の長い自分が本当に就職できるか不安でしたが、G&Eで学び、自信をつけることで前に進むことができたと思っています。ありがとうございました。

2015年度以前PSプランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職フリーター渋谷校遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

「プロの目線」を身に付けることができました

「プロの目線」を身に付けることができました

就職先:新日テクノロジー株式会社
S.F(23歳)

遊技機開発に憧れていたものの、地方大学の文系ということもあり、あえて就活を行わず卒業し、そのままG&Eに入学しました。講義では開発業務に必要な知識を楽しく学び、知らずのうちに「プロの目線」を身に付けることができました。

G&Eには多くの求人があるので、吟味しながら働きやすい環境の企業に的を絞り、就職活動を行いました。自由な雰囲気を持つ就職先で、後世に語り継がれるような名機を作れるよう頑張りたいと思います!



S.Fくんが学んだPSプランニングコースとは?

PSプランニングコース

2015年度以前PSプランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職大学卒業後渋谷校遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

自分の求めていた内容をすべて吸収することができました

自分の求めていた内容をすべて吸収することができました

就職先:株式会社ディレクションシーズ
T.R(21歳)

パチンコ業界をめざし制作に関する知識を勉強していましたが、独学の限界を感じG&Eの戸を叩きました。遊技機規則やリール制御など、自分の好きな機種を実際に手がけた制作者に講義していただき、自分の求めていた内容をすべて吸収することができました。

遊技機の企画から製品完成まで、すべてに携わることのできる理想的な開発企業から内定をいただきましたので、入社後もあらゆるノウハウを勉強し、成長していきたいと思っています。



T.Rくんが学んだPSプランニングコースとは?

PSプランニングコース

2015年度以前PSプランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職フリーター渋谷校遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

本当に楽しかったので、まさに天職の一言に尽きます

本当に楽しかったので、まさに天職の一言に尽きます

就職先:イートレックジャパン株式会社
O.Y(25歳)

自力でパチスロ業界を目指し、就職活動を行うものの、敢え無く撃沈。G&Eビジネススクールの存在を知り、平日はパチンコ店で働きながら、奈良県から通う生活を開始。念願の関西の企業で内定を頂き、本当に感謝しています。

在学中は、積極的にいろいろなアニメを見たりしながら、もしパチスロにするのであればということばかりを考えていました。その時間が本当に楽しかったので、まさに天職の一言に尽きます。
年明けには研修開始なので、同期に負けない様頑張っていきます!



O.Yくんが学んだPSプランニングコースとは?

PSプランニングコース

2015年度以前PSプランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職フリーター名古屋校遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

思い切って2コースを同時受講

思い切って2コースを同時受講

就職先:イグニス・イメージワークス株式会社
N.S(29歳)

他業種からパチンコ業界への転職を目指しG&Eに入学しました。年齢的に未経験での転職は厳しいと思い、1年間で効率的に企画と映像制作を学べるよう、思い切って2コースを同時受講しました。講義以外の時間も作業が多く同時受講ならではの大変さもありましたが、好きなことにやりがいを感じつつ楽しく過ごせた1年となりました。

結果、複数の企業から内定をいただき、自分のやりたいことを最も実現できそうな企業を選ぶことができました。



N.Sくんが学んだPS映像プランニングコースとは?

PS映像プランニングコース

2015年度以前PSプランニングコースPS映像プランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職渋谷校社会人遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

制作会社にインターン・アルバイトとして参加させて頂いた経験は大きかった

制作会社にインターン・アルバイトとして参加させて頂いた経験は大きかった

就職先:イートレックジャパン株式会社
T.Y(29歳)

公務員を目指していた人生から一転、パチンコ業界・パチスロ業界のプランナーを志し、G&Eに入学。もうすぐ29歳ということも有ったので、とにかく講師の方々のおっしゃることは全て取り組むようにして来ました。

企画書の作成や発表プレゼンをTOPクラスの早さで行ったり、仲間を募ってひとつの企画プランを考えたり、G&Eにある求人で、実際に遊技機の制作会社にインターン・アルバイトとして参加させて頂いた経験は大きかったですね。

内定をだして本当に良かったと言われるように就職先企業で頑張っていきます!



T.Yくんが学んだPSプランニングコースとは?

PSプランニングコース

2015年度以前PSプランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職フリーター名古屋校遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

G&Eの講義はすべてが最高!

G&Eの講義はすべてが最高!

就職先:株式会社ラクジン
Y.S(24歳)

パチンコ・パチスロ好きが集まる学校だけあって、入学してすぐに得がたい親友を数多く得ることができ、互いに切磋琢磨しながら1年を過ごしました。G&Eの講義はすべてが最高!これまでに遊技してきて疑問に思っていたことがどんどん理解できるようになり、楽しいというより快感でした。

一から企画することのできる開発企業から内定をいただきましたので、今度は自分の企画する遊技機で、さまざまなメーカー・開発企業に就職した親友たちの開発する遊技機と競い合いたいと思います。



Y.Sくんが学んだPSプランニングコースとは?

PSプランニングコース

2015年度以前PSプランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職大学卒業後渋谷校遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

気軽に質問できる雰囲気がある

気軽に質問できる雰囲気がある

就職先:フィールズ株式会社
A.T(24才)

映像編集ソフトを使った講義など、正直、難しいと思う部分もあったのですが、講師やクラスメイトに対し気軽に質問できる雰囲気があり、皆さんからのアドバイスを武器に作品の完成度を高めることができました。

就活では、面接の雰囲気になかなか慣れることができないものの、練習を積むうちに自分の長所を見つけ出し、また熱意を伝えられるようになりました。
G&Eで学んだスキルを活かし、長期に活躍できる社員になりたいと思います。



A.Tくんが学んだPS映像プランニングコースとは?

PS映像プランニングコース

2015年度以前PS映像プランニングコースパチンコメーカー等の開発職として就職パチンコ・パチスロ販社、専門商社に就職大学卒業後渋谷校

ユーザーから作る側に回りたい

ユーザーから作る側に回りたい

就職先:株式会社カプコン
N.R(22才)

もともとは自衛隊で勤務していた時、パチンコ、スロットに一目惚れし、打つことが楽しくて仕方ありませんでした。そしてユーザーから作る側に回りたいと考えが変わり、G&Eに入学しました。
パソコンの基本的な使い方も知らぬ中でG&Eで2年勉強し、夢であった作る側であるメーカーに内定を頂きました。



N.Rくんが学んだ総合エンタテインメントコースとは?

総合エンタテインメントコース

2015年度以前ゲームメーカーの遊技機部門に就職パチンコメーカー等の開発職として就職名古屋校社会人総合エンタテインメントコース

卒業作品発表会が縁となり、大手パチスロメーカーへの就職が決まりました

卒業作品発表会が縁となり、大手パチスロメーカーへの就職が決まりました

就職先:株式会社ユニバーサルエンターテインメント
S.U (24才)

パチンコ業界への転職を考えていた頃にG&Eの存在を知り、出資企業の安定感と就職率の高さに惹かれ、入学を決意しました。講義では出玉設計に興味を抱き、差別化を図る意味でも出玉計算書の作成に没頭しました。

卒業作品発表会で多くの企業に私の作品をご覧いただき、それが縁となって業界に大きな影響力のあるパチスロメーカーへの就職が決まりました。これからも全力で仕事に臨み、G&E卒業生として恥じない働きができれば、と考えています。



S.Uくんが学んだPSプランニングコースとは?

PSプランニングコース

2015年度以前PSプランニングコースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職渋谷校社会人

「講義をしっかり受けていれば難しく感じることはない。」しっかりとスキルを身に付け第一志望のパチンコメーカーへ

「講義をしっかり受けていれば難しく感じることはない。」しっかりとスキルを身に付け第一志望のパチンコメーカーへ

就職先:株式会社SANKYO
K.R (25歳)

G&Eで思ったのは、「講義をしっかり受けていれば難しく感じることはない」ということ。講師も親切に教えてくれるので、やる気があればスキルは必ず身に付きます。
講義後にはクラスメイトとパチンコを打ち、夕食の場では各々の企画内容を評価し合い、お互いを高めることができました。

G&E入学後にG&Eにきていた求人でパチンコ制作会社のアルバイトを始め、そこで培った経験をどう活かすか考え、面接の場で熱意をアピールした結果、第一志望のパチンコメーカーから内定をいただきました。



K.Rくんが学んだPS映像プランニングコースとは?

PS映像プランニングコース

2015年度以前PS映像プランニングコースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職大学卒業後渋谷校

じっくり学べる2年制のコースを選択し、満を持してパチンコメーカーへの就職を決めました

じっくり学べる2年制のコースを選択し、満を持してパチンコメーカーへの就職を決めました

就職先:株式会社大一商会
T.T (23歳)

パチンコの企画者を目指し、G&Eに入学。じっくり学べる2年制のコースを選択しました。講師陣はみなさんパチンコメーカー、パチスロメーカーの現役社員で、しかも専門の異なるさまざまな分野の話を聞くことができ、たいへん勉強になりました。

就活中、面接の場では自分の企画するパチンコ機で業界を盛り上げたい、と熱い思いをアピールしました。素直な気持ちを面と向かって伝えられたからこそ、自分の本気度が相手に通じたのかな、と思っています。
万を持してパチンコメーカーへの就職を決めました。ありがとうございました。



T.Tくんが学んだ総合エンタテインメントコースとは?

総合エンタテインメントコース

2015年度以前パチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職大学中退渋谷校総合エンタテインメントコース

パチンコ・パチスロ企画開発のすべてを学んでいるという実感

パチンコ・パチスロ企画開発のすべてを学んでいるという実感

就職先:株式会社SANKYO
T.S (27歳)

G&Eでは、基礎知識から出玉計算等の本格的な内容まで、パチンコ・パチスロ企画開発のすべてを学んでいるという実感があります。もちろん知識やスキルだけでなく、講師の皆さんには就職に関するノウハウもご教授いただき、パチンコメーカーへの就職を果たすことが出来ました。

G&Eに入学してから就職を決めるまでのスケジュールを明確に設定し、一つ一つクリアしていくことを心掛けていましたが、努力が報われて本当に嬉しく思っています。



T.Sくんが学んだPSプランニングコースとは?

PSプランニングコース

2015年度以前PSプランニングコースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職渋谷校社会人

学生時代に就職面接で落とされてしまった憧れのパチンコメーカーに、新卒として内定

学生時代に就職面接で落とされてしまった憧れのパチンコメーカーに、新卒として内定

就職先:株式会社平和
K.T (24歳)

大学時代、パチスロメーカーを中心に就職活動したものの、あえなく全滅...。いったん他業種に就職しましたが、並行してG&Eにも入学し、パチンコ業界への転職にチャレンジすることとしました。

G&Eでは、遊技機規則などをパチンコ・パチスロ好きの仲間と楽しく学びつつ、就活対策にも励みました。結果として、学生時代に就職面接で落とされてしまった憧れのパチンコメーカーに、新卒として内定をいただくことができました。



K.Tくんが学んだPSプランニングコースとは?

PSプランニングコース

2015年度以前PSプランニングコースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職渋谷校社会人

断ち切れなかったパチンコメーカー就職の夢。想いを叶えるためにG&Eに入学

断ち切れなかったパチンコメーカー就職の夢。想いを叶えるためにG&Eに入学

就職先:株式会社SANKYO
U.F (26歳)

教育大学を卒業後、3年間、数学教師として教壇に立ってきました。もともと大学時代にパチンコ・パチスロと出会い、興味を持っていたのですが、教育大学ということもあり、どう就職を目指していいのか分からず、一旦は教職員としての道を目指すことにしました。

そして3年経っても、断ち切れなかった「パチンコメーカーへの就職」という夢。叶えるためにG&Eへ入学しました。全くの異色業界からの転職ですが、無事、パチンコ・パチスロメーカーに内定を頂きG&Eに感謝しております。



U.Fくんが学んだPSプランニングコースとは?

PSプランニングコース

2015年度以前PSプランニングコースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職名古屋校社会人

パチンコメーカーの内定を獲得。「あの時、本当に入学を決断して良かった」と思いました

パチンコメーカーの内定を獲得。「あの時、本当に入学を決断して良かった」と思いました

就職先:株式会社SANKYO
H.T (24歳)

学生時代からパチンコが大好きで、いつも友人と熱く語り合っていました。好きが高じて某パチンコサイトのライター経験もあるくらい好きだったのですが、両親の勧めもあって一旦は他業界に就職を致しました。

しかし、パチンコ業界で働きたい、開発の仕事に携わりたいという想いは捨てきれず、両親を説得し、僅か3ヶ月で退職を決意。念願のパチンコメーカーより内定を頂き、あの時、本当に入学を決断して良かったと思っています。

H.Tくんが学んだPSプランニングコースとは?

PSプランニングコース

2015年度以前PSプランニングコースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職名古屋校社会人

「パチンコメーカーへの就職」、夢が叶って本当に良かった

「パチンコメーカーへの就職」、夢が叶って本当に良かった

就職先:株式会社平和
O.R (23歳)

大学3年生の時に、自力でプランナーを目指し、数社、パチンコメーカーの面接を受けるものの内定に至らず、全滅。そんな時にG&Eのことを知り、大学4年生の時に大阪から大学とダブルスクールで通う決断をしました。

自力では全く駄目だった私でしたが、G&Eで学び、成長したことにより、入学から僅か数か月で念願のパチンコメーカーに新卒採用として内定を頂くことが出来ました。G&Eにある求人のおかげで、夢が叶って本当に良かったです。



O.Rくんが学んだPSプランニングコースとは?

PSプランニングコース

2015年度以前PSプランニングコースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職名古屋校大学在学中