パチンコの企画とパチスロの企画、どちらにも携われるフィールズの商品企画職で内定をいただけた

パチンコの企画とパチスロの企画、どちらにも携われるフィールズの商品企画職で内定をいただけた

就職先:フィールズ株式会社
Y.K(入学時年齢:22歳)

大学に入りパチンコ・パチスロに出会った私は、その魅力にどっぷりはまり、自分のアイデアでパチンコ・パチスロを企画開発することに強い憧れを抱きました。しかし大学ではモノづくりとは全く異なる学部・学科に属していましたし、何の下積みも根拠もなく「パチンコ・パチスロを開発したいです!」とメーカーの採用面接を受けたところで、箸にも棒にもかからないことは明白でした。
でもG&Eで知識とスキルを学べば、パチンコ・パチスロの商品企画に携わることができるかも知れない...。YouTubeのCMで学校の存在を知った私は、家族を説得し、大学を中退してまでG&Eに入学することにしました。

G&Eの講義は、まさに自分の求めていた内容でした。実際の開発者が講義を担当し、内部制御や遊技機規則を専門的に学ぶことが出来ました。またG&Eの講義では、生徒自身が考えた企画書の発表会を定期的に行い、想いやこだわりをプレゼンテーションします。他のクラスメイトが発表するプレゼンを聞いていると「そんな着眼点が!」「この表現はすごくいいね!」などと気づかされることが多く、自分にとっても刺激になりますし、厳しい視点からお互いに評価をし合うことで、考え方がずいぶん成長したと思います。

学生生活で思い出深いのは、やはり「ダイナム杯パチンコアイデアGP2019」で優勝したことです。パチンコのアイデアを競うコンテストで全国1位になれたというのは大変な名誉なことですし、何より自信にも繋がりました。(企業の面接を受ける際、話題のネタにもなりました!)背中を押してくれた先生方には感謝しています。

就職活動にあたって、パチンコ・パチスロをほぼ1:1で遊んでいる私は、どちらの企画にも携われるのがベストだと考えていました。ただ遊技機メーカーの部署はどちらかにキッパリ分かれることが多く、パチンコの企画職かパチスロの企画職か、志望職種の選定に悩んでいました。
そんな折、G&Eの出資会社でもあるフィールズが商品企画職の募集を行っていることを知りました。フィールズは業界トップの遊技機販売会社として名高いのですが、実は多くの遊技機メーカーと共同で企画開発にも携わっています。これはチャレンジするしかない、と応募し、G&Eで培ったプレゼンスキルで自己アピールした結果、内定をいただくことができました。

最後に。「パチンコ・パチスロが好き!仕事にしたい!」と考えている人は、ぜひG&Eに入学し、その環境を活用して欲しいです。G&Eに通わずにパチンコ業界に就職する人もいるでしょうが、「自分と同じものが好き」という共通点を持つ人たちが周りにいる環境は、途方もない安心感がありますし、そういった環境だからこそ人は大いに成長するのだと、クラスメイトを間近で見てきた私は断言できます。私自身、目標だった商品企画職への就職を決められたのは仲間と講師陣のサポートがあったからだと思います。本当にありがとうございました。

Y.Kくんが学んだ総合エンタテインメントコースとは?

総合エンタテインメントコース

2020年度パチンコ・パチスロ販社、専門商社に就職企画職として就職大学中退大阪校総合エンタテインメントコース

パチンコの企画とパチスロの企画、どちらにも携われるフィールズの商品企画職で内定をいただけた

パチンコの企画とパチスロの企画、どちらにも携われるフィールズの商品企画職で内定をいただけた

就職先:フィールズ株式会社
Y.K(入学時年齢:22歳)

大学に入りパチンコ・パチスロに出会った私は、その魅力にどっぷりはまり、自分のアイデアでパチンコ・パチスロを企画開発することに強い憧れを抱きました。しかし大学ではモノづくりとは全く異なる学部・学科に属していましたし、何の下積みも根拠もなく「パチンコ・パチスロを開発したいです!」とメーカーの採用面接を受けたところで、箸にも棒にもかからないことは明白でした。
でもG&Eで知識とスキルを学べば、パチンコ・パチスロの商品企画に携わることができるかも知れない...。YouTubeのCMでその存在を知った私は、家族を説得し、大学を中退してまでG&Eに入学することにしました。

G&Eの講義は、まさに自分の求めていた内容でした。実際の開発者が講義を担当し、内部制御や規則部分を専門的に学ぶことが出来ました。またG&Eの講義では、生徒自身が考えた企画書の発表会を定期的に行い、想いやこだわりをプレゼンテーションします。他のクラスメイトが発表するプレゼンを聞いていると「そんな着眼点が!」「この表現はすごくいいね!」などと気づかされることが多く、自分にとっても刺激になりますし、厳しい視点からお互いに評価をし合うことで、考え方がずいぶん成長したと思います。

学生生活で思い出深いのは、やはり「ダイナム杯パチンコアイデアGP2019」で優勝したことです。パチンコのアイデアを競うコンテストで全国1位になれたというのは大変な名誉なことですし、何より自信にも繋がりました。(企業の面接を受ける際、話題のネタにもなりました!)背中を押してくれた先生方には感謝しています。

就職活動にあたって、パチンコ・パチスロをほぼ1:1で遊んでいる私は、どちらの企画にも携われるのがベストだと考えていました。ただ遊技機メーカーの部署はどちらかにキッパリ分かれることが多く、パチンコの企画職かパチスロの企画職か、志望職種の選定に悩んでいました。
そんな折、G&Eの出資会社でもあるフィールズが商品企画職の募集を行っていることを知りました。フィールズは業界トップの遊技機販売会社として名高いのですが、実は多くの遊技機メーカーと共同で企画開発にも携わっています。これはチャレンジするしかない、と応募し、G&Eで培ったプレゼンスキルで自己アピールした結果、内定をいただくことができました。

最後に。「パチンコ・パチスロが好き!仕事にしたい!」と考えている人は、ぜひG&Eに入学し、その環境を活用して欲しいです。G&Eに通わずにパチンコ業界に就職する人もいるでしょうが、「自分と同じものが好き」という共通点を持つ人たちが周りにいる環境は、途方もない安心感がありますし、そういった環境だからこそ人は大いに成長するのだと、クラスメイトを間近で見てきた私は断言できます。私自身、目標だった商品企画職への就職を決められたのは仲間と講師陣のサポートがあったからだと思います。本当にありがとうございました。

2020年度パチンコ・パチスロ販社、専門商社に就職企画職として就職大学中退大阪校総合エンタテインメントコース

いつか自分の手で、6号機の最高傑作を作り上げたい

いつか自分の手で、6号機の最高傑作を作り上げたい

就職先 : 株式会社エルフィン
O.H(23歳)

※ 卒業を目前に控えた時期に行ったインタビューです。


入学当初から頑張ってきた就職活動を先日終えたとのことですが?おかげさまで、有名作品を多数手がけているパチスロ開発企業のエルフィンから内定をいただきました。就職活動は随分と手こずってしまって...。今はホッとしたのが半分、やりきった充実感が半分という感じですね。 まだ卒業制作が残っているので、安心している暇はないのですが...(笑)。


就職活動で最も大変だったのは?モチベーションの維持ですかね...。年末に、某開発企業さんの最終面接で落ちてしまった時は、さすがに落ち込みました。私の目指しているプランナーは、「伝える」ことが役割であるにも関わらず、自分の想いを面接時間内で伝え切ることが出来なかったわけですから。
そこで講師の方にアドバイスをいただきつつ、自分の伝え方を振り返り、「色々付け加えようとするのでなく、自分の想いをシンプルに伝えよう」と反省しました。その結果、エルフィンの面接では「話し方が上手いね」と評価していただき、内定獲得に繋げることが出来ました。


話を入学前に戻しますが、どうしてパチスロ機の企画をやりたいと思ったのですか?正直なところ、前職に全く面白味を感じられなくて...。せっかくの人生を楽しむためにも、どうせなら自分の大好きな「パチスロ」を仕事にしたいと、パチンコ業界、パチスロ業界への転職を考えました。
自分は話すことが大好きですから、持ち味を活かせるのはやはり企画職、だからパチスロ機の企画を目指そう、という流れですね。
G&Eに入学したのも、開発の知識を学ぶだけでなく、プレゼンテーションスキルを鍛えたかった、というのもあります。


G&Eの講義を受けてみて、どう思った??私の通うPSプランニングコースは週2回の1年制ですし、講義数や内容に若干の不安もありましたが、実際に受けてみるとそんなことはなかった。密度が濃い分、難しい部分もありましたが、むしろ講義以外の時間を活用することで、自分の成長に繋げられるカリキュラムになっています。
私の場合、講義のない日はアルバイトに集中し、講義のある日はなるべく朝からG&Eに行き、自習室で講義内容を復習したり、空き時間を企画書の制作に充てたりしていました。


楽しかった講義、自分の役に立った講義は?グループワークです。自己作品は自分の想いをすべて詰め込めるから、ある意味作りやすいのですが、グループワークでの企画書作成は、さまざまな人の主張や思惑が入り込んできます。それをまとめ上げてより良いものを創り上げる過程で、プランナーとしてのやりがいを再確認できました。
また、そういった仕事に最も適するのは、実はメーカーでなく開発企業なのだ、ということを知り、私が開発企業を目指すきっかけともなりました。


今後の意気込みを聞かせてください。まずは就職先のエルフィンに「採って良かった」と思っていただける働きぶりを見せていきたいです。次にその努力をスキルという対価に換え、どんどん成長していきたいと思います。そして最後に、いつか自分の手で、6号機の最高傑作と呼ばれる作品を作り上げることができたら、と思います!

2017年度PSプランニングコース企画職として就職渋谷校社会人遊技機(パチンコ/パチスロ)開発会社に就職

就職活動において確実に周りと差を付けられるポイント

就職活動において確実に周りと差を付けられるポイント

就職先:フィールズ株式会社
S.Y(22才)

パチンコ業界に入りたい。その一心で就職活動を始めましたが、ただ闇雲に行っても結果につながらないと考え、G&Eの力を借りることにしました。この学校でなければ、こんな専門的なことを学ぶ機会はありませんし、就職活動において確実に周りと差を付けられるポイントだと意識し、G&Eをとことん活用するよう心がけました。

就職先のフィールズは企業研究すればするほど「すごい」と感心した会社。相思相愛になれたことを誇りに思います。



S.Yくんが学んだPSプランニングコースとは?

PSプランニングコース

2015年度以前PSプランニングコースパチンコ・パチスロ販社、専門商社に就職企画職として就職名古屋校大学在学中

本気で自分の作品を形にしたい!と志す仲間にたくさん出会える

本気で自分の作品を形にしたい!と志す仲間にたくさん出会える

就職先:フィールズ株式会社
Y.Y(25才)

パチンコ開発への転職にあたってG&Eを選んだのは、ただパチンコが好きなだけでなく、本気で自分の作品を形にしたい!と志す仲間にたくさん出会えると感じたから。入学後は、G&Eの友人たちと連れ打ちに行くパチンコホールも単なる憩いの場でなく、「学びの場」に変わりました。

自分だけの演出企画を創るのは、とてつもないやりがいがあります。今後フィールズという企業でそのやりがいを得られるということに、気の引き締まる思いです!



Y.Yくんが学んだPS映像プランニングコースとは?

PS映像プランニングコース

2015年度以前PS映像プランニングコースパチンコ・パチスロ販社、専門商社に就職企画職として就職名古屋校社会人