入学時に希望していた京楽産業.株式会社から内定をもらうことができました

入学時に希望していた京楽産業.株式会社から内定をもらうことができました

内定先:京楽産業.株式会社
O・H(入学時年齢:24歳)

大学を卒業後、1年間フリーターの生活を送っていた時に親しい友人に誘われG&Eのスクール説明会に参加しました。一緒に参加した友人は前向きに入学を考えていましたが、私は本当に軽い気持ちで参加しました。説明会で学べる内容や就職実績を知ることができ、パチンコ業界就職の一番の近道になることを確信し、すぐに入学を決心しました。今思えば、この時にすぐに入学を判断できたことが良い結果を生んだのだと思います。

入学コースは映像・企画・プログラムを2年間で学べる総合開発コースを選択しました。幅広く学び最終的に企画職を目指すことを決めると、企画者に必要なことを講義とは別で教えてくれるなど、個々の長所を伸ばしてくれる環境でした。苦手なことを続けることができない性格だったので、非常にありがたかったです。
また、クラスメイトと授業後に一緒に打ちに行ったり、自分が開発だったらどう作るかなどを話したりできる環境は楽しくもあり勉強にもなりました。

就職活動は、好きなメーカーであったことと、私の地元の名古屋で働ける可能性もあるということから、最初から京楽産業.株式会社1社に狙いを絞っていました。
在学中に開発会社のアルバイトを紹介してもらい、週2回の講義と週3回のアルバイトを続けて成長できたことが、希望企業から内定をもらえた大きな要因だと思います。
入社後は、メーカー、ホール、ユーザーの3つの視点から物事を考え、時代と共に進化して、みんなが喜んでもらえる台を作り続けたいと思います。

O・Hくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2021年度PS総合開発コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職フリーター渋谷校

スクール説明会に参加したことで高い志を持てるようになりました

スクール説明会に参加したことで高い志を持てるようになりました

就職先:株式会社SANKYO
M・M(入学時年齢:22歳)

大学在学中の就職活動では、自分の進路に悩みながらも、漠然とIT企業のシステムエンジニア職等を受けていました。自分の就職のことでありながら、明確な動機も見出せず、選考が進む企業にも自ら辞退するなど、迷いながら就職活動を行っていました。

大学卒業が近づく中、自分が何をしたいのかを改めて考えた時に「好きなパチンコ・パチスロ関係の仕事がしたい」「娯楽文化を創っていけるパチンコメーカーで働きたい!」という思いに至りました。しかし、既にその時期にはどのパチンコメーカーの新卒採用も終わっていました。

そのような時にG&Eビジネススクールの存在を知り、スクール説明会に参加したところ、パチンコ業界には様々な職種があり、どのような業務内容があるのかを知ることができました。
学校の説明会なので、学校で学ぶことや就職実績を知れるくらいだと思っていましたが、様々な職種を知ることができ、その場で「営業職」を目指すための「PS営業育成コース」に入学を決めました。同時にパチンコメーカーの営業マンとして働くイメージが私の中で見えた気がしました。

G&Eでの講義は、学ぶ内容の全てが楽しく、ためになります。クラスの仲間も明るく元気で、みんなパチンコが好きな人ばかり。同じクラスの仲間でも、就職後は競合企業で互いにライバル関係になります。そんな環境で学べることも、とても刺激的に感じました。

就職に関して悩んでいた時、G&Eのスクール説明会に参加したことで、やるべきことが明確になり、就職だけでなく、就職後も見据えた高い志を持つことができました。
SANKYOへの入社後も、G&Eでの経験を活かし主体的に行動して結果を残したいと思います。

M.Sくんが学んだPS営業育成コースとは?

PS営業育成コース

2021年度PS営業育成コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の営業職として就職大学中退渋谷校

業界就職唯一の学校だからこそ志望メーカーに就職できました

業界就職唯一の学校だからこそ志望メーカーに就職できました

就職先:株式会社大都技研
K・S(入学時年齢:24歳)

大学に入学しましたが講義内容に興味が持てず、サークル活動とパチンコ、スロットばかりで時間だけが過ぎていました。パチンコの新機種についてインターネットで調べている時に、G&Eビジネススクールがあることを知り、将来どうするのか悩んでいた時期だったこともあり直ぐにスクール説明会に参加しました。G&Eに入学すれば「パチンコ・スロットの専門知識を学べる」「新卒としてパチンコ・パチスロメーカーの選考を受けれる」と考え、大学を中退してG&Eへの入学を決めました。

最初はどんな人が通っているか不安でしたが、いざ通い始めると、クラスの仲間全員がパチンコ好きで明るく馴染みやすい良いクラスでした。講義が終わった後にクラスメイトとパチンコを打ったり、発表や課題提出などの区切りの時には仲間で打ち上げをしたり楽しく通うことができました。また授業も理解度に合わせて進行してくれるので、勉強が苦手でも十分ついていけると思います。

就職活動においては、就職に対しての心構えや、パチンコ・パチスロ開発の流れをしっかりと学べていたので、面接で自分のやりたいことをしっかりと話することができました。このことが内定をいただけた1番の理由だったと思います。G&Eがあったからこそ希望するメーカーに就職できました。
好きなメーカーで働くことができることが決まったので、これからはプレーヤーの記憶に残るような機種を必ず開発したいといった想いを現実にできるよう頑張っていきます。

K・Sくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2021年度PS総合開発コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職大学中退渋谷校

入学当時はPC操作に苦手意識がありましたが、第一志望だったメーカーに就職できました

入学当時はPC操作に苦手意識がありましたが、第一志望だったメーカーに就職できました

就職先:株式会社大都技研
K・T(入学時年齢:20歳)

私はパチスロが好きで、好きな機種が多い大都技研でパチスロを開発したいと思い、どのようにしたらパチスロ開発者になれるのかをインターネットで調べていた時に、G&Eビジネススクールの存在を知りました。
大都技研で遊技機の開発をしたいといった漠然とした強い思いはありましたが、「どんな職種があるのか」、「自分が何をやりたいか」、「どんな知識やスキルが必要なのか」が全くわからない状態でした。そこで、G&Eに入学を決め、企画、映像、プログラミングなど遊技機開発を総合的に学べる2年制のPS総合開発コースを選択することで、自分が本当にやりたいことを学校で学びながら探すことにしました。遊技機の開発工程を学び、それぞれの工程でどのような職種の方が働いているのか等、職種ごとに必要な知識・スキルを幅広く学んでいくうちに、プログラミングの面白さに気づき、プログラマーとして就職活動を行うことを最初の1年間で決断することができました。

G&Eには生徒限定の業界内アルバイト求人があり、私は幸いなことにG&E入学直後に業界内でプログラミングのアルバイトで貴重な経験を積むことができました。アルバイト先で実業務を行う中で、スキルアップを自分自身で感じ取ることができたこと。そして、講義でも、就職活動でもとにかく行動することを意識して取り組んできました。

「大都技研に入社する!」を目標にして、G&Eで学びながらやるべきことが少しずつ明確になり、最終的にはG&E入学当時はPCに自信が持てない状況から、プログラマーとして遊技機の開発者で内定を取ることができ本当に嬉しいです。入社後も開発者として新たな目標を掲げ、成長し会社に貢献できるよう業務に取組みます。

K・Sくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2021年度PS総合開発コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職大学中退渋谷校

入学前から憧れていたパチンコメーカーへの就職にチャレンジ。1社目で就職活動を終えることができました。

入学前から憧れていたパチンコメーカーへの就職にチャレンジ。1社目で就職活動を終えることができました。

就職先:株式会社SANKYO
K.R(入学時年齢:21歳)

高等専門学校を中退しフリーター生活を送っていた時、ネットでG&Eの広告を見て学校の存在を知りました。初めは「こんな学校もあるんだ...」ぐらいの感想だったのですが、自分の好きなことを仕事にするという選択肢があり、多くの人がその道を目指しているのだ、ということが心に残りました。

私は趣味で中学時代からプログラミングを行っていましたが、それを仕事にすることは考えていませんでした。しかし、大好きなパチンコ・パチスロに関わるプログラミングであれば、職業としてやりがいをもって取り組めるかも知れない...そう考え始めた時、自分がG&Eでプログラミングを学び、自分がパチンコ業界に就職するという選択肢が一気に現実味を帯びて感じられるようになりました。

実家が遠方のため、上京してまで学校に通うことは私にとっては大きなチャレンジでしたが、実行してみると何とかなるものです。遊技機のデバッグを行うアルバイトをG&Eから紹介していただき、生活費の目途もつきました。

私は2年制のPS総合開発コースに所属し、企画・映像制作・プログラミングをそれぞれ学びました。パチンコの規則についての講義は、難しい部分もありましたが、自分の好きなことに関わる知識ですので楽しく学べました。分からないことについても講師から教わるだけでなく周りのクラスメイトが教え合うことで、お互いの知識を補完しているのが、いかにもG&Eらしいところです。

就職活動では、まず、G&E入学前から憧れていたSANKYOにチャレンジしました。人前で話すことが苦手だったので、面接の練習を何度も繰り返しました。思えば、プレゼンテーションの講義で幾度となく発表してきた経験が活きたのかもしれません。実際の面接では思ったよりスムーズに、自分のアピールポイントを伝えることが出来たと思います。(それでも滅茶苦茶緊張しましたが)おかげさまで第一志望だったSANKYOの内定をいただき、1社目で就職活動を終えることができました。

入社後は、G&Eで学んだ企画・映像・プログラミングそれぞれの経験を活かしつつ、単なる技術者ではなく、開発の考えすべてを表現できるプログラマとして活躍したいと思います。良い環境で学ばせていただきました。ありがとうございました。

K.Rくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2020年度PS総合開発コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職フリーター渋谷校

G&Eに通い始めて1ヶ月強でパチンコメーカーへの就職を勝ち得ることができた!

G&Eに通い始めて1ヶ月強でパチンコメーカーへの就職を勝ち得ることができた!

就職先:京楽産業.株式会社
H.T(入学時年齢:23歳)

大学を卒業後、晴れて社会人となり就職先で活躍...の予定だったのですが、現実は激務・雑務に押しつぶされそうな日々でした。そんな中、仲の良い同僚と「好きなことを仕事にしたい」という話をしていて、お互いパチンコ・パチスロが大好きだったこともあり、「じゃあ、一緒にG&Eに通うか」という結論になりました。せっかく新卒として就職した企業を1年足らずで辞めてしまうことには躊躇もありましたが、やはり一度きりの人生ならば好きなこと・やりたいことを仕事にしたい、という気持ちが勝りました。

私はもともと文系でしたが、好きなパチンコに携わるなら創る側に回りたいと考え開発系のPSプランニングコースに入学しました。
G&Eでは新型コロナウイルスの影響もあり講義開始が約1か月遅れとなりました。その間、不安が全くなかったわけではありませんが、その分「やりたい」意欲が溜まり、良いスタートダッシュが切れたのではないかと思います。

仕事を辞めて空いた時間で、企画書や絵コンテなど就活に向けた作品作りを行い、一定の評価をいただけるレベルにまで高めることができました。
講義開始から1ヶ月経たずに就職活動を開始しましたが、その際にも担任の先生方から企業情報や面接対策などで的確なアドバイスをいただきました。特に前職を半年で辞めたというマイナスポイントについて、いかに好意的に捉えていただけるように話すかを苦労して考えましたが、先生のお墨付きをいただいたおかげで自信をもって話すことができたと思います。

正直なところ業界の専門知識をまだ蓄えていない段階で臨んだ採用面接ですから、やる気があることを伝えるしかありません。声の抑揚や視線、ジェスチャーなど会話の技術をフルに使って自分のやる気をアピールし、業界の顔たる企業としてヒット作をガンガン生み出せるパチンコメーカー、京楽産業.から内定をいただくことができました。

開発の素人である私が、G&Eに通い始めて1ヶ月強でパチンコメーカーへの就職を勝ち得ることができた!これはG&Eの環境のおかげ、先生方のアドバイスのおかげだと改めて感謝いたします。
また、学校にはこれからも卒業まで通うことになりますので、改めてよろしくお願いいたします!

H.Tくんが学んだPSプランニングコースとは?

PSプランニングコース

2020年度PSプランニングコースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職大阪校社会人

大学とG&EのWスクールは、パチンコ・パチスロメーカー就職成功への王道パターン!

大学とG&EのWスクールは、パチンコ・パチスロメーカー就職成功への王道パターン!

就職先:株式会社大都技研
T.S(入学時年齢:21歳)

パチンコ・パチスロは世界で最も面白い遊び。これは自信を持って断言できます。
ですから、自分もパチンコ・パチスロメーカーで面白い遊技機に携わる仕事をしたいと思うようになったのは、自然な流れだったと思います。

大学3年に進級する直前、軽い気持ちでG&Eのスクール説明会に参加しました。初めはパチンコ業界の就職に必要な知識・スキルを聞いて新卒の就職活動に役立てたい、ぐらいのつもりでしたが、説明会では、大学生がWスクールでG&Eに通い新卒の就職活動が有利になった実例を多数聞きました。また無理のない範囲で大学とG&Eを両立できることも知ったため、悔いを残さないためにもG&EにWスクールでの入学を決めました。

私の入学したPSプランニングコースは週1回の講義。またクラスメイトは年齢も仕事もバラバラ。にも関わらず大学の友達よりもG&Eのクラスメイトとの付き合いの方が密になったのは、皆が「パチンコ・パチスロ」という同じ趣味を持っているためでしょうか、それとも「パチンコ業界への就職」という同じ目的を持っているためでしょうか。あまり年の差も感じず、とにかく仲良くさせてもらいました。

私は講義の中で最も頑張ったのは企画書の作成です。私が負けず嫌いというのもありますが、他の人がデザインの秀逸な企画書を作れば、それを超える出来の企画書を目指し、また他の人が素晴らしいアイデアを発表すれば、そのアイデアを超えられるようひねりを加え、お互いに切磋琢磨しながら高みを目指すことができたと思います。

就職活動では、早い時期から自分の大好きなパチスロメーカーに絞って応募しました。G&Eの就職対策講座で「自分の想いを伝える」練習を積んでいたこともあって、緊張の中でも心に余裕をもって面接に臨むことができました。

結果として、私の最も好きなメーカー、大都技研から内定をいただくことができ、やはりWスクールはパチンコ・パチスロメーカー就職成功への王道パターンであることを再認識しました。

今後、大好きなメーカーで働けることが楽しみでなりません。入社後は会社に貢献できるよう、全力で日々頑張っていきたいと思います!

T.Sくんが学んだPSプランニングコースとは?

PSプランニングコース

2019年度2020年度PSプランニングコースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職大学在学中渋谷校

パチンコメーカーSANKYOの特別講義が大きなモチベーションとなりました

パチンコメーカーSANKYOの特別講義が大きなモチベーションとなりました

就職先:株式会社SANKYO
I.Y(入学時年齢:24歳)

もともと人見知りで、人前で話すことが苦手でしたから、大学在学中も就職活動には随分苦労しました。何とか入社したネットワーク関連の会社では、やりたいことと大きな隔たりがあり、長くは続きませんでした。

そんな私が好きなことを仕事にしたいだなんて、おこがましいかもしれません。でも、好きなことなら一所懸命頑張れるのではないかと思い、遊技機業界に就職するための予備校、という位置づけのG&Eビジネススクールに入学しました。

PS総合開発コースの1年時は火曜・木曜が講義の日。商品企画や映像制作、プログラミングなど様々な分野の講義があり、パチンコ・パチスロ開発のための知識・スキル習得を目一杯頑張ります。また講義の無い日はパチンコホールでアルバイト。生活のすべてがパチンコ・パチスロで埋め尽くされました。
遊技機規則の勉強もありますし、映像やプログラミングなど提出課題の制作もありましたから、勉強とアルバイトとの両立は大変でしたが、やっていることはすべて自分のやりたかったこと。やりがいを感じながら頑張ることが出来ました。

そんな中、G&Eの出資企業であるSANKYOの特別講義があり、人事の方からG&E在校生に期待すること、というテーマでお話しいただきました。また開発者の方もお越しいただき、SANKYOの開発体制について、開発業務のやりがいについて色々とお話しいただきました。SANKYOに憧れていた私にとっては、これもG&Eでの勉強を頑張るための大きなモチベーションとなりました。

もちろん、いくら良い成績をとっても、就職するのに面接は避けて通れません。G&Eでは講師の方に面接練習をとことん付き合っていただき、自宅でもお風呂でひたすら自己PRを復唱するなど、苦手な面接を克服する努力をしました。その結果、本番では緊張で頭が真っ白になりながらも、何とか熱意を伝え切ることができたようで、ありがたいことに内定をいただくことができました。

まだまだ半人前の私ができることと言えば、努力を積み重ねることぐらいです。ですが、いつかはパチンコ・パチスロの未経験者がこぞって遊技してもらえるような、大ヒット機種の開発に携わり、ファン人口を増やしていけるようになりたいと考えています。



I.Yくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2019年度PS総合開発コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職渋谷校社会人

パチンコメーカーへの就職を目指してG&Eに進学。あらゆる知識・スキルを自分の血肉とすることが出来た実感がある

パチンコメーカーへの就職を目指してG&Eに進学。あらゆる知識・スキルを自分の血肉とすることが出来た実感がある

就職先:株式会社SANKYO
N.S(入学時年齢:18歳)

高校生の時、偶然にG&Eのホームページを見つけました。進学か就職か、進路を考えなければならない時期に、「パチンコメーカーへの就職を目指して進学する」という明確な目標が出来たことは、私にとって大きな転機となりました。
私が入学したのは「総合エンタテインメントコース」という23歳以下の人を対象にしたコース。専門学校的な位置づけで、パチンコ業界のすべてを2年間で学んでいくため、他のコースよりも講義時間の多いのが特徴です。

G&Eでは、パチンコ・パチスロに精通しているスペシャリストによる講義が繰り広げられます。特に規則に関する講義では難しい話も多く、苦戦することもありました。ですが、やはり私の好きなパチンコ・パチスロの話ですから、意欲的に授業に取り組むことができますし、内容自体は今でも思い出すことが出来るほどに濃く、楽しいものでした。その他、ホール計数の講義、プレゼンテーションの講義、市場調査手法や企画書作成手法など、2年間(まだ数か月残っていますが)であらゆる知識・スキルを自分の血肉とすることが出来た実感があります。好きなことだからこそ頑張れる、というのは本当でしたね。

私がG&Eに入学したのは、大好きなメーカーであるSANKYOが出資しているスクールだから、というのもありました。入学後、SANKYOからG&Eへ求人が来た際にはさっそく私も応募したわけですが、生まれて初めての就職活動で初めに受ける企業が憧れの大手メーカー、というのは相当なプレッシャーでした。
私はG&E最年少ということもあり、他の人に勝る部分をアピールできるとすれば、それは「愛」しかありません。面接ではパチンコ・パチスロ愛を伝えることに重点を置き、G&Eで学んだプレゼン技術で、上手く伝えることだけを意識しました。

SANKYOには、若輩者の私に内定をいただき、感謝しております。ゆくゆくは後世に語りつがれるような遊技機の開発に携わり、「あの機種の産みの親は自分だ」と誇れるようになりたいと思います。そのためにも日々勉強を心がけ、入社までを過ごしてまいります。



N.Sくんが学んだ総合エンタテインメントコースとは?

総合エンタテインメントコース

2019年度パチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職大阪校総合エンタテインメントコース高校卒業後

パチスロ機の規則をしっかり理解した上でプログラミングの習得に取り組み、パチスロメーカーへの就職を決めました

パチスロ機の規則をしっかり理解した上でプログラミングの習得に取り組み、パチスロメーカーへの就職を決めました

就職先:株式会社パイオニア
T.J (入学時年齢:24歳)

パチスロ機開発に携わるプログラマーを目指して、大学でプログラミングの勉強をしました。しかし、遊技機のプログラミングには専門的な知識も必要。それが学べる場所はどこかを探している時、G&Eという学校があることを知りました。

やりたい仕事に就けるのなら、時間と金銭の投資は無駄にならないと信じ、G&EのPS総合開発コースに入学しました。

在校生たちは全員がパチンコ・パチスロ好きで、業界で働くことに情熱を持つ人ばかりです。友達というより「同志」の感覚で、互いに励まし合いながらモチベーションを落とすことなく一直線に進むことができました。

また講義内容は私の求めていたそのもの。遊技機規則から専門的なプログラム言語まで、学んだことすべてが役に立ちました。特に、遊技機規則を知らずにプログラムを組んだとしても、「なぜそのような処理を行わなければならないのか?」という疑問が解消できません。パチスロ機の規則をしっかり理解した上でプログラミングの習得に取り組めたのは、大いに成長につながったと思います。

志望企業の選定については、やはり自分の好きな機種の開発に関わることがモチベーションに繋がると考え、自分の好きなメーカーへの就職にこだわりました。
沖スロの雄、パイオニアに応募した際は、プログラマーとしての適性を見極めるためのプログラム作品課題が出されました。G&E入学前であれば、どう組めば良いかさえ分からなかったと思いますが、G&Eで得た経験と知識で、何とかプログラム作品を組み上げることが出来ました。その努力が評価されてか、内定をいただきました。

パイオニアのパチスロ機には版権に頼らない独自の発想があり、打つ人の気持ちに寄り添った機械づくりの出来るメーカーだと思います。今後はパイオニアの一員として、パチスロ本来の楽しさを味わえる機種の開発に、貢献していければと考えています。



T.Jくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2019年度PS総合開発コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職大学卒業後大阪校

パチンコ・パチスロ好きにとってはたまらない時間を過ごしながら成長し、パチスロメーカーへの就職をこの手に掴んだ

パチンコ・パチスロ好きにとってはたまらない時間を過ごしながら成長し、パチスロメーカーへの就職をこの手に掴んだ

就職先:株式会社ユニバーサルエンターテインメント
U.H (入学時年齢:21歳)

「パチスロの企画がしたい!」。大学時代から自分の夢は一本に決まっていました。
しかし入社を熱望するユニバーサルエンターテインメントは新卒採用が少なく、他のパチスロメーカーともご縁がありませんでした。
大学を中退し、パチンコホールでアルバイトをしている時、親友から「パチスロ機の開発職を目指すのならG&Eへ行けば?」と勧められました。

調べてみるとG&Eのホームページにはユニバーサルエンターテインメントへの就職実績もあり、先輩からのメッセージも記載されています。「G&E経由でなら未経験でも就職できる」可能性に賭け、思い切ってG&Eへの入学を決め、一年制のPSプランニングコースを選択しました。

クラスメイトは当然ながら、全員がパチンコ・パチスロ好きです。皆、好きな機種がバラバラで、それぞれが熱く語っているのを聞くのが楽しく、話が尽きませんでした。もちろん自分もユニバ愛を熱く語り続けました!
また講義を行う講師陣は今、業界で働いている人ですから、彼らもそれぞれに強いこだわりを持っています。講義の内容はもちろんですが、講義後に新機種についての熱い想いや、業界動向・メーカー内部の話を伺うのが最高に楽しかった!

講義では、その愛を形にするための知識(規則)、リール制御、企画書の作り方を学び、プレゼンテーションの経験を積み、パチンコ・パチスロ好きにとってはたまらない時間を過ごしながら成長することが出来たと思います。

就職活動ではクラスメイトとの特訓(!?)を活かして、ユニバーサルエンターテインメントへの愛、特にAタイプへの愛とリールやリーチ目への愛を語り切り、憧れの企業から内定をいただき就職をこの手に掴むことが出来ました。そして今度は自分がメッセージを書くことになるとは!

これから6号機時代を迎え、遊技機メーカーがパチンコ業界に果たす役割、そして責任はますます重くなるものと思います。そんな中で自分が目指すはただ一つ、「打つ人すべてが楽しいと感じるパチスロ機を企画すること」です!

2019年度PSプランニングコースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職大学中退渋谷校

パチンコメーカーへの就職と、一生付き合っていける仲間を得ることができた

パチンコメーカーへの就職と、一生付き合っていける仲間を得ることができた

就職先:株式会社高尾
W.D(入学時年齢:22歳)

工業大学在学時、パチンコメーカーの出玉設計職を熱望して就職活動をしましたが、苦手な面接がネックとなり、夢は叶えられませんでした。それでも夢を諦めきれなかった私は大学卒業と同時にG&Eへ入学を決意。G&Eの2年制コースは新卒として就職活動ができると聞き、PS総合開発コースを選択しました。

クラスメイトとは、お互いの足りないところを補い合うことのできる関係で、自分を支えてくれる優しい人たちでした。遊技機規則の分からないところを教え合ったり、面接が苦手な私のため遅い時間まで面接練習に付き合ってくれたり...。
一生付き合っていける仲間と巡り合えただけでも、G&Eに入った価値があると思います。

G&Eで役立ったと思えるのは、やはり規則の講義。出玉設計にとっては必須の知識ですし、入学前から詳しく知りたかった部分ですので、現役で開発に携わる専門家に教えていただけるのは、本当に有難かったです。授業内外の企画書作成でもアドバイスをいただき、大変お世話になりました。

もちろん夢を叶えるためには自分自身の努力も必要です。私は毎月一本はパチンコ機のスペックを考案するよう努め、今でも続けています。既存のパチンコ機のスペックを真似するだけでなく、できる限り実現可能な新しい要素を考えて、発想力を絶やさないようにしています。

就職活動で大変だったのは履歴書作成です。自分のアピールポイントを探し、上手く表現して、というのは想像以上に大変でした。先生方には何度も添削していただき、感謝しています。おかげで、自信を持って私のパチンコに対する想いと熱意をアピールできるようになりました。そして、その甲斐あって、スペックにこだわり新しいものづくりに挑戦し続けているパチンコメーカー、高尾様から内定をいただくことが出来ました。

今後は諸先輩方のように、G&E卒業生の優秀さを実績でアピールしていき、今後の在校生(私の後輩)が憧れてくれるような開発者になりたいと思います!



W.Dくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2019年度PS総合開発コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職大学卒業後渋谷校

1年間で、考え方の基本を学ばせてもらった

1年間で、考え方の基本を学ばせてもらった

就職先:株式会社愛喜
Y.T (入学時年齢:31歳)

運送業界に勤めていた時、パチンコ好きの友人からG&Eというスクールがあることを聞きました。初めは未経験からの転職について半信半疑だったのですが、色々調べてみるとパチンコ・スロットの開発に関する勉強が出来て、就職までサポートしてくれる学校は日本で唯一、G&Eしかなく、また30歳代からの転職成功例も多いと知りました。
年齢的にもここが最後のチャンス。何もせずに後悔するぐらいなら...と1年で卒業できるPSプランニングコースに入学しました。

入学前のイメージとしては、ものづくりの現場っぽい雰囲気で工具などがズラッと並んでいるのを勝手に想像していたのですが、1年間の前半は座学が中心。まずは商品知識や、開発の前提となる検定規則の習得が必須とあって、テキストを読み込む勉強が多く、ずいぶん苦しみました。ただ自分の好きなことに関する分野ですし、実際の開発者が現実のパチンコ機・パチスロ機を例に挙げて説明していただけるので、講義内容は興味深く、楽しく理解を深めることが出来ました。
また、そうして得た知識を元に商品企画のグループワークを行ったり、自分の企画作品を練ったりすると、ただ思い付きを形にしようとするのではなく、アイデアを実現するために規則や枠組み内で工夫する方法を自ら考えることになります。1年間で、考え方の基本を学ばせてもらったなあ、と改めて実感します。

就職活動では、年齢のこともあり苦戦を覚悟していました。しかしG&Eにはパチンコ業界からさまざまな業種の企業求人情報が集まりますし、企業説明会も数多く開催されます。そうした中、パチンコ本来の面白さである釘と玉で勝負している普通機専門メーカー「愛喜」の企業説明会に参加し、社内の柔らかい雰囲気や企業姿勢に惹かれ、応募することにしました。他の応募者より年上で業界未経験である自分がアピールできるポイントは、ユーザーとしての経験が長いことぐらい。だからこそパチスロは4号機時代から、パチンコも旧MAX機時代から打っていて、その経験を活かしたいことをアピールし、ありがたいことに採用していただくことになりました。

入社後は、パチンコ本来の面白さがギュっと詰まった遊技機の提案をどんどん行い、会社が大きく進展していく力になれたら良いな、と思っています。

2018年度PSプランニングコースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー・販社等の総合職として就職渋谷校社会人

これは運命だと直感しました!

これは運命だと直感しました!

就職先:株式会社愛喜
S.Y (入学時年齢:23歳)

高校卒業後、公務員として4年間、国防の任に就きました。が、任期付きであるため、在任中から「次の仕事」を意識しなければなりません。
私が次の仕事として考えたのは、わが国最大の娯楽であり、また自分の公休日に潤いをもたらしてくれた「パチンコ」に携わることでした。
パチンコ業界への就職・転職について調査していると、パチンコ業界に転職するための学校があることを知り、評判も良かったことから、任期満了とともにG&Eへ入学することとしました。

G&Eでは、パチンコ業界に就職するための知識に加えて、パチンコ業界に就職した後に活躍するための知識やスキルを磨くことができます。その中で最も役立ったと思ったのは「出玉計算」の知識でした。もともとパチンコの玉の動きが大好きだった私は、一つ一つの玉の動きが収斂して出玉という数値に結びつく不思議さに魅入られ、パチンコメーカーでの出玉設計を夢見るようになりました。

折しも「愛喜」というパチンコメーカーからG&Eに求人があり、正直なところ聞いたことのない企業ではありましたが、説明会に参加することにしました。愛喜に勤めるG&E卒業生が説明を行っていたのですが、社内のアットホームな雰囲気、仕事のやりがい、そして小さいメーカーながら社員が一丸となっていることなどを楽しげに語って下さいました。そして何よりも、パチンコならではの玉の動きを大事にしている「普通機専門メーカー」であること!これは運命だと直感しました!

さっそく愛喜に応募し、パチンコに対する自分の熱い想いを語った結果、まずはアルバイトとして採用いただき、G&E在学中に正社員としての内定をいただきました。

小さな会社ですから、一人の担当分野は多岐に渡りますが、その一つ一つが自分を成長させてくれるのを実感しています。この会社で遊技者に愛されるぱちんこ機を開発したい、そう思える会社に出会えて本当にありがたく感じています。



S.Yくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2018年度PS総合開発コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー・販社等の総合職として就職社会人

遠回りをしたものの、G&Eに入って「パチンコメーカーへの入社」を現実にすることができました

遠回りをしたものの、G&Eに入って「パチンコメーカーへの入社」を現実にすることができました

就職先:株式会社高尾
U.M (入学時年齢:20歳)

高校生の頃から「将来は絶対パチンコメーカーに!」と考えていました。ただ高3で進路を決める際には、学校法人ではないからという理由でG&Eを選択肢から外し、アミューズメント業界に強いという触れ込みの専門学校に進学しました。

しかし、周りにパチンコ業界希望者はおらず授業の内容もパチンコとはほど遠く、この専門学校からパチンコ業界を目指すのには無理があると感じ、失意とともに中退しました。
諦めきれずに、大好きなパチンコメーカーである高尾について調べていた時、実は社員にG&E卒業生がひじょうに多いことを知り、改めてG&Eの総合エンタテインメントコースへの入学を決断。思えば遠回りをしてしまったものです...。

G&Eの講義内容はもちろん興味のあることばかりですし、ネットで調べてもなかなか分からない専門知識や業界の裏話まで教えてもらえるので、パンフレットの言葉通り「楽しくマジメに」学ぶことができました。特に楽しいと思えたのは「機種討論会」。打ち手としての遊技機の感想を雑談レベルで語るのではなく、開発志望者、営業志望者、ホール志望者とともに各自の立ち位置から、テーマに沿って新機種を討論しつつ研究・分析していくのは、G&Eでしか出来ないことですし、色んな人のさまざまな考え方を知ることができ、たいへん有意義だったと思います。

就職活動を始めるにあたっては、まず応募書類の書き方から苦労しました。まず何を書いて良いか分からず、書き始めても単なる自己紹介の域を出ず、最初に書き上げた履歴書は、今読み返すと恥ずかしいばかりの出来栄えでした。しかし先生方に「正しい書き方」を丁寧にご指導いただいたおかげで、次第に自分自身を売込みするための履歴書にグレードアップしていきました。

本命の高尾を受ける際には、先生に「いつもG&Eで叫んでいる高尾への愛を面接で伝えるだけだ」とアドバイスをもらい、その通り実行したところ、見事内定をいただくことができました。
ユーモアに満ち溢れ、他社には絶対真似できない製品づくりを行う高尾の一員となる。この夢はG&Eに入学した時からずっと唱え続けていたことです。夢を現実にすることができ、G&Eには本当に感謝しています。2年間、ありがとうございました!



U.Mくんが学んだ総合エンタテインメントコースとは?

総合エンタテインメントコース

2018年度パチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の製造職として就職フリーター名古屋校総合エンタテインメントコース

パチンコメーカーへの就職を目指して、講義ごとに自分が大きく成長していくのを日々感じました。

パチンコメーカーへの就職を目指して、講義ごとに自分が大きく成長していくのを日々感じました。

就職先:株式会社高尾
N.K (入学時年齢:20歳)

工業高校を卒業し自動車整備工として働いていた頃、G&Eの動画広告を観て、自分も勉強をすればパチンコ・パチスロに関わる仕事ができるかもと夢想するようになりました。物は試しとG&Eの説明会イベントに参加したところ、高卒や中卒でも夢を叶えた卒業生がたくさんいること、学歴よりも「G&Eで学んでいること」自体を重視する企業が多いことを聞き、これは入学するしかない、と考えるようになりました。
さっそく両親に相談をしたものの、初めは聞いたこともない学校だと言われ、すぐには認めてもらえませんでした。が、粘り強く説得を続けることで、ちゃんと就職できるのであれば、との条件で入学を納得してもらいました。

G&Eの講義はパチンコ・パチスロの商品知識に加えて、業界の成り立ちや構造、業務の流れなど、就職後に役立つ内容が多く、G&E卒業生が業界で活躍できる理由がよく分かります。もちろん就職するにあたっての企画書作成スキルや就職活動に関する心構え等も丁寧にご指導いただき、講義ごとに自分が大きく成長していくのを日々感じました。

就職に関しては、とにかく履歴書の作成が一番疲れました。こんなに時間がかかるものとは考えてもいませんでしたので、改めて自己アピールすることの難しさを実感しました。それでも、何度も添削に付き合っていただき、完成まで協力して下さった先生方には心から感謝しています。

G&Eには、たくさんの企業からさまざまな職種の求人が来ます。個人的に大好きなメーカーである株式会社高尾から営業職の求人が来た時、自分が愛するメーカーの機種ならば、多くの人に知ってもらうために営業・拡販するのも悪くないなと思い、営業職で応募することにしました。選考では、提出した企画書の出来栄えを高く評価していただき、販促として採用していただきました。学校でも積極的に色々な企画・アイデア出しをしていたことが、最終的には役立ったと思っています。

入社後は、もっともっと高尾のファンを増やしていけるように、たくさんアイデアを出して自社製品をアピールしていければと思っています。先生方も、これからG&Eに入学する人も、ぜひ高尾のパチンコ機を遊技してください!



N.Kくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2018年度PS総合開発コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)大阪校社会人販売企画・販売促進職として就職

「遊技機の開発者になる。」同じ志を持つ人々が集う場所であることを確認し、安心して入学を決めました

「遊技機の開発者になる。」同じ志を持つ人々が集う場所であることを確認し、安心して入学を決めました

就職先:株式会社大都技研
K.Y (入学時年齢:23歳)

G&Eの存在を知ったのは、パチンコ・パチスロを始めてまもなくの頃。「パチンコ・パチスロ自体を学ぶ学校」ではなく「遊技機の開発者を目指すための学校」だということが強烈な印象となって残っていました。
その後、大学を中退しアルバイトに専念する中で、将来を考えた時にふとG&Eの存在を思い出し、スクール説明会に参加してみました。体験講義にも参加し、真面目な内容ながら楽しく学んでいる受講生の姿を見て、「遊技機の開発者になる」という同じ志を持つ人々が集う場所であることを確認し、安心して入学を決めました。

G&Eの講義は、まさに自分が求めていた内容。すべての講義が業界に関わることなので、どんな授業も意欲を持って楽しく受けることができました。特に企画書制作は面白かった授業の一つ。個人的に大好きな版権で遊技機のアイデアを練ったり、グループで話し合ってオリジナルの遊技機を企画したり、さまざまな経験ができました。また他のクラスメイトの発表で、自分とは異なる角度からの発想を聞くのも楽しみでした。

自分の中では、せっかく貴重な2年間を費やすのだからと、講義中は誰よりも積極的に発言するよう心がけていました。その分、私語も多かったと思いますが......先生方にはご迷惑をおかけしました(笑)。

就職活動にあたっては、せっかく自分の好きなパチンコ・パチスロに関わるのですから「楽しく仕事がしたい」という基準を持ち、それを実現できそうな企業を中心に選考を受けることにしました。各社のインターンシップに参加にするうち、社員がみんな楽しそうに働いていて、しかも遊び心を持ったメーカーである大都技研に惹かれていきました。

面接では、パチンコ・パチスロに対する情熱、そしてインターンシップを通じて培った大都技研への想いを素直にアピールし、内定をいただくことができました。2年次に進級したばかりの四月のことでした。現在は、常に業界の頂点を目指し続ける大都技研の一助となれるよう、優秀な成績でG&Eを卒業するべく勉強と卒業制作を頑張っています。
G&Eに入学して本当に良かった。心からそう感じています。



K.Yくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2018年度PS総合開発コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職フリーター渋谷校

大学とG&Eのダブルスクールで、憧れのパチンコメーカーに就職!

大学とG&Eのダブルスクールで、憧れのパチンコメーカーに就職!

就職先:株式会社SANKYO
A.K (入学時年齢:22歳)

大学3年のとき、周りの友人達と就職活動に関して情報交換をしようとしたものの、パチンコ業界、特に遊技機メーカーを目指すのは私一人。業界研究・企業研究を行うにあたって情報収集に苦しんでいました。ある時、「パチンコメーカー 就職」と検索して辿りついたのがG&Eのホームページ。私の志望するパチンコメーカーが、就職実績にほぼ網羅されていたため、入学を決意。大学4年生のスタートと同時に、G&Eにも通学するダブルスクール生活を始めました。

二つの学校の掛け持ちはさぞ大変だろうと友人から心配もされましたが、G&Eは週2回の通学なので、スケジュール調整にはさほど苦労せず、上手く切り替えて学生生活を送ることができました。大学のテスト期間だけはG&Eに行くことが出来ませんが、講義内容はすべてビデオに収録されているので、G&Eの自習室で補講することもできます。遅れを取り戻すため、大学の講義が無い時にG&Eの自習室にこもって朝から夜まで補講&作品制作をしたことが、自分でも「頑張ったなあ」と印象に残っています。自分自身が楽しめなければ、絶対にやり遂げられなかったことだと思います。

G&Eには、各パチンコ業界企業から時期を問わず、さまざまな職種の求人が来ます。また、在校生は皆、パチンコ業界を真剣に目指している人ばかりです。就職に関する情報交換も活発に行えますし、独自の情報収集だけでは見つけることのできなかった業界情報・企業情報を容易に入手することが出来ます。私自身も見聞を広げ、自分の適性を見極めるために、遊技機メーカー、開発会社、部品メーカー等さまざまな企業の説明会に参加しました。

そんな中、業界のリーディングカンパニーでもあり、G&Eの出資企業でもあるSANKYOの新卒説明会にも参加し、「やっぱり良い会社だ」と再認識。SANKYO出身の先生に何度も書類添削や面接練習を手伝っていただき、自分の強みを上手く伝えられるようになった結果、無事内定をいただくことができました。

入社後は自分の強みを活かし、がむしゃらに頑張っていきたいと思います!



A.Kくんが学んだPS映像プランニングコースとは?

PS映像プランニングコース

2017年度PS映像プランニングコースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の営業職として就職大学在学中渋谷校

どうしても入りたいパチンコメーカーから、2年越しで就職内定をいただけた

どうしても入りたいパチンコメーカーから、2年越しで就職内定をいただけた

就職先:豊丸産業株式会社
R.K (入学時年齢:24歳)

自由で個性的な機種づくりを行いつつ、打ってもらう人の気持ちを忘れないメーカー、それが豊丸。作る機種はことごとく自分のツボにはまりましたし、そんな愛しのパチンコ機たちに一生涯関わり続けたい。どうしても入りたい会社でした。
ただ2年前、大学時代に受けた新卒採用では、残念ながら選考に落ちてしまい、担当者の方から「もっと会話のキャッチボールが出来たら良かった」とアドバイスをいただきました。落ちてしまった以上は仕方がありません。後はすっぱり諦めてしまうか、諦めずに再チャレンジするかの二択です。自分は、G&Eに入学し再度挑戦することにしました。

G&Eでは、パチンコの本質となる部分を知るため、規則などを学べる開発系コースを選択。コースではパチスロ好きが多く、パチンコしか打たない自分が仲良くなれるか不安もありましたが、クラスメイトにはパチスロを教えてもらい、自分はパチンコの魅力を伝え、相互に絆を深めることができました。クラスメイトと三重県の年末オールナイト実戦を行ったのは、一生の思い出です。

最も役に立つと思えた講義は、企画書作成とグループワーク。何度も企画書を作成していくうちにデザイン・レイアウトの技術が向上し、今後も社会で活かせるだけのスキルを磨くことができました。またグループワークでは、他の意見を尊重しつつ自分の意見もすり合わせながら成果物を完成させていくのが大変難しくもあり、とてつもない達成感もありました。この過程を繰り返すうち、相手との合意を醸成していくコミュニケーション能力が身に着いたように思います。
また、担任の先生に付き合っていただきつつ、会話のキャッチボールを意識した面接練習にも取り組み、準備万端の状態で就職活動の時期を迎えることが出来ました。

満を持して臨んだ豊丸産業の選考では、2年経っても色あせない自分の熱意をお伝えしました。担当者の方も自分のことを覚えていたようで「ずいぶん成長したね」と高評価していただき、培ったコミュニケーション能力を活かして営業職にチャレンジしないかと提案までいただきました。

これから自分の大好きな会社で自分の大好きな機種に携わることができるのは、本当に幸せなことだと思います。
自分の成長と成功を支援してくれたG&Eには心から感謝しています!

2018年度PS総合開発コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の営業職として就職大学卒業後大阪校

「パチンコメーカーに就職できるのは大卒だけ」をくつがえすことができた!

「パチンコメーカーに就職できるのは大卒だけ」をくつがえすことができた!

就職先:株式会社SANKYO
I.K (入学時年齢:26歳)

大学中退後、飲食店で約5年間働いていました。店長としての仕事にはやりがいもあったのですが、自分の本当にやりたいことは遊技機の開発。仕事の合間に「こんな遊技機を創りたい」とアイデアを練り、企画書にまとめていました。ある時、思い切って某パチスロメーカーに中途採用の問合せをしたところ「大卒でなければ受けられない」と聞き愕然......。
そこで悔しい想いを抱えながらも、大卒でなくてもパチンコメーカーに就職する道はないかを探り、G&Eという選択肢にたどり着きました。

G&Eの講義内容は簡単ではありませんが、好きなこと・知りたいことばかりでしたので、とことん頑張ることができました。講義を受けていて、入学前に作り込んでいた企画書の内容が実は遊技機の規則に抵触してしまうため、実現できないことも知りました......。が、だからこそどうやれば実現できるのか、講師にアドバイスをもらいながらクラスメイトと話し合い、アイデアを膨らませていく過程が、自分にとっては最も有意義で幸せな時間だったと思います。

就職活動に関しては、履歴書などの書類作成が本当に辛かった......。書いた書類は講師に添削してもらうのですが、不足部分を指摘され書き直し再提出、を何度も繰り返し、正直逃げたくなることもありましたが、この作業があったからこそ自分に対する理解が深まり、自信を持って「自分の強み」を打ち出せるようになったのかな、と思います。
実際に第一志望であるSANKYOの面接で、自分の強みである「プレゼンテーション能力」を大いに推したところ、「こんなにプレゼン能力をアピールしてくる人はいないよ」と面接担当者に苦笑いされてしまいましたが、結果としては好印象だったようで、有難いことに内定をいただくことができました。

G&Eでは、自分に足りなかった知識、経験、そして学歴まで与えていただき、本当に感謝しております。今後は業界をリードし続けるSANKYOの一員として、ヒット機種を生み出し会社に貢献していきたいと考えています!



I.Kくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2018年度PS総合開発コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職渋谷校社会人

パチンコメーカーへの就職を目標に、チャレンジしがいのある充実した日々を送ることができました

パチンコメーカーへの就職を目標に、チャレンジしがいのある充実した日々を送ることができました

就職先:株式会社SANKYO
U.R (21歳)

九州の大学で電気工学を学んでいましたが、その後の人生を考えた時、「夢のある職業に就きたい」という気持ちが強くなりました。自分にとっての夢。それは「人々の記憶に残る遊技機を創ること」です。
大学中退してまでG&Eに入学する、ということを両親に伝えるのは気が引けましたし大反対もされました。説得中に諦めかけたこともありましたが、地元の友達に相談した際、「お前が開発したパチンコ機が出たら、絶対に打つよ」と言ってくれたことが、大きな励みになりました。時間をかけて自分の想いの強さを両親に伝え、何とか納得してもらえました。

入学当初は、遊技機の勉強なんて簡単だろう、と甘く見ていたところがありました。しかし、新しいアイデアを生み出そうとする時、思いつきだけではなく頭をフル回転させないと、遊技機規則に反したものになってしまいます。そういった意味では、G&Eの講義内容はすごく難しいものでした。とはいえ、その難しさを乗り越えたところにヒット機種は生まれるのですから、極めてチャレンジしがいのある充実した日々を送ることができました。

2年生を前にして就職活動を意識し始めた時、企業に応募する書類を自分なりに頑張って作成したつもりでしたが、G&Eの先生に見せずに提出すると書類選考であっさり落ちてしまいました。先生に言われ、提出した書類のコピーを見直してみると、誤字脱字も多く、言いたいことが自分でも理解できない代物...。自分が就職活動を甘く見ていたことが原因でした。
その後はじっくり時間をかけて書類作成を行い、先生方にも夜遅くまで添削に付き合っていただきました。また面接練習も回数を重ね、自分で納得してから選考に進むように改めたところ、第一志望のSANKYOから内定をいただくことができました。
これから就職活動を行う方へ。書類作成はとにかく自己完結せず、先生や友達に見せて確認してもらうこと。また面接練習は「普段通りの自分が出せる」ようになるまで、ひたすら練習することが大事だと思います。

SANKYOに入社後は、自分の夢である記憶に残る遊技機の開発をバリバリ頑張っていきたいと思います!

2018年度PS総合開発コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職名古屋校大学中退

自信と根拠をもってパチンコメーカーに自己PRできたのが成功の要因です

自信と根拠をもってパチンコメーカーに自己PRできたのが成功の要因です

就職先:株式会社SANKYO
W.G (24歳)

G&Eを知ったきっかけは、YouTubeでパチンコの実戦番組を観ていた時に流れたCMでした。「パチンコの学校があるんだ!」と驚いたのと同時に、「なぜもっと早く知ることが出来なかったのか...」と悔しくなりました。なぜなら、学生時代に遊技機メーカー各社の新卒選考を受けて、全滅してしまった過去があったからです。
大学卒業後、正社員としてパチンコホールに勤めていましたが、思い切って仕事を辞めG&Eに入学し、遊技機メーカーへの夢に再チャレンジすることにしました。職場の上司からも、私の夢と決断を応援してもらえたのが本当に有難かったです。

G&Eでまず感心したのが、生徒がみんな私よりもパチンコ・パチスロに詳しいこと。これでもホール店員として、またメーカー就職志望者として、一般のパチンコファンよりも知識を蓄えていたつもりでしたが、私が遥かに及ばない膨大な知識量を持つクラスメイトが多く、色々と情報交換がはかどりました(笑)。こういったクラスメイトとの交流も、G&Eに入学するメリットの一つだと思います。

G&Eで楽しかったのは、PhotoshopやAfterEffectsを用いた画像・映像制作の講義。私はもともと「ものづくり」への興味・関心があり、自分のこだわりが目に見える形になっていくことが非常に楽しく、集中できました。また作品の提出にあたっても、常に自分が一番良いものを作りたい、と時間をかけて取り組んでいきました。

こうした中で就職活動が始まり、各社の企業説明会に参加するうち、当初の目標であった開発職だけでなく、製造の仕事にも関心が深まり、両建てで就職活動を進めることにしました。大学時代に落ちてしまったメーカーの選考はすべて受けるつもりでしたが、第一志望であったSANKYOから早々に内定をいただき、大学時代の悔しさを晴らすことが出来ました。大学時代には、根拠もなく自分を売り込まなければならなかったのですが、G&E在学時には、自信と根拠をもって自己PRできたのが成功の要因だと思います。

2018年度PS総合開発コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の製造職として就職渋谷校社会人職種

実際の遊技機開発者が講師。パチスロメーカーの開発現場で働くことをイメージすることができ、就職に役立ちました

実際の遊技機開発者が講師。パチスロメーカーの開発現場で働くことをイメージすることができ、就職に役立ちました

就職先:株式会社パイオニア
K.Y (22歳)

某大学の商学部を中退し、自分のやりたいことを見つめ直していた時期にG&Eビジネススクールの存在を知りました。パチスロ機の開発は理系の仕事と思い込んでいましたが、G&Eのスクール説明会に参加すると、文系でも開発職で就職した実績が多いと聞き、「パチンコ業界で開発として活躍する」という目標が初めて目の前で固まっていきました。

講義では、メーカーや遊技機開発会社で遊技機を開発している方が講師となります。遊技機規則などの知識や映像制作・プログラミングのスキルを学ぶだけではなく、講師の方の実際の仕事内容を語っていただくなど、開発現場で働くことをイメージするにあたってもひじょうに役立つカリキュラムだったと思います。

またG&Eに入り、生まれて初めて企画書というものを作成しました。最初の企画書は、自分から見てもひどい出来でしたが、何度も作成していくうちに、企画書の構成やデザイン、レイアウトに至るまで、満足できるものが仕上がるようになりました。クラスメイト達のさまざまな角度からの意見を聞き入れたり、講師陣による「愛のある」ダメ出しを受けたりして、随分鍛えられたと思います(笑)。

就職先は、会社のビジョンと自分のビジョンが合致していることを重要視して、オリジナリティの高いパチスロ機を開発しているメーカーを志望しました。就職活動では、人と同じ歩み・人と同じ内容では「記憶に残らない就活生」になってしまうと思い、誰よりも早く行動を開始し、自分にしか無い考えを伝えるよう心がけました。

内定をいただいた株式会社パイオニアは、どこのメーカーにも作れないオリジナル遊技機の数々を開発・製造し、ユーザーからもホールからもひじょうに愛されているメーカーです。そんな会社で、先輩方の技や感性を受け継ぎ、それを自分のものとしながら、いずれは後輩にも受け渡していき、20年30年と愛され続ける遊技機を生み出していきたい、と考えています。

2018年度PS総合開発コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職大学中退大阪校

パチスロメーカー就職への道。G&Eは自分の背中をしっかり押し続けてくれました

パチスロメーカー就職への道。G&Eは自分の背中をしっかり押し続けてくれました

就職先:株式会社パイオニア
T.S (23歳)

大学は4年まで通ったのですが、諸般の事情で中退......。自分に何が出来るかを考えた時に、他人に誇れるものはパチンコ・パチスロの知識だったので、それを職業にしようと決断しました。パチスロメーカーを志望し、そのためにG&Eへ通うことを両親に相談した時は大反対され、説得には相当時間をかけましたが、何とか自分の決意を理解してもらい、応援してもらえることになりました。

自慢だったパチンコ・パチスロの知識も、G&Eの中では自分を上回る猛者がいっぱいいるため、彼らに負けまいと、より深く広く知識を習得するためのモチベーションになりました。またG&Eでは、講師もクラスメイトも、パチンコ・パチスロが大好きという共通項目を持ちながらも十人十色の個性あふれる人々でしたので、とても刺激的で楽しい毎日を送ることができました。

学校生活の中で、良くも悪くも印象に残ったのは就職活動です。講師の皆さんにバックアップしてもらいながら、相当な時間をかけ苦しみつつ履歴書を仕上げ、何度も面接練習を行ったのですが、これらが自分のことを見つめ直す機会にもなりましたし、自分のやりたいことを通す大事さを学ぶこともできました。

志望企業の選定にあたっては、自分がその企業に入社して将来何をしたいのか、バリバリ働いている姿を明確にイメージできるかどうかを重視しました。自分の所属するPS総合開発コースでは、遊技機の開発に関する知識・スキルを学んでいましたが、そこで習得した動画制作のスキルを活かして、沖スロの本当の面白さを伝える活動ができるのでは、と考え、パイオニアにセールスプロモーション企画職として応募。熱意とともに自分のあるべき将来像を伝えることで、内定をいただくことができました。

G&Eには自分のやりたいことをやらせてくれる環境、勧め続けてくれる環境があります。パチスロメーカー就職への道を歩むにあたって、自分の背中をしっかり押し続けてくれたG&Eにはたいへん感謝しております。

2018年度PS総合開発コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)大学中退大阪校販売企画・販売促進職として就職

他の学生にない付加価値を求めダブルスクールでG&Eに通学。パチスロメーカーに就職を決められた

他の学生にない付加価値を求めダブルスクールでG&Eに通学。パチスロメーカーに就職を決められた

就職先:株式会社大都技研
Y.S (23歳)

大学在学中、パチスロメーカーへの就職を意識した時に、有名大学でもなく、理系でもない自分がパチスロメーカーに就職できるとしたら、他の学生にはない付加価値を手にすべきと考え、G&Eのスクール説明会に参加してみました。
G&Eでは週2日制で大学やバイトとの両立も可能、という話を聞きました。過去にもそうやって就職を成功させた先輩も多いらしく、自分も大学とG&Eのダブルスクールという形で通学することにしました。

クラスメイトは年代も立場もバラバラですが、共通点は皆がパチンコ・パチスロ好きだということ。大学やバイト先では知り合うことのなかったような人たちが、志を共にする仲間となり、自分にとって新しい世界が開けました。

G&Eで役に立ったなあと実感したことは、パチンコ・パチスロの開発に関する知識を、メーカーの現役社員の方々から学べたことです。特にパチスロのリール配列や状態移行の仕組みを理解する講義は、入学前から知りたかったことでしたので、為にもなりましたし、楽しく学べました。また、そういった開発現場で必要な知識をもとに、自分自身で繰り返し企画書を作成してプレゼン発表することで、発想力・実践力が効果的に身に着いたと思います。

目標達成のために、まずは行動することと思い、就職活動ではクラスメイトよりも多くの企業にエントリーし、積極的にインターンシップに参加するよう心掛けました。また面接で自分の想いを余すことなく伝えられるよう、誰よりも多く面接練習を行いました。(付き合っていただいた担任の先生には感謝しています!)
そのかいあって、大ヒット機種を量産している大手パチスロメーカーから内定をいただくことが出来ました。
入社後は、自分が企画したオリジナル機種を、遊技機としてもコンテンツとしてもヒットさせていけるカリスマプロデューサーを目指して、努力を積み重ねていきたいと思います。

2017年度PS総合開発コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職大学在学中渋谷校

パチンコメーカーへの夢をどうしても諦めたくなくて、G&Eに進学しました

パチンコメーカーへの夢をどうしても諦めたくなくて、G&Eに進学しました

就職先:株式会社高尾
Y.T (25歳)

パチンコ・パチスロ好きが嵩じて遊技機メーカーに入りたいと思い、新卒で就職活動を行いましたが、結果を出せませんでした。パチンコ・パチスロメーカーへの夢をどうしても諦めたくなくて、就活中に存在を知ったG&Eに進学しました。

G&Eに入るまでは、地元で1番のパチンコ好きという自負があったのですが、G&Eにはその上がゴロゴロいました...。そして、そんな仲間たちとパチンコを打ちに行ったり、飲みに行ったりと、ひじょうに濃く楽しい学生生活を送れたと思います。

今までで一番楽しかったのは、各予告演出に出現頻度や大当り信頼度を割り振っていく「演出振分け」の授業。ただ何となく自分好みの数値を振り分けるのではなく、実際にホール導入されて多くの人が遊技すると想定して数値を振り分けることにより、自分の中のこだわりが出来てきて、ひじょうに楽しかったです。

苦手だった面接の練習で、G&E講師の方に何度もお付き合いいただき、ようやく自信がついてきたタイミングで、パチンコメーカーの高尾からG&Eに求人の案内がありました。会社のビジョンと自分のビジョンが合致していることと、自分の個性を発揮できそうなこともあり、思い切って応募しました。面接では、練習の成果を発揮し、自分の遊技機に対する気持ちや今後のビジョンを熱く伝えることができ、おかげさまで内定をいただくことができました。

入社後は、既存の演出に捉われず、常に新しいものを追い求め斬新な遊技機開発に貢献していきたいと思います。素敵な講師陣やクラスメイトに囲まれ、充実したG&Eライフでした。本当にありがとうございました。

2017年度PSプランニングコースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職大学卒業後大阪校

パチンコメーカーへの就職を目指し、カリキュラムの専門性・本格性に安心して入学を決断しました。

パチンコメーカーへの就職を目指し、カリキュラムの専門性・本格性に安心して入学を決断しました。

就職先:株式会社高尾
T.Y (19歳)

YouTubeで自分の好きなパチンコ実戦番組を視聴していたところ、G&Eの動画広告を観て、「こんな学校があるんだ」と思ったのが、はじめての出会いでした。自分の大好きなパチンコ・パチスロを創ることが仕事になる、ということがひじょうに魅力的に感じられ、スクール説明会に参加することにしました。
スクール説明会では、どんなことを教えてもらえるのか、どんなところに就職できるのかを重点的に聞きましたが、思っていたより専門的なことを本格的に学び、その結果としてさまざまな企業に就職実績があるのだと知り、安心して入学を決断しました。
自分が入学したのは、毎日通学する2年制の総合エンタテインメントコースです。パチンコ業界や仕事内容について、あらゆる職種の知識やスキルが学べるということで、大変な部分もありましたが、充実した毎日を送ることができました。フリーター時代は我ながら自堕落な日常だったのですが、G&Eには楽しく毎日通えたため、自分の生活スタイルを改めることもできました(笑)。
就職活動にあたっては、とにかく色んな説明会に参加し、自分が良いと思った企業はどんどん受けようと考えました。人に誇れる学歴や自己PRがない分、自分の考えをしっかり伝えて笑顔で面接に臨むよう心掛けた結果、他メーカーとは一味も二味も違うパチンコを創るメーカー、高尾から内定をいただくことができました。
今後、高尾の商品企画として独創的なパチンコ機の開発に携わっていくのだと考えると、身の引き締まる思いです。自分の長所を活かしながら協調性をもって開発を行い、胸を張って自分の代表作を世に送り出せる開発者になりたいと思います。



T.Yくんが学んだ総合エンタテインメントコースとは?

総合エンタテインメントコース

2017年度パチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職フリーター名古屋校総合エンタテインメントコース

パチンコメーカー就職の夢。一番の近道はG&Eという結論に達しました

パチンコメーカー就職の夢。一番の近道はG&Eという結論に達しました

就職先:株式会社高尾
A.Y (19歳)

大学時代にパチンコ好きの知人からG&Eの存在を聞き、興味を持ちました。自分が目指すのはパチンコ業界、パチンコメーカーと明確に決まっている中で、大学に在学して新卒として就職活動した方が良いのか、すぐにでもG&Eに入学して知識とスキルを身に着ける方が良いのか、と悩み抜いた結果、夢への一番の近道はG&E、という結論に達しました。

選択したコースが総合エンタテインメントコースということもあり、営業・開発を問わずさまざまな分野の講義がありました。中にはリール制御や出玉計算など、規則関連の難しい講義もありましたが、「これぞまさにパチンコ・パチスロの専門知識を学んでいる!」という気持ちがモチベーションにつながり、意欲的に学ぶことができました。

その中でも計数に興味を持ち、表計算ソフトのExcelで出玉計算シミュレーターを自作するまでに成長できたのは、胸を張れる部分です。計数の算出方法やExcelの関数など、何もわからないところから調べ上げて制作していくのは、大変ではありましたがやりがいもあり、何より大きな自信につながりました。

就職活動では、会社の規模や業績よりも、「自分がやりがいを持って楽しく働けるか」という部分を重視して企業研究を行う過程で、理想の企業、高尾に出会いました。高尾は他メーカーと一風違ったアイディアをたくさん持っていますが、その秘訣はユーモアあふれる社員が数多く在籍していることにあります。今後トップメーカーに立つのは必ず高尾になる!と確信し、積極的に面接で想いを伝えた結果、内定をいただくことが出来ました。

入社後には、「トップ営業マンとはどんな人材か?」を常に自問自答しながら、自分の営業スタイルを確立していきたいと考えています。

G&Eで学んだことは、就職活動でも大きく役立ちました。また講師陣が全面バックアップして下さったおかげで内定を勝ち取ることができました。ありがとうございます。



A.Yくんが学んだ総合エンタテインメントコースとは?

総合エンタテインメントコース

2017年度パチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の営業職として就職名古屋校大学中退総合エンタテインメントコース

パチンコメーカーへの就職に向けて「好きだからこそ頑張れる」を実感しました

パチンコメーカーへの就職に向けて「好きだからこそ頑張れる」を実感しました

就職先:株式会社平和
A.Y (26歳)

大卒後、不動産会社に1年間勤めましたが、本当に自分のやりたいことに専念したいと決意し、退職しました。
自分の最もやりたいことは何か?それは「長く愛される遊技機を自分の手で創り出すこと」
そのための最短ルートとしてG&Eを選択しましたが、入学してみると、まさに自分のやりたいことが詰まったカリキュラムで、パチンコメーカーへの就職に向けて「好きだからこそ頑張れる」を実感することができました。

G&Eでは知識の習得のみならず、自分の考えた遊技機の企画書を完成度高く制作することにも全力を尽くし、就職活動の終盤ごろには自信をもって提出できる企画書が出来上がりました。

G&Eで得た経験と自信をもとに就活を行った結果、パチンコ業界を牽引する優良企業、平和さまから内定をいただき、身の引き締まる思いです。
これから内定者研修、卒業制作とさらに忙しくなりますが、初志貫徹の心意気で頑張ります!



A.Yくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2016年度PS総合開発コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職渋谷校社会人

パチンコメーカーの開発現場で働くイメージを明確に持つことができました

パチンコメーカーの開発現場で働くイメージを明確に持つことができました

就職先:株式会社ジェイビー
S.T (23歳)

パチンコ業界就職率の高さと、実践的な講義内容に惹かれ、大学を中退しG&Eに入学しました。
講義内容は難しいところもありましたが、専門分野に強い講師の方々が詳しく説明して下さり、心強く感じました。 その中で最も楽しかったのはパチンコ開発者講話。パチンコ・パチスロの新機種開発に実際に携わった担当者・責任者の方が開発の仕組みや流れ、開発中の裏話に至るまで語って下さるので、開発現場で働くイメージを明確に持つことができました。これは産学協同を謳うG&Eでしか得られない経験だったと思います。

就活では担任の先生の紹介もあり、オリジナリティにこだわりパチンコ本来の楽しさを追求するパチンコメーカー、ジェイビーへ応募し、自分のやりたいことを強くアピールした結果、内定をいただくことができました。

これまで、「パチンコ業界に就職したい」と夢を持ち続けてきましたが、これからは「パチンコをもっともっと発展させ盛り上げたい」という夢に切替えて、努力を重ねていきたいと思います。
G&Eには本当に感謝しています。

2016年度PSプランニングコースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職大学中退渋谷校

遊技機は、一ユーザーレベルの思いつきでは作れない...を痛感

遊技機は、一ユーザーレベルの思いつきでは作れない...を痛感

就職先:株式会社高尾
T.S (23歳)

高卒後に働き始めた会社で販促企画の立ち上げを行っていましたが、自分の想像力や個性が発揮できる業種として、パチンコ業界への転職を決意。特に「企画」という職種が最も輝けるパチンコメーカーへの転職を目指してG&Eに入学しました。

入学前からアイディア力には自信があったのですが、入学して早々、私の一ユーザーとしての知識がいかに乏しかったかを痛感しました。遊技機は、一ユーザーレベルの思いつきでは作れない......。遊技機の仕組みを仔細に理解し、緻密な計算や戦略に基づいた秀逸なアイディアを産み出せて初めて、メーカーへの道が拓けるのだと思い知り、規則の知識習得やグループワーク・企画書作成に励みました。特に自分の分身ともなり得る「パチンコ商品企画書」は、何度も作り直しを行い、納得できる形に仕上げていきました。

志望企業は、規模の大小に拘らず、常識にとらわれず社員が積極的に挑戦できる会社を選定。面接では柔軟性と社交性、そしてなにより私の個性をアピールした結果、業界で最も個性的な(!?)パチンコメーカー、高尾から内定をいただくことができました。

私は「腰は折れても心は折れるな」を座右の銘にしています。肉体的に苦しくても気持ちを切らさず諦めない、という精神が成功を呼ぶのだと信じ、多くのユーザーが夢中になれるような機種を作り上げていきたいと思います。



T.Sくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2016年度PS総合開発コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職名古屋校社会人

仲間たちと議論を重ねることで得た経験は、自分の中で大きな礎となりました

仲間たちと議論を重ねることで得た経験は、自分の中で大きな礎となりました

就職先:株式会社高尾
M.S (26歳)

大学卒業後に勤めていたパチンコホールで、機種のミニパンフに掲載されていた広告を見て、G&Eの存在を知りました。
常々、パチンコを遊技していて「こんなスペックがあったら」と夢想していましたが、それを実現できる最短ルートがあるのだ、と昂ぶり、当時の尊敬する上司に相談。「やりたいと思ったことをやるべき」と快く送り出していただき、G&Eに入学しました。

入学したPS総合開発コースでは、生徒みんなが色々な考えを持っていて、それを自由に言い合える雰囲気がありました。講義で吸収できる知識も貴重なものですが、仲間たちと理想のスペックやゲーム性に関する議論を重ねることで得た経験は、自分の中で大きな礎となった実感があります。

本格的に就職活動を始めようとした矢先、高尾からG&E限定求人の話があり、真っ先に応募しました。というのも、以前G&Eのイベントで高尾の社長のお話を直に聴く機会があり、お話の内容に深く共感していたこともあって、高尾という企業に憧れを抱いていたからです。
面接では、本気でこの会社で働きたいという意志を全面的に出し切り、結果として内定をいただくことができました。

憧れの企業で、自分が携わったパチンコ機を世に出すという夢を叶えることができるのは、すべてG&Eのおかげと感謝しています。



M.Sくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2016年度PS総合開発コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職名古屋校社会人

パチンコの面白さの根幹となる玉と釘の知識を極めたい

パチンコの面白さの根幹となる玉と釘の知識を極めたい

就職先:豊丸産業株式会社
S.H (25歳)

高校教員を目指していた大学時代にG&Eの雑誌記事をみて、「本当にやりたいことはこれだ!」と確信し入学を決めました。G&Eは講師がすべて業界のプロなので、パチンコ・パチスロ開発に直結した内容を安心して学べるのがいいですね。

就職活動では、パチンコの面白さの根幹となる玉と釘の知識を極めたいと考え、ゲージ開発ができるメーカーを中心に企業研究を行いました。採用選考でパチンコやゲージ設計に対する想いをとにかく必死に伝えた結果、最もパチンコらしいパチンコを作るメーカーから内定をいただくことができました。入社後は、パチンコの歴史を塗り替えるようなゲージを開発し、G&E生を採用して良かったと思われるような活躍を目指します!



S.Hくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2015年度以前PS総合開発コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職大学卒業後渋谷校

G&Eへの入学は、人生最大にして、最良の選択でした

G&Eへの入学は、人生最大にして、最良の選択でした

就職先:パチスロメーカー
T.S (23才)

大学2年の時にG&Eの存在を知り、大学とG&Eのダブルスクールで2年間を過ごすという、思い切った選択をしました。

G&Eでは、かけがえのない仲間と出会い、パチスロの知識と開発スキルを効率的に習得し、常に新しいことにチャレンジしている理想的な企業への就職が決まり、ただ大学に通うだけでは得られない経験と結果を得ることができました。

あの時の選択は、人生最大にして最良の選択だったと思います。 就職先では「このジャンルを任せるなら髙橋に」と言ってもらえるような活躍をしていきたいと思います!



T.Sくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2015年度以前PS総合開発コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職大学在学中渋谷校

友人に続き、自分も夢を叶えたいとG&Eのお世話になることにしました

友人に続き、自分も夢を叶えたいとG&Eのお世話になることにしました

就職先:ネット株式会社
S.H(28才)

国際物流企業に勤務していましたが、G&Eに通っていた友人が遊技機メーカー開発の内定を獲得したと聞き、自分も夢を叶えたいとG&Eのお世話になることにしました。

現場の第一線で活躍されている講師陣の講義は、難しいものも多かったのですが、いずれもタメになる面白い内容でした。また知識の習得にもスキルアップにも、学校を自由にのびのびと活用させていただき、企画書作りに没頭することができました。

最も楽しそうで、やりがいのある第一志望企業から内定をいただき、嬉しい限りです。自分の企画でヒット作を産み出せるよう、G&E魂を発揮していきたいと思います。

2015年度以前PSプランニングコースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職大阪校社会人

意中のパチスロメーカーから内定をいただくことができました

意中のパチスロメーカーから内定をいただくことができました

就職先:ネット株式会社
T.S (28才)

もともと事務機器の営業を行っていましたが「自分の本当に好きなものを販売したい」とパチンコ業界への転職を志しました。G&Eの説明会に参加した際、講義を見学して「自分のやりたいことが出来る!」と入学を即決。さまざまな年齢・経歴の人が集まるクラスながら好きなことが共通していたので、楽しくワイワイしたムードで過ごせた一年間でした。

講義内容は、自分にとって必要なことばかり。転職活動においても、就職後も必ず役立つと感じたことが多く、日々成長を実感しました。就職活動では、今までの仕事に対する考え方をしっかり持った上で、自分は活躍できるという根拠と自信をアピール出来るよう努め、意中のパチスロメーカーから内定をいただくことができました。オリジナルコンテンツのみで販売を拡大してきたNETは、今後のホール経営に必要不可欠な存在。ただ遊技機を販売するだけでなく、会社自体を売り込める営業マンを目指します!



T.Sくんが学んだPS営業育成コースとは?

PS営業育成コース

2015年度以前PS営業育成コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の営業職として就職渋谷校社会人

自分の夢を叶えられる環境をあることを知り、安心してG&Eに入学しました

自分の夢を叶えられる環境をあることを知り、安心してG&Eに入学しました

就職先:ネット株式会社
S.K (24歳)

大学中退後、就職活動をせず知人の伝手で他業界の会社に勤めましたが、好きなパチンコ・パチスロに関わりたいという思いを常に抱いていました。

そんなある時、動画サイトでG&EのCMを観て、自分の夢を叶えられる環境があることをはじめて知りました。最初は半信半疑だったのですが、思い切ってスクール説明会に参加し、施設や環境をこの目で確かめた上で、安心してG&Eに入学しました。

講義ではフィールズの営業マンが、業界・商品知識だけではなく、実際の業務についてエピソードを交えながら教えて下さるので、ひじょうにタメになり、また具体的に理解することができました。はじめは難しく感じた計数についても、理解できるようになると楽しくなり、楽しくなるとより難しい事柄まで知りたくなるという循環があり、自分自身の成長に役立てることができました。

パチスロメーカー「ネット」は、自分がパチスロ好きになるキッカケとなった遊技機を創った会社です。そのネットからG&Eに求人が来たので、これは運命だと確信し応募しました。これまでの人生で就職活動の経験が一切なかったため、何をどうすれば良いかも分からなかったのですが、講師の方のアドバイスを受けつつ応募書類・マナー・面接のすべてを全力で頑張り、内定をいただくことができました。

新しい舞台で勝負するチャンスをいただき、誠にありがとうございます。しっかりと結果を出せるように、今後も努力を積み重ねたいと思います。



S.Kくんが学んだPS営業育成コースとは?

PS営業育成コース

2016年度PS営業育成コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の営業職として就職大阪校社会人

単なるスキルだけでなく、考え方、心構えまで含めた実践的な勉強が出来ました

単なるスキルだけでなく、考え方、心構えまで含めた実践的な勉強が出来ました

就職先:株式会社SANKYO
M.Y (24才)

新卒として他業種の営業職に就きましたが、どうしても馴染めず8ヶ月で退職...。どうせ売るなら自分の好きな物をと思い、パチンコ業界への転職に向けG&Eで学ぶことにしました。

G&Eでは現役営業マンが顧客に対して行うプレゼンの模様を実際に見せてくれるため、単なるプレゼンスキルだけでなく営業の考え方、心構えまで含めた実践的な勉強が出来ました。

就活では面接のイメージトレーニングを重ね、憧れのSANKYOから内定をいただくことが出来ました。就職先はレベルの高い営業マンが多く、営業スキルを身に着ける上でも最適な企業です。自分の成長のために、そして業界の復権のために、精一杯がんばります!



M.Yくんが学んだPS営業育成コースとは?

PS営業育成コース

2015年度以前PS営業育成コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の営業職として就職名古屋校社会人

G&Eの存在がなければ就職することはなかったかも...

G&Eの存在がなければ就職することはなかったかも...

就職先:株式会社SANKYO
M.K (23歳)

パチンコ業界への就職を意識した時に、打ち手という立場だけでなく、作り手という立場でパチンコを深く知るには、G&Eが最適だと判断しました。実際に分からないことがあっても、先生に質問すればすべて答えてくれます。

就活では、パチンコに対してなら自分の人生の全てを賭けられるという熱意をアピールし、第一志望メーカーに内定をいただきました。G&Eの存在がなければ就職することはなかったかも...。本当に感謝しています。



M.Kくんが学んだPSプランニングコースとは?

PSプランニングコース

2015年度以前PSプランニングコースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職名古屋校大学卒業後

好きなことだからこそ、楽しく積極的に学ぶことができました

好きなことだからこそ、楽しく積極的に学ぶことができました

就職先:株式会社ジェイビー
M.O(28才)

フリーターとしてパチンコホールで働いていましたが、その職場の上司がG&Eの卒業生でした。年齢も年齢なので、自分の夢を叶えるにはこのタイミングしかない!と思い、上司の助言も得てG&Eに入学。

開発に関わる法律・規則や開発の流れなど、全く知らない状態ではありましたが、好きなことだからこそ、楽しく積極的に学ぶことができました。講義内容はもちろん、面接練習や履歴書添削に至るまで、担任の先生には大変お世話になりました。



M.Oくんが学んだPSプランニングコースとは?

PSプランニングコース

2015年度以前PSプランニングコースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職フリーター渋谷校

遊技機の開発という夢を諦めきれずG&Eへ。将来に役立つ知識を数多く得ることができました

遊技機の開発という夢を諦めきれずG&Eへ。将来に役立つ知識を数多く得ることができました

就職先:株式会社大一商会
F.M (25歳)

インターネットでG&Eの存在を知ったのは、新卒で保険会社に就職し働き始めた時。遊技機の開発という夢を諦めきれず、入社9か月目で思い切って退職し、2年制のPS総合開発コースに入学しました。

講義は難しい内容も多く復習は必須でしたが、実際に開発を手掛ける講師陣の教え方がたいへん分かりやすく、成長につながりました。G&Eでは、就活に向けたスキルはもちろんですが、何より将来に役立つ知識を数多く得ることができました。



F.Mくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2015年度以前PS総合開発コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職渋谷校社会人

基礎からしっかり教えてもらい、未経験からパチスロメーカーへ

基礎からしっかり教えてもらい、未経験からパチスロメーカーへ

就職先:株式会社オーイズミ
O.R (25歳)

大学を中退してG&Eへ入学。さすがに最初は両親も渋っていましたが、好きなことを仕事にしたいと伝え、その熱意を理解してもらえました。

制作ツールの操作や遊技機規則の知識などを0から覚えるのは大変でしたが、基礎からしっかり教えてもらいましたし、また好きなことに関することだからこそスムーズに進んでいけました。自分の大好きなパチスロメーカーから内定をいただけたのも、そういった熱意をかってもらえたのだと思います。



O.Rくんが学んだPS総合開発コースとは?

PS総合開発コース

2015年度以前PS総合開発コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職名古屋校大学中退

G&Eで培った考え方・スキルを最大限に発揮して、販売台数No.1を目指します

G&Eで培った考え方・スキルを最大限に発揮して、販売台数No.1を目指します

就職先:株式会社SANKYO
N.Y (25歳)

知人からG&Eの存在を聞き、パチンコ業界への憧れから、G&Eへの入学を決意しました。非常にクラスの雰囲気が良く、分からないところを教え合ったり、一緒にパチンコを打ちに行ったりと学生生活を満喫しています。

講義では、業界の知識はもちろんなのですが、何より「多面的にモノを見る力」や「目標に対するアプローチの方法」など、社会人になるにあたっての地力の部分を多く学ぶことが出来ました。G&Eで培った考え方・スキルを最大限に発揮して、販売台数No.1の営業マンを目指します!



N.Yくんが学んだPS営業育成コースとは?

PS営業育成コース

2015年度以前PS営業育成コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の営業職として就職フリーター渋谷校

パチスロメーカーへの転職を目指し、努力の方向性を間違えず頑張ることができました

パチスロメーカーへの転職を目指し、努力の方向性を間違えず頑張ることができました

就職先:株式会社パイオニア
S.T (31歳)

他業種からパチスロメーカーへの転職を目指し、独学で勉強しつつ何度か応募もしましたが、書類選考の突破もままならない状況でした。実践的な知識を身に着ければ勝負できるかも、と考えG&E入学を決意しました。先生方には、さまざまな質問・相談へ親身にご対応いただき、そのおかげで努力の方向性を間違えず頑張ることができました。

就職先では、ノーマルAタイプでヒット機種を創る、という魅力的な課題に挑戦できます。業界を代表するような機種を手掛け、採用していただいた企業の恩に報いたいと思います。



S.Tくんが学んだPSプランニングコースとは?

PSプランニングコース

2015年度以前PSプランニングコースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職名古屋校社会人

パチンコメーカーを目指すライバル達と馴染めるか不安でしたが、まったくの杞憂でした

パチンコメーカーを目指すライバル達と馴染めるか不安でしたが、まったくの杞憂でした

就職先:株式会社SANKYO
H.T (23歳)

アルバイト先の先輩がG&E生で、色々話を聞くうちに興味が湧き、入学を決めました。人見知りなので、パチンコメーカーを目指すライバルともなるクラスメイト達と馴染めるか不安でしたが、まったくの杞憂でした。講義からプライベートまで、皆ずーっとパチンコ・パチスロの話をしていますので(笑)。

入学後は毎日のように自習室で企画書作成に励み、履歴書や面接練習など、人一倍頑張った自信はあります。第一志望のパチンコメーカーから内定を獲得できたのも、その努力が認められた結果かな、と思います。



H.Tくんが学んだPSプランニングコースとは?

PSプランニングコース

2015年度以前PSプランニングコースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職大学卒業後渋谷校

どうしてもパチンコメーカーで商品企画に携わりたいと思いG&Eへ

どうしてもパチンコメーカーで商品企画に携わりたいと思いG&Eへ

就職先:株式会社SANKYO
K.C (24歳)

某遊技機メーカーに勤務しプログラマーをやっていましたが、どうしてもパチンコメーカーで商品企画に携わりたい、花形職種で活躍したいと思いG&Eへ。クラスメイトは皆、パチンコ・パチスロという共通の趣味を持っていたので話しやすく、すぐに打ち解けられました。

講義では、入学前から気になっていた遊技機規則、特にRTの仕組みなどを詳しく知ることができ、自分の作成する企画書に活かすことができました。今後、多くのお客様に楽しんでいただける遊技機を作りたいと思います!



K.Cくんが学んだPSプランニングコースとは?

PSプランニングコース

2015年度以前PSプランニングコースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職渋谷校社会人

高い目標を持って日々を過ごしています

高い目標を持って日々を過ごしています

就職先:タイヨーエレック株式会社
I.S (25歳)

大学在学中にメーカーを何社か受けましたが、準備不足で全敗でした。パチンコ業界・パチスロ業界が諦めきれず、G&Eの総合エンタテインメントコースに入学しました。
ここでは、目指す職種の知識やスキルだけではなく、社会に出るうえで必要となる考え方や心構えも学ぶことが出来ました。
一緒に学ぶ仲間の存在が良い刺激となり高い目標を持って日々を過ごしています。



I.Sくんが学んだ総合エンタテインメントコースとは?

総合エンタテインメントコース

2015年度以前パチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の営業職として就職名古屋校大学卒業後総合エンタテインメントコース

同じ目的をもった仲間と切磋琢磨し、パチンコメーカーの営業職に就職できた

同じ目的をもった仲間と切磋琢磨し、パチンコメーカーの営業職に就職できた

就職先:株式会社高尾
T.T (23歳)

G&Eでは、同じ目的をもった仲間と切磋琢磨することで、短い期間でも身につく事がたくさんありました。G&Eで学んだからこそ、コースや職種の垣根を越えて、数多くの友人も出来ました。
夢であったパチンコメーカーの営業職に就職できました。今後は広く深い幅を持った営業マンを目指して、成長し続けたいと思います。



T.Tくんが学んだPS営業育成コースとは?

PS営業育成コース

2015年度以前PS営業育成コースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の営業職として就職名古屋校大学卒業後

卒業作品発表会が縁となり、大手パチスロメーカーへの就職が決まりました

卒業作品発表会が縁となり、大手パチスロメーカーへの就職が決まりました

就職先:株式会社ユニバーサルエンターテインメント
S.U (24才)

パチンコ業界への転職を考えていた頃にG&Eの存在を知り、出資企業の安定感と就職率の高さに惹かれ、入学を決意しました。講義では出玉設計に興味を抱き、差別化を図る意味でも出玉計算書の作成に没頭しました。

卒業作品発表会で多くの企業に私の作品をご覧いただき、それが縁となって業界に大きな影響力のあるパチスロメーカーへの就職が決まりました。これからも全力で仕事に臨み、G&E卒業生として恥じない働きができれば、と考えています。



S.Uくんが学んだPSプランニングコースとは?

PSプランニングコース

2015年度以前PSプランニングコースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職渋谷校社会人

「講義をしっかり受けていれば難しく感じることはない。」しっかりとスキルを身に付け第一志望のパチンコメーカーへ

「講義をしっかり受けていれば難しく感じることはない。」しっかりとスキルを身に付け第一志望のパチンコメーカーへ

就職先:株式会社SANKYO
K.R (25歳)

G&Eで思ったのは、「講義をしっかり受けていれば難しく感じることはない」ということ。講師も親切に教えてくれるので、やる気があればスキルは必ず身に付きます。
講義後にはクラスメイトとパチンコを打ち、夕食の場では各々の企画内容を評価し合い、お互いを高めることができました。

G&E入学後にG&Eにきていた求人でパチンコ制作会社のアルバイトを始め、そこで培った経験をどう活かすか考え、面接の場で熱意をアピールした結果、第一志望のパチンコメーカーから内定をいただきました。



K.Rくんが学んだPS映像プランニングコースとは?

PS映像プランニングコース

2015年度以前PS映像プランニングコースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職大学卒業後渋谷校

じっくり学べる2年制のコースを選択し、満を持してパチンコメーカーへの就職を決めました

じっくり学べる2年制のコースを選択し、満を持してパチンコメーカーへの就職を決めました

就職先:株式会社大一商会
T.T (23歳)

パチンコの企画者を目指し、G&Eに入学。じっくり学べる2年制のコースを選択しました。講師陣はみなさんパチンコメーカー、パチスロメーカーの現役社員で、しかも専門の異なるさまざまな分野の話を聞くことができ、たいへん勉強になりました。

就活中、面接の場では自分の企画するパチンコ機で業界を盛り上げたい、と熱い思いをアピールしました。素直な気持ちを面と向かって伝えられたからこそ、自分の本気度が相手に通じたのかな、と思っています。
万を持してパチンコメーカーへの就職を決めました。ありがとうございました。



T.Tくんが学んだ総合エンタテインメントコースとは?

総合エンタテインメントコース

2015年度以前パチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職大学中退渋谷校総合エンタテインメントコース

パチンコ・パチスロ企画開発のすべてを学んでいるという実感

パチンコ・パチスロ企画開発のすべてを学んでいるという実感

就職先:株式会社SANKYO
T.S (27歳)

G&Eでは、基礎知識から出玉計算等の本格的な内容まで、パチンコ・パチスロ企画開発のすべてを学んでいるという実感があります。もちろん知識やスキルだけでなく、講師の皆さんには就職に関するノウハウもご教授いただき、パチンコメーカーへの就職を果たすことが出来ました。

G&Eに入学してから就職を決めるまでのスケジュールを明確に設定し、一つ一つクリアしていくことを心掛けていましたが、努力が報われて本当に嬉しく思っています。



T.Sくんが学んだPSプランニングコースとは?

PSプランニングコース

2015年度以前PSプランニングコースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職渋谷校社会人

学生時代に就職面接で落とされてしまった憧れのパチンコメーカーに、新卒として内定

学生時代に就職面接で落とされてしまった憧れのパチンコメーカーに、新卒として内定

就職先:株式会社平和
K.T (24歳)

大学時代、パチスロメーカーを中心に就職活動したものの、あえなく全滅...。いったん他業種に就職しましたが、並行してG&Eにも入学し、パチンコ業界への転職にチャレンジすることとしました。

G&Eでは、遊技機規則などをパチンコ・パチスロ好きの仲間と楽しく学びつつ、就活対策にも励みました。結果として、学生時代に就職面接で落とされてしまった憧れのパチンコメーカーに、新卒として内定をいただくことができました。



K.Tくんが学んだPSプランニングコースとは?

PSプランニングコース

2015年度以前PSプランニングコースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職渋谷校社会人

断ち切れなかったパチンコメーカー就職の夢。想いを叶えるためにG&Eに入学

断ち切れなかったパチンコメーカー就職の夢。想いを叶えるためにG&Eに入学

就職先:株式会社SANKYO
U.F (26歳)

教育大学を卒業後、3年間、数学教師として教壇に立ってきました。もともと大学時代にパチンコ・パチスロと出会い、興味を持っていたのですが、教育大学ということもあり、どう就職を目指していいのか分からず、一旦は教職員としての道を目指すことにしました。

そして3年経っても、断ち切れなかった「パチンコメーカーへの就職」という夢。叶えるためにG&Eへ入学しました。全くの異色業界からの転職ですが、無事、パチンコ・パチスロメーカーに内定を頂きG&Eに感謝しております。



U.Fくんが学んだPSプランニングコースとは?

PSプランニングコース

2015年度以前PSプランニングコースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職名古屋校社会人

パチンコメーカーの内定を獲得。「あの時、本当に入学を決断して良かった」と思いました

パチンコメーカーの内定を獲得。「あの時、本当に入学を決断して良かった」と思いました

就職先:株式会社SANKYO
H.T (24歳)

学生時代からパチンコが大好きで、いつも友人と熱く語り合っていました。好きが高じて某パチンコサイトのライター経験もあるくらい好きだったのですが、両親の勧めもあって一旦は他業界に就職を致しました。

しかし、パチンコ業界で働きたい、開発の仕事に携わりたいという想いは捨てきれず、両親を説得し、僅か3ヶ月で退職を決意。念願のパチンコメーカーより内定を頂き、あの時、本当に入学を決断して良かったと思っています。

H.Tくんが学んだPSプランニングコースとは?

PSプランニングコース

2015年度以前PSプランニングコースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職名古屋校社会人

「パチンコメーカーへの就職」、夢が叶って本当に良かった

「パチンコメーカーへの就職」、夢が叶って本当に良かった

就職先:株式会社平和
O.R (23歳)

大学3年生の時に、自力でプランナーを目指し、数社、パチンコメーカーの面接を受けるものの内定に至らず、全滅。そんな時にG&Eのことを知り、大学4年生の時に大阪から大学とダブルスクールで通う決断をしました。

自力では全く駄目だった私でしたが、G&Eで学び、成長したことにより、入学から僅か数か月で念願のパチンコメーカーに新卒採用として内定を頂くことが出来ました。G&Eにある求人のおかげで、夢が叶って本当に良かったです。



O.Rくんが学んだPSプランニングコースとは?

PSプランニングコース

2015年度以前PSプランニングコースパチンコメーカーに就職(スロットメーカーに就職)パチンコメーカー等の開発職として就職名古屋校大学在学中